2021 フェムケア&フェムテックマーケット(消費財・サービス)

女性の健康に携わる企業への投資はここ数年増加傾向にあり、米国では2020年に資金調達件数は240件、調達額は17億ドル近くと過去最高を更新したとされる。また、フェムテック市場は、2025年までに全世界で500億ドル(約5兆4,000万円)規模に成長が見込まれると言われている。こうした中、日本は後発であるものの、フェムケア商品(テクノロジーではない製品)を中心に取り組みが目立つようになってきている。また、近年はSDGsの観点からもジェンダー投資が注目されており、国内大手企業など既存企業もフェムテック領域への参入を模索しているとみられる。ただ、日本はジェンダーギャップや同市場への投資は国際的に見ても非常に低い水準にあるのが現状で課題も多い。同資料では、これらのビジネスを取り巻く課題、動向を調査・まとめている。

発刊日
2021/09/下旬
体裁
A4 / 約350頁
資料コード
C63101200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2021年8月31日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
調査結果のポイント(サマリー)
 
第1章 フェムケア&フェムテックマーケットの現状と展望
 
1.フェムケア&フェムテックの定義
2.フェムケア&フェムテックマーケットが注目される背景
3.フェムケア&フェムテックマーケットの現状
4.フェムケア&フェムテックマーケットの課題と展望
 
第2章 アイテム・サービス分野別の動向
 
1.生理系(月経)アイテム・サービス
  ①アイテム
  (吸水ショーツ、月経カップ、ノンポリマーナプキン、布ナプキン・ライナー、など)
  ②オンライン相談・セミナー・検索機能
  ③アプリ
  ④分析・チェックサービス、キット
  ⑤その他、海外事例等
2.不妊・妊孕性/妊娠・産後アイテム・サービス
  ①アイテム
  (マタニティウェア、産後ケアアイテム、サプリ、など)
  ②オンライン相談・セミナー・検索機能
  ③アプリ
  ④分析・チェックサービス、キット
  ⑤その他、海外事例等
3.更年期ケアアイテム・サービス
  ①アイテム(サプリ、スキンケア、など)
  ②オンライン相談・セミナー・検索機能
  ③アプリ
  ④分析・チェックサービス、キット
  ⑤その他、海外事例等
4.ウィメンズヘルスケア系アイテム・サービス
  ①アイテム
  (デリケートゾーンケアアイテム、女性用インナー、
  ホルモンバランスケアのサプリなど)
  ②オンライン相談・セミナー・検索機能
  ③アプリ
  ④分析・チェックサービス、キット
  ⑤その他、海外事例等
5.セクシャルウェルネス系アイテム・サービス
  ①アイテム(セルフプレジャーアイテム、など)
  ②オンライン相談・セミナー・検索機能
  ③アプリ
  ④分析・チェックサービス、キット
  ⑤その他、海外事例等
6.番外編:Male tech
  <各アイテム・サービス共通>
    ・市場動向
    ・プレイヤー動向
    ・課題と展望
 
第3章 参入企業個票
 
<各社共通>
  ・企業概要
  ・業績推移
  ・アイテム・サービスの事業化背景
  ・アイテム・サービスの内容・差別化ポイント
  ・事業戦略
  ・価格戦略
  ・販売戦略
  ・顧客特性
  ・課題について
  ・市場の将来展望
    ※一部を除き各企業共通
 
個表掲載企業(予定)
 
株式会社イマリ、株式会社G-Place 、株式会社Bé-A Japan、アミー株式会社、株式会社大丸松坂屋百貨店、ソルドジャパン株式会社、株式会社ジーユー、インテグロ株式会社、株式会社生活の木、株式会社たかくら新産業、encyclo株式会社、アボワールインターナショナル株式会社、株式会社あしたるんるんラボ、小林製薬株式会社、株式会社ヘルスケアシステムズ、株式会社TENGA、有限会社アジュマ、ほか

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。