2022年度版 世界の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス事業者戦略

世界自動車産業は“商用車の時代”“コネクテッドデータ活用の時代”に突入。CASE時代の日本自動車産業サバイバルのために、世界地域別(日・欧・米・中・アジア他)商用車データ活用モビリティサービス事業の可能性を探索する。

発刊日
2022/03/28
体裁
A4 / 361頁
資料コード
C63131400
PDFサイズ
14.6MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 361頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象製品
1.車両台数予測;~35年市場予測とその背景
車両メーカ(トラック/バス/タクシー/MaaS 車両/Lv4 自動運転 EV/超小型モビリティ・配送ロボット・eバイク・電動キックボードなどの次世代モビリティ)
2.商用車コネクテッド端末台数予測;~35年市場予測とその背景
(1)運行動態管理・業務用ドラレコ・デジタコ(現在の3点セット)
(2)OEM純正コネクテッド端末
(3)MaaSユニット(ODBⅡ等)
(4)ビークルOSシステム
3.商用車コネクテッドアプリ市場規模~35 年予測とその背景ストーリー
(1)運行動態管理サービス
(2)車両配置最適計画サービス
(3)車両維持管理サービス
(4)安全管理サービス
(5)メンテナンスサービス
(6)xEV対応燃費管理サービス
(7)保険・金融サービス
(8)自動運転サービス
4.商用車サービス市場規模~35 年予測とその背景ストーリー
(1)配送 MaaS サービス
(2)客送 MaaS サービス
(3)移動型店舗サービス
(4)駐車場シェアサービス
(5)情報検索サービス
(6)医療・介護 MaaS サービス
(7)農業 MaaS サービス
調査対象地域:日本国内・欧州・北米・中国・アジア他
調査・分析方法:専門調査員による市場予測を元に、業界識者に対する面接取材によるデルファイ法分析を実施した。
調査期間:2021年10月~2022年3月

調査結果サマリー
Close

世界のトラック・バス向けコネクテッドサービス市場に関する調査を実施(2022年)
2030年のトラック・バス向けコネクテッドサービス世界市場規模を5兆3,316億円と予測
​~「フードデリバリー」「宅配」「次世代モビリティのMaaS事業」といったラストマイル配送需要は伸び続け、車載コネクテッド端末の搭載車両の増加が統合プラットフォーム化に進展する見通し~

資料ポイント
Close

  • CASEの内、海外ではE(EV化)が市場をリードしている。比べてHEV既定路線の日本国内ではC(コネクテッドサービス)が、それも個人情報保護色が強い乗用車の前に、むしろ業務車両/MaaS車両のCが市場をリードする。
  • トラック、バス、フリート(タクシー・レンタカー等)、MaaS車両(シェアカー・Lv4自動運転EV・配送ロボット・超小型モビリティ等)ら業務車両/MaaS車両は、同じITプラットフォーム上で多様な車両走行情報を収集・解析しデータを共有し、アプリサービス事業を展開する。そのことにより「人口減→販売台数減」で縮小する日本自動車産業を、新たなデータ活用モビリティ産業として再生させるのだ。やがてそのアプリサービス事業は海外展開を図るようになる。世界各地域のプレーヤと競合もしくは提携しながら、生き残る道を模索するであろう。
  • そこで当レポートでは世界各地の業務車両/MaaS車両コネクテッドサービス市場規模を2035年予測、世界各地の業務車両/MaaS車両コネクテッドサービス事業者(OEM・サプライヤ・ITベンダ・Tech企業等)国内285社・海外280社のビジネス実態・提携戦略・将来戦略を、地域(日・欧・米・中・アジア等)×車両の種類×サービス分類ごとに整理していく。
  • 世界各地域でのビジネスチャンスとその可能性の大きさ・チャンスの時期を把握でき、日本モビリティ産業が世界の中でいかに生き残るかの方法論を考えるための一助となる。

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.当レポートにおける業務用車両/MaaS車両の分類
2.ウイルス禍に商用車から動き出したコネクテッド化
3.2040年CASE車両別 乗用車/商用車比率
4.業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービスのアプリ項目
5.国内/海外の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス参入企業一覧
6.世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)自動車販売台数/商用車販売台数/商用車保有台数推移(CY2019~2035)
7.世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)後付け車載端末販売台数/商用車販売台数/商用車販売台数中後付け車載端末比率推移(CY2019~2035)
8.世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)純正車載端末販売台数/商用車販売台数/商用車販売台数中後付け純正車載端末搭載比率推移(CY2019~2035)
9.世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)後付けコネクテッドサービス/純正コネクテッドサービス/商用車コネクテッドサービス合計市場規模推移(CY2019~2035)

