2019年版 進化する食品製造・加工機械 ~ロボット・IoT・AIの活用で人手不足を解決~

少子高齢化に伴う人口減少で日本における労働力不足は幅広い産業分野で重要な経営課題になっている。特に、食品製造業はいまだに人手への依存が多く残っており、ロボット導入による省人化や、AI・IoTといったハイテク技術の活用には、まだ多くの課題を残しているが、ロボット導入については、この2年間で徐々に導入が進んできていることが今回の調査で明らかになった。
今後、さらに食品製造現場における省人化・自動化を進めていくためのポイントや課題は何か、食品工場が自動化したいと考えている工程は何か等を調査・分析した。

発刊日
2019/09/27
体裁
A4 / 217頁
資料コード
C61113200
PDFサイズ
8.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:食品メーカー、食品製造・加工機械メーカー、設備メーカー、エンジニアリング会社
調査方法:直接面接取材、アンケート調査、電話取材
調査期間:2019年7月~2019年9月

調査結果サマリー
Close

食品工場における自動化・省人化に関する法人アンケート調査を実施(2019年)
国内の食品製造業でもロボットをはじめとした自動化・省人化の取り組みが進展
~ロボットを導入している食品工場は2年前より10ポイント以上上昇!~

資料ポイント
Close

  • 本調査レポートでは、特に注目度が高い“ロボットの食品製造現場への導入”にスポットライトを当てた。食品業界におけるロボット導入は徐々に進んでいるが、まだ課題も山積している。ロボットやロボットSIerのさらなる技術革新も必要であるが、ユーザーである食品業界にはどのような変革が求められているのかについても、深堀調査を行った。
  • 食品業界の製造現場(工場)を対象にアンケート調査を実施し、現在の省人化の取組状況や、ロボットの導入状況、データ計測におけるIT化の状況、今後関心のある取組(IoT技術の導入、AI技術の導入、ロボット導入、機械化、等)にどのようなものがあるかを調査し、明らかにした。

資料概要
Close

第1章 食品業界におけるロボット導入の可能性
第2章 IoT・AIが食品製造業に与えるインパクト
第3章 食品工場における機械化・IT化の実態把握調査(アンケート調査結果)
第4章 上場食品メーカーの設備投資動向
第5章 食品製造・加工機械市場の動向
食品加工機械・設備メーカー 簡易個票

リサーチ内容

第1章 食品業界におけるロボット導入の可能性

1.ロボットの導入
 (1)食品産業におけるロボット導入の現状
 (2)国の施策
   ①公的予算の措置状況
   ②ロボット導入実証事業の動向
   ③ロボット導入促進のためのSIer育成事業
   ④食品産業イノベーション推進事業
 (3)食品業界におけるロボット導入事例
   ①ロボットメーカー
   ・ストーブリ
   ・ファナック
   ・安川電機
   ・ユニバーサルロボット
   ②ロボットSIer
   ・スキューズ
   ・ケイズベルテック
   ・ダイドー
   ③ロボットレンタル
   ・オリックス・レンテック
   ・東京センチュリー
   ・高島ロボットマーケティング
 (4)ロボットハンドの開発
 (5)食品業界におけるロボット導入の可能性
 (6)食品業界におけるロボット導入促進の課題

第2章 IoT・AIが食品製造業に与えるインパクト

(1)IoTについて
(2)IoT・AIの活用方法
(3)食品工場におけるIoT・AIの活用ニーズ
(4)食品工場におけるIoT・AIの活用事例

第3章 食品工場における機械化・IT化の実態把握調査(アンケート調査結果)

1.回答工場の生産品目
2.回答工場の従業員数
3.回答工場の地域
4.食品製造現場における人手不足感
5.人手不足解消に向けた取組
6.機械化・IT技術導入の目的
7.食品製造現場における機械化・IT技術の導入状況
8.生産性向上に向けた取組
9.食品の製造工程別にみた機械化の進捗状況
10.人手依存の理由
11.設備投資に対する考え方
12.食品製造現場におけるロボットレンタル・リースサービスの認知状況
13.IoT化やAIの導入で実現したいこと・関心のあること

第4章 上場食品メーカーの設備投資動向

全体の傾向
上場食品メーカーの設備投資状況

第5章 食品製造・加工機械市場の動向

1.食品製造・加工機械の国内販売動向
 (1)全体動向
 (2)精米麦機械
 (3)製粉機械
 (4)製麺機械
 (5)製パン・製菓機械
 (6)醸造用機械
 (7)乳製品加工機械
 (8)飲料加工機械
 (9)肉類加工機械
  ・なんつね
  ・ワタナベフーマック
 (10)水産加工機械
【参考:加工食品の市場規模推移】
(加工食品、飲料、ミネラルウォーター、宅配水、酒類、健康食品、和・洋菓子・デザート、流通菓子、パン、惣菜、日配米飯)
2.食品製造・加工機械の輸出入動向

食品加工機械・設備メーカー 簡易個票

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。