2020年版 期待高まる代替肉ビジネス(植物由来肉・培養肉)の将来展望 ~フードテックが解決する持続可能な食の未来~

農業においては、食品廃棄・ロスの削減が急務とされている一方、2050年には世界人口が90億人に達することが予測され、食糧不足が懸念されている。
FAO(国際連合食糧農業機関)によれば、1961年から2011年までの50年間で世界人口が約2.3倍になった一方、動物性食品の消費は約5倍に増加した。FAOは、世界の食肉消費はこの先2050年までにさらに73%増えるだろうと予測している。飼料用・食用の穀物需要の増大が予想されるが、気候変動の影響、ひっ迫する水需給、土壌劣化が不安材料となっている。このような中、クリーンミートといった細胞培養から作られる肉、フェイクミートといった代用肉の研究が進んでいる。広がりをみせる代用たんぱく質市場の需要を明らかにし、「代替肉」(「植物由来肉」、「培養肉」)市場を展望することを目的として、企画した。

発刊日
2020/03/中旬
体裁
A4 / 約180頁
資料コード
C61124400
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

209,000
190,000
19,000
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
418,000
380,000
38,000
451,000
410,000
41,000
627,000
570,000
57,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 新規市場である代替肉(植物由来肉、培養肉)市場の、日本国内有力企業の現状の取り組みを紹介
  • 海外情報として、アメリカでの代替肉(植物由来肉、培養肉)の動向、EU・中国などの状況を紹介
  • 代替肉(植物由来肉、培養肉)市場の2019年から2030年の中期展望を明らかに

リサーチ内容

2020年1月16日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第Ⅰ章 日本・海外における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場の概況

1.代替肉(植物由来肉・培養肉)を取り巻く環境
  (1)食肉生産量・消費量の推移
    世界の食肉生産量推移
    日本の食肉消費量推移
  (2)世界人口の増加に伴うタンパク質需要の増加
  (3)畜産の環境への影響
2.日本を取り巻く環境の変化
  (1)消費者意識の変化と食の多様化の現状
  (2)在留外国人・訪日外国人需要の可能性
  (3)代替肉(植物由来肉・培養肉)ビジネスにおける認証制度

第Ⅱ章 日本における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場の動向

1.国内における取組(植物由来肉・培養肉)
2.代替肉(植物由来肉・培養肉)ビジネスの課題
3.日本における代替肉(植物由来肉・培養肉)ビジネスの今後の方向性

第Ⅲ章 海外における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場の動向

1.アメリカ
  (1)市場の現状・法規制
  (2)過去数年のトレンド
  (3)主要参入企業、主要製品
  (4)将来展望
  (5)小売店舗、製品情報
2.ヨーロッパ
  (1)市場の現状・法規制
  (2)主要参入企業、主要製品
  (3)将来展望
3.中国、香港、台湾
  (1)市場の現状・法規制
  (2)主要参入企業、主要製品
  (3)将来展望

第Ⅳ章 代替肉(植物由来肉・培養肉)ビジネスの市場動向

1.日本における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場規模
2.海外市場(アメリカ、他)における代替肉(植物由来肉・培養肉)市場規模

以下の項目にて、市場動向を掲載予定
  (1)市場概況
  (2)製品概要
  (3)ユーザー動向
  (4)現状の課題と今後の市場見通し・注力点
  (5)市場規模予測
    ①植物由来肉市場規模予測(2020~2030年)
    ②植物由来肉原料別 市場規模予測(2020~2030年)
    ③培養肉市場規模予測(2020~2030年)

第Ⅴ章 参入企業等の個別実態

<植物性たんぱく製品代替肉メーカー>
  不二製油
  大塚食品
  マルコメ
  SEE THE SUN(森永製菓グループ会社)
  ヤヨイサンフーズ
  ひかり味噌
  伊藤ハム米久ホールディングス
  ケンコーマヨネーズ
  アジテック・ファイン・フーズ …など

<培養肉研究開発>
  日清食品ホールディングス
  インテグリカルチャー …など

<販売小売店>
  グリーンカルチャー
  IKEA JAPAN
  ロッテリア
  モスバーガー
  オイシックス・ラ・大地 …など

<大学・研究機関・協会団体>
  東京大学
  東京女子医科大学
  大阪大学
  細胞農業協会 …など

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

209,000
190,000
19,000
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
418,000
380,000
38,000
451,000
410,000
41,000
627,000
570,000
57,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。