2021年 デジタルコンテンツ市場動向調査

デジタルコンテンツに関連する有力企業を中心にデータの収集及び分析をすることにより、同産業に関するマーケティングのための参考資料とする。

発刊日
2021/04/27
体裁
A4 / 344頁
資料コード
C62125900
PDFサイズ
6.2MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:デジタルコンテンツ産業に参入しているサービス業
調査方法:直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2021年2月~2021年4月

資料ポイント
Close

  • Google、Amazon、楽天など、有力プラットフォーマーの具体的戦略、今後の課題を徹底分析
  • 各業界のメインプレイヤーのほか、取引上の商習慣、業界慣習等についても詳述
  • コロナ禍にある2020~2021年のデジタルコンテンツ市場のメイントピックを詳述
  • 前回との違い
    コロナショックによる業界環境の変化、トピックなどを記述

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 プラットフォーマーの動向

◆Alphabet Inc.
◆Amazon.com, Inc.
◆Apple Inc.
◆LINE株式会社
◆Zホールディングス株式会社
◆楽天株式会社

第2章 SNS

<総論>
  1.SNSの構造
  2.SNSの種類と文化
  3.ユーザー数・ユーザー動向
  4.収益モデル・広告の種類
  5.インフルエンサーランキング
  6.SNS市場の変移
  7.SNS市場におけるトピックや課題等
<有力企業の戦略分析>
  ・Facebook, Inc.
  ・Twitter, Inc.
  ・LINE株式会社

第3章 電子書籍

<総論>
  1.収益モデル
  2.市場構造
    ①出版社
    ②取次会社
    ③電子書籍ストア
  3.市場規模・シェア
    ①コミック(マンガ雑誌を含む)
    ②書籍
    ③雑誌(コミックス・コミック誌除く)
  4.事業者別動向
    ①出版社
    ②電子書籍ストア
    ③取次事業者
    ④無料マンガアプリ事業者
  5.電子書籍発売日動向
  6.電子書籍市場のトピック
    ①サブスクリプションサービスの可能性
    ②プロモーション
    ③作家育成・発掘
<有力企業の戦略分析>
  ・株式会社メディアドゥ

第4章 動画配信

<総論>
  1.サービスの種類
    ①ライブストリーミング
    ②動画共有サービス
  2.業界構造
  3.市場規模・シェア
  4.事業者別動向
    ①テレビ放送局系事業者
    ②通信会社系事業者
    ③独立系事業者
  5.UGC動画信サービスの動向

第5章 音楽配信

<総論>
  1.収益モデル
  2.業界構造
  3.市場規模
  4.日本の音楽市場の特徴
  5.ユーザー動向
  6.音楽配信市場のトピック
    ①ライブチケット販売との提携
    ②アーティストとの直接契約
  7.海外音楽配信市場の事業者動向
<有力企業の戦略分析>
  ・AWA株式会社
  ・Spotify Technology S.A.
  ・株式会社U-NEXT

第6章 EC

<総論>
  1.EC市場規模と概論
    (1)BtoC-EC物販分野の市場規模
    (2)BtoC-EC物販の概論
  2.事業者別動向
    2-1.三大モール事業者
    (1)ECモール流通額
    (2)出店数と会員数
    (3)物流戦略
    (4)業績概要
    (5)個別トピック
    2-2.EC事業者(直販型)
    (1)市場動向
    (2)家電・PC・カメラ市場
    (3)アパレル市場
    (4)百貨店のネット通販動向ほか
    (5)2019年度 ネット通販企業の売上高ランキング TOP50社
    2-3.物流事業者
    (1)宅配便取扱個数
    (2)3大物流事業者の動向
    (3)ラストワンマイルの動向
<EC業界のトピックス>
  1.急拡大する食品EC
  2.ライブコマースの普及
  3.モノづくりとDXが融合するD2C
<有力企業の戦略分析>
  ・オイシックス・ラ・大地株式会社
  ・株式会社ZOZO
  ・アスクル株式会社

第7章 インターネット広告

<総論>
  1.インターネット広告の種類と概要
  2.市場構造
  3.市場規模と市場動向
  4.事業者別動向
    ①広告代理店
    ②アドテクノロジー事業者
    ③その他広告事業者
  5.インターネット広告市場のトピック
    ①動画広告
    ②広告不正
    ③広告の意義
<有力企業の戦略分析>
  ・株式会社サイバーエージェント

第8章 ゲーム

<総論>
  1.ゲーム形態の種類と収益モデル
    ①コンシューマーゲーム
    ②スマートフォン向けゲーム
    ③PC向けゲーム
  2.市場構造
  3.ゲーム業界の市場規模
    ①ネイティブアプリゲーム
    ②家庭用ゲーム
  4.ゲーム市場のトピック
    ①パッケージ版からデジタル版への移行が進展
    ②VRの可能性
    ③インフルエンサーとパブリッシャーの関係変化
    ④日本の「eスポーツ」の遅れ
  5.中国ゲーム市場の動向
<有力企業の戦略分析>
  ・任天堂株式会社

第9章 情報配信

<総論>
  1.情報配信メディアの動向
    ①グルメサイト(ぐるなび、ホットペッパー、食べログ、Retty)
    ②料理レシピサービス(食べログ、クラシル、デリッシュキッチン、Tasty)
    ③Webメディアとニュースキュレーションメディア
    ④マッチングアプリ(Pairs、Tinder、タップル誕生)
  2.情報配信市場のトピック
    問われるメディアの信頼性

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。