2020 「おもてなしICT」市場の実態と展望 ~接客/観光客の受け入れに向けたICTツールの活用~

近年、自治体や宿泊業、小売業、飲食業などで人手不足の解消やインバウンドの受け入れに向けたICTツールの利用が活発化しています。2020年の東京オリンピック/パラリンピックをはじめ、2025年に控えている大阪万博の開催など、国策としてもインバウンドの受け入れ環境の整備に取り組んでいます。
本調査レポートでは、対話型AIシステム、デジタルサイネージ、多言語翻訳機、セルフチェックインシステム(民泊向け)、スマートロックなどのベンダーを対象にヒアリング調査を行い、各社のユーザ動向や事業の方向性、人手不足/インバウンドの増加による事業への影響などを掲載しています。加えて、海外ベンダーのソリューションや国内外のユーザ企業の取り組みについてもとりあげています。

発刊日
2020/02/28
体裁
A4 / 199頁
資料コード
C61123300
PDFサイズ
5.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:対話型AIシステム、デジタルサイネージ、多言語翻訳機、セルフチェックインシステム(民泊向け)、スマートロックなどの国内ベンダーの実態を調査・分析することで同市場の関連事業者および関係者のマーケティング活動に資することを目的とする。
調査対象:弊社が独自に選定した事業者など 合計23社
調査方法:直接面接取材および電話調査や文献調査など
調査期間:2019年7月~2020年2月

調査結果サマリー
Close

デジタルサイネージ市場に関する調査を実施(2020年)
国内のデジタルサイネージ市場は2024年度に4,180億円まで成長すると予測
~多言語での防災・災害情報の配信、商業施設や観光地の案内用途での活用進む~

資料ポイント
Close

  • 対話型AIシステム、デジタルサイネージ、多言語翻訳機、民泊向けセルフチェックインシステムの市場規模を掲載
  • 対話型AIシステム、デジタルサイネージ、多言語翻訳機、スマートロック、民泊向けセルフチェックインシステムのベンダー各社のユーザ動向や事業方向性、人手不足・インバウンド増加による事業への影響などを掲載
  • 自治体や宿泊業、小売業、飲食業におけるICTのユーザ事例を掲載

資料概要
Close

Ⅰ.おもてなしICT市場の実態と展望
Ⅱ.各業界における取り組み動向
Ⅲ.ソリューション別取り組み動向
Ⅳ.海外事業者の取り組み概要
Ⅴ.取材企業個票(ベンダー)
Ⅵ.取材企業個票(ユーザ企業)

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.おもてなしICT市場 市場動向
2.おもてなしICT市場 調査対象
3.対話型AIシステム
 3.1.対話型AIシステム市場規模(2019年~2024年予測)
 3.2.対話型AIシステム市場概況
 3.3.対話型AIシステム企業動向
 3.4.今後の展望と課題
4.デジタルサイネージ
 4.1.デジタルサイネージ市場規模(2018年度~2024年度予測)
 4.2.デジタルサイネージ市場概況
 4.3.デジタルサイネージ企業動向
 4.4.今後の展望と課題
5.多言語翻訳機
 5.1.多言語翻訳機市場規模(2018年~2024年予測)
 5.2.多言語翻訳機市場概況
 5.3.多言語翻訳機企業動向
 5.4.今後の展望と課題
6.セルフチェックインシステム(民泊向け)
 6.1.セルフチェックインシステム(民泊向け)市場規模(2019年~2024年予測)
 6.2.セルフチェックインシステム(民泊向け)市場概況
 6.3.セルフチェックインシステム(民泊向け)企業動向
 6.4.今後の展望と課題

Ⅰ.おもてなしICT市場の実態と展望

1.おもてなしICT市場動向
 1.1.各業界の動向
  1.1.1.自治体における取り組み動向
  1.1.2.宿泊業における取り組み動向
  1.1.3.小売業における取り組み動向
  1.1.4.飲食業における取り組み動向
 1.2.おもてなしとは
 1.3.おもてなしICT市場の動向(ソリューション別)
  1.3.1.各ソリューションの市場拡大要因
 1.4.ICTツールによる業務への貢献(ソリューション別)
 1.5.人手不足・インバウンド増加による各ソリューション市場への影響
2.外部環境
 2.1.訪日外国人(インバウンド)推移
 2.2.日本の年齢別人口推移、労働力人口の年齢構成比

Ⅱ.各業界における取り組み動向

1.自治体における取り組み動向
 1.1.2020年に向けた社会全体のICT化 アクションプラン
  IoTおもてなしクラウドとは
 1.2.人手不足/インバウンド増加による影響
 1.3.地方自治体におけるICTツールを活用した取り組み例
 1.4.取材企業における地方自治体での取り組み(NEC、エイベックス)
2.宿泊業における取り組み動向
 2.1.宿泊産業の概況
  2.1.1.宿泊者数の推移(2014年~2018年)
  2.1.2.施設別客室稼働率(2014年~2018年)
 2.2.関連する法規制
  2.2.1.旅館業法の改正
  2.2.2.住宅宿泊事業法(民泊新法)の成立
  2.2.3.国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)
 2.3.ICTツールの活用状況
 2.4.人手不足/インバウンド増加による影響
 2.5.ICTツールを活用したユーザの取り組み例
3.小売業における取り組み動向
 3.1.小売業の概況
 3.2.卸売り・小売業就業者数推移(15歳~64歳)
 3.3.業務の省人化/無人化に向けたICTツールの活用事例
  3.3.1.コンビニエンスストアにおける取り組み概要
  3.3.2.その他 小売店における取り組み事例
4.飲食業における取り組み動向
 4.1.飲食業の概況
 4.2.飲食店におけるICTツールを活用した取り組み事例