第Ⅰ章.世界の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス市場予測

Ⅰ.CASEが影響を与える世界自動車産業2035年予測
  1.世界自動車販売台数推移
  2.CASE2040年ロードマップ
  3.まずC,Eが市場をリードする
Ⅱ.なぜ今、商用車コネクテッドサービスなのか
  1.ウイルス禍に商用車から動き出したコネクテッド化
  2.コロナ禍のラストワンマイル需要増と今後の可能性
    (1)新型コロナによるラストマイルデリバリー需要増に対する動向
    (2)コロナ収束後のラストマイルデリバリー需要はどうなるか
    (3)ラストマイルデリバリーの課題と克服
    (4)ラストマイルデリバリー用の各種モビリティは、マルチモーダル化が進むと競合になるのか
    (5)今後、ラストマイル用の車両にどのような機能が付いていくか
    (6)ラストマイルデリバリーの位置情報サービスアプリ施策としては何が動いていくか
    (7)今後の「配達の時間指定」はどうなるか
    (8)位置情報、クルマの加速度情報以外に求められている情報はあるか?
    (9)自動運転車両による配送はどのように進んでいくのか
    (10)「デリバリー事業にかかるコスト削減」はどうなっていくか
Ⅲ.世界のeコマース市場拡大とラストマイルデリバリー急拡大
  1.世界のeコマース市場の現状
  2.世界のBtoC eコマース/ラストマイル配送市場の現状
  3.アジア太平洋のeコマース/ラストマイル配送の拡大
  4.アジア太平洋地域の主要ラストマイルデリバリー事業者
Ⅳ.世界で変化する業務車両/MaaS車両の姿
  1.Lv4自動運転EVのMaaS車両の姿
  2.当レポートにおける商用車コネクテッドの概念
  3.2035年の商用車とは何か
  4.2040年CASE車両別 乗用車/商用車比率
Ⅴ.商用車のコネクテッドサービス2035年ロードマップ
  1.国内1990年代~2035年の商用車コネクテッド端末ロードマップ
  2.2035年までの(国内から見た)世界業務/MaaS車両向けコネクテッド端末市場構造図
  3.業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービスのアプリ項目
  4.商用車の品目に加わる次世代モビリティ
Ⅵ.国内/海外の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス参入企業一覧
Ⅶ.世界地域別(日・欧・米・中・アジア・他)業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス市場2035年予測
  1.世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)
  自動車販売台数/商用車販売台数/商用車保有台数推移(CY2019~2035)
  2.世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)
  自動車コネクテッドカー販売台数・比率/商用車販売台数/商用車コネクテッドカー販売台数/推移(CY2019~2035)
  3.世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)
  後付け車載端末販売台数/商用車販売台数/商用車販売台数中後付け車載端末比率推移(CY2019~2035)
  4.世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)
  純正車載端末販売台数/商用車販売台数/商用車販売台数中後付け純正車載端末搭載比率推移(CY2019~2035)
  5.世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)後付けコネクテッドサービス/純正コネクテッドサービス/
  商用車コネクテッドサービス合計市場規模推移(CY2019~2035)
  6.日本国内の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/
  商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)
  7.欧州の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/
  商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)
  8.北米の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/
  商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)
  9.中国の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/
  商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)
  10.アジアその他の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/
  商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)
  11.世界の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/
  商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)
  (注)当レポートにおける記載内容は(株)矢野経済研究所の独自分析によるものです。

