<スマートシティ> 2020年版 スマートシティにおける健康・医療の現状と展望

発刊日
2020/09/下旬
体裁
A4 / 約200頁
資料コード
C62113600
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • スマートシティにおける健康・医療分野の取り組みに関する調査資料を新規発刊
  • 「ICT/IoTなどの新技術やデータを活用して解決を図る都市や地区」を「スマートシティ」とし、大きく以下の4つの項目を取り上げる。
    ・健康・医療分野で代表的な取り組みを行っている自治体事例
    ・健康・医療データの連携・活用(PHRの構築)に向けた取り組み
    ・遠隔医療等(オンライン診療・服薬指導、かかりつけ薬局化支援など)
    ・自治体向けヘルスケアICTサービス

 

リサーチ内容

2020年8月27日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

1.スマートシティとは

・スマートシティの定義や意義
・政府によるスマートシティ関連の取り組み
・スマートシティに関する政府方針
・スマートシティにおける健康・医療分野の取り組みの概要

など、政府のスマートシティの概要を取り上げる。

2.スマートシティの事例

・スマートシティの代表的な事例につき、10程度の自治体の事例を取り上げる(健康・医療分野の取り組みを中心に記載)。
・各自治体の事例に加え、各事例を総括した考察についても記載予定。

3.健康・医療データの連携・活用(PHR)

政府は、健康・医療データを自身で集約的に管理・活用できる仕組み(PHR:Personal Health Record)の構築を進めている。これは政府による国民向けサービスの側面のみならず、API連携により民間PHRサービスの進化につながり得るものとして注目される。
以上の観点に基づき、以下の項目を取り上げる。
・健康・医療データの電子化状況
・政府によるPHR関連の取り組み
・地域医療情報連携(EHR)
・民間PHRサービスの状況
・将来展望

4.遠隔診療等

・オンライン診療は、目下では院内感染防止の観点から注目されているが、以前より離島・へき地における医療アクセス確保が重要な論点のひとつである。
・また、薬局は(門前薬局に対して)「かかりつけ薬局化」が推進されている(地域包括ケアシステムと関連)。
・上記の観点から、オンライン診療(服薬指導)システムや、かかりつけ薬局化支援ICTサービスなどにつき、市場概要や参入企業動向、将来展望などを取り上げる。

5.自治体向けヘルスケアICTサービス

・一般的に、スマートシティは「ICT/IoTなどの新技術やデータを活用して解決を図る」ことを様々な分野で進めている都市や地区を指す。
・一方で、スマートシティを標榜せずともICT等を活用し、局所的な課題解決を図る例も多い(スマートシティの前段階、あるいはスマートシティ化の一部と捉えられる)。
・このような観点から、健康増進アプリサービス、電子母子健康手帳サービス、遠隔健康医療相談サービスについて、市場概要や参入企業動向、将来展望などを取り上げる。

6.YRIスマートシティPJに向けた考察

・「YRIビジョンレポート」で打ち出した2025年・2030年の姿(ビジョン・仮説)に対して、本資料での調査の結果をふまえ、検証や新たな提言等を行う。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。