2020 ファッション業界のリユースマーケット動向

ファッション業界におけるリユースマーケットの動向を調査。ファッションリユースの市場は、BtoCやCtoC、そして近年はBtoBtoC、CtoBtoCなど企業間とエンドユーザー間で幅が広がりつつあります。その中で、それぞれのビジネスモデルを整理し、事業展開する主要企業の動向をまとめ、リユース市場の動向、今後の展望をレポートします。

発刊日
2020/02/28
体裁
A4 / 161頁
資料コード
C61124100
PDFサイズ
6.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:現在のファッション業界におけるリユースマーケットの動向を調査し、ファッションリユースの市場を把握することを目的とする。
調査対象:ファッション関連アイテムおよび中古商品を事業として取り扱う企業
調査方法:直接面接取材、郵送アンケート調査、公的データ・統計データの収集・及び各種文献調査
調査期間:2019年12月~2020年2月

調査結果サマリー
Close

ファッションリユース市場に関する調査を実施(2020年)
2019年の国内ファッションリユース市場規模は前年比16.1%増の7,200億円
~フリマアプリなど個人間取引の利便性や認知度が高まり、CtoC取引が増加し市場拡大への追い風に~

資料概要
Close

第1編 ファッション業界のリユースマーケット動向
第2編 ファッション関連企業の動向と事業戦略
第3編 主要プレーヤーの動向(企業個表)

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1編 ファッション業界のリユースマーケット動向

(1)国内リユース市場全体の動き
  ・リユース市場の生まれた背景
  ・ビジネスモデル概要
  ・CtoCモデルについて
  ・BtoCモデルについて
(2)ファッションリユース市場規模推移・予測
(3)リユース市場における各分野の動き
  ・中古衣料のリユース市場(CtoC)動向
  ・アウトドア用品のリユース市場動向
  ・時計のリユース市場動向
  ・きもののレンタル、リサイクル取り組み
  ・鞄・袋物のリユース動向
  ・宝石・貴金属の買取・リサイクル動向
(4)リユース市場における各ショップの動き
  ・中古衣料品ショップ
  ・中古ブランド品買取・販売店
  ・リサイクルショップ
  ・チケットショップ
(5)ファッションリユース市場の今後の見通し
  ・課題と見通し
  ・メルカリが新たな事業戦略を発表
  ・消費増税の影響
  ・2019年以降のインバウンド需要

第2編 ファッション関連企業の動向と事業戦略

商品・サービス・プロモーション
ユーザー動向
リユース市場の今後の見通し
課題と展望

第3編 主要プレーヤーの動向(企業個表)

※カッコ(  )は主なサービス名

(1)BtoCビジネス
  株式会社FINE(Rename)
  株式会社ZOZO(ZOZOUSED)
  株式会社ウィファブリック(SMASELL)
  株式会社ゲオホールディングス(セカンドストリートほか)
  株式会社デファクトスタンダード(ブランディアほか)
  株式会社トレジャー・ファクトリー(トレジャーファクトリーほか)
  ブックオフグループホールディングス株式会社(BOOKOFF SUPER BAZAARほか)
  株式会社マーケットエンタープライズ(ReReほか)
(2)CtoCビジネス
  株式会社A Inc.(オタマートほか)
  株式会社キャリーオン(キャリーオン)
  株式会社コメ兵(KANTEほか)
  株式会社ジモティー(ジモティー)
  株式会社大黒屋(大黒屋)
  株式会社Prema(PremaX)
  株式会社メルカリ(メルカリほか)
  株式会社モバオク(モバオク)
  株式会社ヤフー(ヤフオク!ほか)
  楽天株式会社(ラクマ)
(3)その他
  株式会社SOU(なんぼやほか)
  株式会社銀蔵(銀蔵)
  株式会社ワールド(アンドブリッジ、ラグタグ、ラクサスほか)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。