2017年版 空調衛生設備業経営総覧

本調査レポートでは、有力空調・衛生設備業者の事業実態調査(各種経営指標)や面談調査をもとに、空調・衛生設備業の事業内容と経営状況を分析した。

発刊日: 2017/09/26 体裁: A4 / 462頁
資料コード: C59113900 PDFサイズ: 5.6MB
カテゴリ: 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:空調衛生設備業者の経営・事業の現状と動向を調査分析することにより、今後の業界の発展に供することを目的とする。
調査対象企業:全国の主要な空調衛生設備業者74社
調査方法:業績や事業内容、経営内容に関してアンケート調査、面接取材、電話取材等を複合的に実施し、その結果を集計分析している。
調査期間:2017年6月~2017年9月

資料ポイント
Close

  • 空調・衛生設備業の業界動向と将来展望
    ・事業内容並びに事業性の推移と変化を明らかにし、将来を展望
    ・今後、事業環境の変化にどのように対応すべきかまで検証
  • 有力企業における事業実態解明と成長要因の分析
    ・前期において有力企業が取組んできた事業内容を解明
    ・そこから浮上する成長要因の分析まで実施
  • 空調・衛生設備業の事業性を分析
    ・B/S、P/L等による総合的な経営分析を実施
    ・財務指標の推移、変化を検証
  • 有力企業の事業内容、経営指標、仕入状況を掲載(約60社)
    ・売上高、受注高、利益高、従業員数など過去5年間の実績
    ・各種セグメント別売上高構成比、B/S、P/L、事業取組状況、仕入状況などの実態

資料概要
Close

第Ⅰ章 空調衛生設備業の業界動向
第Ⅱ章 業績等の集計結果
第Ⅲ章 集計企業の事業内容

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題
4.将来展望(未来予測)

第Ⅰ章 空調衛生設備業の業界動向

1.空調衛生設備業を取巻く市場環境
  1)国内における建築投資・着工動向
  2)国内における設備工事の動向
2.有力企業の経営状況並びに事業実態
  1)集計企業にみる経営状況
    ①集計企業における業績の推移
    ②集計企業における収益率の推移
    ③集計企業における受注形態の推移
  2)有力事業者にみる市場環境変化への対応状況

【第1章-2-2) 収録内容】
・空調衛生設備業の市況について
 (好況感/労務費及び資材費の動向/日本の各エリア動向/海外需要)
・最近の空調衛生設備業の業績動向とその背景・理由
・現在市場において注目・注力していること
・最近の顧客ニーズの変化とそれらへの対応策
・リニューアル・保守メンテ業務への取組
・最近の研究開発動向
・課題・問題点
・今後の市場見通し

<第Ⅰ章 図表>
  図表1-1-1-1 国内総生産と建築投資額の推移
  図表1-1-1-2 公共・民間別建築着工工事金額及び工事床面積の推移
  図表1-1-1-3 公共・民間別建築着工工事単価の推移
  図表1-1-1-4 住宅・非住宅別建築着工工事金額及び工事床面積の推移
  図表1-1-1-5 住宅・非住宅別建築着工工事単価の推移
  図表1-1-1-6 建物用途別建築着工工事金額及び工事床面積、工事単価の推移
  図表1-1-1-7 建物用途別建築着工の新設・改築・増築構成比の推移
  図表1-1-1-8 建物用途別・新設・改築・増築別の新設着工動向
  図表1-1-2-1 官需・民需別、元請下請別、工事種別の各設備工事受注高の推移(図)
  図表1-1-2-2 官需・民需別、元請下請別、工事種別の各設備工事受注高の推移(表)
  図表1-2-1-1 集計企業における業績の推移
  図表1-2-1-2 集計企業における従業員一人当たりの業績の推移
  図表1-2-1-3 集計企業における収益率の推移
  図表1-2-1-4 集計企業における受注形態別売上高構成比の推移

