2018 電動化が進む二輪市場の最新動向と市場展望

四輪車と同じく燃費規制の厳格化を背景に二輪車でも電動化が進展。規制クリアを企図した電動化技術および電動バイク市場の動向を分析。

発刊日
2018/12/下旬
体裁
A4 / 約120頁
資料コード
C60116600
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

ワールドワイドにおける二輪車市場は、2017年時点で約5,300台と推計

  • 本調査では二輪車市場を地域別の販売・生産数および排気量別台数を集計
  • 調査対象国には先進国市場として日本、欧州、米国に加え、二輪車需要の高いインド、中国、インドネシア、ベトナム、タイを徹底調査。さらにNEXT市場とされるフィリピン、パキスタン、ナイジェリアについても記載
  • ゼロエミッション時代で普及が期待される電動バイクは2017年時点で5万台規模と推計されるが、環境規制厳格を背景に大手二輪車メーカの本格参入で今後は広がりをみせる

二輪車の電動化によって注目されるトピックを分析

  • 環境規制の厳格化によって新興国でフューエルインジェクションシステム(FI)の搭載が急務、2017年時の市場概況と今後の動向を整理
  • 先進国ではFIシステムが一般的となっているが、レジャー目的での付加価値向上を目指しのコネクテッドや走行安全性といった先進技術の搭載が注目
  • 電動化に伴うキーコンポーネントを徹底分析
  • 電動化時代の到来に向けて、二輪車メーカ各社の取り組みを整理

リサーチ内容

2018年11月12日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 市場の概況

1-1 本調査対象の定義と市場概要
1-2 二輪車でも求められる電動化
1-3 電動バイクの可能性
1-4 二輪車市場の普及課題と将来展望 

第2章 地域別二輪車市場の現状

2-1 全体市場
  2-1-1 世界の二輪車台数予測(販売数)
  2-1-2 世界の二輪車台数予測(生産数)
  2-1-3 排気量別の台数
  2-1-4 二輪車市場規模推移予測
  2-1-5 電動二輪車の台数予測
2-2 地域別の二輪車の市場概況
  2-2-1 日本
  2-2-2 欧州
  2-2-3 米国
  2-2-4 インド
  2-2-5 中国
  2-2-6 インドネシア
  2-2-7 ベトナム
  2-2-8 タイ
  2-2-9 フィリピン
  2-2-10 パキスタン
  2-2-11 ナイジェリア

第3章 注目システム・デバイスの市場動向

3-1 インジェクタ
3-2 ISG
3-3 ABS
3-4 バッテリ(48V)

第4章 主要バイクメーカの最新動向

4-1 日系メーカ
  4-1-1 ホンダ
  4-1-2 ヤマハ
  4-1-3 スズキ
  4-1-4 カワサキ
4-2 欧米系メーカ
  4-2-1 BMW
  4-2-2 Piaggio
  4-2-3 Harley
4-3 中国系メーカ
  4-3-1  Haojue(大長江)
  4-3-2  LONCIN(隆鑫)
  4-3-3  Lifan(力帆)
4-4 台湾系メーカ
  4-4-1  KYMCO(光陽工業)
  4-4-2  Gogoro(睿能創意)
4-5 インド系メーカ
  4-5-1 Hero
  4-5-2 BAJAJ
  4-5-3 TVS
  4-5-4  中国系注目メーカ
  (雅迪、愛馬、绿源、子牛など)
  4-5-4 インド系注目メーカ 
  (Mahindra 2W、Atherなど)

※調査対象は排気量50cc以下/51~125cc/126~250cc/251cc以上および電動バイクを含んだ二輪車全般とする(電動アシスト自転車および電動フルアシスト自転車は含まず)
※調査範囲はワールドワイド市場
※市場予測は2016~2020/2025年とする
※資料内容は発刊時に変更の可能性がございます

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。