2019 アイウエアブランドマーケット

眼鏡関連業界では、眼鏡類を「アイウエア」という商品用語で一般に使用しているが、アパレル業界で業界用語として一般的に使われてきた「カジュアルウエア」のように、同一範囲基準の品目用語として明確に区分するには至っていない。
一方、近年の低価格メガネの登場によりメガネのカジュアルファッション化が進み、“着るメガネ”とも言われるようになったことで「アイウエア」という言葉が市場に認知されつつある。
矢野経済研究所では眼鏡市場を分析するにあたり、眼鏡フレーム、眼鏡レンズ、既製サングラス、既製老眼鏡の4品目に限定して「アイウエア」を商品用語とすることにした。
「アイウエア」は概念的な言葉ではあるが、流通業者および消費者がメガネを医療機器として捉える以外に、ファッションとしての側面も意識いただけるよう、当該市場の形成啓蒙のためには必要条件であると判断し、あえて「アイウエア」という言葉を選んでいる。

発刊日
2019/08/28
体裁
A4 / 483頁
資料コード
C61106500
PDFサイズ
9.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

137,500
125,000
12,500
137,500
125,000
12,500
170,500
155,000
15,500
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
412,500
375,000
37,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:日本のアイウエア市場の動向と今後の方向性を調査・分析することにより、アイウエアマーケットの現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。
調査対象市場:アイウエア市場/ファッションアイウエア市場(眼鏡フレーム/眼鏡レンズ/既製サングラス/既製老眼鏡)
対象エリア:日本
調査対象先:アイウエア市場参入企業、その他関連企業、関連団体
調査方法:直接面接取材、電話取材及びその他周辺間接調査、文献調査その他データ収集
調査期間:2019年6月~2019年8月

調査結果サマリー
Close

国内アイウエア小売市場に関する調査を実施(2019年版)
2018年の国内アイウエア小売市場は、オプションレンズの好調やEC販売の拡大により前年比100.8%の5,061億円と微増推移
​~ファッション性の高いリーディンググラスやキッズ用アイウエアの販売が好調~

資料ポイント
Close

  • ファッションアイウエア市場にフォーカスした国内唯一のマーケティング資料
    ・国内有力メーカー、アイウエア小売店、インポートブランド企業、輸入代理店など徹底取材
    ・取材調査をベースに、アイウエア・ファッション、アイウエアビジネスの実態を把握。今後の動向を予測
  • 国内アイウエア、ファッションアイウエア、インポートアイウエア等に関する長期時系列データ掲載
    ・小売市場のマーケットサイズ、品目別マーケットサイズ、輸入統計から推計したインポート市場等
  • 国内マーケットの現況と展望を分かりやすく解説
    ・有力企業の事例(企業概要、業績推移、商品動向、流通チャネル戦略、広告宣伝戦略、今後の事業戦略)
  • 分野別マーケティングデータの充実
    ・掲載ブランド数は、アイウエア企業 約80社
    ・市場動向(販路、ブランド、商品動向等)。参入企業各社の実態と戦略が一目瞭然
  • 機能性アイウエアなど多様化する商品市場の動向を掲載
    ・機能性アイウエアの可能性
    ・アイウエアの市場ポテンシャルと今後の展望

資料概要
Close

第1章.総論~アイウエア業界の現状と展望
第2章.ファッションアイウエア市場の動向と将来展望
第3章.国内アイウエア卸・メーカー企業の動向
第4章.インポートアイウエア市場の動向
第5章.ファッションアイウエア小売市場の動向
第6章.メガネレンズ市場動向
第7章.コンタクトレンズ市場動向
第8章.参入企業実態個別表
第9章.各種データ

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章.総論~アイウエア業界の現状と展望

1 総論~アイウエア業界の現状と展望
 1.アイウエア業界の現状
 2.アイウエアの小売市場規模・品目別市場規模推移
 3.ファッションアイウエアの小売市場規模推移
2 アイウエア業界の今後を読み解く
 動機1.新規需要の機会
 動機2.価格競争から価値競争へ
 動機3.買い増し・買い替えを生む“心理的障壁の除去”
 動機4.“機能”“用途細分化”が顧客をつかむ
3 ファッションアイウエアマーケットの注目トピック
 1.福井県眼鏡協会の取り組み
 2.グローバル展開への取り組み
 3.ネット通販、オムニチャネルの取り組み事例
 4.機能性アイウエアの開発
 5.老眼鏡市場

第2章.ファッションアイウエア市場の動向と将来展望

1.ファッションアイウエア概要
2.小売市場規模推移
3.商品・MD戦略
4.販売チャネル戦略
5.プロモーション戦略
6.海外展開・インバウンド需要に関する取り組み
7.有力企業の動向
8.今後の方向性・将来予測

