2019-2020 車載スマートロック・バーチャルキー市場総覧

本調査レポートでは、スマートロック・バーチャルキーに焦点を充て、自動車への搭載見通し、関連企業の取り組みと2025年までの市場予測を中心に掲載。更にスマートロック・バーチャルキー関連の市場としてスマートホーム・スマートシティ、スマートロック、セキュリティ、決済プラットフォーム企業まで視野に入れ調査を実施。

発刊日
2019/06/28
体裁
A4 / 155頁
資料コード
C61102500
PDFサイズ
24.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

275,000
250,000
25,000
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
550,000
500,000
50,000
583,000
530,000
53,000
825,000
750,000
75,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的
・車載スマートロック・ヴァーチャルキーはMaaS(Mobility as a service)、CASE(Connected、Autonomous、Shared & Services、Electric)の重要な要素技術として注目を集め始めている。
・米国市場では(米)GM が2000 年代初頭に導入した「OnStar」をベースに4GLTE を組み合わせたサービス「OnStarGo」を2014 年に導入して以降、緊急通報システム(エマージェンシーコール)の搭載が義務化を契機に一気に普及が進んでいる。
・現在はスマートフォンとの連携が進み、車輛の鍵として使用するヴァーチャルキーの機能が搭載されている。また、米国市場で急速に普及したAI スマートスピーカーは「スマートホーム」におけるハブとして機能しはじめ、AI アシスタントの機能を自動車に組み合わせることで更なる付加価値を持ち始めている。
・ヴァーチャルキー関連の市場は非常にニッチであり、これまで調査レポートは存在しなかった。しかし、今後の自動車市場の「電動化」「情報化」「知能化」が進む中で、基本的な構成要素として決して無視できない。当資料は2019 年6 月時点における最新情報を元に予測を行った。
調査対象製品
・自動車向けインフォテイメントシステム及びコネクテッドサービス
・車載スマートロック、ヴァーチャルキー
・スマートハウス、AIスマートスピーカー
調査対象:①自動車メーカー20社、②IT企業11社、③ODM・EMS企業3社、④半導体メーカー10社、⑤海外調査会社・コンサルティング企業 4 法人 計44社、4法人
調査方法:①国内、海外(中国、台湾)直接面接調査 ②技術、サービス動向セミナー取材 ③当社データベース、過去実施の調査データからの考察
調査期間:2019年2月~2019年6月
※本資料にて本文は全て「ヴァーチャルキー」と呼称した。(タイトルはバーチャルキー)

 

調査結果サマリー
Close

バーチャルキー世界市場に関する調査を実施(2019年)
2018年、世界におけるバーチャルキー搭載車輌台数は2,069万台
~緊急通報システム義務化を背景に、米国でのインフォテイメントシステムの新車搭載拡大が普及を後押し~

資料ポイント
Close

  • 自動車の鍵をスマートフォンに置き換える「車載スマートロック」化により拡がる可能性に特化した市場調査レポート
  • 車載スマートロック・ヴァーチャルキーの技術はMaaS(Mobility as a service)、CASE(Connected、Autonomous、Shared & Services、Electric)の重要な要素技術として注目を集め始めている。
  • 現在スマートフォンを鍵として使用できる自動車はごく一部に留まり、自動車メーカー・部品メーカーの動向、サービスを提供する事業者に関する情報は限定されているものの、大手部品メーカーは開発導入の意向を表明しており、2020年代以降、搭載車両増加が見込まれている。
  • 自動車メーカーにとっては、顧客との結びつきをより強固にするツールとして位置づけられ、MaaSではカーシェアリング、物流以外にも様々な活用が期待されている。
  • 車載スマートロック・ヴァーチャルキーを中心に周辺市場の状況を調査する。

資料概要
Close

第1章.自動車・携帯電話市場動向
第2章.ヴァーチャルキー市場
第3章.車載スマートロック市場
第4章.AIスマートスピーカー市場

リサーチ内容

調査結果のポイント

1:4G搭載インフォテイメントシステムがヴァーチャルキー普及を後押し
2:米国はインフォテイメントシステム・コネクテッドサービス先進国
3:コネクテッド化はドイツ高級車メーカーが先行
4:2022年の世界におけるヴァーチャルキー搭載自動車の出荷台数は5,030万台を予測
5:2022年の世界におけるAIスマートスピーカーの出荷台数は1億2,655万台を予測

第1章.自動車・携帯電話市場動向

1:自動車市場
  1-1:世界の自動車販売台数
  1-2:メーカー(グループ)別自動車販売台数
  1-3:日本市場自動車販売台数
  1-4:中国市場自動車販売台数
  1-5:EU市場自動車販売台数
  1-6:米国市場自動車販売台数
2:携帯電話市場
  2-1:世界の携帯電話加入動向
  2-2:世界のハンドセット(スマートフォン)市場動向
  2-3:国内の携帯電話加入動向
  2-4:国内のハンドセット(スマートフォン)市場動向

