2020年版 非住宅木造市場の実態と展望

政府は、2010年に「公共建築物等木材利用促進法(木促法)」を制定し、公共建築物の木造・木質化が進んでいる。民間においても、木造中高層建築物を実現する、木造耐火構造材の開発が進み、建築物の木造化への取組が進んでいる。本資料では、建築着工データを基に国内における非住宅木造市場の実態と動向の把握を行い、主要事業者の取組を整理することで、今後の業界の発展に供することを目的とする。

発刊日
2021/02/26
体裁
A4 / 353頁
資料コード
C62124600
PDFサイズ
15.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:非住宅木造市場(新築+増改築市場)
※非住宅とは国土交通省「建築着工統計」における“産業用構築物”を指す
※掲載データは、注記がない限り「新築+増改築市場」である
調査対象企業:非住宅分野の木造構造建築物に取り組む事業者
※建設事業者、集成材メーカー、建材メーカー、構造材(プレカット)メーカー等
取材実施企業:建設事業者7社、部材供給事業者18社
調査方法:面接ヒアリング調査、一部書面および電話による補足調査。各種文献および公開情報等の収集・分析
調査期間:2020年11月~2021年1月

資料ポイント
Close

  • 非住宅木造市場規模と主要プレイヤーの動向をレポート
  • 建築着工をベースに非住宅木造市場規模を算出
  • 建築主別、用途別、規模別に規模や木造化率を明らかに
  • 非住宅木造に取組む事業者の特徴や方向性は?!
  • 都道府県別、着工実績データを掲載
  • 前回版との違い
    ・非住宅木造市場データを拡充(使途別・規模別㎡単価など)
    ・2023年度の市場予測を掲載
    ・企業個票、新規企業を掲載

資料概要
Close

第1章 非住宅業界の概況
第2章 非住宅木造市場の実態
第3章 非住宅木造事業者の動向
第4章 日本国内における非住宅木造の実態(都道府県別着工データ)

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

第1章 非住宅業界の概況

Ⅰ.国内における建設投資
 1)建設投資の推移
 2)建設投資の構造
Ⅱ.非住宅市場の動向
 1)非住宅着工の推移
 2)市場構造
 3)構造別比較
 4)住宅市場(床面積ベース)との比較
 5)非住宅市場使途別の動向

<図表>
国内総生産と建設投資額の推移
建設投資の推移
建設投資の推移(建築)
建設投資の推移(非住宅)
建設投資の構造(2020年見通し)
建設投資(名目値)_地域別構成比
過去20年の地域別建設投資 指数推移
建築投資_地域別_建物構成比(2017年度)
建築投資_地域別_建主構成比(2017年度)
非住宅市場規模の推移
非住宅市場規模の推移(面積ベース)
非住宅市場規模の推移(金額ベース)
非住宅市場 ㎡単価推移
地域別建設資材物価指数(建築部門)年平均
地域別建設資材物価指数(建築部門)直近1年
建物別建設資材物価指数
2019年度 非住宅市場の構造(面積ベース)
非住宅構造別増減率推移
非住宅構造別㎡単価の推移
住宅市場との比較(2019年度)
非住宅着工数_使途別推移
非住宅着工数 使途別構成比率 推移
非住宅着工数_使途別推移_事務所
非住宅着工数_使途別推移_店舗
非住宅着工数_使途別推移_工場および作業所
非住宅着工数_使途別推移_倉庫
非住宅着工数_使途別推移_学校の校舎
非住宅着工数_使途別推移_病院・診療所
非住宅着工数_使途別推移_その他
非住宅着工数_使途別 木造率の推移

第2章 非住宅木造市場の実態

Ⅰ.非住宅木造市場の動向(新築+増改築市場)
 1)非住宅木造市場の動向
 2)工事種別
 3)建築主別
 4)建築規模別の動向
 5)使途別の動向
 6)課題
 7)市場将来予測
Ⅱ.木造建築の外部環境
 1)日本における木造建築物の歴史
 2)日本の森林について
 3)非住宅木造を実現する木造構造用部材
 4)防耐火規制と木造建築
 5)国内における政府主導の木造建築物への取り組み

