2020年版 建設8大市場の展望と戦略

建設分野の基幹産業となっている8 大市場(住宅、店舗、オフィス、ホテル、工場、物流倉庫、学校、病院)のトレンドを中心とした調査・分析を実施し、様々な角度から建設市場全体の構造変化や中期的な展望及び各社の事業戦略等について、可能な限り明らかにすることを目的としている。

発刊日
2021/01/27
体裁
A4 / 492頁
資料コード
C62108000
PDFサイズ
20.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象市場:(1)住宅(2)商業施設(3)オフィスビル(4)ホテル(5)工場 (6)物流倉庫(7)学校(8)病院
調査方法:面接ヒアリング調査/一部書面および電話による補足調査、各種文献および公開情報等の収集・分析
調査期間:2020年10月~2021年1月

調査結果サマリー
Close

国内建設8大市場に関する調査を実施(2020年)
2019年度の国内建設8大市場規模は前年度比1.9%減の2兆2,098億円
~大型再開発案件やインターネット通販(EC)市場の拡大を背景にオフィスビルや物流倉庫は拡大するも、多くの分野は前年度割れとなり市場全体は微減で推移~

資料ポイント
Close

  • 建設8大市場の着工動向徹底分析
  • 建設業界を取り巻く市場環境の変化
  • 分野別建設市場規模とストック量の把握
  • 分野別参入企業の業績、事業展開
  • 前回版との違い
    ・直近データを追加(2019年度)
    ・市場ごとに用途別、規模別などの定量データを掲載

資料概要
Close

総論
第1章 建設業を取り巻く環境
第2章 市場別の動向と展望

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.各市場別動向
3.展望と課題

総論

1.建設8 大市場の実態
 (1)市場規模(金額ベース)の推移
 (2)市場規模(床面積ベース)の推移
2.課題と展望
3.将来予測

<図表1 建設8 大市場規模推移(金額ベース)>
<図表2 建設8 大市場 使途別構成比推移(金額ベース)>
<図表3 建設8 大市場 使途別金額指数推移>
<図表4 建設8 大市場規模推移(床面積ベース)>
<図表5 建設8 大市場 使途別構成比推移(床面積ベース)>
<図表6 建設8 大市場 使途別床面積指数推移>
<図表7 建設8 大市場 分野別比率(建物棟数ベース)>
<図表8 建設8 大市場 分野別比率(床面積ベース)>
<図表9 建設8 大市場 分野別比率(金額ベース)>
<図表10 都道府県別使途別着工実績(棟数ベース)>
<図表11 都道府県別使途別着工実績(床面積ベース)>
<図表12 都道府県別使途別着工実績(金額ベース)>
<図表13 建設8 大市場 将来予測(金額ベース)>
<図表14 建設8 大市場 将来予測(床面積ベース)>

第1章 建設業を取り巻く環境

1.国内における建築投資・着工動向
2.主な建設分野の市場規模
3.建築物ストック

<図表1-1-1 国内総生産と建築投資額の推移>
<図表1-1-2 建築投資構造>
<図表1-1-3 建設投資の地域別構成比>
<図表1-1-4 過去20 年の地域別建設投資 指数推移>
<図表1-1-3 地域別建設投資の推移>
<図表1-2-1 主な建設分野の市場規模(金額ベース)>
<図表1-2-2 使途別建築物の指数推移(面積ベース)>
<図表1-2-3 使途別建築物の構成比推移(面積ベース)>
<図表1-3-1 建築物ストック量推移>
<図表1-3-1 建築物ストック量(2018 年)>

第2章 市場別の動向と展望

Ⅰ.住宅編

1.最新動向
2.トレンド
 (1)人口・世帯構造の変化
 (2)新設住宅着工戸数の推移
3.住宅需要の方向性
 (1)年代別持家率
 (2)ミレニアル世代の住宅需要
 (3)地方移住への関心
 (4)住宅のシェアリングサービス
 (5)住宅IoT・AI の導入
4.住宅の市場規模推移
 (1)市場全体
 (2)分野別動向
  1) 建築主別
  2) 構造別
  3) 面積規模別
  4) 構造別×床面積規模別
  5) 地域別×床面積規模別
5.住宅ストック市場の分析
 (1)総住宅数と総世帯数との関係
 (2)建て方別住宅ストック数の推移
 (3)分譲マンションのストック
6.分野別動向
 (1)戸建住宅市場
  1) 市場動向
  2) トレンド
  3) 市場見通し
 (2)分譲マンション市場
  1) 市場動向
  2) トレンド
 (3)賃貸住宅市場
  1) 市場動向
  2) トレンド
  3) 市場の方向性
7.主要事業者の動向と事業戦略
 (1)事業戦略
 (2)商品企画戦略
 (3)海外事業戦略
8.今後の課題と市場展望
9.住宅市場の見通し

