2015年版 オートリース市場の現状と展望

オートリース市場は、リーマンショックの影響を脱した2011年頃から拡大推移を続けている。背景には、オートリースの導入率が低い中~小口・ノンフリートユーザーにおいて導入率が上昇していることや、マイカーリース市場が拡大しているためと推測される。市場が拡大する一方で価格競争は激化しており、各社ではリスクマネジメントや車両管理のアウトソーシングサービスなどの付加価値サービスの提供により収益性の改善・向上を図っている。本調査レポートでは、オートリース市場に参入する有力企業への訪問・アンケート等を通じて各社の取り組みや数的規模などのオートリース市場の現状を調査・分析し、今後の展望を取りまとめた。

発刊日: 2015/08/31 体裁: A4 / 193頁
資料コード: C57114700 PDFサイズ: 15.5MB
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:オートリース主要企業、自動車メンテナンス受託企業(整備業者)、入札会場リース車両使用企業 等
調査方法:直接面談取材を基本とし電話・メール取材を併用/弊社過去実施の調査データ、官公庁調査資料からの考察
調査期間:2015年6月~2015年7月

調査結果サマリー
Close

法人向けオートリース市場に関する調査結果2015
~法人向けオートリース市場は拡大推移、中~小口、ノンフリートユーザー獲得に活路~
・2015年度末時点の法人リース車両保有台数は317万台の見込
・法人リース車両保有台数は2020年度末時点で337万台、2025年度末時点で352万台を予測

資料ポイント
Close

  • 有力オートリース企業へのヒアリング・アンケートによりオートリース市場の現状を分析
  • リスクマネジメントサービス、車両管理のアウトソーシングサービスなど、オートリース市場で注目される付加価値サービスの最新の動向を追う
  • 労働人口減少社会におけるオートリース市場の将来性を考察

資料概要
Close

第1章 オートリース業界の現状
第2章 オートリース会社の提供サービスと収益構造分析
第3章 主要オートリース会社の現状分析
第4章 オートリース会社の実態把握アンケート調査
第5章 オートリース市場の今後の展望
第6章 オートリース関連有力企業個表

リサーチ内容

■掲載内容

調査サマリー

第1章 オートリース業界の現状

第1節 リース車両保有台数から見たオートリース市場
  1-1.好調を維持するリース車両保有台数
  1-2.地域別に見たリース車両保有台数
  1-3.メンテナンスリースの導入状況
  1-4.メンテナンス受託業界の現状と戦略
  1-5.整備工場から見たオートリース市場
  1-6.トラックリースの普及状況
第2節 新車販売台数から見たオートリース市場
  2-1.新車販売市場から見たオートリース
  2-2.新車リースと再リース
  2-3.次世代自動車の新車販売状況とオートリース市場
  2-4.福祉車両の新車販売状況とオートリース市場
  2-5.マイカーリース市場の動向
第3節 中古車流通市況から見たオートリース市場
  3-1.中古車を取り巻く環境
  3-2.リースアップ車両の発生状況
  3-3.入札会市場の現状と戦略
第4節 業界再編が進むオートリース業界
  4-1.オートリース業界の変遷
  4-2.注目される業界再編の行方
第5節 オートリース市場の現状

第2章 オートリース会社の提供サービスと収益構造分析

第1節 オートリース会社の提供サービス
  1-1.オートリース会社の提供サービス概要
  1-2.ファイナンスリースとメンテナンスリース
  1-3.フリートマネジメントサービス(FMS)
  1-4.付加価値サービス
  1-5.車両管理BPO(車両管理のアウトソーシングサービス)
第2節 オートリース会社の収益構造分析
  2-1.オートリース会社の収益構造
  2-2.オートリース会社の収益構造分析

第3章 主要オートリース会社の現状分析

第1節 主要オートリース会社の保有台数の推移
  1-1.上位各社における保有台数の推移(10万台以上保有)
  1-2.上位各社における保有台数の推移(4万台以上保有)
  1-3.企業別メンテナンス体制
  1-4.企業別リースアップ車両販売体制
第2節 主要オートリース会社の動向と戦略分析
  2-1.住友三井オートサービス株式会社
  2-2.オリックス自動車株式会社
  2-3.日本カーソリューションズ株式会社
  2-4.三菱オートリース株式会社
  2-5.日産フィナンシャルサービス株式会社
  2-6.日立キャピタルオートリース株式会社
  2-7.JA三井リースオート株式会社
  2-8.芙蓉オートリース株式会社
  2-9.興銀オートリース株式会社
  2-10.株式会社イチネン
  2-11.トヨタレンタリースグループ

第4章 オートリース会社の実態把握アンケート調査

第1節 アンケート概要
第2節 リース車両の保有状況
  2-1.保有台数
  2-2.リース形態
第3節 商品提供体制
  3-1.メンテナス体制
  3-2.リースアップ車両販売動向
  3-3.マイカーリース
  3-4.福祉車両リース
  3-5.付加価値サービス

第5章 オートリース市場の今後の展望

第1節 人口減少社会におけるオートリース市場の展望
  1-1.予測される労働人口の減少
  1-2.労働人口の減少とオートリース市場
第2節 収益拡大に向けたオートリース会社の新たな取り組み
  2-1.リースアップ車両の売却額・売却益の拡大に向けた取り組み
  2-2.付加価値サービスの売上高拡大に向けた取り組み
第3節 リース車両保有台数の将来予想

第6章 オートリース関連有力企業個表

株式会社イチネン
オリックス自動車株式会社
興銀オートリース株式会社
JA三井リースオート株式会社
住友三井オートサービス株式会社
株式会社日産フィナンシャルサービス
日本カーソリューションズ株式会社
日立キャピタルオートリース株式会社
芙蓉オートリース株式会社
三菱オートリース株式会社
株式会社西出自動車工作所

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C57114200 2015年版 マイカーリース市場の現状と展望
C55104200 2013年版 自動車リースの現状と展望
C58121400 2017年版 自動車アフターマーケット総覧
C57112300 2015年版 レンタカー&カーシェアリング市場の現状と展望
C58120800 2017 次世代モビリティ市場の最新動向と将来展望