フェムテック(女性関連ヘルスケア・医療)市場分析

Femtech(フェムテック)とは、Female とTechnologyを合わせた造語で、女性のあらゆる健康課題をテクノロジーの技術で解決しようとするプロダクトやサービスのこと。
欧米を中心に盛り上がりを見せており、その分野は生理や妊娠・不妊、女性特有疾患の診断・治療、更年期など幅広く、女性のQOLの向上をサポートし、女性の一生に寄り添う新たな分野として期待されている。
日本においてもフェムテックは少しずつ認知が進みつつある。世界のトレンドと同様に女性の社会進出や晩婚化を背景にそのような状況変化を支援する女性に関連する製品・サービスが散見されつつある。
「フェムテック」がサポートする分野は多岐にわたるが、大分類としては、生理関連、妊娠・出産関連、セクシャルウェルネス(性の健康)関連、更年期関連、女性特有疾患(乳がん・卵巣がん)関連とされる。
今後注目される市場として日本でもベンチャーを中心に製品・サービス提供を行う企業が少しずつ増加している。
当資料では、生理関連、妊娠・出産関連、女性特有疾患(乳がん・卵巣がん)関連に含まれる市場について掲載を行う。

発刊日
2020/08/31
体裁
A4 / 147頁
資料コード
C62112700
PDFサイズ
3.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:関連企業のビジネスモデル及び、事業概要等について取上げ、今後の同事業の市場性等を展望すること。
調査対象:参入企業
調査方法:関連企業への取材、オープンデータによる情報収集
調査期間:2020年6月~2020年8月

資料概要
Close

第1章 フェムテック市場について
第2章 セグメント別市場分析

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 フェムテック市場について

1.市場について・関連統計
 1)人口
  図表1-1-1-1:国内の人口の推移(2009年~2019年)
  図表1-1-1-2:女性のライフステージごとの体の変化
  図表1-1-1-3:国内の女性人口の推移(2009年~2019年)
 2)女性ホルモン関連(月経、更年期障害など)
  図表1-1-2-1:PMSの症状
 3)不妊治療関連
  F Treatment
 4)女性特有がん・がん検診
  図表1-1-4-1:がん検診受診率推移(女性関連)

