2015年版 マイカーリース市場の現状と展望

オートリース市場は、車両管理のアウトソーシングによる業務負荷の削減を訴求ポイントとして法人向け需要を中心に拡大を続けているが、将来的には労働人口の減少が予測されていることから、オートリース市場が拡大を続けていくためには個人向け需要を獲得していく必要がある。一方で中古車販売店/整備事業者/カー用品店/ガソリンスタンド等が車両販売を手掛けるに当たって、車両販売後も顧客との繋がりを持てるオートリース販売はストックビジネスの観点からも重要なツールとして取り扱われつつある。また、自動車購入者においても、所有から利用というパラダイムシフトの中で車両をリースして利用するという考えが浸透し始めており、マイカーリース市場が拡大する下地は整ったと捉えられる。本調査レポートでは、拡大が期待されるマイカーリース市場について、オートリース専業者や車両販売業者等の個人向けオートリース販売業者の動向、および、自動車購入者/マイカーリース利用者の購買特性を調査・分析をすることで、マイカーリース市場の市場規模や将来性を取り纏めた。

発刊日
2015/08/31
体裁
A4 / 128頁
資料コード
C57114200
PDFサイズ
3.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象
【マイカーリース取扱業者】専業オートリース会社/メーカー系オートリース会社/車両販売業者(メーカー系ディーラー/整備業者/カー用品店/ガソリンスタンド等)
【車両購入者/マイカーリース利用者】一般消費者
調査方法:弊社専門調査員による直接面談取材・電話・メール取材、アンケートを併用/弊社過去実施の調査データ、業界団体・官公庁等調査資料から考察
調査期間:2015年6月~2015年8月

資料ポイント
Close

  • マイカーリース市場の現状分析
    ・市場規模の推計:販売台数ベース(新車/中古車)の市場規模を推計
    ・参入業者の動向:オートリース専業者/整備事業者/カー用品店/ガソリンスタンド等の車両販売業者
  • 車両購入者の購買特性
    ・車両購入者の支払方法
    ・残価設定型クレジットローンの利用状況
    ・メンテナンスパックの利用状況
  • マイカーリース利用者の購買特性
    ・マイカーリース利用者の車両購入店舗
    ・マイカーリース利用者のリース契約内容(契約期間/方式/残価率等)
    ・マイカーリース利用者のリースアップ時の車両取り扱い意向
    ・マイカーリース利用者の乗り換え時の意向
  • マイカーリース市場の将来予測:2020年までのマイカーリース販売台数予測(新車/中古車)
     

資料概要
Close

第1章 マイカーリース市場を取り巻く環境
第2章 マイカーリース市場の現状
第3章 マイカーリース市場参入業者の現状分析
第4章 マイカーリース市場の今後の展望

リサーチ内容

■掲載内容

調査サマリー

第1章 マイカーリース市場を取り巻く環境

第1節 新車販売/中古車販売に関する動向
  1-1.新車販売台数の動向
  1-2.中古車販売台数の動向
    1-2-1.中古車販売台数の推移
    1-2-2.中古車販売台数と中古車小売台数の乖離
    1-2-3.中古車小売台数の推移
第2節 自動車保有に関する動向
  2-1.自動車保有台数の動向
  2-2.使用年数・車齢の推移
    2-2-1.使用年数・車齢の推移
    2-2-2.自動車買替サイクルの長期化
第3節 オートリース市場の現状
  3-1.リース車両保有台数の推移
  3-2.地域別に見たリース車両保有台数

第2章 マイカーリース市場の現状

第1節 車両販売業者の車両販売方法
  1-1.車両販売業者の車両販売方法の現状
  1-2.車両販売方法別の推計車両販売台数(個人向け)
    1-2-1.車両販売方法別の推計新車販売台数
    1-2-2.車両販売方法別の推計中古車小売台数(個人向け)
第2節 マイカーリースの競合商品分析
  2-1.マイカーリースの競合商品
  2-2.残価設定型クレジット利用者の実態
    2-2-1.残価設定型クレジットの利用理由
    2-2-2.メンテナンスパックの利用状況
    2-2-3.残価設定型クレジットの契約内容
    2-2-4.契約期間満了後の車両取り扱い意向
    2-2-5.今後の残価設定型クレジットの利用意向
第3節 マイカーリース利用者の実態
  3-1.マイカーリースの利用理由
  3-2.マイカーリースを利用している車両の利用用途
  3-3.マイカーリースの契約店舗
  3-4.マイカーリースの契約内容
  3-5.契約期間満了後のリース車両の取り扱い意向
  3-6.今後のマイカーリース利用意向
第4節 マイカーリース市場の現状
  4-1.マイカーリースの認知状況
    4-1-1.マイカーリースの認知度
    4-1-2.マイカーリースの認知経緯
  4-2.マイカーリース市場の市場規模
    4-2-1.保有台数ベース
    4-2-2.販売台数ベース

第3章 マイカーリース市場参入業者の現状分析

第1節 専業オートリース会社
  1-1.専業オートリース会社におけるマイカーリースの位置付け
  1-2.専業オートリース会社におけるマイカーリースの販売手法
  1-3.主要専業オートリース会社におけるマイカーリース販売の取り組み状況
  1-4.専業オートリース会社におけるマイカーリース販売の現状と課題
    1-4-1.専業オートリース会社におけるマイカーリース販売の現状
    1-4-2.専業オートリース会社におけるマイカーリース販売の課題
第2節 車両販売業者
  2-1.メーカー系ディーラー
    2-1-1.メーカー系ディーラーにおけるマイカーリース販売の現状
    2-1-2.メーカー系ディーラーにおけるマイカーリース販売の取り組み状況
  2-2.新車/中古車販売店(メーカー系ディーラー以外)
    2-2-1.新車/中古車販売店におけるマイカーリース販売の現状
    2-2-2.新車/中古車販売店におけるマイカーリース販売の取り組み状況
  2-3.整備専業者
    2-3-1.整備専業者におけるマイカーリース販売の現状
    2-3-2.整備専業者におけるマイカーリース販売の取り組み状況
  2-4.ガソリンスタンド
    2-4-1.ガソリンスタンドにおけるマイカーリース販売の現状
    2-4-2.ガソリンスタンドにおけるマイカーリース販売の取り組み状況
  2-5.カー用品店
    2-5-1.カー用品店におけるマイカーリース販売の現状
    2-5-2.カー用品店におけるマイカーリース販売の取り組み状況

第4章 マイカーリース市場の今後の展望

第1節 マイカーリース市場の拡大に向けた課題
  1-1.マイカーリース取扱業者側の課題
  1-2.車両購入者側の課題
第2節 マイカーリース市場規模の将来予測
  2-1.マイカーリース市場拡大の可能性
  2-2.マイカーリース市場規模の推計:2015年~2020年予測

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。