2020年版 期待高まる代替肉ビジネス(植物由来肉・培養肉)の将来展望 ~フードテックが解決する持続可能な食の未来~

農業生産から世帯消費に至るまで、食品廃棄・ロスの削減が急務とされている一方、2050年には世界人口が90億人に達することが予測され、食料不足が懸念されている。
FAO(国際連合食糧農業機関)によれば、1961年から2011年までの50年間で世界人口が約2.3倍になった一方、動物性食品の消費は約5倍に増加した。FAOは、世界の食肉消費はこの先2050年までにさらに73%増えるだろうと予測している。飼料用・食用の穀物需要の増大が予想されるが、気候変動の影響、ひっ迫する水需給、土壌劣化が不安材料となっている。このような中、クリーンミートといった細胞培養から作られる肉、プラントベースミートといった植物由来肉の研究が進んでいる。広がりをみせる代用たんぱく質市場の需要を明らかにし、「代替肉」(「植物由来肉」、「培養肉」)市場を展望することを目的として、企画した。

発刊日
2020/03/25
体裁
A4 / 283頁
資料コード
C61124400
PDFサイズ
28.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

209,000
190,000
19,000
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
418,000
380,000
38,000
451,000
410,000
41,000
627,000
570,000
57,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は代替肉(植物由来肉・培養肉)の取り扱い実態、販売状況、参入各社の市場戦略を調査・分析することにより、代替肉(植物由来肉・培養肉)市場を展望することを目的として実施した。
調査対象商品:代替肉(植物由来肉・培養肉)
調査対象先:植物由来肉参入企業等14社、培養肉参入企業等3社、その他大学、業界団体、等
調査方法:直接面接取材及び電話、アンケートによる間接調査
調査期間:2019年12月~2020年3月

資料ポイント
Close

  • 新規市場である代替肉(植物由来肉、培養肉)市場の、日本国内有力企業の現状の取り組みを紹介
  • 海外情報として、アメリカでの代替肉(植物由来肉、培養肉)の動向、EU・中国などの状況を紹介
  • 代替肉(植物由来肉、培養肉)市場の2020年から2030年の中期展望を明らかに

資料概要
Close

第Ⅰ章 日本・海外における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場の概況
第Ⅱ章 日本における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場の動向
第Ⅲ章 海外における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場の動向
第Ⅳ章 代替肉(植物由来肉・培養肉)ビジネスの市場動向
第Ⅴ章 参入企業等の個別実態調査

リサーチ内容

第Ⅰ章 日本・海外における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場の概況

1.代替肉を取り巻く環境
 (1)世界人口の増加に伴うタンパク質需要の増加
 (2)食肉生産量・消費量の推移
 (3)畜産の環境への影響
 (4)イギリスにおける環境配慮活動 ~ミートフリーの取り組み~
 (5)代替肉に関連するSDGs(Sustainable Development Goals)ターゲット
 (6)エシカル消費意識の高まり ~2020年東京オリンピックが追い風~
2.日本を取り巻く環境の変化
 (1)ベジタリアン・ビーガンの潜在人口
 (2)厚生労働省が1日に摂取するタンパク質の目標量を引き上げ
 (3)在留外国人・訪日外国人需要の可能性
3.代替肉(植物由来肉・培養肉)など新規タンパク質食品の登場
 (1)植物由来肉とは
 (2)培養肉とは
 (3)その他の新規タンパク質
  ①昆虫由来タンパク質
  ②藻類
  ③空気
 (4)代替肉(植物由来肉・培養肉)ビジネスにおける認証制度
  ①「ベジタリアン・ビーガン認証」の取り組み
   ~注目団体 ベジプロジェクトジャパン~
  ②宗教食への対応 ~ハラール認証・コーシャ認証~

