2021年版 食品添加物・機能性原料市場の現状と将来展望

2020年度の食品添加物市場規模は、流通量287万4,000t、売上高8,043億2,700万円であった。コロナ禍による外出自粛の影響から、主に飲料向け、業務用、土産用の菓子や水産加工品向けの需要が減少したため、食品添加物市場全体の2020年度の流通量は微減で推移したとみられる。しかし、トウモロコシやローカストビーンガムをはじめとした原料価格の高騰により、食品添加物市場全体の売上高で見ると、2020年度は微増となったとみられる。
本資料では、食品添加物メーカー47社へのヒアリングやアンケートから食品添加物市場の現状を取りまとめた。コロナ禍の影響や原料動向、末端の食品市場の動向などもとり上げる。

発刊日
2021/08/05
体裁
A4 / 224頁
資料コード
C63105900
PDFサイズ
2.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:食品添加物市場を広く調査・収録することによって、当該市場に関するマーケティング戦略策定のための基礎資料とする。
調査対象:食品添加物メーカー、食品添加物卸売業者といった食品添加物 市場に関わる有力企業を調査対象とした。
調査方法:専門調査員による直接面接取材、電話取材、アンケート調査などの他、デスクリサーチにより分析を実施した。
調査期間:2021年4月~2021年7月

資料ポイント
Close

  • 本資料においては、香料、品質改良剤、甘味料、保存料・日持ち向上剤などのカテゴリーごとに食品添加物市場の現状をまとめ、今後の動向を予測する。また、参入企業へのアンケート調査の他、主要参入企業へのヒアリング調査の結果も掲載する。企業個票は30件掲載
  • 企業個票は、①2019年度~2021年度(見込)のカテゴリー別の販売状況の変化と要因、②2020年度の用途別の販売金額の増減、③注力素材、④食品添加物についての今後の事業戦略や課題などについて掲載

資料概要
Close

食品添加物市場に関する調査を実施(2021年)
コロナ禍による外出自粛などの影響を受けて、2020年度の食品添加物の国内流通量は287万4,000トンと微減

リサーチ内容

サマリー

1.食品添加物市場の概況

(1)食品添加物市場の概況
  ①市場規模の変化と要因
   ~コロナ禍で流通量減少~
  ②今後の市場予測
   ~「健康」「高齢者向け」「食品ロス削減」「プラントベースフード」関連は好調に推移すると予測~
(2)用途内訳
   ~巣籠需要により家庭用食品用途は好調~

2.カテゴリー別の状況

(1)甘味料 ~停滞基調が続くも「フレーバーエンハンス効果」に期待~
  ①市場規模
  ②参入企業
  ③用途別動向
  ④素材別動向
  ⑤生産・原料仕入れの状況と取り組み
  ⑥海外展開や海外からの引き合い・取引の状況について
  ⑦今後の戦略や課題
(2)食品香料 ~マスキングや風味改善効果を持つ香料の伸長に期待~
  ①市場規模
  ②参入企業
  ③用途別動向
  ④素材別動向
  ⑤生産・原料仕入れの状況と取り組み
  ⑥海外展開や海外からの引き合い・取引の状況について
  ⑦今後の戦略や課題
(3)品質改良剤 ~植物肉市場の伸長からタンパクが好調となり市場を牽引~
  ①市場規模
  ②参入企業
  ③用途別動向
  ④素材別動向
  ⑤生産・原料仕入れの状況と取り組み
  ⑥海外展開や海外からの引き合い・取引の状況について
  ⑦今後の戦略や課題
(4)増粘安定剤 ~ローカストビーンガムの価格が高騰~
  ①市場規模
  ②参入企業
  ③用途別動向
  ④素材別動向
  ⑤生産・原料仕入れの状況と取り組み
  ⑥海外展開や海外からの引き合い・取引の状況について
  ⑦今後の戦略や課題
(5)食用色素 ~飲料、土産、外食用途の不調により食用色素市場は微減~
  ①市場規模
  ②参入企業
  ③用途別動向
  ④素材別動向
  ⑤生産・原料仕入れの状況と取り組み
  ⑥海外展開や海外からの引き合い・取引の状況について
  ⑦今後の戦略や課題
(6)乳化剤 ~簡便志向や健康志向の食品へ向けた開発が活発~
  ①市場規模
  ②参入企業
  ③用途別動向
  ④素材別動向
  ⑤生産・原料仕入れの状況と取り組み
  ⑥海外展開や海外からの引き合い・取引の状況について
  ⑦今後の戦略や課題
(7)酸味料 ~コロナ禍により飲料向けが減少したことで、市場は縮小~
  ①市場規模
  ②参入企業
  ③用途別動向
  ④素材別動向
  ⑤生産・原料仕入れの状況と取り組み
  ⑥今後の戦略や課題
(8)酵素 ~海外向けやフードロス削減向けの伸長に期待~
  ①市場規模
  ②参入企業
  ③用途別動向
  ④素材別動向
  ⑤海外展開や海外からの引き合い・取引の状況について
  ⑥今後の戦略や課題
(9)栄養強化剤 ~コロナ禍による免疫向上目的からビタミン類の需要が拡大~
  ①市場規模
  ②参入企業
  ③用途別動向
  ④素材別動向
  ⑤生産・原料仕入れの状況と取り組み
  ⑥海外展開や海外からの引き合い・取引の状況について
  ⑦今後の戦略や課題
(10)保存料・日持向上剤 ~フードロス削減の観点から伸長が期待される~
  ①市場規模
  ②参入企業
  ③用途別動向
  ④素材別動向
  ⑤生産・原料仕入れの状況と取り組み
  ⑥海外展開や海外からの引き合い・取引の状況について
  ⑦今後の戦略や課題
(11)酸化防止剤 ~2020年度は巣籠向けについては好調~
  ①市場規模
  ②参入企業
  ③用途別動向
  ④素材別動向
  ⑤生産・原料仕入れの状況と取り組み
  ⑥今後の戦略や課題

