2019 デニム・カジュアル白書

国内ジーンズ市場の動向を調査することにより今後のジーンズ関連業界の発展に供すると共に、国内ジーンズ総市場規模の推移及び予測、国内ジーンズ市場のセグメント別市場規模の推移及び予測、業界内の競争環境、ポジショニング、業界の課題、今後の展望を明らかにすることを目的としている。

発刊日
2019/02/28
体裁
A4 / 283頁
資料コード
C60125100
PDFサイズ
8.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:国内の有力ジーンズ関連メーカー、専門店等
調査方法:直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2019年1月~2019年2月

資料概要
Close

第1章 カジュアルウェア市場
第2章 デニム製品小売市場
第3章 デニム製品生産市場

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 カジュアルウェア市場

1.アパレル製品・洋品小売市場の推移と変化
 1-1.アパレル製品・洋品小売市場の全体推移
 1-2.チャネル別の推移
 1-3.国内アパレル市場の長期推移と今後の予測
 1-4.減少し続けるアパレル消費
 1-5.著しく変化したアパレル製品の購入チャネル
 1-6.著しく変化したアパレル製品の購入チャネル
 1-7.アパレル業界が斜陽産業・衰退市場に至った背景
 1-8.アパレル業界の凋落を招く一因となったサプライチェーンの多層構造
  1)なぜシステム化やオートメーション化が進まず情報共有できないのか?
    いつまでも家内制手工業のような工場が多いのか?
  2)日本にはなぜ世界的なアパレルブランドがないのか?
  3)日本のアパレル製品は、なぜ同質化してしまうのか?
2.カジュアルウェア小売市場の推移と変化
 2-1.カジュアルウェア市場の全体推移
 2-2.メンズ・レディス別市場の推移
 2-3.カジュアルウェア市場における主要専門店のマーケットシェア
3.ショッピングセンターの開発動向
 3-1.2018 年のSC開発動向
 3-2.2018 年のSCオープン分析
 3-3.2018 年オープンSC
 3-4.2019 年オープン予定SC
4.百貨店市場の動向
 4-1.商業動態統計にみる 2017 年全国百貨店の総売上高と衣料品売上高
 4-2.大手百貨店の売上動向と近況
 4-3.主要百貨店の動向
  1)三越伊勢丹ホールディングス
  2)J.フロント リテイリング(大丸松坂屋百貨店)
  3)高島屋
  4)そごう・西武
  5)エイチ・ツー・オー リテイリング(阪急阪神百貨店)
5.量販店市場の動向
 5-1.商業動態統計にみる量販店販売額の推移
 5-2.日本チェーンストア協会発表数字にみる量販店月別売上高
  1)月次売上高
  2)商品別売上高
  3)店舗当り、面積当りの販売額
 5-3.2017 年の量販店市場の動向
  1)大手 GMS 5 社の 2017 年度業績
  2)大手 GMS 5 社の衣料品販売額の推移
  3)最近の大手各社の衣料品関連の動き
   ①イオン
   ②イトーヨーカ堂
   ③ユニー
   ④イズミ
   ⑤平和堂
6.カジュアルウェア業界における注目分野の動向
 6-1.アスレジャー市場の動向
 6-2.メルカリの事業戦略
7.アパレル関連企業の売上高ランキング
 7-1.紳士服専門店売上高ランキング(2017/4~2018/3)
 7-2.婦人服専門店売上高ランキング(2017/4~2018/3)
 7-3.百貨店売上高ランキング(2017/4~2018/3)
 7-4.量販店売上高ランキング(2017/4~2018/3)
 7-5.紳士服メーカーランキング(2017/4~2018/3)
 7-6.婦人服メーカーランキング(2017/4~2018/3)
 7-7.ベビー・子供服メーカーランキング(2017/4~2018/3)
 7-8.大型商業施設(SC+百貨店)の店舗別売上高ランキング(2017/4~2018/3)

第2章 デニム製品小売市場

1.ジーンズの市場規模推計
 1-1.アイテム別市場規模
  1)アイテム別にみた市場規模の推移と成長率
  2)アイテム別の平均購入単価とその変化
 1-2.チャネル別市場規模
  1)チャネル別にみた市場規模の推移と成長率
  2)チャネル別の平均購入単価とその変化
 1-3.価格帯別市場規模
 1-4.顧客年代別市場規模
2.ジーンズカジュアル専門店の市場動向
 2-1.ジーンズカジュアル専門店の業績動向
 2-2.近年のジーンズカジュアル専門店の動向
  1)ジーンズメイト
  2)マックハウス
  3)ライトオン
3.ジーンズブランドのポジショニング分析
 3-1.主要ジーンズブランドの競争環境・ポジショニング
 3-2.主要ジーンズブランドと展開企業
  1)ドメスティックブランド
  2)インポートブランド
4.セレクトショップの市場動向
 4-1.主要セレクトショップの業績推移
 4-2.主要セレクトショップの動向
  1)ユナイテッドアローズ
  2)ビームス
  3)ベイクルーズ
  4)アーバンリサーチ
  5)トゥモローランド
  6)TOKYO BASE
5.婦人カジュアル専門店の市場動向
 5-1.婦人カジュアル専門店の業績推移
 5-2.婦人カジュアル専門店の動向
  1)アダストリア
  2)パルグループホールディングス
  3)ストライプインターナショナル
  4)ハニーズ
  5)コックス
  6)ジャパンイマジネーション
6.ジーンズ業界における環境と今後の展望
 6-1.流通構造の変化からみるジーンズ業界の不調要因
 6-2.格安ジーンズブームが招いたジーンズのデフレ化と価格意識の変化
 6-3.商慣習に起因する店頭販売力の低下
 6-4.今後の展望

第3章 デニム製品生産市場

1.製品メーカー市場
 1-1.主要ジーンズメーカーの近年の動向と業績推移
 1-2.主要ジーンズメーカーのポジショニングと今日の競争環境についての考察
 1-3.主要ジーンズメーカーの近年の動向
  1)エドウイン
  2)ジャパンブルー
  3)ビッグジョン
  4)ベティスミス
  5)リーバイ・ストラウス ジャパン
2.商社・OEM市場
 2-1.商社・OEM 事業者の動向
  1)総合商社の動向
  2)専門商社の動向
  3)ジーンズ専業系 OEM メーカーの動向
 2-2.産業構造、流通構造、サプライチェーンについての考察
3.洗い加工市場
 3-1.洗い加工とは
 3-2.国内の主要な洗い加工業者
 3-3.主要洗い加工業者の近年の動向
  1)SAAB(サーブ)
  2)WHOVAL(フーヴァル)
  3)豊和
4.デニム生地市場
 4-1.デニムとは
 4-2.世界のデニム生地メーカー
 4-3.デニム生地の製造プロセスと各社の関わり
 4-4.デニム生地のサプライチェーン
 4-5.国内デニム生地関連メーカーの業績動向
 4-6.デニム生地の輸入動向
 4-7.主要デニム生地関連メーカーの近年の動向
  1)カイハラ
  2)クラボウ
  3)クロキ
  4)坂本デニム
  5)日清紡ホールディングス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。