2022年版 マイクロ・ミニLEDディスプレイ市場の現状と将来展望

発刊日
2022/03/07
体裁
A4 / 84頁
資料コード
C62118100
PDFサイズ
2.2MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 84頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:マイクロLED及びミニLEDディスプレイに関する研究開発及び事業化動向を調査・分析し、更に周辺情報を加えることでマイクロLED及びミニLEDディスプレイ市場における現状と将来展望を把握することを目的とする。
調査対象:マイクロLED及びミニLEDディスプレイ
調査方法:弊社専門調査員による直接面接取材をベースに、文献調査を併用。
調査期間:2022年1月~2022年2月

調査結果サマリー
Close

マイクロLED及びミニLEDディスプレイ世界市場に関する調査を実施(2022年)
2022年のミニLEDディスプレイ世界市場は、前年比181.7%の2704万台を予測
~ミニLEDディスプレイ世界市場は、High-End TVやAppleのIT製品向けの搭載拡大が成長の原動力となり、2022年以降急拡大の見通し~

資料ポイント
Close

  • MiniLED Display、High-End TV向け需要を取り込み急成長へ
    Apple製品向けでMicro・MiniLED搭載本格化も、近々AppleのLED離れを予想
  • MiniLED Displayは65党以上の大型High-End TV向け需要を確保
    Chipのサイズや使用個数を調整し、大型向け展開での価格競争力を高める方向へ
    TV向けMiniLED Displayの出荷量は、将来的にOLED TV市場規模超えを予想
  • 2024年よりMicroLED Display市場はSmartWatch向け採用開始で規模拡大 
    MicroLED Displayの参入初期にはHMD(AR/VR/MR)等、3媒以下小型向け展開が妥当
    TV向けは、富裕層消費者狙いの8Kクラス・100媒以上で採用開始 
  • Micro・MiniLED DisplayはLCD・OLEDと比較し、優れた特性を持つ
    ただ、量産技術・生産性の観点では他のDisplayに優位性あり、常にOLEDと競争状態
    採用枠を増やすにはDisplayパネルとしての総合的な競争力アップが必須
  • iPad、MacBook等、Apple需要がIT向けMiniLED Display市場を牽引するも、
    MiniLED Display IT向け市場は長期的では市場縮小の可能性も
  • 車載向けでMicro・Mini LED Display搭載は特性評価上では理想
    2024年以降車載・産業用向けでもMicro・Mini LED Displayの採用拡大に期待