3.食品添加物市場の注目動向

(1)新生活様式が与えた食品市場への影響と食品添加物市場の動き
(2)健康志向で注目される糖アルコールの市場の動向
(3)原料価格高騰と食品添加物市場への影響

4.食品産業市場の動向

(1)加工食品の市場規模、将来予測
(2)コロナ禍における食品製造業の対策・対応
(3)食品製造業におけるユーザー別、製品分野別成長性分析
  ①ユーザー別
  ②製品分野別

5.有力企業の個別実態

DKSHジャパン株式会社
~ベーカリー、乳製品向け酵素が拡大~
 
JNC株式会社
~食品ロス削減と持続的成長社会への貢献に取り組む~
 
オルガノフードテック株式会社
~介護分野向けが伸長~
 
シキボウ株式会社
~グルテンフリー製品の分野に提案を強化~
 
セティ株式会社
~アレルゲンフリーのキトサンが堅調に推移~
 
三菱ケミカル株式会社
~海外展開をスピードアップしていく~
 
タマ生化学株式会社
~サプリメント向けに魚油製品の提案を強化~
 
トーヨーケム株式会社
~各種直接打錠用粉末色素シリーズの採用が拡大~
 
株式会社ニッピ
~幅広い分野で販売量の拡大を目指す~
 
伊那食品工業株式会社
~食肉メーカーの取引開拓に取り組んでいく~
 
丸尾産業株式会社
~ローカストビーンガムの高騰が課題~
 
宮坂香料株式会社
~東南アジア向けの飲料用途が好調~
 
協和化学工業株式会社
~酸化マグネシウムに注力~
 
興和株式会社
~ベーキングパウダーの原料に注力~
 
高砂香料工業株式会社
~健康意識が高まり健康食品向けが好調~
 
三和澱粉工業株式会社
~高食物繊維含有澱粉が伸長~
 
守田化学工業株式会社
~昨今は健康食品、飲料などでの使用が伸長~
 
上越スターチ株式会社
~肉質改善用途などが伸長~
 
赤田善株式会社
~日持ち向上剤が総菜分野で伸長~
 
大阪食品色素株式会社
~コロナ禍が要因で苦戦~
 
渡辺ケミカル株式会社
~健康志向に合った商品向けが好調~
 
東海澱粉株式会社
~プラントベースフード分野向けに提案を強化~
 
東洋薄荷工業株式会社
~冷感商品用途が伸長~
 
日農化学工業株式会社
~アントシアニン系色素に注力~
 
日本新薬株式会社
~内食化から惣菜類向けが好調~
 
磐田化学工業株式会社
~プロテインを中心とした健康食品分野が好調~
 
富士化学工業株式会社
~機能性表示食品としての採用が伸長~
 
富田製薬株式会社
~鉄剤、カルシウム剤等の栄養強化商品の需要増加~
 
丸善製薬株式会社
~フードロス削減向けに取り組む~
 
鈴木薄荷株式会社
~口臭予防の需要が高まる~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。