2021 国内携帯電話市場レポート ~新料金プラン導入のインパクト~

国内の携帯電話市場は2019年秋の「電気通信事業法改正」と「消費税増税」、そして新型コロナウィルス(COVID-19)等、度重なる大きな波の影響を受けてきた。更に政府主導の携帯料金の値下げ圧力を受け2020年12月にNTTドコモは月額2,980円(税別)・データ通信20GBのオンライン専用プラン「Ahamo」を発表したが反響は非常に大きく、競合他社は相次いで同様の新料金プランを発表し、サブブランド、楽天モバイル、MVNO各社も対応に追われる形となった。
現在の国内携帯電話市場は嘗てないほど大きな変革を迫られている。一方で、携帯電話サービスは電気・ガス・水道・放送・ブロードバンドに並ぶ社会インフラとしての機能有しており、重要性は更に高まっている。本資料では、主に販売現場の最前線を担う販売代理店・大手量販店を中心にヒアリング調査を実施し、現在の国内携帯電話市場における「キーワード」に対しての分析と考察を行う。

発刊日
2021/04/30
体裁
A4 / 244頁
資料コード
C63101300
PDFサイズ
15.5MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
440,000
400,000
40,000
473,000
430,000
43,000
660,000
600,000
60,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:携帯電話事業者 4社/携帯電話端末メーカー 11社/仮想通信事業者(MVNO) 6社/携帯電話販売代理店 13社/半導体メーカー 6社
調査方法:専門調査員による国内直接面接調査、WEB ミーティング調査。技術、サービス動向セミナー取材。当社データベース、過去実施の調査データからの考察。
調査期間:2020年12月~2021年4月

資料ポイント
Close

既刊資料との違い
・国内大手携帯電話代理店へのヒアリング調査を実施
・電気通信事業法改正、新型コロナウィルス、官製圧力、新料金プラン等の影響を徹底調査

リサーチ内容

調査結果のポイント

1-1:国内携帯電話契約数
1-2:国内5G携帯電話契約数
1-3:MVNO(仮想通信事業者・SIMカード)契約数
1-4:国内移動体通信端末市場
1-5:2020年度国内スマートフォンメーカーシェア見通し

第1章.国内携帯電話市場契約数動向

1:国内移動体通信サービス契約数動向
  1-1:2019年度携帯電話サービス契約数
  1-2:2020年度携帯電話サービス契約数
  1-3:2021年度以降の見通し
  1-4:サブブランド契約数
    1-4-1:UQモバイル
    1-4-2:ワイモバイル
2:5G市場動向
  2-1:国内市場5G導入状況
  2-2:国内市場5G契約数
  2-3:NTT ドコモ
    2-3-1:概要
    2-3-2:5G対応インフラ・基地局の整備動向
    2-3-3:5G契約数見通し
  2-4:KDDI
    2-4-1:概要
    2-4-2:5G対応インフラ・基地局の整備動向
    2-4-3:5G契約数見通し
  2-5:ソフトバンク
    2-5-1:概要
    2-5-2:5G対応インフラ・基地局の整備動向
    2-5-3:5G契約数見通し
  2-6:楽天モバイル
    2-6-1:概要
    2-6-2:5G対応インフラ・基地局の整備動向
    2-6-3:5G契約数見通し
3:MVNO動向
  3-1:MVNO市場動向
  3-2:MVNO契約数動向
  3-3:MVNOカテゴリ別契約数動向
  3-4:MVNO市場の課題と今後の見通し

第2章.国内端末出荷動向

1:移動体通信端末出荷台数実績/予測
  1-1:2019年度出荷台数実績
  1-2:移動体通信端末2020年度出荷見通し
2:移動体通信端末メーカー別出荷台数実績/予測
  2-1:メーカー別出荷台数動向
3:通信事業者別調達台数実績/予測
  3-1:通信事業者別調達状況
  3-2:NTTドコモ
  3-3:KDDI(au/UQモバイル)
  3-4:ソフトバンク・ワイモバイル
  3-5:楽天モバイル
4:フィーチャーフォン
  4-1:フィーチャーフォン2019年度出荷実績
  4-2:フィーチャーフォン2020年度出荷見通し
5:スマートフォン
  5-1:スマートフォン市場概況
  5-2:スマートフォン 2020年度出荷見通し
  5-3:スマートフォン 2021年度出荷見通し
  5-4:スマートフォン 通信事業者別調達状況
    5-4-1:NTTドコモ
    5-4-2:KDDI(au/UQモバイル)
    5-4-3:ソフトバンク・ワイモバイル
    5-4-4:楽天モバイル
  5-5:5Gスマートフォン
    5-5-1:NTTドコモ
    5-5-2:KDDI(au/UQモバイル)
    5-5-3:ソフトバンク・ワイモバイル
    5-5-4:楽天モバイル
6:タブレット
7:モバイルデータ通信端末
8:SIMフリー端末
  8-1:SIM端末概況
  8-2:SIMフリー端末 カテゴリ別出荷状況
  8-3:SIMフリースマートフォンメーカー別出荷動向
  8-4:SIMフリー 5Gスマートフォン メーカー別出荷動向
  8-5:SIMフリー端末市場の見通し

第3章.販売代理店ヒアリング調査

1:大手販売店ヒアリング結果
  1-1:ヒアリング調査概要
  1-2:電気通信事業法改正・消費税増税後の状況について
  1-3:新型コロナウィルス(COVID-19)・緊急事態宣言下の状況
  1-4:コロナ禍での対応状況(主に社内体制)
  1-5:端末販売状況について
  1-6:今後の店舗展開
  1-7:新料金プランについて
  1-8:楽天モバイルについて
  1-9:MVNOについて
  1-10:見通し(2020年度、2021年以降)
2:新料金プラン契約数予測

第4章.通信事業者 個票

NTTドコモ
KDDI
ソフトバンク
楽天モバイル

第5章.通信機器メーカー個票

Apple
シャープ
ソニー
富士通(FCNT)
京セラ
サムスン電子
LG電子
華為技術(Huawei)
ZTE(中興通迅)
OPPO(オウガジャパン)
Xiaomi(小米技術日本)
その他メーカー

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
440,000
400,000
40,000
473,000
430,000
43,000
660,000
600,000
60,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。