リサーチ内容

第1章 マイクロ・ミニLEDディスプレイ市場の現状と将来展望

1-1. マイクロ・ミニLEDディスプレイ市場規模(全体)
  2022年よりMiniLED Display市場は急成長
  High-End TVやAppleのIT製品向け搭載拡大が成長の原動力
  (図・表)マイクロ・ミニLEDディスプレイ 市場規模推移
  (全体、2019~2029年予測・前年比)
  MicroLED Display市場はSmartWatch向け採用開始で2024年より規模拡大
  一方で、2024年より本格化するApple IT製品のMiniLED離れは
  MiniLED Display市場全体に影響
  (図・表)マイクロ・ミニLEDディスプレイ 市場規模推移
  (全体、2019~2029年予測・構成比)
  現時点ではLED系Display(Micro・MiniLED)市場のほとんどが
  MiniLED Displayマーケット
  ただし、2029年にはMicroLED Displayは全体の2割弱の市場規模へ
  (図・表)マイクロ・ミニLEDディスプレイ 市場規模推移
  (全体、2019~2029年予測・構成比)
  (図・表)マイクロ・ミニLEDディスプレイ 市場規模推移
  (全体、2019~2029年予測・構成比)
1-2. マイクロ・ミニLEDディスプレイの現状及び市場動向
  (表)マイクロ・ミニLEDディスプレイ 採用用途別
  (民生・産業・車載用)市場規模推移(2019~2029予測・前年比)
  (表)マイクロ・ミニLEDディスプレイ 採用用途別
  (民生・産業・車載用)市場規模推移(2019~2029予測・構成比)
1-3. マイクロ・ミニLEDディスプレイの特性比較(ディスプレイ別比較(LCD・OLED・LED))
  Micro・MiniLED DisplayはLCD・OLEDと比較し、優れた特性を持つ
  しかし、量産技術・生産性の観点では他のDisplayに優位性があり
  (表)Displayタイプ別 特性評価比較(LCD・OLED・MiniLED・MicroLED)
1-4. マイクロ・ミニLEDディスプレイの単価動向(ディスプレイ別比較(LCD・OLED・LED))
  65”4K TV向けMiniLED Displayは他のDisplayより価格競争力がある?
  MiniLED DisplayはLED部材の調整で単価下げが可能な点に注目
  (表)65”4K TV Displayタイプ別 製造コスト比較
  (LCD・QLED・WOLED・QD-OLED・MiniLED(BLU)・MicroLED)
1-5. TV向けマイクロ・ミニLEDディスプレイの主要動向(High-End~Premium TV向け)
  MiniLED Displayの競合は、LCD以外の全High-End TV向け次世代Display
  TV向けでは主にOLEDパネルとバッティング
  (表)65”4K TV Displayタイプ別 製造コスト比較
  (LCD・QLED・WOLED・QD-OLED・MiniLED(BLU)・MicroLED)
  TV向けMiniLED Displayの出荷量は、近々OLED TVパネルを超える
  (図・表)ミニLED TV VS OLED TV 市場規模推移(2019~2026年予測・前年比)
  Samsung電子はMiniLED Displayパネルの調達拡大へ
  2023年以降中・日セットメーカーからのMiniLED Display採用が本格化
  (図・表)ミニLED TV セット市場シェア(2021~2023年予測・シェア)
  セットメーカーが発売する「High-End~Premium TV枠」は全体出荷量のMax.3割
  MiniLEDの採用枠を増やすにはパネルとしての総合的な競争力アップが必須
1-6. IT製品向けマイクロ・ミニLEDディスプレイの主要動向(Apple向け)
  ITパネル市場でのMiniLEDDisplayはOLEDよりかなり高価??
  AppleIT製品向けにMiniLEDDisplayが選ばれた理由はOLED採用までのつなぎ?
  (表)includedApple IT向け製品 Displayタイプ別 製造コスト比較
  (LCD・OLED(RGB)・MiniLED(BLU))
  Apple製品のDisplay採用ロードマップ上では、
  IT製品群の主力パネルはMiniLEDからOLED Displayに切り替えを予定
  (図)Apple製品のマイクロ・ミニLEDディスプレイ採用ロードマップ(予測)
1-7. 次世代ディスプレイとしてのマイクロ・ミニLEDディスプレイの将来展望
  常に他のDisplayと競合状態
  LED系Displayならではの強みを生かせる用途展開で市場拡大を推進
  (図)マイクロ・ミニLEDディスプレイの採用ロードマップ(予測)

第2章 ミニLEDディスプレイ市場

2-1. ミニLEDディスプレイ市場規模(全体)
  MiniLED Display市場は、想像を上回るペースで増加傾向
  主役は2022年より本格化したTV向けMiniLED Displayの採用枠拡大
  (図・表)ミニLEDディスプレイ 市場規模推移(全体、2019~2029年予測・前年比)
2-2. ミニLEDディスプレイの特徴
  性能面・参入ハードル等からMiniLED Displayは新規Displayとして展開しやすい
  耐熱性・高視認性などからの特徴から将来的には車載向け展開にも期待
2-3. ミニLEDディスプレイ市場の主要動向
  MiniLED Display市場は当面民生用マーケットが中心
  車載向けマーケットは2024年からスタート
  (図・表)ミニLEDディスプレイ 採用用途別(民生・産業・車載用)市場規模推移
  (2019~2029予測・前年比)
  (図・表)ミニLEDディスプレイ 採用用途別(民生・産業・車載用)市場規模推移
  (2019~2029予測・構成比)
2-4. ミニLEDディスプレイとしての課題
  コストバランスを考慮した際にMiniLED Displayは競争力を持つのか
  MiniLED(BLU)Displayの採用は常に他のDisplayとの比較
2-5. ミニLEDディスプレイ市場の市場展望
  55“以上の大型展開を中心としたTV向けがMiniLED Display市場を牽引
  IT向けは長期的では市場縮小の可能性も
  (図・表)ミニLEDディスプレイ 用途別(アプリケーション別)市場規模推移
  (2019~2029年予測・前年比)