<図表1-1-1 ZHE ビルダーのZEH 普及実績>
<図表1-1-2 注文住宅におけるZEH 割合>
<図表1-1-3 ZEH 普及目標達成状況>
<図表1-1-4 プライムライフテクノロジーズの資本関係図>
<図表1-2-1-1 総人口の将来予測>
<図表1-2-1-2 世代別男女構成>
<図表1-2-1-3 年齢区分別将来人口推計>
<図表1-2-1-4 総世帯数の将来予測>
<図表1-2-1-5 世帯類型別世帯数の推移(全体)>
<図表1-2-1-6 世帯類型別世帯数の推移(高齢者)>
<図表1-2-2-1 利用関係別新設住宅着工数の推移>
<図表1-2-2-2 都道府県別 利用関係別新設住宅着工数(2019 年度)>
<図表1-3-1-1 主世帯の年代別持家率の割合(2015 年)>
<図表1-3-3-1 センター利用者の年代の推移>
<図表1-4-1-1 住宅_市場規模推移>
<図表1-4-1-2 住宅_建物数推移>
<図表1-4-1-3 住宅_床面積推移>
<図表1-4-1-4 住宅_工事費予定額推移>
<図表1-4-1-5 住宅_平均工事費予定額推移>
<図表1-4-2-1 住宅_建築主別推移>
<図表1-4-2-2 住宅_建築主別_建物数推移>
<図表1-4-2-3 住宅_建築主別_床面積推移>
<図表1-4-2-4 住宅_建築主別_工事費予定額推移>
<図表1-4-2-5 住宅_構造別推移>
<図表1-4-2-6 住宅_構造別_建物数推移>
<図表1-4-2-7 住宅_構造別_床面積推移>
<図表1-4-2-8 住宅_構造別_工事費予定額推移>
<図表1-4-2-9 住宅_面積規模別推移>
<図表1-4-2-10 住宅_床面積規模別_建物数推移>
<図表1-4-2-11 住宅_床面積規模別_床面積推移>
<図表1-4-2-12 住宅_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表1-4-2-13 住宅_構造別_床面積規模別_建物数推移>
<図表1-4-2-14 住宅_構造別_床面積規模別_建物数比率(2019 年度)>
<図表1-4-2-15 住宅_構造別_床面積規模別_床面積推移>
<図表1-4-2-16 住宅_構造別_床面積規模別_床面積比率(2019 年度)>
<図表1-4-2-17 住宅_構造別_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表1-4-2-18 住宅_構造別_床面積規模別_工事費予定額比率(2019 年度)>
<図表1-4-2-19 住宅_構造別_地域別_建物数(2019 年度)>
<図表1-4-2-20 住宅_構造別_都道府県別_建物数(2019 年度)>
<図表1-5-1-1 住宅ストック総数>
<図表1-5-1-2 住宅ストック数状況(2018 年10 月1 日現在)>
<図表1-5-1-3 住宅ストック 住宅の所有状況>
<図表1-5-1-4 空き家総数と空き家率の推移>
<図表1-5-2-1 建て方別住宅ストック数の推移>
<図表1-5-2-2 所有関係別・建て方別住宅ストック数>
<図表1-5-3-1 住宅・土地統計調査によるマンションストック>
<図表1-5-3-2 建築着工統計によるマンションの新規供給戸数と累積戸数(竣工ベース)>
<図表1-5-3-3 築年数別マンションストック数>
<図表1-6-1-1 持家戸建住宅の着工推移>
<図表1-6-2-1 新築分譲マンション着工戸数の推移>
<図表1-6-2-2 全国_共同住宅/分譲住宅・RC造 ㎡あたり工事費予定額>
<図表1-6-2-3 新築マンション供給戸数推移>
<図表1-6-3-1 賃貸住宅新設着工戸数の推移>
<図表1-6-3-2 地主が気をつけるべき点>
<図表1-6-3-3 サ高住の登録状況>
<図表1-6-3-4 サ高住事業の属性比率(2020 年8 月現在)>
<図表1-6-3-5 サ高住事業の住宅戸数別比率(2020 年8 月現在)>
<図表1-6-3-6 サ高住事業の専有部分の床面積規模別比率(2020 年8 月現在)>
<図表1-6-3-7 サ高住の都道府県別登録状況(2020 年8 月末時点)>
<図表1-7-1-1 大手ハウスメーカーの事業戦略>
<図表1-7-2-1 大手ハウスメーカーの商品企画戦略>
<図表1-7-3-1 大手ハウスメーカーの海外事業戦略>

Ⅱ.店舗編

1.最新動向
2.トレンド
 (1)店舗の種類・タイプ
 (2)主な店舗の開発計画
 (3)商業施設の再生
 (4)商業施設のZEB 化
 (5)商業施設のAI 活用
 (6)無人店舗の動向
 (7)店舗の方向性
3.店舗需要の方向性
 (1)店舗の需要動向
 (2)ネット通販サービスの見直し
4.店舗の市場規模推移
 (1)市場全体
 (2)分野別動向
  1) 建築主別
  2) 構造別
  3) 床面積規模別
  4) 構造別×床面積規模別
  5) 地域別×床面積規模別
5.業態別主要業界の動向
 (1)SC(ショッピングセンター)
 (2)百貨店
 (3)GMS(総合スーパー)
 (4)SM(スーパーマーケット)
 (5)フランチャイズチェーン
  1) 小売業
  2) 外食業
  3) サービス業
 (6)大手専門店
6.商業デベロッパーの事業戦略
 (1)商業デベロッパーの特徴
 (2)商業デベロッパーの不動産開発
 (3)海外での事業展開
 (4)商業デベロッパーの課題
7.今後の課題と市場展望

