2021年度版 業務車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス市場予測

今回は2020年~35年までの国内商用車販売・保有台数推移(乗用車内フリート含む)とそこに搭載されるコネクテッド端末台数、その上で展開されるコネクテッドサービス市場規模推移を予測。また自動車以外にも配送ロボットや超小型モビリティ等についても推移を予測。その背景ストーリーをまとめていく。

発刊日
2021/09/29
体裁
A4 / 188頁
資料コード
C63113100
PDFサイズ
5.5MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 188頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象製品
1.車両台数予測; ~35 年市場予測とその背景
(1)乗用車;POV/フリート(レンタカー/タクシー/社用車,MaaS 車両<OEM 製造車/後付 MaaSユニット搭載車>,Lv4 以上自動運転車両)
(2)商用車;トラック/バス
2.コネクテッド端末台数予測;~35 年市場予測とその背景
(1)運行動態管理・業務用ドラレコ・デジタコ (現在の 3 点セット)
(2)OEM 純正コネクテッド端末
(3)MaaS ユニット(ODBⅡ等)
(4)ビークル OS システム
3.コネクテッドサービス市場規模~35 年予測とその背景ストーリー
(1)現在の 3 点セットベースのサービス
(2)OEM 純正コネクテッド端末のサービス
(3)MaaS ユニットのサービス
(4)ビークル OS のサービス
4.移動型ロボット・次世代モビリティ;~35 年市場予測とその背景
(1)自律搬送型ロボット
(2)配送ロボット
(3)電動ミニカー
(4)超小型モビリティ
(5)eバイク
(6)電動キックボード
調査対象地域:日本国内
調査方法:専門調査員による市場予測を元に、業界識者に対する面接取材によるデルファイ法分析を実施した。
調査期間:2021年6月~2021年9月

調査結果サマリー
Close

国内の業務用車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス市場に関する調査を実施(2021年)
2020年の国内業務用車両/MaaS車両向けコネクテッドサービス市場を130億円と推計、2035年には944億円に達すると予測

資料ポイント
Close

  • トヨタを中心に商用車ITプラットフォーム(PF)国内連合が成立。2035年にかけていすゞ・日野・ダイハツ・スズキとのPF共有化による新サービスが成長!
  • しかし2030年まではドラレコ・運行動態サービス市場は周辺アプリ含めて高成長!3rdパーティにビジネスチャンス訪れ参入企業多数!アジア展開か?
  • (乗用車内業務車両である)フリートが成長し、MaaS車両にシフト。そのMaaS車両がLv4自動運転化。30年以降進む業務車両/MaaS車両データ活用サービス!
  • 今回は2020年~35年までの国内商用車販売・保有台数推移(乗用車内フリート含む)とそこに搭載されるコネクテッド端末台数、その上で展開されるコネクテッドサービス市場規模推移を予測。また自動車以外にも配送ロボットや超小型モビリティ等についても推移を予測。その背景ストーリーをまとめていく。35年にかけての国内自動車産業の詳細なロードマップを見ることにより、自社のビジネスチャンスとその可能性の大きさ・チャンスの時期を把握できる。

リサーチ内容

調査結果のポイント

Ⅰ.商用車(業務用車両/MaaS車両)台数2035年予測
Ⅱ.コネクテッド端末台数2035年予測
Ⅲ.コネクテッドサービス市場2035年予測
Ⅳ.次世代モビリティにおけるコネクテッド端末&サービス市場2035年予測

第Ⅰ章.当調査レポートの調査意義・流れ・概要・語句説明

当レポートの全体構造
1.当レポートの調査意義
2.当レポートの調査の流れ
3.当レポートにおける商用車(業務用車両/MaaS車両)の概念
4.当レポートにおける「コネクテッド端末」の概念
  (1)既存(後付け)コネクテッド端末3点セット
  (2)OEM純正コネクテッド端末
  (3)MaaS車両によるコネクテッド端末
  (4)ビークルOSによるコネクテッド端末
5.当レポートにおける「コネクテッド・サービス」の概念
6.当レポートにおける語句説明