第3章 マイクロLEDディスプレイ市場

3-1. マイクロLEDディスプレイ市場規模(全体)
  MicroLED Display市場はSmartWatch向け採用開始で2024年より規模拡大へ
  (図・表)マイクロLEDディスプレイ 市場規模推移
  (全体、2019~2029年予測・前年比)
3-2. マイクロLEDディスプレイの特徴
  MicroLED Displayの市場拡大初期には強みを発揮できる小型向けが有利
  高単価課題は最終的にMicroLEDがクリアすべき重要問題
3-3. マイクロLEDディスプレイ市場の主要動向
  MicroLED Display市場は民生用小型アプリケーションやTV向けがリード
  2024年から車載・産業用向けでもMicroLED Displayの出荷開始
  (図・表)マイクロLEDディスプレイ採用用途別
  (民生・産業・車載用)市場規模推移
  (2019~2029予測・前年比)
  (図・表)マイクロLEDディスプレイ 採用用途別
  (民生・産業・車載用)市場規模推移
  (2019~2029予測・構成比)
3-4. マイクロLEDディスプレイとしての課題
  SmartWatch向けでMicroLED Displayの採用が本格化する見通しも、
  Displayとして技術課題の解決はまだ遼遠
   ①光源の製造
   ②マストランスファー
   ③フルカラーの実現
   ④不良管理
3-5. マイクロLEDディスプレイ市場の市場展望
  2023年よりSmartWatch、HMD向けMicroLED Displayの出荷は堅調に増加
  2024年よりTV向けも安定的な成長局面へ
  (図・表)マイクロLEDディスプレイ 用途別
  (アプリケーション別)市場規模推移
  (2019~2029年予測・前年比)