Ⅲ.ソリューション別取り組み動向

1.接客全般:対話型AIシステム
 1.1.対話型AIシステムの市場規模(2019年~2024年予測)
 1.2.対話型AIシステム市場概況
 1.3.AIチャットボット参入事業者
 1.4.対話型AIシステム市場のトピックス
  (1)チャットボットと他システムとの連携によるチャットボットの適用業務の拡大
  (2)チャットボットへの個人情報の入力
 1.5.人手不足/インバウンド増加による影響
 1.6.チャットボットを選定する際のポイント
 1.7.取材企業の取り組み概要
 1.8.今後の展望
2.接客全般:デジタルサイネージ
 2.1.デジタルサイネージとは
 2.2.デジタルサイネージ市場規模(2018年度~2024年度)
  2.2.1.デジタルサイネージ市場規模(2018年度~2024年度)
  2.2.2.デジタルサイネージの市場規模(広告、コンテンツ作成、システム販売/構築別)
 2.3.デジタルサイネージの市場概況
 2.4.人手不足/インバウンド増加による影響
 2.5.デジタルサイネージ市場のトピックス
  (1)防災・災害情報の配信
  (2)OMO(Online Merges with Offline)
 2.6.今後の展望
3.接客全般:多言語翻訳機
 3.1.多言語翻訳機市場規模(2018年~2024年予測)
 3.2.多言語翻訳機の市場の概況
 3.3.多言語翻訳機参入事業者
 3.4.多言語翻訳機市場のトピックス
  (1)多言語翻訳機の機能拡大
  (2)日本在住の外国人向けサポートでの活用
 3.5.人手不足/インバウンド増加による影響
 3.6.今後の展望
4.接客全般:コミュニケーションロボット
 4.1.コミュニケーションロボットとは
 4.2.コミュニケーションロボット市場規模(2014年度~2020年度予測)
 4.3.コミュニケーションロボット市場概要
 4.4.コミュニケーションロボット参入事業者
5.宿泊業:スマートロック
 5.1.スマートロックとは
 5.2.スマートロック市場概況
 5.3.スマートロック参入事業者
 5.4.スマートロック市場のトピックス
  (1)顔認証を活用した取り組み
 5.5.人手不足/インバウンド増加による影響
 5.6.今後の展望
6.宿泊業:セルフチェックインシステム(民泊向け)
 6.1.セルフチェックインシステム(民泊向け)とは
 6.2.セルフチェックインシステム(民泊向け)市場規模
 6.3.セルフチェックインシステム(民泊向け)市場概況
 6.4.セルフチェックインシステム(民泊向け)参入事業者
 6.5.セルフチェックインシステム(民泊向け)市場 トピックス
  (1)宿泊客の現地での負担軽減に向けた取り組み
  (2)PMSに付随する形でチェックインシステムを提供
 6.6.人手不足/インバウンド増加による影響
 6.7.今後の展望
7.小売業:セルフレジ
 7.1.セルフレジの市場概要
 7.2.セルフレジ(フルセルフレジ)参入事業者

Ⅳ.海外事業者の取り組み概要

1.接客全般におけるベンダー取り組み
 1.1.対話型AIシステム 参入事業者
  1.1.1.本社所在地:アメリカ
  1.1.2.本社所在地:インド
  1.1.3.本社所在地:その他
 1.2.多言語翻訳機参入事業者
2.宿泊業における取り組み
 2.1.宿泊業における取り組み概要
 2.2.スマートロック参入事業者
 2.3.セルフチェックインシステム(民泊向け)参入事業者
 2.4.ICTツールを活用したユーザの取り組み例
3.小売業における取り組み
 3.1.小売業におけるICTを活用した取り組み
 3.2.業務の省人化/無人化に向けたICTツール 参入ベンダー
 3.3.業務の省人化/無人化に向けたICTツールの活用事例
4.飲食業における取り組み
 4.1.飲食業におけるICTを活用した取り組み

Ⅴ.取材企業個票(ベンダー)

1.エイベックス株式会社
2.日本電気株式会社
3.株式会社ALBERT
4.Automagi株式会社
5.NTTコミュニケーションズ株式会社
6.富士通株式会社
7.ライブパーソンジャパン株式会社
8.一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム
9.ピーディーシー株式会社
10.ソースネクスト株式会社
11.TAKUMI JAPAN株式会社
12.株式会社構造計画研究所
13.株式会社フォトシンス
14.株式会社ライナフ
15.xxx株式会社
16.株式会社デバイスエージェンシー