第Ⅱ章.国内の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス事業者285社戦略

Ⅰ.車両メーカ60社のコネクテッドサービス動向と戦略
  1.商用自動運転車両にコネクテッドサービスが不可欠な理由
  2.ドライバー不足・過疎地の交通等課題解決のための法制度改正
  3.宅配需要増・ドライバー不足が推進する商用車の垣根のあいまい化
  4.トラック用コネクテッドサービス参入企業の動向と戦略
    (1)高速道路におけるトラックの隊列走行実証実験
    (2)主要トラック用コネクテッド参入企業のサービス・提携戦略
  5.バス用コネクテッドサービス参入企業の動向と戦略
    (1)地域交通課題解決のためのバス導入・オンデマンド化
    (2)地域課題解決のための法令整備と貨客混載
    (3)バス情報の標準化とデータ活用ビジネス(両備グループ事例研究)
    (4)中型自動運転バスにおけるコネクテッド実証実験の現状
    (5)主要バス向けコネクテッド事業者のサービス戦略・提携戦略
  6.タクシー用コネクテッドサービス参入企業の動向と戦略
    (1)タクシー業界の現状
    (2)クラウド型タクシー配車システムの実態(事例;電脳交通)
    (3)自動運転タクシー事業の可能性
    (4)主要タクシー向けコネクテッド事業者のサービス戦略・提携戦略
  7.社用車用コネクテッドサービス参入企業の動向と戦略
    (1)国内社用車業界の現状
    (2)主要社用車向けコネクテッド事業者のサービス戦略・提携戦略
  8.MaaS車両用コネクテッドサービス参入企業の動向と戦略
    (1)国内MaaS車両業界の現状
    (2)主要MaaS車両向けコネクテッド事業者のサービス戦略・提携戦略
  9.Lv4自動運転EV用コネクテッドサービス参入企業の動向と戦略
    (1)国内自動運転車両向けサービス業界の可能性
    (2)自動運転MaaSビジネスの可能性
    (3)ティアフォーのオープンプラットフォームMIHとの提携
    (4)国内主要OEMのLv4自動運転EV戦略
    (5)国内のLv4自動運転サービスの次世代戦略
    (6)国内Lv4自動運転EVによる都市交通の将来
    (7)国内Lv4自動運転EVの普及ロードマップとコネクテッドサービス展開~2030年
    (8)主要Lv4自動運転EV向けコネクテッド事業者のサービス戦略・提携戦略
  10.次世代モビリティ用コネクテッドサービス①自律搬送型ロボット
    (1)国内自律搬送型ロボット業界の現状
    (2)主要自律搬送型ロボット事業者のサービス戦略・提携戦略
  11.次世代モビリティ用コネクテッドサービス②配送ロボット
    (1)国内配送ロボット業界の現状(事例研究;ZMP)
    (2)主要配送ロボット事業者のサービス戦略・提携戦略
  12.次世代モビリティ用コネクテッドサービス③eバイク
    (1)国内eバイクのコネクテッドの現状
    (2)主要eバイク事業者のサービス戦略・提携戦略
  13.次世代モビリティ用コネクテッドサービス④電動キックボード
    (1)国内電動キックボード業界の現状
Ⅱ.車載情報端末・プラットフォームベンダ18社のコネクテッドサービス動向と戦略
  1.サービスプラットフォーム
    (1)サービサーの提供サービスのイメージ
    (2)自動運転モビリティサービスのロードマップ
    (3)MONETプラットフォームのシステム構成
    (4)主要車載プラットフォーム事業者の狙い・提携戦略
  2.通信
    (1)配送車両管理における通信の現状
