2021年版 物流テック市場の動向と将来展望:倉庫内編

労働集約的産業である物流の倉庫現場では、人手不足が他業界より深刻であり、「省人化」をキーワードとした物流テックの導入に注目が集まっている。物流テックは効率性を高め省人化に寄与するだけではなく、今まで紙などアナログで管理していたものをデジタル化することにより、一つ一つの作業データを残し、活用できるといった効果も大きい。現在物流倉庫現場では、どこまで物流テックの導入が進み、今後はどういった方向性に進んでいくのか。倉庫内作業/目的別に物流テック市場を整理し、調査・分析する。

発刊日
2020/12/下旬
体裁
A4 / 約110頁
資料コード
C62108800
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 物流テックの市場規模、展開事業者を分析
    全12事業者に取材を実施予定。物流テックベンチャー企業に注目が集まる。
  • 作業/目的別に物流テックの活用シーンを分析
    画像認識AI、RFID、ドローン、クラウド型WMS、トラックバース管理・予約システム、ボイスピッキングシステム、倉庫内作業の「可視化」ツール、倉庫内在庫最適化システム 等
  • 紙からデジタルへ。キーワードは「データの活用」。

リサーチ内容

2020年11月20日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 物流テック市場の全体動向

1.ロジスティクス4.0時代
2.倉庫内作業の「標準化」について
3.今までの「物流システム」と何が違うのか?
4.物流テックの導入障壁
5.市場の定義、市場規模

第2章 物流業界を取り巻く市場環境

1.国内における物流政策の動向

第3章 物流テック市場の最新動向

1.カスタマイズから汎用的なパッケージへ
2.新型コロナウイルスにおける影響、現場の変化
3.物流ロボットとの関わりについて

第4章 倉庫内作業/用途別に見る、物流テック市場の動向

1.入出庫・在庫管理・棚卸作業に関わる物流テック
  ・入出庫:バース管理・予約システム
  ・検品:画像認識AI/RFID
  ・棚卸:倉庫内ドローン
2.ピッキングに関わる物流テック
  ・ボイスピッキングシステム
  ・RFIDを活用した在庫の可視化システム
3.倉庫作業管理に関わる物流テック
  ・クラウド型倉庫管理システム
  ・倉庫内作業の可視化ツール
  ・AIによる倉庫内在庫最適化
4.その他
  ・RFID活用による倉庫内資材の管理
  ・WMSと物流ロボットのコントロールについて

第5章 企業個票

【物流テックに関連する有力企業(※予定)】
1.アラヤ
2.RFLoucus
3.Automagi
4.KURANDO
5.GROUND
6.シーネット
7.日通総合研究所
8.日本ハネウェル
9.日本パレットレンタル
10.Hacobu
11.モノフル
12.ロジザード

ヒアリング内容
・企業概要と動向
・展開する物流テックサービス(システム)について
 特徴/導入までの期間、必要なハード/販売価格/活用事例/導入企業
・差別化ポイント/強み
・他社との協業の取り組みについて
・今後の展望/新型コロナウイルスによる影響 など

 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。