2021年版 物流テック市場の動向と将来展望:倉庫内編

社会インフラを支える物流業界は、労働集約的産業であるが故に人手不足が他業界より深刻であり、「省人化」をキーワードとした物流テックの導入に注目が集まっている。物流テックの導入には、作業効率を高め、省人化に寄与するといったメリットだけではなく、今まで紙などアナログで管理していたものをデジタル化することにより、物流をデータ化できるといった側面もある。今までブラックボックスであった物流が、データにより明らかになることで、どのような革新を遂げていくのか。現在その過渡期にあるといえる。本調査では、倉庫内の物流テックにフォーカスし、物流テックを展開する主要プレイヤーに対するヒアリングを元に、現段階の動向と、今後の方向性についてまとめを行った。

発刊日
2020/12/25
体裁
A4 / 149頁
資料コード
C62108800
PDFサイズ
2.3MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:ヒアリング調査実施社数13社、各社IR情報、その他・国土交通省・経済産業省・業界団体等
調査方法:面接ヒアリング調査、各種統計、文献資料等の収集・分析調査
調査期間:2020年10月~2020年12月

調査結果サマリー
Close

物流テック市場に関する調査を実施(2020年)
物流の「デジタル化」が進み、倉庫内物流テック市場の伸長を予測
~「物流=モノ」から、「物流=データ」の時代へ~

資料ポイント
Close

  • 物流テック市場の動向を調査!
    全13事業者に取材を実施予定。物流テックベンチャー企業に注目が集まる。
  • 「アーリー市場」と「シード市場」に分けて、展開を状況を分析
    クラウド型WMS、バース予約/受付システム、作業の可視化/業務日報のデジタル化ツール、音声認識システム、AI及びRFIDを活用した物流テック 等
  • 紙からデジタルへ。「物流=モノ」から、「物流=データ」の時代へ。

資料概要
Close

第1章 物流テック市場の概要
第2章 物流テック市場を取り巻く市場環境
第3章 物流テック市場の動向
第4章 有力企業の個票

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.物流テックが注目される背景
2.物流テック市場の定義
3.物流テック市場の動向と展望

第1章 物流テック市場の概要

1.物流の自動化・システム化の流れ
2.物流テックの導入について
 (1)物流テックの導入が進んだ経緯
 (2)物流テックを導入することで解決した課題
3.新型コロナウイルスによる影響
4.物流テック市場の動向
 (1)定義
 (2)分野別の物流テック市場の動向
 (3)分野別の物流テック市場の分析
 (4)物流テックを展開する主要事業者
 (5)物流テックの導入事業者の規模別動向
5.今後の展望
 (1)今後の動向
 (2)業界の垣根を越えたデータの連携で、点から線、そして面の物流へ
 (3)「物流=モノ」から、「物流=データ」の時代へ

第2章 物流テック市場を取り巻く市場環境

1.労働力人口の減少
2.物流に関する政府の指針・政策
 (1)総合物流施策大綱
 (2)ウィズコロナ、ポストコロナ時代における物流に関する政府の指針
3.伸長を続けるEC市場の動向
 (1)EC市場規模の推移
 (2)2020年1月~10月までの宅配便取扱い個数の推移

第3章 物流テック市場の動向

1.アーリー市場
 1-1.クラウド型WMS
  (1)定義
  (2)市場規模
  (3)WMSの種類
  (4)市場動向
  (5)参入事業者
  (6)主要事業者の動向
 1-2.バース予約・受付システム
  (1)定義
  (2)市場動向
  (3)参入事業者
  (4)主要事業者の動向
 1-3.作業の可視化/業務日報のデジタル化ツール
  (1)定義
  (2)市場動向
  (3)主要事業者の動向
 1-4.音声認識システム
  (1)定義
  (2)市場動向
  (3)参入事業者
  (4)主要事業者の動向
2.シード市場
 2-1.AI技術の活用
  2-1-1.画像認識AI
  (1)検品作業の自動化
  (2)商品サイズの自動計測
  (3)自動仕分け
  (4)ドローンを活用した棚卸し
  (5)現場の可視化
  2-1-2.AI技術を使用した倉庫内作業の最適化
 2-2.RFIDタグの活用
  2-2-1.物流分野におけるRFIDタグの動向
  2-2-2.物流分野におけるRFIDタグの今後の方向性
  2-2-3.物流分野におけるRFIDタグの活用事例
  (1)物流用資材・容器の管理
  (2)RFIDタグを活用し、モノの位置をデジタル化
  (3)メーカーによるRFIDタグの活用
 2-3.その他

第4章 有力企業の個票

株式会社アラヤ
小型自律飛行ドローンで、倉庫内の棚卸を自動化

RFルーカス株式会社
RFIDを活用した独自の位置特定技術で、リアルなモノの位置を「デジタル化」

Automagi株式会社
独自開発したAI「AMY」の画像認識技術で、物流現場の効率化を実現

株式会社 KURANDO
「ロジメーター」で業務日報を紙からデジタルへ

GROUND株式会社
独自開発のAI技術で倉庫内作業の効率化を実現

株式会社シーネット
業種・業界や規模を問わず、汎用性の高いクラウド型WMSを提供

株式会社日通総合研究所
IoTツール「ろじたん」で倉庫内作業の可視化と改善を行う

日本電気株式会社
数拠点の状況をリアルタイムに一元管理するWMSを展開

日本ハネウェル株式会社
36言語に対応する音声認識システムが、「非接触」で現場の作業効率を向上

日本パレットレンタル株式会社
パレットとシステムの両側面から、物流の標準化・共有化を目指す

株式会社Hacobu
バース予約受付サービスでトラックの入退場を可視化

株式会社モノフル
「ロジスティクス・エコシステム」を創造し、最適かつ効率的な物流を実現

ロジザード株式会社
倉庫現場の「標準化」を実現するクラウド型WMSを展開

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。