<図表2-1-1 業態別商業販売額 前年同月対比 推移>
<図表2-1-2 立地別SC 売上高伸長率>
<図表2-1-3 キーテナント業態別SC 売上高伸長率>
<図表2-1-4 カテゴリ別の前期比売上状況(契約賃料+共益費ベース)>
<図表2-1-5 小売業界の大型再編>
<図表2-1-1 上場小売企業の収益状況>
<図表2-2-1-1 業種と業態>
<図表2-2-1-2 ショッピングセンターの区分>
<図表2-2-2-1 大規模小売店舗 新設届出件数>
<図表2-2-2-2 大規模小売店舗 新設件数および店舗面積推移>
<図表2-2-2-3 2021 年以降の新規開業店舗>
<図表2-2-5-1 商業施設のAI 活用事例>
<図表2-3-2-1 ネット通販サービスを見直している小売業者>
<図表2-4-1-1 店舗_市場規模推移>
<図表2-4-1-2 店舗_建物数推移>
<図表2-4-1-3 店舗_床面積推移>
<図表2-4-1-4 店舗_工事費予定額推移>
<図表2-4-1-5 店舗_平均工事費予定額推移>
<図表2-4-2-1 店舗_建築主別推移>
<図表2-4-2-2 店舗_建築主別_建物数推移>
<図表2-4-2-3 店舗_建築主別_床面積推移>
<図表2-4-2-4 店舗_建築主別_工事費予定額推移>
<図表2-4-2-5 店舗_構造別推移>
<図表2-4-2-6 店舗_構造別_建物数推移>
<図表2-4-2-7 店舗_構造別_床面積推移>
<図表2-4-2-8 店舗_構造別_工事費予定額推移>
<図表2-4-2-9 店舗_床面積規模別推移>
<図表2-4-2-10 店舗_床面積規模別_建物数推移>
<図表2-4-2-11 店舗_床面積規模別_床面積推移>
<図表2-4-2-12 店舗_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表2-4-2-13 店舗_構造別_床面積規模別_建物数推移>
<図表2-4-2-14 店舗_構造別_床面積規模別_建物数比率(2019 年度)>
<図表2-4-2-15 店舗_構造別_床面積規模別_床面積推移>
<図表2-4-2-16 店舗_構造別_床面積規模別_床面積比率(2019 年度)>
<図表2-4-2-17 店舗_構造別_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表2-4-2-18 店舗_構造別_床面積規模別_工事費予定額比率(2019 年度)>
<図表2-4-2-19 店舗_構造別_地域別_建物数(2019 年度)>
<図表2-4-2-20 店舗_構造別_都道府県別_建物数(2019 年度)>
<図表2-5-1-1 SC 年間総売上高(推計)の推移>
<図表2-5-2-1 全国百貨店売上高推移>
<図表2-5-2-2 全国百貨店の商品別売上高推移>
<図表2-5-2-3 百貨店の地区別売上高推移>
<図表2-5-2-4 百貨店の主要10 都市別売上高推移>
<図表2-5-2-5 百貨店の収益状況>
<図表2-5-2-6 大手百貨店の最近の主な大型再開発計画>
<図表2-5-3-1 全国スーパー売上高推移>
<図表2-5-3-2 全国スーパーの商品別売上高推移>
<図表2-5-3-3 全国スーパーの販売動向>
<図表2-5-3-4 GMS の収益状況>
<図表2-5-4-1 スーパーマーケットの収益状況>
<図表2-5-5-1 フランチャイズチェーンの概要>
<図表2-5-5-2 フランチャイズチェーン業界の市場規模推移>
<図表2-5-5-3 フランチャイズチェーン総売上高および総加盟店推移>
<図表2-5-5-4 フランチャイズチェーン業種別売上高シェア(2019 年度)>
<図表2-5-6-1 営業利益額上位企業の実績(2019 年度)>
<図表2-6-1-1 商業デベロッパーの分類と特色>

Ⅲ.オフィス編

1.最新動向
2.トレンド
 (1)オフィスビルの建物概況
 (2)テナント成約面積の動向
 (3)大規模オフィスビルの供給見通し
3.オフィスビルの需給動向及び方向性
 (1)オフィスビル市場の方向性
 (2)オフィスのニーズ
 (3)需要が高まるシェアオフィス
 (4)オフィスビルの開発計画
4.オフィスの市場規模推移
 (1)市場全体
 (2)分野別動向
  1) 建築主別
  2) 構造別
  3) 床面積規模別
  4) 構造別×床面積規模別
  5) 地域別×床面積規模別
 (3)不動産証券化の動向
  1) 不動産証券化の市場規模推移
  2) 不動産の用途別実績
  3) 都道府県別の実績
 (4)J リートの市場規模推移
5.オフィスストック市場の分析
 (1)全体
 (2)主要都市におけるストック
6.主要企業の動向と事業戦略
 (1)大手不動産会社の業績動向と見通し
 (2)オフィス開発の事業展開
 (3)大手不動産会社の事業戦略
7.今後の課題と市場展望