第Ⅱ章 日本における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場の動向

1.国内における取組(植物由来肉・培養肉)、他(昆虫由来タンパク質、等)
 (1)植物由来肉
  ①植物由来食品への参入が加速 ~大手の参入が相次ぎ、認知度拡大へ。新商品続々~
  ②日本でも週に一度はベジタリアン ~ミートフリーマンデーの取り組み推進~
  ③コンビニエンスストアの取り組み ~健康に焦点、今後の商品展開に注目~
  ④商社の取り組み~2020年はプラントベース元年となるか~
 (2)培養肉 ~世界初、大型立体筋組織の作製に成功~
  ①培養肉における現状の取り組み
  ②培養肉 注目企業・団体 <特定非営利活動法人 日本細胞農業協会>
 (3)昆虫由来タンパク質
  ①昆虫由来タンパク質の取り組み
  ②-1注目スタートアップ企業 株式会社グリラス
   ~世界の食糧問題を昆虫科学で解決~
  ②-2注目スタートアップ企業 エリー株式会社
   ~表参道でカイコバーガー販売~
  ②-3注目スタートアップ企業 テルミナ
   ~シロアリを加工、タンパク質危機へ対応~
  ③昆虫食の現状の課題・問題点
2.代替肉(植物由来肉・培養肉)ビジネスの課題
 (1)植物由来肉  ~脱フェイクミート、認知度向上へ期待~
  ①普及の起爆剤が模索される植物由来肉
  ②技術面での向上・注目企業 DAIZ株式会社
   ~独自技術・落合式ハイプレッシャー法で、従来の植物由来肉が抱える課題を解決~
 (2)培養肉 ~技術面、コスト、消費者の受容度向上~
3.日本における代替肉(植物由来肉・培養肉)ビジネスの今後の方向性
 (1)植物由来肉
 (2)培養肉

第Ⅲ章 海外における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場の動向

1.アメリカ合衆国
 (1)アメリカの代替肉市場概要
  ①アメリカの食肉消費概況
  ②植物由来肉は急拡大
  ③代替肉ブームの背景
  ④どのような消費者が代替肉を購入しているか?
  ⑤代替肉のカテゴリーと製品
  ⑥大手食肉企業や大手食品企業における代替肉の動向
  ⑦培養肉 ~クリーンミート~
 (2)植物由来肉における主要企業とその製品
  ①The Better Meat Co. (ベターミート)
  ②Impossible Foods(インポッシブルフーズ)
  ②-1 Impossible Foodsの「血の滴るバーガー」の秘密
  ②-2 Impossible Burgerとその他の製品
  ②-3 Impossible Foodsの資金と歩み
  ③Beyond Meat Inc(ビヨンドミート)
  ④Lightlife® Foods, Inc.(ライトライフフーズ)
  ⑤Gardein(ガーデイン)
  ⑥Morningstar Farms(モーニングスター・ファームス)
  ⑦The Field Roast Grain Meat Co.(フィールドローストグレインミート)
  ⑧Dr. Praeger’s Sensible Foods®(ドクタープレーガーズセンシブルフーズ)
  ⑨その他の代替肉製造会社
 (3)培養肉における主要企業とその製品
  ①Mosa Meat (モサミート)
  ②Memphis Meats Inc.(メンフィスミーツ)
  ③JUST(ジャスト)
  ④その他の培養肉製造会社
 (4)主要企業の主要製品リスト
 (5)小売店舗の現状
  ①ファーストフード&レストラン
  ②スーパーマーケット
 (6)将来の展望と課題
  ①食肉消費の予測
  ②代替肉(植物由来肉、培養肉)の成長要因とハードル
  ③次なる展開 ~シーフード代替および培養製品~
2.EU
 (1)市場の現状
  ①EUの食肉消費概況(2001~2019年)
  ②環境配慮・動物福祉の意識 ~強まるエシカル消費意識が追い風でビーガン急増~
  ③精肉店が植物由来肉の取り扱い ~サーストンブッチャーズがイギリス初の試み~
  ④Protein Challenge 2040の取り組み ~世界的なコンソーシアムとして課題解決へ~
  ⑤ベーカリー大手Greggs、消費者需要からビーガンソーセージロールを発売
  ⑥オーツ麦、ソラマメを原料とした植物由来肉 ~新しい原材料の模索~
  ⑦昆虫食 ~環境問題解決や栄養素の豊富さから需要拡大~
  ⑧法整備の状況
 (2)主要参入企業、主要製品
  ①主な参入企業と取り組み
  ②注目企業 Quorn社
   ~代替肉の老舗、英ベーカリー大手Greggsにも販売~
  ③注目企業 THIS社
   ~環境への寄与をアピール、飲食店への導入が進む~
 (3)将来展望
3.中国
 (1)市場の現状
  ①中国の肉需要と代替肉および培養肉
  ②中華圏の素食文化と食の安全 ~トレーサビリティの担保が切望される~
  ③人工肉の「鮮肉月餅」 ~2019年の中秋節は植物由来肉の月餅が人気~
  ④培養肉 ~南京農業大学で大きな進展、培養豚肉の作出に成功~
  ⑤法規制の状況
 (2)中国における主要参入企業、主要製品
 (3)将来展望