第Ⅱ章 業績等の集計結果

<第Ⅱ章 図表>
Ⅱ-1.売上高の状況
  図表2-1-1-1 企業別売上高の推移(総合)
  図表2-1-1-2 企業別売上高の推移(空調・衛生工事主力企業)
  図表2-1-1-3 企業別空調・衛生設備関連売上高の推移
  図表2-1-2-1 受注形態別の売上高構成比の推移
  図表2-1-2-2 クラス別・受注形態別の2016年度売上高構成
  図表2-1-2-3 企業別・受注形態別の2016年度売上高構成(総合)
  図表2-1-2-4 受注形態別の2016年度売上高ランキング
  図表2-1-3-1 受注先別の売上高構成比の推移
  図表2-1-3-2 クラス別・受注先別の2016年度売上高構成
  図表2-1-3-3 企業別・受注先別の2016年度売上高構成(総合)
  図表2-1-3-4 受注先別の2016年度売上高ランキング
  図表2-1-4-1 受注地域別の売上高構成比の推移
  図表2-1-4-2 クラス別・受注地域別の2016年度売上高構成
  図表2-1-4-3 企業別・受注地域別の2016年度売上高構成(総合)
  図表2-1-4-4 受注地域別の2016年度売上高ランキング
  図表2-1-5-1 業務別の売上高構成比の推移
  図表2-1-5-2 クラス別・業務別の2016年度売上高構成
  図表2-1-5-3 企業別・業務別の2016年度売上高構成(総合)
  図表2-1-5-4 業務別の2016年度売上高ランキング
  図表2-1-6-1 工事種別の売上高構成比の推移
  図表2-1-6-2 クラス別・工事種別の2016年度売上高構成
  図表2-1-6-3 企業別・工事種別の2016年度売上高構成(総合)
  図表2-1-6-4 工事種別の2016年度売上高ランキング
  図表2-1-7-1 建物用途別の売上高構成比の推移
  図表2-1-7-2 クラス別・建物用途別の2016年度売上高構成
  図表2-1-7-3 企業別・建物用途別の2016年度売上高構成(総合)
  図表2-1-7-4 建物用途別の2016年度売上高ランキング
Ⅱ-2.受注高の状況
  図表2-2-1 企業別受注高の推移(総合)
  図表2-2-2 企業別受注高の推移(空調・衛生工事主力企業)
Ⅱ-3.財務指標の状況
  図表2-3-1-1 2016年度クラス別財務指標及び財務指標の推移-流動比率~借入対売上高率
  図表2-3-1-2 2016年度クラス別財務指標及び財務指標の推移-安全余裕率~税引前利益率
  図表2-3-1-3 2016年度クラス別財務指標及び財務指標の推移-当期純利益率~一人当り当期純利益
  図表2-3-2-1 企業別財務指標(2016年度)-流動比率~借入対売上高率
  図表2-3-2-2 企業別財務指標(2016年度)-安全余裕率~税引前利益率
  図表2-3-2-3 企業別財務指標(2016年度)-当期純利益率~一人当り当期純利益
Ⅱ-4.仕入先の状況
  図表2-4-1 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-冷凍機
  図表2-4-2 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-冷却塔
  図表2-4-3 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-パッケージ型空調機
  図表2-4-4 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-エアハンドリングユニット
  図表2-4-5 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-ファンコイルユニット
  図表2-4-6 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-ボイラー
  図表2-4-7 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-放熱器
  図表2-4-8 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-エアーフィルター
  図表2-4-9 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-全熱交換器
  図表2-4-10 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-ポンプ
  図表2-4-11 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-送風機
  図表2-4-12 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-換気扇
  図表2-4-13 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-鋼板製タンク
  図表2-4-14 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-FRP水槽
  図表2-4-15 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-吹出口・吸込口
  図表2-4-16 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-自動制御機器
  図表2-4-17 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-排煙口SFD
  図表2-4-18 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-湯沸器風呂釜
  図表2-4-19 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-衛生器具浴槽
  図表2-4-20 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-バルブ類
  図表2-4-21 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-制御盤
  図表2-4-22 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-厨房器具
  図表2-4-23 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-消火栓・消火器
  図表2-4-24 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-浄化槽
  図表2-4-25 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-保温・保冷材
  図表2-4-26 主要仕入資材における企業別・製品別仕入先メーカー一覧-配管・継手類
Ⅱ-5.前期の事業実態
  図表2-5-1-1 前期の経営・事業に対する自己評価-商品力・技術力の状況(全体)
  図表2-5-1-2 前期の経営・事業に対する自己評価-アフターサービスへの対応状況(全体)
  図表2-5-1-3 前期の経営・事業に対する自己評価-リニューアル物件の受注活動(全体)
  図表2-5-1-4 前期の経営・事業に対する自己評価-受注価格の動向(全体)
  図表2-5-1-5 前期の経営・事業に対する自己評価-営業エリア・拠点・人員(全体)
  図表2-5-1-6 前期の経営・事業に対する自己評価-顧客アプローチ(全体)
  図表2-5-1-7 前期の経営・事業に対する自己評価-事業投資・経費削減(全体)
  図表2-5-1-8 前期の経営・事業に対する自己評価-アウトソーシング(全体)
  図表2-5-1-9 前期の経営・事業に対する自己評価-販促ツール(全体)
  図表2-5-1-10 前期の経営・事業に対する自己評価-宣伝・広報活動(全体)
  図表2-5-2-1 前期の経営・事業に対する自己評価-商品力・技術力の状況(クラス別)
  図表2-5-2-2 前期の経営・事業に対する自己評価-アフターサービスへの対応状況(クラス別)
  図表2-5-2-3 前期の経営・事業に対する自己評価-リニューアル物件の受注活動(クラス別)
  図表2-5-2-4 前期の経営・事業に対する自己評価-受注価格の動向(クラス別)
  図表2-5-2-5 前期の経営・事業に対する自己評価-営業エリア・拠点・人員(クラス別)
  図表2-5-2-6 前期の経営・事業に対する自己評価-顧客アプローチ(クラス別)
  図表2-5-2-7 前期の経営・事業に対する自己評価-事業投資・経費削減(クラス別)
  図表2-5-2-8 前期の経営・事業に対する自己評価-アウトソーシング(クラス別)
  図表2-5-2-9 前期の経営・事業に対する自己評価-販促ツール(クラス別)
  図表2-5-2-10 前期の経営・事業に対する自己評価-宣伝・広報活動(クラス別)
  図表2-5-3-1 前期の経営・事業に対する自己評価①
  図表2-5-3-2 前期の経営・事業に対する自己評価②
  図表2-5-3-3 前期の経営・事業に対する自己評価③
  図表2-5-3-4 前期の経営・事業に対する自己評価④
  図表2-5-3-5 前期の経営・事業に対する自己評価⑤
Ⅱ-6.注力ポイントと今後の見通し
  図表2-6-1 現在の注力ポイント
  図表2-6-2 今後の見通し