    (2)国内におけるリアルタイム追跡ソリューションの現状
    (3)次世代車載通信機の開発
  3.車載端末
    (1)EDR搭載義務化動向
    (2)主要商用車向け車載端末メーカの狙い・提携戦略
Ⅲ.商用車コネクテッドサービスアプリ事業147社動向とコネクテッド戦略
  1.総論
    (1)日本のトラック車両データ活用状況
    (2)日本トラック車両データの今後の方向性
  2.運行動態管理サービス
    (1)日本の主要企業別商用車コネクテッドサービス対応状況
    (2)国内の運行動態管理サービスベンダ37社一覧
    (3)EVを起点とした運行動態管理サービス
    (4)Cariotモバイルアプリと「カーナビタイム」連携によるスマート運行動態
    (5)国内の運行動態管理サービス企業の狙い・サービス戦略
  3.車両配置最適計画サービス
    (1)配送ルート最適化ソリューションの状況
    (2)宅配ロッカーなど受け取り系の状況
    (3)国内の主要な車両配置最適計画サービス企業一覧
    (4)国内の主要車両配置最適計画サービス企業の狙い・サービス戦略
  4.マッチングサービス
    (1)国内配送マッチングサービスの状況
    (2)国内の主要マッチングサービス企業の狙い・サービス戦略
  5.車両維持管理サービス
    (1)国内の主要車両維持管理サービス企業の狙い・サービス戦略
  6.安全管理サービス
    (1)国内の主要安全管理サービス企業の狙い・サービス戦略
  7.メンテナンスサービス
    (1)国内の主要メンテナンス・サービス企業の狙い・サービス戦略
  8.xEV対応燃費管理サービス
    (1)国内の主要xEV対応燃費管理サービス企業の狙い・サービス戦略
  9.保険・金融サービス
    (1)国内の主要保険・金融サービス企業の狙い・サービス戦略
  10.自動運転サービス
    (1)自動運転タクシー事業の可能性
    (2)国内自動運転MaaS事業の進展状況
    (3)国内の自動運転サービス参入企業一覧
    (4)国内の主要自動運転サービス企業の狙い・サービス戦略
  11.モビリティ収益化サービス
    (1)広告収入の期待
    (2)データ解析サービス
Ⅳ.商用車コネクテッドサービス事業者(物流MaaS客送MaaS店舗・医療等Beyond MaaS)58社動向と戦略
  1.配送MaaSサービス事業者
    (1)スマート物流サービスの目指す姿
    (2)宅配便市場拡大と国内宅配便大手3社の動向
    (3)主要配送MaaSサービス事業者のコネクテッドサービス・提携戦略
  2.客送MaaSサービス事業者
    (1)MaaSの本質
    (2)MaaSサービスの構造
    (3)タクシー配車アプリの最新動向
    (4)主要客送MaaSサービス事業者のコネクテッドサービス・提携戦略
  3.移動型店舗サービス事業者
    (1)移動型店舗サービスの現状
    (2)主要移動型店舗サービス事業者のコネクテッドサービス・提携戦略
  4.駐車場シェアサービス事業者
    (1)主要駐車場シェアサービス事業者のコネクテッドサービス・提携戦略
  5.情報検索サービス事業者
    (1)主要情報検索サービス事業者のコネクテッドサービス・提携戦略
  6.医療・介護MaaSサービス事業者
    (1)主要医療・介護MaaSサービス事業者のコネクテッドサービス・提携戦略
  7.農業MaaSサービス事業者
    (1)主要農業MaaSサービス事業者のコネクテッドサービス・提携戦略
  (注)当レポートにおける記載内容は(株)矢野経済研究所の独自分析によるものです。