<図表3-1-1 テレワーク実施事業者の概要>
<図表3-1-2 新設された先端技術研究所一覧>
<図表3-1-3 日本国内におけるWELL 認証取得物件一覧(2020 年10 月時点)>
<図表3-2-1-1 オフィスビル 年代・規模別延床面積(2016 年調査)>
<図表3-2-2-1 東京23 区 成約面積の推移>
<図表3-2-3-1 東京23 区内の大規模オフィスビルの供給量推移>
<図表3-3-2-1 オフィスの新規賃貸する理由(2020 年調査)>
<図表3-3-2-2 オフィスの新規賃貸する理由回答順位推移>
<図業3-3-4-1 今後竣工予定のオフィスビル>
<図表3-4-1-1 オフィス_市場規模推移>
<図表3-4-1-2 オフィス_建物数推移>
<図表3-4-1-3 オフィス_床面積推移>
<図表3-4-1-4 オフィス_工事費予定額推移>
<図表3-4-1-5 オフィス_平均工事費予定額推移>
<図表3-4-2-1 オフィス_建築主別推移>
<図表3-4-2-2 オフィス_建築主別_建物数推移>
<図表3-4-2-3 オフィス_建築主別_床面積推移>
<図表3-4-2-4 オフィス_建築主別_工事費予定額推移>
<図表3-4-2-5 オフィス_構造別推移>
<図表3-4-2-6 オフィス_構造別_建物数推移>
<図表3-4-2-7 オフィス_構造別_床面積推移>
<図表3-4-2-8 オフィス_構造別_工事費予定額推移>
<図表3-4-2-9 オフィス_床面積規模別推移>
<図表3-4-2-10 オフィス_床面積規模別_建物数推移>
<図表3-4-2-11 オフィス_床面積規模別_床面積推移>
<図表3-4-2-12 オフィス_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表3-4-2-13 オフィス_構造別_床面積規模別_建物数推移>
<図表3-4-2-14 オフィス_構造別_床面積規模別_建物数比率(2019 年度)>
<図表3-4-2-15 オフィス_構造別_床面積規模別_床面積推移>
<図表3-4-2-16 オフィス_構造別_床面積規模別_建物数比率(2019 年度)>
<図表3-4-2-17 オフィス_構造別_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表3-4-2-18 オフィス_構造別_床面積規模別_工事費予定額比率(2019 年度)>
<図表3-4-2-19 オフィス_構造別_地域別_建物数(2019 年度)>
<図表3-4-2-20 オフィス_構造別_都道府県別_建物数(2019 年度)>
<図表3-4-3-1 スキーム別 証券化の対象となる不動産の取得・譲渡実績(2019 年度)>
<図表3-4-3-2 用途別 証券化の対象となる不動産の取得実績推移>
<図表3-4-3-3 用途別 証券化の対象となる不動産の取得実績の割合>
<図表3-4-3-4 資産取得実績の推移>
<図表3-4-3-5 都道府県別の取得実績の推移>
<図表3-4-4-1 J リート 市場規模推移>
<図表3-4-4-2 J リートの投資対象の多様化と資産規模の推移>
<図表3-4-4-3 J リートの投資対象の多様化と資産規模の推移>
<図表3-5-1-1 オフィスビルストックの推移>
<図表3-5-2-1 全国都市のオフィスビルストック量>
<図表3-5-2-2 全国都市のオフィスビルストック量(2020 年1 月現在)>
<図表3-5-2-3 都市別・規模別のストック割合>
<図表3-6-1-1 不動産大手5 社の業績動向>
<図表3-6-2-1 主要不動産会社の建物賃貸面積>
<図表3-6-3-1 各社のオフィスビルに関する事業戦略>

Ⅳ.ホテル編

1.最新動向
2.トレンド
 (1)旅行・ホテル産業市場規模
 (2)国内宿泊者の需要動向
  1) 全体
  2) 都道府県別延べ宿泊者数~
  3) 外国人延べ宿泊者数~
3.ホテルの需給動向および方向性
 (1)ホテル業界の動向
 (2)ホテル需要の動向
 (3)個人旅行が主流になってきたホテル業界
 (4)2025 年大阪万博開催の影響
 (5)新しいホテルのトレンド
 (6)今後のホテル需要
4.ホテルの市場規模推移
 (1)市場全体
 (2)分野別動向
  1) 建築主別
  2) 構造別
  3) 床面積規模別
  4) 構造別×床面積規模別
  5) 地域別×床面積規模別
5.ホテルストック市場の分析
6.分野別動向
 (1)旅館
 (2)リゾートホテル
 (3)ビジネスホテル
 (4)シティホテル
7.主要企業の動向と事業戦略
 (1)デベロッパーによるホテル開発
 (2)ホテルの開発計画
 (3)ハウスメーカーによる自社開発
 (4)異業種参入の動向
8.今後の課題と市場展望