<図表>
非住宅木造市場規模の推移
非住宅木造市場規模の推移(面積ベース)
非住宅木造市場規模の推移(金額ベース)
非住宅木造市場規模の推移(棟数ベース)
非住宅木造 ㎡あたり工事費の推移
非住宅木造 工事種別着工推移(床面積ベース)
非住宅木造市場 工事種別比率(床面積ベース)
非住宅木造 工事種別着工推移(棟数ベース)
非住宅木造市場 工事種別比率(棟数ベース)
非住宅木造 建築主別着工推移(床面積ベース)
非住宅木造市場 建築主別比率(床面積ベース)
非住宅木造 建築主別着工推移(棟数ベース)
非住宅木造市場 建築主別比率(棟数ベース)
非住宅木造 建築規模別着工推移(床面積ベース)
非住宅木造 建築規模別着工構成比(床面積ベース)
非住宅木造 建築規模別着工推移(棟数ベース)
非住宅木造 建築規模別着工構成比(棟数ベース)
2019年度 非住宅木造_建築規模別着工実績
2019年度 非住宅木造_建築規模別着工構成比
2019年度 木造_建築主別_建築規模着工(床面積ベース)
非住宅木造規模別_公共
非住宅木造規模別_民間
非住宅木造 使途別着工推移(床面積ベース)
非住宅木造市場 使途別比率(床面積ベース)
非住宅木造 使途別着工推移(棟数ベース)
非住宅木造市場 使途別比率(棟数ベース)
2019年度 非住宅木造_使途別着工実績
2019年度 非住宅木造_使途別構成
2019年度 非住宅建築主別_使途構成比(床面積ベース)
非住宅木造使途別_公共
非住宅木造使途別_民間
事務所 着工推移および工事単価推移
事務所_着工推移
事務所_工事種別構成比(2019年度:床面積ベース)
事務所_建築主別構成比(2019年度:床面積ベース)
事務所_床面積規模別構成比(2019年度:棟数ベース
店舗 着工推移および工事単価推移
店舗_着工推移
店舗_工事種別構成比(2019年度:床面積ベース)
店舗_建築主別構成比(2019年度:床面積ベース)
店舗_床面積規模別構成比(2019年度:棟数ベース)
工場及び作業所 着工推移および工事単価推移
工場及び作業所_着工推移
工場及び作業所_工事種別構成比(2019年度:床面積ベース)
工場及び作業所_建築主別構成比(2019年度:床面積ベース)
工場及び作業所_床面積規模別構成比(2019年度:棟数ベース)
倉庫 着工推移および工事単価推移
倉庫_着工推移
倉庫_工事種別構成比(2019年度:床面積ベース)
倉庫_建築主別構成比(2019年度:床面積ベース)
倉庫_床面積規模別構成比(2019年度:棟数ベース)
学校の校舎 着工推移および工事単価推移
学校の校舎_着工推移
学校の校舎_工事種別構成比(2019年度:床面積ベース)
学校の校舎_建築主別構成比(2019年度:床面積ベース)
学校の校舎_床面積規模別構成比(2019年度:棟数ベース)
病院・診療所 着工推移および工事単価推移
病院・診療所_着工推移
病院・診療所_工事種別構成比(2019年度:床面積ベース)
病院・診療所_建築主別構成比(2019年度:床面積ベース)
病院・診療所_床面積規模別構成比(2019年度:棟数ベース)
その他 着工推移および工事単価推移
その他_着工推移
その他_工事種別構成比(2019年度:床面積ベース)
その他_建築主別構成比(2019年度:床面積ベース)
その他_床面積規模別構成比(2019年度:棟数ベース)
2019年度 非住宅木造使途_その他_用途構成
市場に占めるその他用途別構成比 全体
市場に占めるその他用途別構成比 公共木造
全体に占めるその他用途別構成比 民間木造
非住宅木造市場の規模推移・予測
非住宅木造市場の規模推移・予測(床面積ベース)
非住宅木造市場の規模推移・予測(金額ベース)
日本の木造建築物変遷 概念図
日本の木造建築変遷年表
CLT の普及に向けたロードマップ(2014年策定)
CLT の普及に向けた新たなロードマップ(2017年策定)
木材活用大型建築・スマート林業 ロードマップ【概要】
木材活用大型建築・スマート林業 ロードマップ【詳細】
日本の森林面積および蓄積の推移
日本の森林面積の推移
日本の森林蓄積の推移
木材需給量と木材自給率の推移
用材木材の自給率(2019年)
木質構造部材の種類
主な製造会社
超厚合板の概要
LVL 製造方法
LVL 生産量及び生産工場の推移
集成材製造方法
国内集成材生産量の推移
集成材の輸入数量推移
構造用集成材の国産・輸入比率(2019年)
輸入構造用集成材 国産別数量
大断面集成材 各社平均価格(2018年4 月)
CLT の主な特徴
CLT 製造方法
世界のCLT 製造量の推移
CLT 生産量および工場数の推移
CLT の活用状況
CLT 活用建築物の整備状況
CLT 活用建築物の用途別累計比率
CLT 製造企業一覧(日本CLT 協会会員JAS 認定工場
耐火建築物が満足すべき技術的基準
準耐火建築物が満足すべき技術的基準
耐火構造部材 開発状況 (メンブレン型)
耐火構造部材 開発状況 (鋼材内蔵型)
耐火構造部材 開発状況 (燃え止まり型)①
耐火構造部材 開発状況 (燃え止まり型)②
規模による構造制限
建物用途による構造制限
防火地域・準防火地域のイメージ
地域区分による構造制限
公共建築物等における木材利用の促進スキーム
公共建築物における木材利用推進状況
2018年度木造で整備された公共建築物
公共建築物の木造率推移(新築+増改築)
低層(3 階建て以下)公共建築物の木造率推移(新築のみ)
木造建築物促進事業の趣旨
サステナブル建築物等先導事業採択プロジェクト一覧(平成22~令和2年度)
令和2年度CLT 公的助成制度一