第Ⅲ章 集計企業の事業内容

旭管工株式会社、株式会社朝日工業社、株式会社アペックエンジニアリング、
株式会社五十鈴、株式会社岩崎工業所、イワモトヱンジニアリング株式会社、
株式会社インテック、株式会社王勝設備、株式会社大西熱学、有限会社小川設備工業所、
株式会社柿本商会、影近設備工業株式会社、川崎設備工業株式会社、川本工業株式会社、
株式会社桐田商会、合田燃料機器株式会社、株式会社サイエイヤマト、
有限会社佐伯環境センター、斎久工業株式会社、三機工業株式会社、三喜工事株式会社、
株式会社三機サービス、三建設備工業株式会社、株式会社三晃空調、三神工業株式会社、
三和テクノ株式会社、株式会社四国ポンプセンター、島根水道株式会社、
株式会社城口研究所、新日本空調株式会社、新菱冷熱工業株式会社、
株式会社新冷熱工業所、須賀工業株式会社、株式会社ゼウス、反町工業株式会社、
第一熱学建設株式会社、大栄設備株式会社、大成温調株式会社、大成設備株式会社、
ダイダン株式会社、大菱工業株式会社、ダイワ空調設備株式会社、大協和工業株式会社、
高砂熱学工業株式会社、タカチ工業株式会社、株式会社中央設備、株式会社千代田設備、
株式会社テクノ菱和、東京冷機工業株式会社、東洋熱工業株式会社、
株式会社トーエネック、中島熱化学工業株式会社、長野シンライフ株式会社、
株式会社ナカムラ、株式会社西原衛生工業所、日管株式会社、株式会社日新工業、
日進設備工業株式会社、株式会社ハツタテクノ、兵庫空調設備株式会社、株式会社福設、
藤田エンジニアリング株式会社、富士古河E&C株式会社、丸強配管有限会社、
株式会社丸藤産業、株式会社宮城プラントサービス、ムサシノアロー株式会社、
明和工業株式会社、本山振興株式会社、株式会社山口水道建設、株式会社ヤマト、
横山設備工業株式会社、株式会社四電工、菱和設備株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59113700 2017年版 住宅設備機器市場の展望と戦略
C59110500 2017 アパレル産業白書
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59108300 2017年版 スマート農業の現状と将来展望 ~省力化・高品質生産を実現する農業IoT・精密農業・農業ロボットの方向性~
C59109800 2017年版 化粧品マーケティング総鑑