2019年版 MaaS市場の実態と将来予測 -サービス化する自動車産業1 市場分析編-

これまでのMaaS市場についての情報は新聞、雑誌、セミナーなど情報量は多いが、切り方や、概念や市場規模がバラけているという印象であった。
そこで今回のレポートでは「米国SAEの分類に準じてMaaSのサービス分野を設定した」ことと「MaaSプレーヤがどのようなデータを活用してサービスを構築しているか」という横串・縦串を使って、国内MaaS市場を徹底的に分析した。
当レポートにより、~2030年までの国内MaaS市場を11のSAEサービス分類に近い形で予測することが可能になった。
またMaaSが自動車産業をどのように変えていくかを考察。大変化の中で、日本OEMがいかにGAFAや海外OEMとのプラットフォーム競争でサバイバルするかについて明示していく。
日々大量に配信されるMaaS関連情報に1本の芯が通ったように感じるのではないか。
今回だけではない。将来にわたっても活用しやすく編集した。「単一のモビリティ」か「マルチモーダル」かなど、新プレーヤの性格分類にはめ込んで見ていくことができる。
CASEによりもたらされる自動車産業大変革。その果実がMaaSだとすれば、当レポートは、変化を乗り切り果実を手に入れるための戦略立案の一助になるものと確信している。

発刊日
2018/12/下旬
体裁
A4 / 約350頁
資料コード
C60115800
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2018年12月4日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第Ⅰ章 国内MaaSサービス11分野別2030年予測(主要18社分析による予測ロードマップ)

A MaaSを取り巻く既存事業との関係
  A-1, Maasの構想と実現の状況
  A-2, 国内の既存業種とMaas
  A-3, MaaSの分類例
B MaaSの構造と分類
  B-1, MaaSのレベル定義
  B-2, いわゆる“レベル0(No Integration)の分類
  B-3, MaaSに関わるデータ種類
  B-4, モビリティサービスとMaaSの4つのデータの関係
C MaaS国内18社のシステムとデータの流れ
  C-1, タイムズカーシェア(パーク24)
  C-2, dカーシェア(NTTドコモ)
  C-3, Easy Ride(DeNA)
  C-4, e-パレット コンセプト(トヨタ自動車)
  C-5, マイカー賃貸カルモ(ナイル)
  C-6, Robot Shuttle:ロボットシャトル(DeNA)
  C-7, ロボネコヤマト(DeNA) ※(有人配送)
  C-8, ロボネコヤマト(DeNA) ※(自動運転)
  C-9, タクベル(DeNA)
  C10, Anyca:エニカ(DeNA)
  C11, Smart Access Vehicle Service:SAVS(未来シェア)
  C12, notteco(notteco:日本)
  C13, COGICOGI(COGICOGI:日本)
  C14, メルチャリ(メルカリ)
  C15, Akippa
  C16, NaviTime(ナビタイム)
  C17, JR東日本
  C18, My route(西日本鉄道、トヨタ自動車など8社)
D 実例に基づくMaaSの構造とデータ区分
  D-1, 事例の分類とデータ区分
E 国内特許出願状況
  E-1, 特許出願人及び出願件数
F MaaS関連の事業概況、投資状況(海外も含む)
  F-1, 2016~2018年の世界MaaSサービス企業への投資関係図
  F-2, 主要な投資先、融資先
  F-3, 大手投資元
G これからの国内のMaaS市場動向
  G-1, 運輸行政と関係法令・規則の把握と回避
  G-2, 収益の確保とプロフィットの多角化
  G-3, 事業の永続性を確保するためのビジョン
H MaaS市場規模推移2030年予測
  H-1, SAEの分類による18社事例の評価
  H-2, モビリティサービスの市場規模について
    H-2-1, 単一のモビリティサービス
    H-2-2, マルチモーダルモビリティサービス
  H-3, モビリティサービスの国内市場(国内MaaS市場規模)の算定
    表「モビリティサービスの国内市場規模推移
    (2016~2030年、11分類別のMaaS市場規模)」
    図「単一のモビリティサービス国内市場規模推移(2016~2030年)」
    図「マルチモーダルモビリティサービス国内市場規模推移(2016~2030年)」
    図「国内モビリティサービス(2017年)分類別シェア」
    図「国内モビリティサービス(2020年)分類別シェア」
    図「国内モビリティサービス(2030年)分類別シェア」
Y 参考資料
  Y-1, SAE分類に基づく18企業のMaaSサービス参入事例一覧
  Y-2, 国内特許出願状況詳細
  Y-3, 国内外の主要企業MaaS関連投資状況

第Ⅱ章 世界MaaS市場キーワード別分析

1, MaaSの定義について
2, MaaSの背景となる社会動向
3, MaaSにより変化する自動車産業
4, MaaS時代のプラットフォーム戦争
5, MaaSの決め手はデータ
6, MaaSはどこで儲けるか(トヨタのMaaSによる世界戦略分析)
7, MaaS市場規模をどう算定するか
8, MaaSにおける世界地域(日欧米中アジア)ごとの違い
9, 地方別MaaS高齢化ラストワンマイル
10, MaaSの未来はどうなるのか
11, MaaS時代の決済はどうなるか
12, どのように進むか、カーシェア・ライドシェア・タクシー配車・駐車場シェア
13, 自動運転がMaaSに与える影響
14, マルチモーダルはどのように進むか
15, スマートシティはどのように進むか

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。