<図表4-1-1 2020 年の新型コロナウイルス感染症に関する主な経過>
<図表4-1-2 日本人延べ宿泊者数の推移>
<図表4-1-3 外国人延べ宿泊者数の推移>
<図表4-1-4 宿泊施設タイプ別 客室稼働率 月別推移>
<図表4-1-5 民泊新法の概要>
<図表4-1-6 主な「ギャザリング型ホテル」の計画>
<図表4-2-1-1 旅行・ホテル産業市場規模推移>
<図表4-2-1-2 宿泊施設数および利用客室数>
<図表4-2-2-1 延べ宿泊者数推移>
<図表4-2-2-2 都道府県別延べ宿泊者数(2019 年)>
<図表4-2-2-3 都道府県別外国人延べ宿泊者数(2019 年)>
<図表4-2-2-4 国籍(出身地)別外国人延べ宿泊者数(2019 年)>
<図表4-3-1-1 ホテル各社のブランド展開>
<図表4-3-1-2 日本のホテル業界地図>
<図表4-3-2-1 海外ホテルチェーンが創成した主なライフスタイルホテルブランド>
<図表4-3-2-2 最近の日本の主な新ブランドホテル>
<図表4-4-1-1 ホテル_市場規模推移>
<図表4-4-1-2 ホテル_建物数推移>
<図表4-4-1-3 ホテル_床面積推移>
<図表4-4-1-4 ホテル_工事費予定額推移>
<図表4-4-1-5 ホテル_平均工事費予定額推移>
<図表4-4-2-1 ホテル_建築主別推移>
<図表4-4-2-2 ホテル_建築主別_建物数推移>
<図表4-4-2-3 ホテル_建築主別_床面積推移>
<図表4-4-2-4 ホテル_建築主別_工事費予定額推移>
<図表4-4-2-5 ホテル_構造別推移>
<図表4-4-2-6 ホテル_構造別_建物数推移>
<図表4-4-2-7 ホテル_構造別_床面積推移>
<図表4-4-2-8 ホテル_構造別_工事費予定額推移>
<図表4-4-2-9 ホテル_床面積規模別推移>
<図表4-4-2-10 ホテル_床面積規模別_建物数推移>
<図表4-4-2-11 ホテル_床面積規模別_床面積推移>
<図表4-4-2-12 ホテル_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表4-4-2-13 ホテル_構造別_床面積規模別_建物数推移>
<図表4-4-2-14 ホテル_構造別_床面積規模別_建物数比率(2019 年度)>
<図表4-4-2-15 ホテル_構造別_床面積規模別_床面積推移>
<図表4-4-2-16 ホテル_構造別_床面積規模別_床面積比率(2019 年度)>
<図表4-4-2-17 ホテル_構造別_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表4-4-2-18 ホテル_構造別_床面積規模別_工事費予定額比率(2019 年度)>
<図表4-4-2-19 ホテル_構造別_地域別_建物数(2019 年度)>
<図表4-4-2-20 ホテル_構造別_都道府県別_建物数(2019 年度)>
<図表4-5-1 旅館・ホテル施設数の推移>
<図表4-5-2 都道府県別旅館・ホテル施設数推移>
<図表4-5-3 都道府県別旅館・ホテル客室数推移>
<図表4-5-4 都道府県別旅館・ホテル1施設あたりの客室数推移>
<図表4-6-1-1 旅館施設数および利用客室数>
<図表4-6-2-1 リゾートホテル施設数および利用客室数>
<図表4-6-3-1 ビジネスホテル施設数および利用客室数>
<図表4-6-4-1 シティホテル施設数および利用客室数>
<図表4-7-1-1 不動産会社のホテル事業>
<図表4-7-1-2 電鉄会社のホテル事業>
<図表4-7-4-1 日本のホテル市場で新境地を開く異業種参入企業>

Ⅴ.工場編

1.最新動向
2.トレンド
 (1)工場立地件数・面積の推移
 (2)工場立地件数の増減要因
 (3)工場立地面積の増減要因
 (4)業種別の立地動向
 (5)工場立地の環境
 (6)県内立地(本社地内)の動向
 (7)地域別の立地状況
 (8)研究所の立地状況
3.工場の市場規模推移
 (1)市場全体
 (2)分野別動向
  1) 建築主別
  2) 構造別
  3) 床面積規模別
  4) 構造別×床面積規模別
  5) 地域別×床面積規模別
4.工場ストック市場の分析
 (1)工場ストックの現状
5.需要動向
 (1)海外現地法人の分布状況
 (2)海外現地法人の撤退及び進出状況
 (3)現地法人の売上高の状況
 (4)海外生産比率
6.今後の課題と市場展望

<図表5-1-1 製造現場でのロボットの活用事例>
<図表5-2-1-1 工場立地件数の推移>
<図表5-2-1-2 工場立地件数の推移>
<図表5-2-2-1 面積別の件数推移>
<図表5-2-2-2 企業規模別の件数推移>
<図表5-2-3-1 面積別の総面積推移>
<図表5-2-3-2 企業規模別の面積推移>
<図表5-2-4-1 業種別の立地件数の比較>
<図表5-2-4-2 業種別の立地件数の比較>
<図表5-2-5-1 工業団地の立地件数の推移>
<図表5-2-5-2 工業団地内外の平均立地面積の推移>
<図表5-2-6-1 県内立地件数と立地件数に占める県内立地率の推移>
<図表5-2-6-2 県内立地件数と立地件数に占める県内立地率の推移>
<図表5-2-7-1 地域別の立地件数の比較>
<図表5-2-7-2 地域別の立地面積の比較>
<図表5-2-8-1 研究所の立地件数の推移>
<図表5-2-8-2 工場に付設される研究施設数の推移>
<図表5-3-1-1 工場_市場規模推移>
<図表5-3-1-2 工場_建物数推移>
<図表5-3-1-3 工場_床面積推移>
<図表5-3-1-4 工場_工事費予定額推移>
<図表5-3-1-5 工場_平均工事費予定額推移>
<図表5-3-2-1 工場_建築主別推移>
<図表5-3-2-2 工場_建築主別_建物数推移>
<図表5-3-2-3 工場_建築主別_床面積推移>
<図表5-3-2-4 工場_建築主別_工事費予定額推移>
<図表5-3-2-5 工場_構造別推移>
<図表5-3-2-6 工場_構造別_建物数推移>
<図表5-3-2-7 工場_構造別_床面積推移>
<図表5-3-2-8 工場_構造別_工事費予定額推移>
<図表5-3-2-9 工場_床面積規模別推移>
<図表5-3-2-10 工場_床面積規模別_建物数推移>
<図表5-3-2-11 工場_床面積規模別_床面積推移>
<図表5-3-2-12 工場_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表5-3-2-13 工場_構造別_床面積規模別_建物数推移>
<図表5-3-2-14 工場_構造別_床面積規模別_建物数比率(2019 年度)>
<図表5-3-2-15 工場_構造別_床面積規模別_床面積推移>
<図表5-3-2-16 工場_構造別_床面積規模別_床面積比率(2019 年度)>
<図表5-3-2-17 工場_構造別_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表5-3-2-18 工場_構造別_床面積規模別_工事費予定額比率(2019 年度)>
<図表5-3-2-19 工場_構造別_地域別_建物数(2019 年度)>
<図表5-3-2-20 工場_構造別_都道府県別_建物数(2019 年度)>
<図表5-4-1-1 工場用地の敷地面積及び事業所数の推移>
<図表5-4-1-2 製造業の産業別事業所数、従業者数、面積規模等(2018 年)>
<図表5-5-1-1 業種別現地法人分布>
<図表5-5-1-2 地域別現地法人分布>
<図表5-5-1-3 現地法人の地域別分布比率の推移>
<図表5-5-2-1 撤退現地法人数の推移>
<図表5-5-2-2 現地法人の地域別撤退数及び撤退比率の推移>
<図表5-5-2-3 新規設立・資本参加時期別現地法人の地域別割合>
<図表5-5-3-1 現地法人売上高の推移>
<図表5-5-3-2 現地法人売上高(主要業種別)>
<図表5-5-3-3 現地法人売上高推移(地域別)>
<図表5-5-3-4 現地法人売上高推移(アジア)>
<図表5-5-4-1 海外生産比率の推移(製造業)>
<図表5-5-4-2 業種別海外生産比率の推移(国内全法人ベース(製造業))>