第2章.ヴァーチャルキー市場

1:車載スマートロック・ヴァーチャルキーの定義
2:ヴァーチャルキー導入状況
  2-1:主要市場のヴァーチャルキー導入状況
  2-2:主要自動車メーカーヴァーチャルキー導入状況
3:国内メーカーのヴァーチャルキー取り組み状況
  3-1:トヨタ自動車
    3-1-1:トヨタ
    3-1-2:レクサス
  3-2:日産自動車
  3-3:本田技研
  3-4:マツダ
  3-5:三菱自動車
  3-6:SUBARU
  3-7:ダイハツ
  3-8:スズキ
4:日本市場の見通し
5:海外メーカーのヴァーチャルキー取り組み状況
  5-1:MERCEDES-BENZ
  5-2:BMW
  5-3:VOLKSWAGEN
  5-4:AUDI
  5-5:VOLVO
  5-6:GENERALMOTORS
  5-7:HYUNDAI
6:ヴァーチャルキー市場規模
  6-1:国内市場規模
  6-2:世界市場規模

第3章.車載スマートロック市場

1:キーレスエントリー・スマートキー市場
  1-1:キーレスエントリー・スマートキー市場概要
  1-2:国内市場に於けるキーレスエントリー・スマートキーの搭載状況
  1-3:キーレスエントリー世界市場規模
2:車載スマートロック市場
  2-1:車載スマートロック市場概況
3:国内MaaS市場動向
  3-1:国内自動車関連市場動向
    3-1-1:レンタカー市場
    3-1-2:オートリース市場
    3-1-3:駐車場市場
    3-1-4:宅配便市場
    3-1-5:カーシェアリング市場
4:主要企業の取り組み状況
  4-1:タイムズプラス(タイムズ24)
    4-1-1:製品・サービス概要
    4-1-2:車載スマートロックへの取組状況
    4-1-3:仕様・採用通信規格
    4-1-4:ターゲット市場
  4-2:トヨタ自動車
    4-2-1:製品・サービス概要
    4-2-2:車載スマートロックへの取組状況
    4-2-3:仕様・採用通信規格
    4-2-4:ターゲット市場
  4-3:まとめ
5:車載スマートロック関連企業動向
  5-1:Continental(コンチネンタル・オートモーティブ)
    5-1-1:製品・サービス概要
    5-1-2:車載スマートロックへの取組状況
    5-1-3:仕様・採用通信規格
    5-1-4:ターゲット市場
  5-2:BOSCH
    5-2-1:製品・サービス概要
    5-2-2:車載スマートロックへの取組状況
    5-2-3:仕様・採用通信規格
    5-2-4:ターゲット市場
  5-3:Valeo
    5-3-1:製品・サービス概要
    5-3-2:車載スマートロックへの取組状況
    5-3-3:仕様・採用通信規格
    5-3-4:ターゲット市場
  5-4:DENSO
    5-4-1:製品・サービス概要
    5-4-2:車載スマートロックへの取組状況
    5-4-3:仕様・採用通信規格
    5-4-4:ターゲット市場
  5-5:ハーマン・インターナショナル・インダストリーズ
    5-5-1:製品・サービス概要
    5-5-2:車載スマートロックへの取組状況
    5-5-3:仕様・採用通信規格
    5-5-4:ターゲット市場
  5-6:DNP(大日本印刷)
    5-6-1:製品・サービス概要
    5-6-2:車載スマートロックへの取組状況
    5-6-3:仕様・採用通信規格
    5-6-4:ターゲット市場
  5-7:東海理化電機製作所(東海理化)
    5-7-1:製品・サービス概要
    5-7-2:車載スマートロックへの取組状況
    5-7-3:仕様・採用通信規格
    5-7-4:ターゲット市場
  5-8:イード/ジゴワッツ
    5-8-1:製品・サービス概要
    5-8-2:車載スマートロックへの取組状況
    5-8-3:仕様・採用通信規格
    5-8-4:ターゲット市場
  5-9:CCC(カー・コネクティビティー・コンソーシアム)
    5-9-1:製品・サービス概要
6:車載スマートロック市場規模
  6-1:国内市場規模
  6-2:世界市場規模

第4章.AIスマートスピーカー市場

1:スマートホーム市場
  1-1:スマートホーム概要
  1-2:スマートホーム機器市場
2:スマートロック概要
  2-1:スマートロック概要
3:AIアシスタント概要
  3-1:AIアシスタント概要
4:AIスマートスピーカー概要
  4-1:AmazonAlexa・AmazonEcho
  4-2:GoogleAssistant・GoogleHome
  4-3:Apple Siri・HomePod
  4-4:LINE Clova・ClovaWave
  4-5:Microsoft・Cortana
  4-6:中国企業製AIアシスタント対応スマートスピーカー
5:AIスマートスピーカー連携市場動向
  5-1:国内における標準化動向
  5-2:スマートスピーカー企業の取り組み
6:車載インフォテイメントシステムとの連携状況
  6-1:車載インフォテイメントシステムへのAIアシスタント搭載状況
  6-2:AIアシスタントの車載対応状況
    6-2-1:Amazon「EchoAuto」
    6-2-2:LINE、トヨタ自動車「ClovaAuto」
    6-2-3:Google「GoogleAssistant」
7:AIスマートスピーカー市場規模

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

275,000
250,000
25,000
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
550,000
500,000
50,000
583,000
530,000
53,000
825,000
750,000
75,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。