2019 ビジネスプリンタ市場の実態と展望

オフィス向け、業務・産業向けのプリンタを網羅的に扱い、市場動向や市場規模を掲載しています。オフィス向けプリンタ市場は成熟市場と言われる中で、トレンドがモノ売りからコト売りへと変化し、各社がソリューションやサービスの提供へと注力しています。業務・産業向けプリンタ市場は拡大傾向にあり、本書では今後の市場動向における予測をまとめています。

発刊日
2019/07/下旬
体裁
A4 / 約350頁
資料コード
C61101600
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

205,200
190,000
15,200
205,200
190,000
15,200
237,600
220,000
17,600
410,400
380,000
30,400
442,800
410,000
32,800

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2019年6月11日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

Ⅰ プリンタ市場の概要

1.プリンタ市場の概要

Ⅱ オフィスプリンタ市場の動向

1.ページ中-低速
2.MFP(複写機/複合機)

Ⅲ 業務・産業向けプリンタ市場の動向

1.シリアル・インパクト・ドット・マトリクス(SIDM)
2.ライン・インパクト・ドット
3.プロダクションプリンタ
4.LFP(電子写真方式(プロッタ))
5.LFP(インクジェット方式)

Ⅳ その他関連市場

1.カッティングプロッタ
2.中速インクジェットプリンタ
3.デジタル印刷機(有孔)
4.デジタルラベル印刷機
5.業務用フォトプリンタ
6.カードプリンタ
7.バーコード/ラベルプリンタ
8.産業用日付/マーキングプリンタ
9.プリント・アンド・アプライシステム

Ⅴ 企業個票

1.沖データ
2.桂川電機
3.キヤノン
4.京セラドキュメントソリューションズ
5.グラフテック
6.コニカミノルタ
7.JBアドバンスト・テクノロジー
8.シャープ
9.SCREENグラフィックソリューションズ
10.セイコーエプソン
11.東芝テック
12.NECエンベデッドプロダクツ
13.日本HP
14.富士ゼロックス
15.富士通
16.ブラザー工業/ブラザー販売
17.ミマキエンジニアリング
18.ミヤコシ
19.武藤工業
20.リコー
21.ローランド ディー.ジー.

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

205,200
190,000
15,200
205,200
190,000
15,200
237,600
220,000
17,600
410,400
380,000
30,400
442,800
410,000
32,800

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。