2019 介護保険ビジネス ~介護人材の確保と今後の展望~

介護業界は、依然として深刻な介護人材不足という問題を抱えています。さらには、団塊の世代が75歳以上になる2025年、団塊Jr.が65歳以上になる2040年に向けて、介護職員の確保は喫緊の課題と言えます。施設・サービス事業者は、概ね慢性的な人手不足感を持ち、今後その危機感はさらに強まっていくことになるでしょう。
国、厚生労働省は、介護職の処遇改善と介護保険制度、介護業界の持続のため、対策を進めていますが、民間の動きとしては、専門職や無資格者等の派遣や介護人材紹介を始め、サイトでの転職支援サービスなど、新たな人材ビジネスが成長しています。
本調査レポートでは、介護人材の確保のための派遣・紹介・転職支援サービス市場を分析するとともに、介護保険に関わる施設・サービスの現状および今後の予測などの今後の展望について分析・編集致します。

発刊日
2020/01/22
体裁
A4 / 413頁
資料コード
C61121000
PDFサイズ
4.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

137,500
125,000
12,500
137,500
125,000
12,500
170,500
155,000
15,500
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
412,500
375,000
37,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:介護人材関連サービス(人材派遣、人材紹介、求人・転職支援サービス)/介護保険に関わる施設・サービス(福祉用具レンタル・販売市場は除く)/その他医療・介護分野に関連するビジネス
調査方法:企業ヒアリング及び情報収集
調査期間:2019年9月~2020年1月

資料ポイント
Close

見守り支援・介護ロボットなど、新たに分析項目に追加

資料概要
Close

第1章 介護人材を取り巻く環境と動向
第2章 介護人材確保市場の動向分析
第3章 介護施設・サービスの動向分析
第4章 介護保険ビジネス参入企業の動向
第5章 介護保険ビジネスを取り巻く市場背景
第6章 参考資料:介護保険関連データ推移

リサーチ内容

第1章 介護人材を取り巻く環境と動向

1.介護保険ビジネスでの人材不足
2.介護保険ビジネス市場を取り巻く社会状況
  (1)介護職員の現状
  (2)介護職員初任者研修・介護福祉士養成の状況
    ①介護職員初任者研修の実施状況
    ②介護福祉士の養成状況
  (3)看護師の就職状況と資格合格者数
  (4)指定取消・効力の停止処分のあった施設・事業所数
3.介護人材に対する政府の方針と対策
  (1)ニッポン一億総活躍社会と介護離職ゼロ
  (2)未来投資会議
  (3)アジア健康構想
4.介護人材の賃金の動向
5.人材教育・研修とキャリアパス制度
6.シニア層(高齢者)の就業動向
  (1)シニア層(高齢者)の就業の概要
  (2)高齢者の医療・介護分野への就業の動向
7.課題・問題点
8.今後の方向性

第2章 介護人材確保市場の動向分析

1.介護人材確保市場とは
  (1)定義
  (2)介護人材を取り巻く背景
  (3)市場概要と参入企業の業態
    ①介護業界向け人材派遣業
    ②介護業界向け人材紹介業
    ③転職支援サービス
2.市場規模動向
  (1)介護人材確保市場の市場規模
  (2)人材派遣業
  (3)人材紹介業
  (4)転職支援サービス
3.参入企業の事業戦略
4.介護人材確保市場の課題・問題点
5.介護人材確保市場の今後の方向性
  【介護人材ビジネス参入企業の動向】
  (1)株式会社エス・エム・エス
  (2)株式会社ウィルオブ・ワーク
  (3)株式会社キャリア
  (4)株式会社ツクイスタッフ
  (5)株式会社ネオキャリア
  (6)株式会社メドレー
6.外国人の介護分野への採用
  (1)介護技能実習生
  (2)在留資格「介護」(日本語学校留学生)
  (3)特定技能
  (4)EPA 介護福祉士
  (5)アジア諸国の特長
  (6)課題・問題点
7.介護ロボット~見守り支援機器~

第3章 介護施設・サービスの動向分析

1.高齢者施設の概要
  (1)高齢者施設・住宅の施設数・定員数
  (2)高齢者施設・住宅の動向分析
  (3)団塊の世代前後の世代にみる高齢者向け住宅の選択について
2.介護保険施設・サービスの動向
  (1)特別養護老人ホーム
  (2)老人保健施設
  (3)介護医療院の創設
  (4)特定施設
    ①特定施設の概要
    ②平成30 年改定の内容
  (5)有料老人ホーム
  (6)サービス付高齢者向け住宅
  (7)小規模多機能型施設・看護多機能施設
  (8)認知症グループホーム
  (9)デイサービス
  (10)訪問系サービス
    ①訪問系サービス
    ②居宅介護支援サービス
  (11)定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業
  (12)訪問看護ステーションの現状
    ①訪問看護ステーションの概要
    ②改定の動向~平成30 年度を中心に~
    ③営利法人の取り組み
    ④訪問看護ステーションの今後
  (13)訪問リハビリテーション
    ①訪問リハビリの概要
    ②訪問リハビリの現状
3.介護施設・サービス事業所数の予測

第4章 介護保険ビジネス参入企業の動向

1.介護保険ビジネス市場有力企業の動向
  (1)介護部門参入企業の売上高動向
  (2)介護サービス事業の市場戦略のポイント
2.上場企業の事業戦略
  ◆ケアサービス
  ◆シダー
  ◆セントケアホールディング
  ◆ソラスト
  ◆チャーム・ケア・コーポレーション
  ◆ツクイ
  ◆トーカイ
  ◆パナソニックエイジフリー
  ◆パラマウントケアサービス
  ◆フランスベッド
  ◆ベネッセグループ
  ◆ニチイ学館
  ◆SONPO ホールディングス
  ◆ユニマットリタイアメント・コミュニティ
  ◆ロングライフグループ

第5章 介護保険ビジネスを取り巻く市場背景

1.未来投資会議
  (1)次世代ヘルスケアの構築
  (2)医療提供体制の改革
  (3)経済財政運営と改革の基本方針2019
    ① 70 歳までの就業機会確保
    ② 中途採用・経験者採用の促進
    ③ 疾病・介護の予防
2.高齢者人口の動向
  (1)人口推移
    ①総人口区分
    ②2018 年に後期高齢者の数が前期高齢者を上回る
    ◆参考:年齢別労働力人口
  (2)団塊の世代の動向
  (3)80 歳以上の人口の動向
  (4)100 歳人口は令和元年で6.8 万人に
  (5)多死社会~死亡数の増加~
    ①死亡人数
    ②死亡場所
  (6)看取り
  (7)世帯数の動向
3.介護費の推移
  (1)要介護高齢者数(全体)の動向
  (2)介護保険費用の総費用
  (3)介護保険費用の内訳(居宅・地域密着・施設等)
4.介護保険制度の改正の動向
  (1)地域包括ケアシステムの構築とは
  (2)これまでの制度改正の概要
  (3)2040 年を見据えた社会保障の将来見通し
  (4)今後の介護保険改正の方向性
5.認知症対策
  (1)認知症の定義
  (2)認知症施策推進大綱
  (3)認知症の人数の予測
  (4)注目される認知症ケア
    ①自立支援介護
    ②ユマニチュード
6.医療・在宅療養の方向性(経済産業省の構想)

第6章 参考資料:介護保険関連データ推移

1.介護サービス・施設の事業所数と定員等の推移
2.介護保険サービスの件数・日数・介護費の推移

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

137,500
125,000
12,500
137,500
125,000
12,500
170,500
155,000
15,500
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
412,500
375,000
37,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。