2017年版 オートリース市場の現状と展望

本調査レポートは、オートリース市場に参入する有力企業への直接訪問やアンケート等を通じ、オートリース市場の動向・数的規模を調査分析することでオートリース市場の実態を明らかにし、今後のオートリース市場の趨勢を読み取ることを目的とする。

発刊日
2017/12/28
体裁
A4 / 196頁
資料コード
C59121800
PDFサイズ
3.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

172,800
160,000
12,800
172,800
160,000
12,800
205,200
190,000
15,200
345,600
320,000
25,600
378,000
350,000
28,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:オートリース主要企業、自動車メンテナンス受託企業(整備業者)、入札会場リース車両使用企業 等
調査方法:直接面談取材を基本とし電話・メール取材を併用。弊社過去実施の調査データ、官公庁調査資料からの考察。
調査期間:2017年10月~2017年12月

調査結果サマリー
Close

オートリース市場に関する調査を実施(2017年)
・2017年度末時点のオートリース車両保有台数は357.5万台と予測
・国内のオートリース車両保有台数は2024年度末時点で481.6万台を予測
・売却益確保のために、リースアップ車両の売却先は多様化の兆し

資料ポイント
Close

  • 2025年のリース保有台数を482万台と予測。法人・個人市場ともに順調にリース化が進む。
  • 中・小口法人がリース市場拡大の要。大手各社は、系列地銀リース・契約代理店など地域ネットワークに強みを持つ販路との関係維持・構築が引き続き最重要項目に。
  • マイカーリースは本格的な成長期に突入。代理店・GS・提携小売業者等が最重要販路に。
  • コネクテッドカーの普及は、メンテナンスリース、テレマティクス・事故削減コンサルティング等、ニーズの高いリース商品分野を自動車メーカーに囲い込まれるリスクも孕む。
  • リースアップ車両売却益を確保するため販路は多様化の兆し。入札会一辺倒からオートオークション活用の流れへ。自社での直販を拡大する動きも。
  • 労働人口が既にピークアウトしたことで、法人の車両保有台数も減少する中で、車両のリース化は18%を超え年3%の成長率を保つ。中小口法人開拓に成果が現れ始め、裾野が広がり始めた。
  • 2017年3月末時点の個人の車両保有台数は6,102万台。この個人市場におけるマイカーリース車両台数は20.7万台で浸透率は0.3%。普及の鍵は販路拡充にあり。
  • コネクテッドカーの普及により、自動車メーカー・ディーラーがメンテナンス・事故削減コンサルティング分野に直接進出することで、リース需要を奪うリスクを孕む。
  • ハイブリッド車両の売却益が縮小傾向に。車両売却益の確保のため、各社は販路拡大傾向へ。より利幅の高いオークションへの出品増加。海外への直輸出を試みる大手リース会社も。

資料概要
Close

第1章 オートリース業界の現状
第2章 オートリース会社の提供サービスと収益構造分析
第3章 主要オートリース会社の現状分析
第4章 オートリース企業実態アンケート調査
第5章 オートリース市場の今後の展望
第6章 オートリース関連有力企業個表

リサーチ内容

■掲載内容

調査サマリー

第1章 オートリース業界の現状

第1節 リース車両保有台数から見たオートリース市場
  1-1.好調を維持するリース車両保有台数
  1-2.地域別に見たリース車両保有台数
  1-3.メンテナンスリースの導入状況
  1-4.メンテナンス受託業界の現状と戦略
  1-5.整備工場から見たオートリース市場
  1-6.トラックリースの普及状況
第2節 新車販売台数から見たオートリース市場
  2-1.新車販売市場から見たオートリース
  2-2.新車リースと再リース
  2-3.次世代自動車の新車販売状況とオートリース市場
  2-4.福祉車両の新車販売状況とオートリース市場
  2-5.マイカーリース市場の動向
第3節 中古車流通市況から見たオートリース市場
  3-1.中古車を取り巻く環境
  3-2.リースアップ車両の発生状況
  3-3.入札会市場の現状と戦略
第4節 業界再編が一段落したオートリース業界
  4-1.オートリース業界の変遷
第5節 オートリース市場の現状

第2章 オートリース会社の提供サービスと収益構造分析

第1節 オートリース会社の提供サービス
  1-1.オートリース会社の提供サービス概要
  1-2.ファイナンスリースとメンテナンスリース
  1-3.フリートマネジメントサービス(FMS)
  1-4.付加価値サービス
  1-5.車両管理BPO(車両管理のアウトソーシングサービス)
第2節 オートリース会社の収益構造分析
  2-1.オートリース会社の収益構造
  2-2.オートリース会社の収益構造分析

第3章 主要オートリース会社の現状分析

第1節 主要オートリース会社の保有台数の推移
  1-1.上位各社における管理台数の推移(10万台以上)
  1-2.上位各社における保有台数の推移(4万台以上)
  1-3.企業別リースアップ車両販売体制
第2節 主要オートリース会社の動向と戦略分析
  2-1.住友三井オートサービス株式会社
  2-2.オリックス自動車株式会社
  2-3.日本カーソリューションズ株式会社
  2-4.三菱オートリース株式会社
  2-5.日産フィナンシャルサービス株式会社
  2-6.JA三井リースオート株式会社
  2-7.芙蓉オートリース株式会社
  2-8.興銀オートリース株式会社
  2-9.株式会社イチネン
  2-10.トヨタレンタリースグループ
  2-11.日立キャピタルオートリース株式会社

第4章 オートリース企業実態アンケート調査

第1節 アンケート概要
第2節 リース車両の保有状況
  2-1.保有台数
  2-2.リース形態
第3節 商品提供体制
  3-1.メンテナス体制
  3-2.リースアップ車両販売動向
  3-3.マイカーリース
  3-4.福祉車両リース
  3-5.付加価値サービス

第5章 オートリース市場の今後の展望

第1節 法人・個人別車両保有台数と労働人口の減少
  1-1.個人・法人別所有台数の推移
  1-2.予測される労働人口の減少とオートリース市場
第2節 オートリース車両保有台数の将来予測
第3節 オートリース市場の将来に影響を与える外部環境
  3-1.コネクテッドカーの到来
  3-2.コネクテッドカーがオートリース市場に与える影響
  3-3.EVの普及

第6章 オートリース関連有力企業個表

株式会社イチネン
SMFLキャピタル株式会社
オリックス自動車株式会社
興銀オートリース株式会社
JA三井リースオート株式会社
住友三井オートサービス株式会社
株式会社日産フィナンシャルサービス
日本カーソリューションズ株式会社
日立キャピタルオートリース株式会社
芙蓉オートリース株式会社
三菱オートリース株式会社
ヤマトリース株式会社
株式会社ナルネットコミュニケーションズ
株式会社西出自動車工作所
ニッポンメンテナンスシステム株式会社
株式会社マックス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

172,800
160,000
12,800
172,800
160,000
12,800
205,200
190,000
15,200
345,600
320,000
25,600
378,000
350,000
28,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。