第3章.国内アイウエア卸・メーカー企業の動向

1.国内アイウエア卸・メーカー市場の動向
2.国内有力アイウエア卸・メーカー企業の動向
 (1)市場概況
 (2)参入企業の戦略分析
   ①商品戦略
   ②流通戦略
   ③広告・宣伝戦略
   ④海外戦略
   ⑤今後の事業戦略
  ◆有力企業事例◆
  株式会社サンリーブ
  株式会社シャルマン
  株式会社フォーナインズ
  株式会社ボストンクラブ
  山本光学株式会社
3.国内有力アイウエア卸・メーカー市場の今後の展望

第4章.インポートアイウエア市場の動向

1.インポートアイウエア小売市場規模推移・動向
2.有力企業・ブランド動向
3.インポートアイウエア市場の今後の方向性・展望

第5章.ファッションアイウエア小売市場の動向

1.ファッションアイウエア小売市場の動向
2.有力小売企業の動向
 ◆有力企業事例◆
 株式会社アイヴァン
 イオンリテール株式会社
 株式会社イワキ
 株式会社インターメスティック
 オーマイグラス株式会社
 株式会社オンデーズ
 株式会社ヌーヴ・エイ
 株式会社メガネ流通センター
3.大手チェーン店の企業動向
 (1)市場概況
 (2)上場専業4社の業績推移
 ◆有力企業事例◆
 愛眼株式会社
 株式会社ジンズ
 株式会社ビジョナリーホールディングス
 株式会社三城ホールディングス

第6章.メガネレンズ市場動向

1.メガネレンズの市場動向
2.メガネレンズメーカー・レンズメーカー販売店の動向
 (1)HOYAビジョンケアカンパニー
 (2)株式会社ニコン・エシロール
 (3)東海光学株式会社
 (4)伊藤光学工業株式会社
 (5)株式会社アサヒオプティカル
 (6)カールツァイスビジョンジャパン株式会社
 (7)ローデンストックジャパン株式会社

第7章.コンタクトレンズ市場動向

1.コンタクトレンズの市場動向
2.コンタクトレンズ及び用材の主な沿革

第8章.参入企業実態個別表

株式会社アイ・シー・ジャパン、株式会社アイ・トピア、株式会社アイヴァン、アイテック株式会社、株式会社アオヤギ、株式会社アサヒオプティカル、愛眼株式会社、青山眼鏡株式会社、株式会社東江メガネ、株式会社イトーレンズ、株式会社イワキ、株式会社インターメスティック、伊藤光学工業株式会社、株式会社一誠堂、株式会社板垣、株式会社VISIONIZE(ヴィジョナイズ)、ウインク株式会社、株式会社エイトオプティク、株式会社エヌ・ティ・コーポレーション、株式会社オーケー光学、オーマイグラス株式会社、株式会社オンデーズ、金子眼鏡株式会社、株式会社川スミ、株式会社キクチメガネ、株式会社金鳳堂、株式会社銀座メガネ、株式会社グラスパートナー、株式会社サカイ、株式会社サトーメガネ、サフィロジャパン株式会社、株式会社サンリーブ、株式会社シャルマン、株式会社ジンズ、昭和光学株式会社、株式会社すずき、セイコーアイウエア株式会社、セイコーオプティカルプロダクツ株式会社、株式会社ゾフ、タレックス光学工業株式会社、株式会社タワービジョン、株式会社高田眼鏡店、中部オプチカル株式会社、株式会社ティーエスエル、デリーゴジャパン株式会社、株式会社東海メガネ・コンタクト、東海光学株式会社、株式会社東京メガネ、株式会社東北メガネセンター、株式会社ナカザワ、株式会社ナガタ、名古屋眼鏡株式会社、株式会社ニコン・エシロール、株式会社日本オプティカル、日本レンズ工業株式会社、株式会社ヌーヴ・エイ、株式会社ノセ眼鏡店、白山眼鏡店、株式会社ビジョナリーホールディングス、株式会社ビジョンメガネ、株式会社フイッシュランド、株式会社フォーナインズ、藤田光学株式会社、福井めがね工業株式会社、HOLTジャパン株式会社、HOYAビジョンケアカンパニー、株式会社ボストンクラブ、株式会社ホッタレンズ、株式会社マーションジャパン、株式会社マスダ、増永眼鏡株式会社、三井化学株式会社、株式会社三城ホールディングス、株式会社ムラタ、株式会社メガネトップ、株式会社メガネドラッグ、メガネの田中チェーン株式会社、株式会社メガネの和光、株式会社メガネ流通センター、株式会社ヤノメガネ、株式会社ヤブシタ、山本光学株式会社、株式会社ヨネザワ、株式会社ルック・ヒライ、ルックスオティカ ジャパン株式会社、株式会社和真

第9章.各種データ

一世帯当たり年間眼鏡支出額の推移
地方別1世帯あたり年間眼鏡消費支出額推移(総世帯)
地方別1世帯あたり年間コンタクトレンズ消費支出額推移(総世帯)
アイウエア展開企業リスト

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

137,500
125,000
12,500
137,500
125,000
12,500
170,500
155,000
15,500
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
412,500
375,000
37,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。