第2章 セグメント別市場分析

1)女性関連アプリ市場
(1)市場概要
  図表2-1-1-1:女性関連アプリサービス概要
  図表2-1-1-2:電子母子健康手帳の例
(2)市場規模
  図表2-1-2-1:女性関連アプリ市場規模推移(表)
  (2019~2022年度(予))
(3)参入企業
  図表2-1-3-1:女性関連アプリの企業例
  エイチームライフスタイル
  図表2-1-3-2:主な「ラルーン」のサービス内容
  NTTドコモ
  エムティーアイ
  図表2-1-3-3:女性関連サービス内容
(4)将来展望
  図表2-1-4-1:妊活関連サービスを提供する企業とサービス例
2)女性向け遠隔健康相談サービス市場
(1)市場概要
  図表2-2-1-1:医師-患者間で行われる遠隔医療の範囲
  図表2-2-1-2:遠隔健康相談のサービス提供先と業務例
  図表2-2-1-3:「健康経営」の概要
  図表2-2-1-4:女性に特化した健康経営・福利厚生パッケージサービスの例
(2)市場規模
  図表2-2-2-1:女性向け遠隔健康相談市場規模推移
  (2019~2022年度(予))
(3)参入企業
  図表2-2-3-1:遠隔健康医療相談サービスの参入企業例
  図表2-2-3-2:女性向け遠隔健康医療相談サービスの参入企業例
  Kids Public
  図表2-2-3-3:KidsPublicサービス提供先例
  ティーペック
  図表2-2-3-4:ティーペックのサービス一覧
  図表2-2-3-5:ティーペックの相談内容(2020年6月)
  図表2-2-3-6:診療科目別の相談(2020年6月)
  TRULY
  図表2-2-3-7:主なTRULYのサービス概要
  ネクストイノベーション
  図表2-2-3-8:主なスマルナのサービス概要
  図表2-2-3-9:スマルナの価格一覧
  ファミワン
  図表2-2-3-10:主なファミワンのサービス概要
(4)将来展望
3)産婦人科向け電子カルテ市場
(1)市場概要
  図表2-3-1-1:産婦人科向け電子カルテの導入状況
  図表2-3-1-2:診療科目別一般診療所数/一般病院数(重複計上)の推移
  図表2-3-1-3:産婦人科向け電子カルテ導入のメリット
(2)市場規模
  図表2-3-2-1:産婦人科向け電子カルテ金額市場推移
  (2017年度~2021年度(予))
(3)参入企業
  図表2-3-3-1:産婦人科向け電子カルテの参入企業
  図表2-3-3-2:産婦人科向け電子カルテ稼働実績における参入企業別シェア
  (2018年度)
  システムロード
  図表2-3-3-3:主力となる関連電子カルテ製品と、
  主要ターゲット、平均導入金額
  タック
  ミトラ
4)マンモグラフィー市場
(1)市場概要
(2)販売推移
  図表2-4-2-1:マンモグラフィ 年間台数推移
  (2008年度~2019年度(予))
(3)参入企業
  キヤノンメディカルシステムズ
  シーメンスヘルスケア
  GEヘルスケア・ジャパン
  フィリップス・ジャパン
  富士フイルムメディカル
5)診断用核医学装置(乳房専用PET装置)市場
(1)市場概要
(2)販売推移
  図表2-5-2-1: PET、PETCTの推移(2008年~2019年(予))
  図表2-5-2-2:乳房専用PET装置の販売推移
(3)参入企業
  図表2-5-3-1:乳房専用PET装置
  島津製作所
6)体外受精(凍結保存デバイス)市場
(1)市場概要
  図表2-6-1-1:体外受精の治療法別出生児数
(2)市場規模
  図表2-6-2-1:凍結保存デバイス市場推移(2019~2022年度(予))
(3)参入企業
  図表2-6-3-1:卵子・胚の凍結保存デバイスの参入企業例
  北里コーポレーション
  三菱製紙
  メルクバイオファーマ
(4)将来展望
7)電子体温計市場
(1)市場概要
  図表2-7-1-1:体温計の種類
(2)市場規模
  図表2-7-2-1:電子体温計の出荷台数と市場規模推移(2013年~2022年)
(3)参入企業
  図表2-7-3-1:電子体温計のメーカーシェア(2018年:出荷台数ベース)
  図表2-7-3-2:電子体温計のメーカーシェア(2018年:金額ベース)
  オムロンヘルスケア
  シチズン・システムズ
  テルモ
  <参考>トッパン・フォームズ
  図表2-7-3-3:「わたしの温度」の特徴
(4)将来展望
  図表2-7-4-1:開発中の深部体温計測器
8)超音波診断装置市場
(1)市場概要
  図表2-8-1-1:超音波診断装置クラス別仕様
  図表2-8-1-2:超音波診断装置の画像種類
  図表2-8-1-3:超音波診断装置の画像種類
(2)市場規模
  図表2-8-2-1:薬事工業生産動態統計における超音波診断装置国内出荷推移
  図表2-8-2-2:5年サイクルでの超音波診断装置販売台数推移
  図表2-8-2-3:超音波診断装置クラス別実績
  (2008年度~2019年度(予))
(3)参入企業
  図表2-8-3-1:超音波診断装置の販売提携・協力、
  OEM・共同開発供給の状況
  キヤノンメディカルシステムズ
  コニカミノルタジャパン
  日立製作所
  GEヘルスケア・ジャパン
  シーメンスヘルスケア
  メロディ・インターナショナル
  <参考>Lily MedTech

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。