第4章 マイクロ・ミニLEDディスプレイ・用途別市場動向

4-1. マイクロ・ミニLEDディスプレイ・用途別市場
  4-1-1. マイクロ・ミニLEDディスプレイの用途展開
    Micro・MiniLED Displayが持つ特徴・強みを活かした用途展開こそ、
    他のDisplayからの代替需要を取り込むことが可能
  4-1-2. マイクロ・ミニLEDディスプレイ主要用途の成長要因・抑制要因の分析
    MiniLED Displayは65“以上の大型High-End TV向け需要を確保可能
    MiniLED Chipのサイズや使用個数を調整し、
    大型向け展開での価格競争力を高める方向性へ
    MicroLED Displayの参入初期には大型Displayとしての生産性の確保や
    コストダウンには対応が困難
    まだ価格競争力のある3”以下の小型市場向け展開が妥当
4-2. ミニLEDディスプレイ・用途別市場
  4-2-1. ミニLEDディスプレイ用途別市場動向(全体)
    2022年よりHigh-End~PremiunTV製品向け主力パネルとして
    MiniLED Displayの採用が急拡大
    iPad、MacBook向け需要がIT向けMiniLED Display市場を牽引
    (図・表)ミニLEDディスプレイ 用途別(アプリケーション別)市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)
    2024年からApple IT製品のMiniLED離れが本格化
    2024年を境にTabletPC、Notebook等のIT用途向け市場規模ダウンを予想
    (図・表)ミニLEDディスプレイ 用途別(アプリケーション別)市場規模推移
    (2019~2029年予測・構成比)
    (図・表)ミニLEDディスプレイ 用途別(アプリケーション別)市場規模推移
    (2019~2029年予測・構成比)
  4-2-2. ミニLEDディスプレイ TV向け市場
    2022年よりSamsungをはじめとする多くのセットメーカーがMiniLED TVを展開
    2023年よりTV向けMiniLED Display市場はさらに拡大し、
    OLED TV市場規模超えを予想
    (図・表)ミニLEDディスプレイ TV向け市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)
  4-2-3. ミニLEDディスプレイ MNT向け市場
    AppleのPro Display XDR、iMacがMonitor向けにMiniLED Displayを採用
    (図・表)ミニLEDディスプレイ Monitor向け市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)
  4-2-4. ミニLEDディスプレイ NB向け市場
    Mac Book16”、14”向けでも採用が本格化、2021年から2022年にかけ
    NB向け市場は大きく成長
    2024年からはMacBookへのOLEDパネル採用次第で市場縮小の可能性も
    (図・表)ミニLEDディスプレイ NoteBook向け市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)
  4-2-5. ミニLEDディスプレイ TabletPC向け市場
    TabletPC向けMiniLED Display市場はiPad向けが牽引
    2024年からiPadをはじめとするApple IT製品のMiniLED離れ動向は脅威要素
    (図・表)ミニLEDディスプレイ TabletPC向け市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)
  4-2-6. ミニLEDディスプレイ Automobile Display向け市場
    車載向けMiniLED Displayは車載用パネルを手掛ける
    既存台湾メーカーを中心に開発を推進
    (図・表)ミニLEDディスプレイ AutoMobile Display向け市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)
4-3. マイクロLEDディスプレイ・用途別市場
  4-3-1. マイクロLEDディスプレイ用途別市場動向(全体)
    MicroLED Display市場はSmartWatchへの搭載スタートでボリューム確保へ
    (図・表)マイクロLEDディスプレイ 用途別
    (アプリケーション別)市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)
    TV、HMD(AR/VR/MR)向けMicroLED Displayマーケットも堅調に増加傾向
    (図・表)マイクロLEDディスプレイ 用途別
    (アプリケーション別)市場規模推移
    (2019~2029年予測・構成比)
    (図・表)マイクロLEDディスプレイ 用途別
    (アプリケーション別)市場規模推移
    (2019~2029年予測・構成比)
  4-3-2. マイクロLEDディスプレイ TV向け市場
    TV向け搭載初期では、富裕層消費者狙いの展開
    PremiumTVのなかでもMicroLED Display搭載のTVモデルは
    トップクラスのハイスペック
    (図・表)マイクロLEDディスプレイ TV向け市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)
  4-3-3. マイクロLEDディスプレイ MNT向け市場
    Monitor向けでのMicroLED Display搭載はごく一部に限定
    (図・表)マイクロLEDディスプレイ Monitor向け市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)
  4-3-4. マイクロLEDディスプレイ SmartWatch向け市場
    2024年よりSmartWatch向けマーケットは急成長
    Apple Watch向けの出荷拡大がMicroLED Display市場成長の主要要因
    (図・表)マイクロLEDディスプレイ SmartWatch向け市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)
  4-3-5. マイクロLEDディスプレイ HMD(AR/VR/MR)向け市場
    Smart Watch向け採用の延長線で、小型インチの展開として
    HMD向けで需要拡大が期待される
    (図・表)マイクロLEDディスプレイ HMD(AR/VR/MR)向け市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)
  4-3-6. マイクロLEDディスプレイ AutoMobile Display向け市場
    車載向けは高耐熱性・高視認性・応答速度の速さが要求されるため、
    MicroLED Display搭載は理想
    なかでも、HUDなど小型インチ向け需要あり
    (図・表)マイクロLEDディスプレイ AutoMobile Display向け市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)
  4-3-7. マイクロLEDディスプレイ PID向け市場
    MicroLEDを搭載したPID Displayはかなり高価
    サイネージ向けでは安価なパネルの採用が一般的、
    PID向け需要は一部の商業施設向けに限定
    (図・表)マイクロLEDディスプレイ PID向け市場規模推移
    (2019~2029年予測・前年比)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 84頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。