第Ⅱ章.業務車両/MaaS車両&コネクテッド端末&サービス市場2035年予測

1.国内乗用車/フリート/商用車単年度販売台数推移~2035年(新車台数,前年比)
2.国内乗用車/貨物車/バス保有台数推移~2035年(台数,前年比比率)
3.国内フリート保有台数推移~2035年(累積台数,前年比。レンタカー/タクシー/MaaS車両/AV:MaaS車両)
4.国内MaaS車両(新規MaaS/AV:MaaS)の単年度販売・累積台数~2035年(台数、品目別比率)
5.国内AV:MaaS(Lv4以上の自動運転EV)単年販売・累積台数推移~2035年
6.国内フリートにおける既存車種のMaaS対応/設備更新累積台数推移~2035年(台数,設備更新によるMaaS対応比率)
7.国内POV/フリート(レガシー)/フリート(for MaaS)の保有台数推移~2035年(台数,乗用車保有台数における比率)
8.国内POV/フリート(レガシー)/フリート(for MaaS)/貨物車/バスの保有台数推移~2035年(台数,全保有台数における比率)
9.国内POV/フリート/貨物車(普通・小型・軽)/バス内のコネクテッドカー/ビークルOS販売台数推移~2035年(台数,内コネクテッドカー比率/台数,内ビークルOS搭載比率/台数)
10.国内POV/フリート/貨物車(普通・小型・軽)/バスのコネクテッドカー販売台数推移~2035年(台数,内コネクテッドカー比率)
11.国内POV/フリート/貨物車(普通・小型・軽)/バスのビークルOS搭載車販売台数推移~2035年(台数,内ビークルOS搭載比率)
12.国内業務車内コネクテッドカー/コネクテッド端末(デジタコ/業務ドラレコ/運行動態/OEM系コネクテッド端末)単年度販売・累積台数推移~2035年(台数)
13.後付け3点セット/OEM純正系コネクテッド端末市場規模(台数。累積。競合比率推移)
14.フリートにおけるMaaS/非MaaS車両台数市場規模/比率推移予測(台数。累積)
15.フリートにおけるビークルOSコネクテッド端末市場規模(台数。累積)
16.貨物車におけるビークルOSコネクテッド端末市場規模(台数。累積)
17.バスにおけるビークルOSコネクテッド端末市場規模(台数。累積)
18.業務用/MaaS用車両におけるコネクテッド端末全市場規模推移~2035年(台数。累積)
19.業務用/MaaS用車両におけるコネクテッド端末の品目別比率推移~2035年(台数比率。累積)
20.既存の3点セット/OEM純正系コネクテッド端末用サービス市場規模推移~2035年(台数,金額。累積)
21.MaaSコネクテッド端末/ビークルOSコネクテッド端末用コネクテッドサービス市場規模推移~2035年(台数,金額。累積)
22.全コネクテッド端末市場規模推移~2035年(台数。累積)
23.全コネクテッド端末コネクテッドサービス市場規模推移~2035年(金額)
24.貨物車における既存のコネクテッド端末3点セット用/ビークルOS・MaaSユニット用コネクテッドサービスアプリと単価
25.バス/タクシーにおける既存のコネクテッド端末3点セット用/ビークルOS・MaaSユニット用コネクテッドサービスアプリと単価
26.(フリートに社用車を加えた場合の)国内フリート保有台数推移~2035年(台数,前年比。レンタカー/タクシー/社用車。内,MaaS車両/AV:MaaS車両)
27.次世代モビリティにおけるコネクテッド端末全市場規模推移~2035年(台数。累積)