Ⅵ.物流倉庫編

1.最新動向
2.トレンド
 (1)物流施設の開発動向
 (2)物流コストの実態
 (3)物流倉庫の自動化
 (4)物流不動産ビジネスの動向
 (5)東南アジアのコールドチェーン構築
3.物流倉庫需要の方向性
 (1)賃貸目的の倉庫建設需要
 (2)EC 需要動向
 (3)物流システム機器の市場動向
 (4)マテハン市場の動向
4.物流倉庫の市場規模推移
 (1)市場全体
 (2)分野別動向
  1) 建築主別
  2) 構造別
  3) 床面積規模別
  4) 構造別×床面積規模別
  5) 地域別×床面積規模別
5.物流倉庫ストック市場の分析
 (1)倉庫市場の動向
 (2)営業倉庫の動向
  1) 貨物動向
  2) 事業者数及び所管面容積の推移
6.主要企業の動向と事業戦略
 (1)参入企業の動向
 (2)不動産事業に参入する物流企業
 (3)住宅・不動産事業者の物流事業が加速
 (4)冷凍・冷蔵倉庫の事業展開
 (5)低温物流の事業戦略
7.物流倉庫開発動向
 (1)物流倉庫開発動向
 (2)大手デベロッパーによる物流施設開発
 (3)今後の開発計画
8.今後の課題と市場展望

<図表6-2-2-1 売上高物流コスト比率の推移(全業種)>
<図表6-2-2-2 物流機能別構成比>
<図表6-2-2-3 支払い形態別構成比>
<図表6-2-2-4 物流コスト削減策(全業種)>
<図表6-3-1-1 発注者別の倉庫・流通施設建設工事受注額の推移(国内・民間等)>
<図表6-3-1-2 発注者別の倉庫・流通施設建設工事受注額の構成比率(国内・民間等)>
<図表6-3-2-1 BtoC-EC 市場の推移>
<図表6-3-3-1 物流システム機器の市場規模推移>
<図表6-3-3-2 物流システム機器生産出荷統計表 総売上金額の推移>
<図表6-4-1-1 物流倉庫_市場規模推移>
<図表6-4-1-2 物流倉庫_建物数推移>
<図表6-4-1-3 物流倉庫_床面積推移>
<図表6-4-1-4 物流倉庫_工事費予定額推移>
<図表6-4-1-5 物流倉庫_平均工事費予定額推移>
<図表6-4-2-1 物流倉庫_建築主別推移>
<図表6-4-2-2 物流倉庫_建築主別_建物数推移>
<図表6-4-2-3 物流倉庫_建築主別_床面積推移>
<図表6-4-2-4 物流倉庫_建築主別_工事費予定額推移>
<図表6-4-2-5 物流倉庫_構造別推移>
<図表6-4-2-6 物流倉庫_構造別_建物数推移>
<図表6-4-2-7 物流倉庫_構造別_床面積推移>
<図表6-4-2-8 物流倉庫_構造別_工事費予定額推移>
<図表6-4-2-9 物流倉庫_床面積別推移>
<図表6-4-2-10 物流倉庫_床面積別_建物数推移>
<図表6-4-2-11 物流倉庫_床面積別_床面積推移>
<図表6-4-2-12 物流倉庫_床面積別_工事費予定額推移>
<図表6-4-2-13 物流倉庫_構造別_床面積別_建物数推移>
<図表6-4-2-14 物流倉庫_構造別_床面積別_建物数比率(2019 年度)>
<図表6-4-2-15 物流倉庫_構造別_床面積別_床床面積推移>
<図表6-4-2-16 物流倉庫_構造別_床面積別_床面積比率(2019 年度)>
<図表6-4-2-17 物流倉庫_構造別_床面積別_工事費予定額推移>
<図表6-4-2-18 物流倉庫_構造別_床面積別_工事費予定額比率(2019 年度)>
<図表6-4-2-19 物流倉庫_構造別_地域別_建物数(2019 年度)>
<図表6-4-2-20 物流倉庫_構造別_都道府県別_建物数(2019 年度)>
<図表6-5-1-1 倉庫業者の推移>
<図表6-5-1-2 倉庫業所管面積・容積の推移>
<図表6-5-2-1 普通倉庫貨物動向>
<図表6-5-2-2 普通倉庫事業者数及び面容積の推移>
<図表6-5-2-3 1~3 類倉庫面積の推移>
<図表6-6-1-1 日系物流企業の主なM&A等の例>
<図表6-6-1-2 倉庫大手5社経営指標等推移(連結決算)>
<図表6-6-1-3 普通倉庫21 社の業績推移>
<図表6-6-2-1 主要事業者の事業戦略>
<図表6-7-2-1 主要企業の開発動向>
<図表6-7-3-1 2021 年以降に開発要諦の主な物流倉庫>