Ⅵ.取材企業個票(ユーザ企業)

1.自治体:越前加賀インバウンド推進機構
2.チャットボット:株式会社セブン銀行
3.チャットボット:株式会社千葉銀行
4.チャットボット:マネックス証券株式会社
5.チャットボット:りそなホールディングス株式会社
6.宿泊施設運営事業者:ALL Fortune Partners株式会社
7.宿泊施設運営事業者:株式会社REAH Technologies

<図表目次>
図表1 おもてなしICT市場 対象範囲
図表2 対話型AIシステム市場規模(2019年~2024年予測)
図表3 デジタルサイネージ市場規模(2018年度~2024年度予測)
図表4 多言語翻訳機市場規模(2018年~2024年予測)
図表5 セルフチェックインシステム(民泊向け)市場規模(2019年~2024年予測)
図表6 各ソリューションの市場拡大要因
図表7 ICTツールによる業務への貢献
図表8 人手不足・インバウンド増加による各市場への影響
図表9 訪日外国人推移(2010年~2019年)
図表10 年齢別人口推計の推移
図表11 労働力人口の年齢構成比の推移
図表12 2020年に向けた社会全体のICT化 アクションプラン 概要
図表13 IoTおもてなしクラウド
図表14 都市サービスの高度化に向けた取り組み内容
図表15 地方自治体におけるICTを活用した自治体の取り組み例
図表16 NEC、エイベックスの取り組み概要
図表17 年別・延べ宿泊者数推移(平成26年~平成30年)
図表18 施設タイプ別客室稼働率の推移(平成26年~平成30年)
図表19 旅館業法(簡易宿所)、住宅宿泊事業法、特区民泊の比較
図表20 旅館業法の一部改正 概要
図表21 住宅宿泊事業法の概要図
図表22 国家戦略特別区域法施行令の一部を改正する政令の概要
図表23 宿泊施設におけるICTツール活用拡大の要因(ソリューション別)
図表24 ICTツールを活用したユーザの取り組み例
図表25 小売店における顧客フロー
図表26 卸売り・小売業 就業者数推移
図表27 小売店における取り組み概要
図表28 飲食店における業務フロー
図表29 飲食店におけるICTツールを活用した取り組み事例
図表30 対話型AIシステムの市場規模(2019年~2024年予測)
図表31 AIチャットボット参入事業者名/サービス名
図表32 取材企業 チャットボット選定理由一覧
図表33 取材企業の取り組み概要
図表34 デジタルサイネージの分類
図表35 デジタルサイネージ 市場規模(2018年度~2024年度予測)
図表36 デジタルサイネージ市場規模(広告、コンテンツ作成、システム販売/構築別)
図表37 多言語翻訳機市場規模(2018年~2024年予測)
図表38 多言語翻訳機参入事業者
図表39 国内コミュニケーションロボット市場規模推移(2014年度~2020年度予測)
図表40 サービスロボット参入事業者
図表41 取り付け方法によるスマートロックの分類
図表42 マートロック参入事業者
図表43 セルフチェックインシステム(民泊向け)市場規模
図表44 セルフチェックインシステム(民泊向け)参入事業者
図表45 東芝テック「ピピットスマホ」運用イメージ
図表46 フルセルフレジ 参入事業者
図表47 チャットボット 海外ベンダー
図表48 Salange Sogou Pro 画像
図表49 Salange Sogou Pro 画像
図表50 Langogo Genesis 画像
図表51 Youdao 2.0 Pro 画像
図表52 Travis Touch Go 画像
図表53 Pilot 画像
図表54 Allegion 製品画像
図表55 ASSA ABLOY 製品画像
図表56 Danalock International ApS 製品画像
図表57 Salto Systems 製品画像
図表58 Spectrum Brands Holdings 製品画像
図表59 Lockly製品画像
図表60 Amadas製品画像(Lever Lock Touch)
図表61 KEYWE SMART LOCK 製品画像
図表62 Samsung Electronics 製品画像
図表63 Avent Security 製品画像
図表64 Yunding Network Technology 製品画像
図表65 Zhejiang Dahua Technology 製品画像
図表66 ICTツールを活用したユーザの取り組み事例
図表67 無人店舗運営に向けた取り組み
図表68 スマートカート 参入事業者
図表69 業務の省人化/無人化に向けたICTツールの活用事例
図表70 SARF 概要イメージ
図表71 南紀白浜エリアにおけるIoTおもてなしサービス実証の概要
図表72 CHORDSHIP トークスクリプト(対話シナリオ作成)編集画面
図表73 デジタルサイネージコンソーシアムのミッション・目標
図表74 One GATE サービス概要
図表75 POCKETALK W/POCKETALK S
図表76 KAZUNA eTALK5
図表77 RemoteLOCK/E06
図表78 RemoteLOCK クラウド利用料(月額・税別)
図表79 Akerun Pro
図表80 NinjaLock2/NinjaLockM
図表81 minpakuIN 利用イメージ図
図表82 越前加賀インバウンド推進機構 導入ソリューション
図表83 訪日外国人向け観光支援基盤システムのイメージ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。