第Ⅲ章.商用車(業務車両/MaaS車両)の現状と未来

Ⅰ.総論
  1.当レポートにおける第Ⅲ章の位置づけ
  2.当レポートにおける商用車(業務用車両/MaaS車両)の概念
  3.国内日本自動車産業において高まる商用車の存在
  4.2050年に向けて業務車両・MaaS車両とIT化はスマートシティと融合しながら進化
    (1)都市構造とMaaSサービス
    (2)地方・過疎地の物流と公共交通
    (3)カーボンニュートラルの実現
    (4)エネルギー社会において求められる自動車のIT化
  5.トラックメーカーの転換
    (1)トラックの自動運転化
    (2)トラック関連サービス企業化
    (3)垣根なくなる商用車と乗用車
Ⅱ.貨物車(トラック)と情報プラットフォームの現状と未来
  1.商用車の種類(規格など参考資料)
    (1)道路交通法の車両区分
    (2)道路運送車両法の場合の車両区分
    (3)貨物車(トラック)の区分
  2.物流業界を取り巻く環境
    (1)トラック運送事業者数と規模
    (2)物流業界を取り巻く環境
  3.トヨタ・いすゞ・日野・スズキ・ダイハツの商用車連合がもたらす意味
    (1)いすゞ・日野・トヨタの商用車連合が発表
    (2)いすゞ・日野・トヨタの商用車連合の意味するもの
    (3)「商用車のxEV化」を目指す連合の狙い
    (4)「商用車のIT化」を目指す連合の狙い
    (5)3社連合のデータ活用戦略
    (6)CJPにスズキ、ダイハツが参加した理由
    (7)CJPは国内保有車の8割のデータを取りまとめ
Ⅲ.バスと情報プラットフォームの現状と未来
  1.伸びるバスMaaS
  2.乗り合いバス市場の復活状況
  3.地方バス会社の経営悪化とMaaSシフト
    (1)地方バス会社の経営悪化
    (2)地方バス会社のMaaS、自動運転シフト
  4.地方バス会社の経営悪化とMaaSシフト
Ⅳ.フリートと情報プラットフォームの現状と未来
  1.フリートの内訳は?
  2.スズキとダイハツの連携は軽全体への対応
  3.乗用車と商用車の区別がなくなっていく時代
  4.フリートには社用車を入れるべきか
Ⅴ.MaaS車両の現状と未来
  1.パンデミックが日本のMaaSに与えた影響
  2.当レポートのフリート(for MaaS)における「新規」と「更新」とは
  3.MaaS時代の自動車販売台数はどうなるか
  4.トヨタのウーブンシティの影響
  5.MaaSプラットフォーマーはどのようなプレーヤが出てくるのか?
Ⅵ.eパレット・Lv4EVMaaSの現在と未来
  1.Lv4EVはまず物流から始まる
  2.2035年Lv4EVが10万台普及の可能性
  3.REEのEVプラットフォームが推進する上層部・下層部分離型車両
  4.Lv4EVMaaS(自動運転MaaS)に向けてのトヨタの動向
    (1)eパレットのサービス&自動運転アライアンス
    (2)eパレットの特徴「上層部・下層部分離がもたらす自動車の未来」
    (3)2021東京オリパラとeパレット
    (4)乗用車と商用車のシナジー効果
    (5)他社の自動運転システムやサービスをトヨタの車両で使う仕組み
  5.自動運転MaaSに向けての日産の動向
  6.自動運転MaaSに向けてのホンダの動向
  7.スケートボード・アーキテクチャーに向けての日野の動向
Ⅶ.次世代モビリティの現状と未来
  1.次世代モビリティの品目別概要
  2.ロボット
    2-1.自律搬送型ロボット
    2-2.配送ロボット
  3.認定制度で公道走行可能になるか超小型モビリティ/電動ミニカー
  4.超小型モビリティ/電動ミニカーの潜在的な需要
  5.eバイク
  6.電動キックボード 及び同類系車両
  7.主要各社の次世代モビリティ製品