第Ⅲ章.海外地域(欧・米・中・アジア他)別の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス事業者280社戦略

Ⅰ.海外車両メーカのコネクテッドサービス動向と戦略
  1.商用自動運転車両にコネクテッドサービスが不可欠な理由
  2.海外トラックコネクテッドサービス参入企業の動向と戦略
    (1)トラックメーカにおける海外の地域別特色・提携動向
    (2)日系トラックメーカにおける海外の地域別特色・提携動向
    (3)海外トラックメーカの「モノ売り→コト売り」シフト
    (4)海外主要トラック関連メーカのコネクテッドサービス・提携戦略
  3.海外シャトル・バス用コネクテッドサービス参入企業の動向と戦略
    (1)海外自動運転シャトル・バス市場の動向
    (2)海外主要シャトル・バス関連メーカの自動運転・コネクテッドサービス・提携戦略
  4.海外タクシー用コネクテッドサービス参入企業の動向と戦略
    (1)海外のロボタクシー概要
    (2)米国のロボタクシーサービス動向
    (3)海外のロボタクシー無料化の可能性
    (4)中国のロボタクシーの現状
    (5)海外主要タクシー関連メーカのコネクテッドサービス・提携戦略
  5.海外Lv4自動運転EV-MaaS用コネクテッドサービス参入企業の動向と戦略
    (1)2022年は世界で動く「レベル4」の法整備加速と企業
    (2)海外主要OEMのLv4自動運転EV戦略
    (3)海外主要OEMのLv4自動運転MaaS戦略
  6.海外次世代モビリティ用コネクテッドサービス①配送ロボット
    (1)海外配送ロボット業界の現状
    (2)海外主要配送ロボット向けコネクテッド事業者のサービス戦略・提携戦略
  7.海外次世代モビリティ用コネクテッドサービス②eバイク
    (1)海外eバイク業界の現状
    (2)海外主要eバイク向けコネクテッド事業者のサービス戦略・提携戦略
  8.海外次世代モビリティ用コネクテッドサービス③電動キックボード
    (1)海外電動キックボード業界の現状
Ⅱ.海外商用車情報端末・プラットフォームベンダのコネクテッドサービス動向と戦略
  1.海外サービスプラットフォーム
    (1)海外商用車(業務車両/MaaS車両)におけるプラットフォームビジネス
    (2)中国のロジスティクスプラットフォーマー「満帮(マンバン)」
    (3)欧州のロジスティクスプラットフォーマー「ボッシュ」
    (4)欧州の商用車テレマティクスデータ規格・API規格標準化「FMS」
    (5)海外主要車載プラットフォーム事業者の狙い・提携戦略
  2.海外ビークルOS
    (1)海外商用車(業務車両/MaaS車両)におけるビークルOS
    (2)海外主要商用車ビークルOS事業者の狙い・提携戦略
Ⅲ.海外商用車コネクテッドアプリ事業者の動向とコネクテッド戦略
  1.総論
    (1)オンデマンド型配送サービス
    (2)海外のローミング配送サービス
    (3)海外の配送協業系サービス
  2.海外運行動態管理サービス
    (1)世界地域別サービスビジネス構造
    (2)世界の地域別のコネクテッドサービス提供状況
    (3)海外の運行動態管理サービス企業31社一覧
    (4)海外の主要運行動態管理サービス企業の狙い・サービス戦略
  3.海外マッチングサービス
    (1)世界の地域別/配送マッチングサービスの状況
    (2)海外の主要マーケティング企業の狙い・サービス戦略
  4.海外車両維持管理サービス
    (1)世界の地域別/車両稼働管理サービス動向
    (2)海外の主要車両維持管理サービス企業の狙い・サービス戦略
  5.海外安全管理サービス
    (1)世界各地域の車両安全/安全管理サービス動向
    (2)海外の主要安全管理サービス企業の狙い・サービス戦略
  6.海外xEV対応燃費管理サービス
    (1)海外の主要xEV対応燃費管理サービス企業の狙い・サービス戦略
  7.海外保険・金融サービス
    (1)海外地域別の商用車テレマティクス保険サービス動向
    (2)中国新エネルギー車メーカのテレマティクス保険参入拡大
    (3)海外の主要商用車向け保険・金融サービス企業の狙い、サービス戦略
  8.海外自動運転サービス
    (1)自動運転タクシーサービスの可能性
    (2)自動運転トラックサービスの可能性
    (3)自動運転を活用した将来のサービス
    (4)海外の自動運転サービス参入企業一覧
    (5)海外の主要自動運転サービス企業の狙い・サービス戦略
Ⅳ.海外商用車コネクテッドサービス事業者(配送MaaS/客送MaaS/店舗・医療等Beyond MaaS)の動向と戦略
  1.海外配送MaaSサービス事業者の動向と戦略
    (1)市場急拡大する世界の飲食・食品ラストマイル配送
    (2)ニューヨークで競争激化する即時配送サービス
    (3)中南米のスマホ宅配事業の現状
    (4)インドの宅配サービス事業の現状
    (5)海外の主要配送MaaS事業者の狙い・サービス戦略
  2.海外客送MaaSサービス事業者の動向と戦略
    (1)世界地域別にみた客送MaaSの現状
    (2)パンデミック下における世界の主要客送MaaS関連企業・団体の動向
    (3)ASEANのMaaS市場の課題と競合状況
    (4)海外の主要客送MaaS事業者の狙い・サービス戦略
  3.海外移動型店舗サービス事業者の動向と戦略
    (1)海外の移動型店舗サービス事業者の狙い・サービス戦略
  4.海外医療・介護サービス事業者の動向と戦略
    (1)海外の医療・介護サービス事業者の狙い・サービス戦略
  (注)当レポートにおける記載内容は(株)矢野経済研究所の独自分析によるものです。

第Ⅳ章.データ編

 

図表目次

調査結果のポイント
 
表「当レポートにおける業務用車両/MaaS車両の分類」(背景影は今回の調査対象外)
図「ウイルス禍に商用車から動き出したコネクテッド化」
図「2040年CASE車両別にみた乗用車/商用車比率」
表「業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービスのアプリ項目」
表「国内の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス参入企業285社一覧(掲載企業のみ)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)自動車販売台数/商用車販売台数/商用車保有台数推移(CY2019~2035)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)後付け車載端末販売台数/商用車販売台数/商用車販売台数中後付け車載端末比率推移(CY2019~2035)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)純正車載端末販売台数/商用車販売台数/商用車販売台数中純正車載端末搭載比率推移(CY2019~2035)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)後付けコネクテッドサービス/純正コネクテッドサービス/商用車コネクテッドサービス合計市場規模推移(CY2019~2035)」
 