Ⅶ 学校編

1.最新動向
2.トレンド
 (1)出生数の推移
 (2)児童のいる世帯の推移
 (3)人口構成の将来推移
 (4)在学者数の推移
 (5)大学・短期大学進学者推移
  1) 大学志願者の動向
  2) 入学者数の動向
  3) 大学在学者数の動向
3.学校需要の方向性
 (1)教育産業市場の変遷
 (2)国の教育改革
4.学校の市場規模推移
 (1)市場全体
 (2)分野別動向
  1) 建築主別
  2) 構造別
  3) 床面積規模別
  4) 構造別×床面積規模別
  5) 地域別×床面積規模別
5.学校ストック市場の分析
 (1)学校全体
 (2)大学数推移
 (3)学校別の建物構造
6.学校の需要動向
 (1)学習塾・予備校市場
7.今後の課題と市場展望

<図表7-1-1 公立学校施設整備負担金の支出済歳出額の推移>
<図表7-1-2 昭和45 年以前に建築された公立小中学校施設の老朽化対策済の面積>
<図表7-1-3 大規模改造(老朽)との比較>
<図表7-1-4 1 校あたりの修繕実質額(小学校)>
<図表7-1-5 1 校あたりの修繕実質額(中学校)>
<図表7-1-6 エコスクール・プラス認定校数の推移>
<図表7-1-7 再生可能エネルギー設備等の設置数(学校種別・2018 年5 月1 日時点)>
<図表7-1-8 PFI 事業数・契約金額累計推移>
<図表7-1-9 川崎市黒川地区小中学校建設に際したPFI 活用の例>
<図表7-1-10 学校向けタブレット端末市場規模推移>
<図表7-1-11 大手予備校における「エドテック」の導入>
<図表7-2-1-1 出生数の推移>
<図表7-2-1-2 年齢3 歳階級別子供の数(2020 年4 月1 日現在)>
<図表7-2-1-3 年齢3 歳階級別子供の数推移(各年4 月時点)>
<図表7-2-2-1 世帯構造別に見た児童のいる世帯数及び平均児童数の年次推移>
<図表7-2-2-2 全世帯に占める児童のいる世帯の割合>
<図表7-2-3-1 15 歳及び18 歳人口の伸長率(平成29 年推計・出生中位(死亡中位)推計)>
<図表7-2-3-2 15 歳人口推移>
<図表7-2-3-3 18 歳人口推移>
<図表7-2-4-1 在学者数の推移>
<図表7-2-4-2 学校別 在学者数内訳推移>
<図表7-2-4-3 経営区分別在学者数>
<図表7-2-4-4 経営区分別在学者数比率(2020 年)>
<図表7-2-5-1 大学志願者数>
<図表7-2-5-2 大学・短期大学の入学者数推移>
<図表7-2-5-3 大学・短期大学の入学者数指数推移(01 年=100)>
<図表7-2-5-4 大学・短期大学の経営区分別在学者数推移>
<図表7-2-5-5 大学・短期大学の在学者数推移>
<図表7-4-1-1 学校_市場規模推移>
<図表7-4-1-2 学校_建物数推移>
<図表7-4-1-3 学校_床面積推移>
<図表7-4-1-4 学校_工事費予定額推移>
<図表7-4-1-5 学校_平均工事費予定額推移>
<図表7-4-2-1 学校_建築主別推移>
<図表7-4-2-2 学校_建築主別_建物数推移>
<図表7-4-2-3 学校_建築主別_床面積推移>
<図表7-4-2-4 学校_建築主別_工事費予定額推移>
<図表7-4-2-5 学校_構造別推移>
<図表7-4-2-6 学校_構造別_建物数推移>
<図表7-4-2-7 学校_構造別_床面積推移>
<図表7-4-2-8 学校_構造別_工事費予定額推移>
<図表7-4-2-9 学校_床面積規模別推移>
<図表7-4-2-10 学校_床面積規模別_建物数推移>
<図表7-4-2-11 学校_床面積規模別_床面積推移>
<図表7-4-2-12 学校_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表7-4-2-13 学校_構造別_床面積規模別_建物数推移>
<図表7-4-2-14 学校_構造別_床面積規模別_建物数比率(2019 年度)>
<図表7-4-2-15 学校_構造別_床面積規模別_床面積推移>
<図表7-4-2-16 学校_構造別_床面積規模別_床面積比率(2019 年度)>
<図表7-4-2-17 学校_構造別_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表7-4-2-18 学校_構造別_床面積規模別_工事費予定額比率(2019 年度)>
<図表7-4-2-19 学校_構造別_地域別_建物数(2019 年度)>
<図表7-4-2-20 学校_構造別_都道府県別_建物数(2019 年度)>
<図表7-5-1-1 学校数の推移>
<図表7-5-1-2 学校数内訳推移>
<図表7-5-1-3 経営区分別学校数>
<図表7-5-1-4 経営区分別学校数比率(2020 年)>
<図表7-5-1-5 2020 年学校市場>
<図表7-5-1-6 学校数構成比(2020 年度)>
<図表7-5-1-7 生徒数構成比(2020 年度)>
<図表7-5-1-8 学校形態及び経営区分別学校数>
<図表7-5-2-1 大学・短期大学数の推移>
<図表7-5-2-2 大学・短期大学数の経営タイプ別推移>
<図表7-5-3-1 構造別保有面積(学校種別・建物区分別)>
<図表7-5-3-2 構造別保有面積比率(学校種別・建物区分別)>