第Ⅳ章 代替肉(植物由来肉・培養肉)ビジネスの市場動向

1.日本における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場規模
 (1)市場概況
 (2)主要企業の販売・開発動向
 (3)今後の市場の見通し
  ①植物由来肉市場規模予測(2020~2030年)
  ②植物由来肉原料別 市場規模予測(2020年)
  ③培養肉市場規模予測(2020~2030年)
  ④代替肉(植物由来肉・培養肉)合計市場規模予測(2020~2030年)
2.海外市場(アメリカ、他)における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場規模
 (1)市場概況
 (2)主要企業の販売・開発動向
 (3)今後の市場の見通し
  ①植物由来肉市場規模予測(2020~2030年)
  ②植物由来肉原料別 市場規模予測(2020年)
  ③培養肉市場規模予測(2020~2030年)
  ④代替肉合計市場規模(2020~2030年)
3.代替肉(植物由来肉・培養肉)における今後の方向性
 (1)ロードマップ(植物由来肉・培養肉)
 (2)ターゲット層

第Ⅴ章 参入企業等の個別実態調査

<植物由来肉>

オイシックス・ラ・大地(株)
~“食に関する社会課題をビジネスの手法で解決”する事業を推進~

大塚食品(株)
~“大豆は世界の危機を解消するソリューション“と捉え、「ゼロミート」の展開に注力~

グリーンカルチャー(株)
~植物性食品で人々の生活を豊かに。ノウハウを活かした商品開発で反響増加~

ケンコーマヨネーズ(株)
~野菜にもこだわった「やさいと大豆ミート」を展開し、業態ごとのメニュー提案にも注力。今後は大豆ミートなどの代替肉に合う調味料の開発・提案なども検討する方向~

(株)SEE THE SUN
~ストレスフリーな食の追究を行い、多様な食のニーズに対応~

(株)日清商会
~大手台湾メーカーのビーガン対応商品を取り扱い~

(株)日本アクセス
~外食産業向けにすぐに使えるハンバーグやソーセージを展開~

日本ハム(株)
~多様化する食のニーズに対応するため、業務用で培ってきた実績や技術を活かし、「NatuMeat(ナチュミート)」ブランドを立ち上げ、2020年3月に家庭用での販売を開始~

ひかり味噌(株)
~フィンランドの健康的な食生活に根付くべジミート「HÄRKIS」シリーズを展開。さらにオーツ麦を使用した「オーツミートと野菜のスープ」シリーズの展開も開始~

不二製油グループ本社(株)
~大豆ミートのパイオニアから、Plant-Basedで社会貢献へ~

マルコメ(株)
~ヘルスコンシャスを理念とし、「ギルトフリー」な食でユーザーの健康に寄与~

ヤマダイ(株)
~東京・自由が丘の「T'sレストラン」監修で「ヴィーガンヌードル」を発売。
その他に、大豆ミートを使用したカップ麺も数種類ほど展開~

(株)ヤヨイサンフーズ
~健康志向の高まりに向けて「野菜を中心とした植物性食材を食べよう」をコンセプトに野菜や大豆ミートなどの植物由来食材を使用した「イートベジ」シリーズを展開~

(株)ロッテリア
~コンセプトワークの徹底が奏功、「ソイ野菜ハンバーガー」が好調~

<培養肉>

インテグリカルチャー(株)
~低価格培養液の開発に注力。細胞培養技術を用いた、持続可能な食料生産に期待~

大阪大学
~再生医療の細胞培養技術を食肉の自動生産へ応用~

大阪大学
~ハラール・サイエンスの見地から、ムスリム需要の可能性~

日清食品ホールディングス(株)
~世界初、大型立体筋組織の作製に成功。食料生産の課題解決へ~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

209,000
190,000
19,000
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
418,000
380,000
38,000
451,000
410,000
41,000
627,000
570,000
57,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。