第Ⅰ章.世界の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス市場予測
 
図表「世界自動車販売台数推移」(CY2019~2025/CY2030)
図「世界自動車の変革キーワード2020年→2035年予測」
図「これまでのCASEの見方(メディアが伝えている内容)」
図「現実のCASEの進み方」
表「テスラとトヨタCASE “E” “C” の時代の象徴として」
図「ウイルス禍に商用車から動き出したコネクテッド化」
図表「世界の小売市場における地域別比率(市場規模2,634兆円)2018年」
図表「世界小売市場に占める主要国比率(市場規模2,634兆円)2018年」
図表「世界のEC市場における地域別比率(市場規模313兆円)2018年」
図表「世界のEC市場に占める主要国比率(市場規模313兆円)2018年」
図表「世界の BtoC eコマース市場規模(単位:兆米ドル)」
図表「世界の各国別BtoC eコマース市場(シェア 単位:%)」
図表「日本のBtoC eコマースの市場規模およびEC化率の経年推移」
表「eコマース売上高上位12か国:アジア太平洋:2019-2020年」
表「アジア太平洋諸国の主要なラストマイルデリバリー事業者」
図「当レポートにおける商用車コネクテッドの概念」
表「2035年の商用車とは」
図「2040年CASE車両別にみた乗用車/商用車比率」
図「1990年代~2035年の商用車コネクテッド端末ロードマップ」
図「2035年までの世界業務/MaaS車両向けコネクテッド端末市場構造図」
表「業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービスのアプリ項目」
図「コロナ禍で転換期を迎える次世代モビリティ市場」
表「国内の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス参入企業285社一覧(掲載企業のみ)」
表「欧州の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス参入企業一覧(掲載企業のみ)」
表「米国の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス参入企業一覧(掲載企業のみ)」
表「中国の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス参入企業一覧(掲載企業のみ)」
表「アジア他の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス参入企業一覧(掲載企業のみ)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)自動車販売台数/商用車販売台数/商用車保有台数推移(CY2019~2035)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)自動車コネクテッドカー販売台数・比率/商用車販売台数/商用車コネクテッドカー販売台数/推移(CY2019~2035)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)後付け車載端末販売台数/商用車販売台数/商用車販売台数中後付け車載端末比率推移(CY2019~2035)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)純正車載端末販売台数/商用車販売台数/商用車販売台数中純正車載端末搭載比率推移(CY2019~2035)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)後付けコネクテッドサービス/純正コネクテッドサービス/商用車コネクテッドサービス合計市場規模推移(CY2019~2035)」
表「国内の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)」
表「欧州の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)」
表「北米の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)」
表「中国の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)」
表「アジアその他の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)」
表「世界の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)」
 
