2021 次世代モビリティ市場の最新動向と将来展望

遂に規格が創設された超小型モビリティ。普及のカギは社会課題の解決。

発刊日
2021/09/下旬
体裁
A4 / 約100頁
資料コード
C63113200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 電動トライク、電動ミニカー、超小型モビリティ、移動支援ロボットを対象として調査を実施。
  • 2020年より超小型モビリティが規格創設され、市場拡大が期待される。
  • 軽自動車など既存モビリティと異なる使い方や販売が模索され、まずはカーシェアや業務用途を中心に導入が進み、徐々に普及が進むと予測。
  • 市場比較の日本の次世代モビリティに類する市場として欧州Lクラス(L2e、L5e、L6e、L7e)市場を主要国別に調査。同じく中国ではLSEV(Low Speed Electric Vehicle)を比較市場として調査。
  • 前回版との違い
    ・普及のカギとなる各種社会課題(カーボンニュートラル、地域交通など)を追加。
    ・規格化された超小型モビリティと市場が急拡大する中国LSEVを掘り下げ。

リサーチ内容

2021年8月19日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
第1章 次世代モビリティの概況
 
1-1.次世代モビリティの定義と市場概況
1-2.次世代モビリティが求められる理由
  理由①:脱炭素社会の推進
  理由②:Withコロナ、Afterコロナでの移動
  理由③:安価なEVの需要
  理由④:LiBリサイクル・リユース
  理由⑤:高齢者と公共交通空白地域の存在
  理由⑥:被害者・加害者ゼロへ
  理由⑦:価値観の変化
  理由⑧:偏狭道路
1-3.カーボンニュートラルとLCA
  ・各国の再生可能エネルギーへの取り組み
  ・LCAと電動車の関係性と課題
  ・主要OEMのカーボンニュートラル戦略
1-4.マイクロモビリティとグリーンスローモビリティ
1-5.次世代モビリティ普及の課題と今後
 
第2章 地域別次世代モビリティ市場の現状
 
2-1 日本
  2-1-1 次世代モビリティの法令上の位置づけと概要
  2-1-2 電動トライク
  2-1-3 電動ミニカー
  2-1-4 次世代モビリティ
  2-1-5 移動支援ロボット
  2-1-6 次世代モビリティの導入状況
2-2 欧州
  2-2-1 次世代モビリティの法令上の位置づけと概要
  2-2-2 パーソナルモビリティの法令上の位置づけと概要
  2-2-3 次世代モビリティの導入状況
  2-2-4 欧州主要国の現状
2-3 中国
  2-3-1 次世代モビリティの法令上の位置づけと概要
  2-3-2 省別の規制強化に向けた動き
  2-3-3 主要サプライヤ
  2-3-2 次世代モビリティの導入状況
2-4 その他地域
  2-4-1 北米
  2-4-2 アジア地域
 
第3章 次世代モビリティの技術動向と将来展望
 
3-1 次世代モビリティに用いられる技術
  3-1-1 日系メーカで販売・開発される次世代モビリティ
  3-1-2 次世代モビリティで採用される技術
3-2 次世代モビリティの課題と可能性
  3-2-1 車両特性における課題と可能性
  3-2-2 用途における課題と可能性
  3-2-3 規制緩和における課題と可能性
  3-2-4 自動運転技術の導入可能性
3-3 日本における次世代モビリティ普及予測
  3-3-1 規格化のタイミング
  3-3-2 国内市場予測
  3-3-3 次世代モビリティの今後
 
第4章 地域別次世代モビリティ市場の現状
 
4-1 主要日系メーカの最新動向
  4-1-1 トヨタ自動車株式会社
  4-1-2 トヨタ車体株式会社
  4-1-3 日産自動車株式会社
  4-1-4 株式会社rimOnO
  4-1-5 ヤマハ発動機株式会社
  4-1-6 株式会社デンソー
  4-1-7 株式会社FOMM
  4-1-8 有限会社タケオカ自動車工芸
  4-1-9 株式会社光岡自動車
  4-1-10 株式会社日本エレクトライク
4-2 主要欧州メーカの最新動向
  4-2-1 Renault(フランス)
  4-2-2 AXIAM(フランス)
  4-2-3 Ligier Group(フランス)
  4-2-4 Automobiles Chatenet(フランス)
  4-2-5 Secma Automobile(フランス)
  4-2-6 Bellier Automobiles(フランス)
  4-2-7 Piaggio Group(イタリア)
4-3 主要中国LSEVメーカの最新動向
  4-3-1 時風集団(Shifeng Group)
  4-3-2 御捷集団(YOGOMO)
  4-3-3 比徳文控股份有限公司(BYVIN)
  4-3-4 山東麗馳新能源汽車有限公司(LICHI)
  4-3-5 宝雅集団(Baoya Group)
  4-3-6 山東唐駿欧鈴汽車製造有限公司
  4-3-7 深圳市陸地方舟新能源電動車集団有限公司

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。