Ⅷ 病院編

1.最新動向
2.トレンド
 (1)国民医療費
3.病院需要の方向性
 (1)病院や介護施設などの供給体制の見直し
 (2)介護医療院の創設
 (3)在宅医療への参入
4.病院の市場規模推移
 (1)市場全体
 (2)分野別動向
  1) 建築主別
  2) 構造別
  3) 床面積規模別
  4) 構造別×面積別
  5) 地域別×床面積規模別
5.病院ストック市場の分析
 (1)種類別にみた施設数及び病床数
 (2)開設者別にみた施設数
 (3)病床の規模別にみた施設数
6.病院関連業界の動向
 (1)高齢者住宅の併設事業所に規制強化
 (2)医療のIT サービス
7.今後の課題と市場展望

<図表8-1-1 地域包括支援センターの設置数(2020 年9 月現在)>
<図表8-2-1-1 国民医療費の推移>
<図表8-2-1-2 国民医療費と人口一人当たり医療費の推移>
<図表8-2-1-3 国民医療費の国内総生産・国民所得対比>
<図表8-2-1-4 国民医療費の財源別推移>
<図表8-2-1-5 診療種類別にみた国民医療費>
<図表8-2-1-6 診療種類別にみた年齢階級別医療費(2018 年度)>
<図表8-2-1-7 診療種類別にみた年齢階級別医療費(2018 年度)>
<図表8-2-1-8 都道府県別人口一人当たり国民医療費>
<図表8-3-1-1 欧州では医師の開業や診療科を規制>
<図表8-3-2-1 介護療養病床と介護医療院の違い>
<図表8-3-3-1 高齢者人口10 万人あたりの在宅医療の中核拠点数(2016 年3 月末時点)>
<図表8-4-1-1 病院_市場規模推移>
<図表8-4-1-2 病院_建物数推移>
<図表8-4-1-3 病院_工事費予定額推移>
<図表8-4-1-4 病院_工事費予定額推移>
<図表8-4-1-5 病院_平均工事費予定額推移>
<図表8-4-2-1 病院_建築主別推移>
<図表8-4-2-2 病院_建築主別_建物数推移>
<図表8-4-2-3 病院_建築主別_床面積推移>
<図表8-4-2-4 病院_建築主別_工事費予定額推移>
<図表8-4-2-5 病院_構造別推移>
<図表8-4-2-6 病院_構造別_建物数推移>
<図表8-4-2-7 病院_構造別_床面積推移>
<図表8-4-2-8 病院_構造別_工事費予定額推移>
<図表8-4-2-9 病院_床面積規模別推移>
<図表8-4-2-10 病院_床面積規模別_建物数推移>
<図表8-4-2-11 病院_床面積規模別_床面積推移>
<図表8-4-2-12 病院_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表8-4-2-13 病院_構造別_床面積規模別_建物数推移>
<図表8-4-2-14 病院_構造別_床面積規模別_建物数比率(2019 年度)>
<図表8-4-2-15 病院_構造別_床面積規模別_床面積推移>
<図表8-4-2-16 病院_構造別_床面積規模別_床面積比率(2019 年度)>
<図表8-4-2-17 病院_構造別_床面積規模別_工事費予定額推移>
<図表8-4-2-18 病院_構造別_床面積規模別_工事費予定額比率(2019 年度)>
<図表8-4-2-19 病院_構造別_地域別_建物数(2019 年度)>
<図表8-4-2-20 病院_構造別_都道府県別_建物数(2019 年度)>
<図表8-5-1-1 施設の種類別にみた医療施設数>
<図表8-5-1-2 施設の種類別にみた医療病床数>
<図表8-5-1-3 病院数、年次・都道府県別>
<図表8-5-1-4 病院の病床数、年次・都道府県別>
<図表8-5-1-5 病院の都道府県別病床数>
<図表8-5-1-6 一般診療所数、年次・都道府県別>
<図表8-5-1-7 一般診療所の病床数、年次・都道府県別>
<図表8-5-1-8 一般診療所の都道府県別病床数>
<図表8-5-2-1 開設者別にみた病院数の推移>
<図表8-5-2-2 開設者別にみた一般診療所数の推移>
<図表8-5-3-1 病床の規模別にみた施設数>
<図表8-5-3-2 病床の規模別にみた構成割合>

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。