第Ⅱ章.国内の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス事業者285社戦略
 
表「道路運送法による事業区分」
表「高速道路での後続車無人隊列走行技術の実現までの歩み」
表「後続車無人隊列走行技術の実現に向けた車両開発概要」
表「実証事業を通じて得られた成果(後続車無人システム)」
表「実証事業を通じて得られた課題(後続車無人システム)」
表「高速道路での後続車有人システム(導入型)の商業化に向けた歩み」
図「両備グループ「バス事業改善プロジェクト」体制図」
図「両備グループ・バスにおける標準的オープンデータ」
表「中型自動運転バスの実証実験の概要」
表「タクシー業界の現状」
表「自宅が配車室になる「リモート機能」」
表「配車アウトソーシングサービス」
[取り組み紹介]デマンドタクシー/グリーンスローモビリティ
[取り組み紹介]MaaS(setowa)/ワクチン接種者輸送
[取り組み紹介]デマンドタクシー/グリーンスローモビリティ
図「電脳配車と他システムを連携」
表「自動運転MaaSの市場規模2030年」
図「自動運転MaaSのビジネスモデル」
図「車両価格の想定見通し(イメージ)」
表「ティアフォーと国との共同プロジェクト」
図「自動運転の社会実装に向けた動向」
表「自動運転に関連する国内外のOEM各社の動向」
表「国内外企業のレベル4に向けた取組事例」
表「官民ITS構想ロードマップの将来像における自動運転の位置付け」
表「2025年までに取り組むべき次期・無人自動運転サービスプロジェクト」
表「無人自動運転サービスの将来像と取組方針」
表「無人自動運転サービスが実現・普及した都市・交通システムの将来」
図「令和2年度自動走行ビジネス検討会の検討方向性」
図「コロナ禍で転換期を迎える次世代モビリティ市場」
表「LIFE ROBOT BROTHERS -低速自動運転三兄弟-」
表「都市部と地方部との求められるモビリティの違い」
表「佃エリアでの実証実験について」
表「目指すべき走行ロボット」
表「国内主要企業の配送ロボット開発動向」
図「ホンダモーターサイクルジャパンの位置付け」
表「最適メンテナンス案内等(部品劣化予測モデル構築)」
表「移動データ×○○○の可能性」
図「移動データ活用の形態と進化」
表「バイクならではの予測分析とその先へ」
図「Lv4自動運転EV『eパレット』におけるサービサーの提供サービスのイメージ」
図「MONET=日本モビリティサービス連合の主要メンバー」
表「自動運転社会を見据えたモビリティサービスの提供」
図「MONETプラットフォームの推進」
表「日本におけるテレマティクスサービス普及動向」
表「国内の運行動態管理サービスベンダ37社一覧」
表「国内の主要な車両配置最適計画サービス企業5社一覧」
表「無人運転MaaS事業参入各社の実用スケジュール」
表「トラックドライバー需給の将来予測」
図「宅配便(トラック)取扱個数シェア(2020年度)」
表「交通産業のDX」
表「MaaSサービスの構造」
 
第Ⅲ章.海外地域(欧・米・中・その他)別の業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス事業者280社戦略
 
図「世界の商用車OEMの提携・出資関係図(2021年9月時点)」
表「米カリフォルニア州車両管理局(DMV)の自動運転走行ライセンス取得企業一覧」
表「中国の各地域における自動運転タクシーの取り組み状況」
表「海外主要OEMのLv4自動運転EV戦略」
表「米国主要OEMのLv4自動運転MaaS戦略」
表「海外の宅配ロボット主要企業の状況」
表「海外の電動キックボード関連規制一覧」
表「世界地域別にみた運行動態管理サービスビジネスの構造」
表「ドイツにおける業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス提供状況」
表「米国における業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス提供状況」
表「中国における業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス提供状況」
表「日本における業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス提供状況」
表「海外の運行動態管理サービスベンダ主要31社一覧」
表「世界の地域別配送マッチングサービスの状況」
表「世界の地域別/車両稼働管理サービス動向」
表「自動運転を活用した将来のサービス」
表「コロナ禍に急伸するラストマイル配送関連企業の世界地域別動向一覧」
表「中南米の主なスマホ宅配事業者」
表「2020~2021年 パンデミック下における世界の主要客送MaaS関連企業・団体の動向」
図「ASEANの配車アプリベンダのビジネスモデル」
表「配車アプリベンダ2社への主要出資企業」
表「ジャカルタ近郊で動いているスマートシティ構想」
 
第Ⅳ章.データ編
 
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)自動車販売台数/商用車販売台数/商用車保有台数推移(CY2019~2035)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)自動車コネクテッドカー販売台数・比率/商用車販売台数/商用車コネクテッドカー販売台数/推移(CY2019~2035)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)後付け車載端末販売台数/商用車販売台数/商用車販売台数中後付け車載端末比率推移(CY2019~2035)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)純正車載端末販売台数/商用車販売台数/商用車販売台数中純正車載端末搭載比率推移(CY2019~2035)」
表「世界の地域別(日・欧・米・中・アジア他)後付けコネクテッドサービス/純正コネクテッドサービス/商用車コネクテッドサービス合計市場規模推移(CY2019~2035)」
表「国内の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)」
表「欧州の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)」
表「北米の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)」
表「中国の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)」
表「アジア他の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)」
表「世界の自動車販売台数/コネクテッドカー台数/商用車向け後付け・純正車載端末/商用車向けコネクテッドサービス市場規模推移(CY2019~2035)」

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 361頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。