第3章 非住宅木造事業者の動向

Ⅰ.主要事業者の戦略
 1)参入事業者の整理
 2)自社の優位性・差別化・事業体制等
 3)販売実績・動向
 4)製品・工法開発
 5)自社の課題・問題点
 6)今後の事業展開方針
Ⅱ.主要事業者 個別企業票
 <部材供給事業者 企業個票>
  株式会社ATA
  SMB建材株式会社
  株式会社エヌ・シー・エヌ
  株式会社オーシカ
  齋藤木材工業株式会社
  材惣木材株式会社
  株式会社シェルター
  株式会社タツミ
  テクノウッドワークス株式会社
  パナソニックアーキスケルトンデザイン株式会社
  BXカネシン株式会社
  物林株式会社
  ポラテック株式会社
  三井ホームコンポーネント株式会社
  株式会社三菱地所住宅加工センター
  銘建工業株式会社
  MEC Industry 株式会社
  山佐木材株式会社
 <建設事業者 企業個票>
  株式会社大林組
  住友林業株式会社
  株式会社竹中工務店
  東急建設株式会社
  ナイス株式会社
  前田建設工業株式会社
  ライフデザイン・カバヤ株式会社

<図表>
主要事業者のポジショニングマップ_部材供給事業者
主要事業者のポジショニングマップ_建設事業者
主要事業者の動向_事業内容と特徴
各事業者の優位性
主要事業者の動向_自社の優位性・差別化・事業体制等
各社の実績と主要面積帯
主要事業者の動向_販売実績・動向
主な木質耐火構造部材
主要事業者の動向_製品・工法開発
主要事業者の動向_自社の課題・問題点
主要事業者の動向_今後の事業展開方針

第4章 日本国内における非住宅木造の実態(都道府県別着工データ)

Ⅰ.地域別
Ⅱ.都道府県別

<図表>
2019年度 建築着工 地域別ランキング
非住宅市場地域別構成比
非住宅木造市場地域別構成比
2019年度 建築着工 都道府県別ランキング
2019年度 非住宅木造_建築主別、用途別、規模別ランキング

<都道府県別着工データ 掲載内容>
着工データ(2019年度)
 ・建築着工・非住宅・非住宅木造(金額・床面積ベース)
非住宅木造市場(2012年度~2019年度)
 ・市場規模の推移(金額・床面積ベース)
 ・㎡単価の推移(公共・民間別)
 ・木造比率の推移((公共・民間別)
分野別構成比
 ・使途別構成比率(2019年度)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。