第Ⅳ章.業務/MaaS車両用コネクテッド端末&サービスの現状と未来

Ⅰ.コネクテッド端末総論
  1.当レポートにおける「コネクテッド端末」4種類
    (1)後付けコネクテッド端末3点セット
    (2)OEM純正コネクテッド端末(物流MSPF活用)
    (3)MaaS車両によるコネクテッド端末
    (4)ビークルOSによるコネクテッド端末
  2.「コネクテッド端末サービス」普及概要
Ⅱ.後付けコネクテッド端末3点セット
  1.後付けコネクテッド端末3点セットの概要
  2.「後付け端末3点セット vs. OEM純正端末」の市場動向
  3.EDR搭載義務化の動向
Ⅲ.OEM純正コネクテッド端末
  1.OEM純正コネクテッド端末の概要
  2.OEM純正コネクテッド端末のユーザとは
  3.OEM純正端末の時代はアプリが3rdパーティの製品になる!?
  4.OEM純正コネクテッド端末による「T字戦略」
  5.3rdパーティの生き残る道
  6.OEMの物流プラットフォーム提供
  7.物流プラットフォームとはどのように普及していくか
  8.求められる物流プラットフォーム提供方法の多様性と新規ベンチャーの登場
  9.ドラレコ活用で自動運転用高精細地図作成
Ⅳ.MaaSユニット
  1.MaaSユニットの概要
  2.MaaSサービス事業者はどこで、なんで儲けるか
  3.欧・米のMaaS事業の進展
  4.期待できるバスMaaS
Ⅴ.ビークルOS
  1.ビークルOSの概要
  2.ビークルOSが搭載される車両はどのようなものか
  3.OEM純正系端末にも、ビークルOSにも3rdパーティ参入の可能性が
  4.ビークルOSよりもEVシフト
  5.ビークルOSは自動運転とBeyond MaaS用
  6.アジアで動き出す運行動態以外のアプリ
  7.スズキ・ダイハツが加わり、軽貨物車でも大きく動く情報PF化
  8.VW・ダイムラー・トヨタ各社のビークルOS戦略
Ⅵ.商用車向けコネクテッドサービス市場予測
  1.商用車向けコネクテッドサービス市場の概要
  2.商用車向けコネクテッドサービスの企業動向
  3.世界地域別/商用車向けコネクテッドサービスの中核プレーヤ
  4.自動運転時代の商用車向けコネクテッドサービスは何が有望か
Ⅶ.次世代モビリティ向けコネクテッドサービス市場予測
  1.ラストワンマイルのコネクテッド端末
  2.「電動キック+eバイク」はマルチモーダルMaaSで動く
  3.次世代モビリティのコネクテッド・サービス市場規模
    (1)ロボットの場合
    (2)ラストワンマイルモビリティの場合
    (3)eバイクの場合
    (4)電動キックボードの場合

第Ⅴ章.データ編

図表目次

調査結果のポイント
 
表「当レポートにおける業務用車両/MaaS車両の分類」
図表2「国内乗用車/貨物車/バス保有台数推移~2035年(台数,前年比比率)」
図表3「国内フリート保有台数推移~2035年」
図表7「国内POV/フリート(レガシー)/フリート(for MaaS)の保有台数推移~2035年」
表1「業務用車両/MaaS車両におけるコネクテッド端末/システムの未来」
図2「業務用車両/MaaS車両におけるコネクテッド端末/システムの未来」
表11「国内POV/フリート/貨物車(普通・小型・軽)/バスのビークルOS搭載車販売台数推移~2035年」
図表12「国内業務車内コネクテッドカー/コネクテッド端末(デジタコ/業務ドラレコ/運行動態/OEM系コネクテッド端末)単年度販売・累積台数推移~2035年(台数)」
図表13「後付け3点セット/OEM純正系コネクテッド端末市場規模(台数。累積。競合比率推移)」
図表14「フリートにおけるMaaS/非MaaS車両台数市場規模/比率推移予測(台数。累積)」
図表18「業務用/MaaS用車両におけるコネクテッド端末全市場規模推移~2035年(台数。累積)」
図表19「業務用/MaaS用車両におけるコネクテッド端末の品目別比率推移~2035年(台数比率。累積)」
図表20「既存の3点セット/OEM純正系コネクテッド端末用サービス市場規模推移~2035年(台数,金額。累積)」
表「業務用車両/MaaS車両におけるコネクテッド・サービスの種類」
図表23「全コネクテッド端末コネクテッドサービス市場規模推移~2035年(金額)」
図表27「次世代モビリティにおけるコネクテッド端末全市場規模推移~2035年(台数。累積)」
 
第Ⅰ章.当調査レポートの調査意義・流れ・概要・語句説明
 
図「当レポートの調査の流れ」
表「当レポートにおける業務用車両/MaaS車両の分類」
図「業務用車両/MaaS車両におけるコネクテッド端末/システムの未来」
表「業務用車両/MaaS車両におけるコネクテッド端末/システムの未来」
表「業務用車両/MaaS車両におけるコネクテッド・サービスの種類」
表「当レポートにおける語句説明」
 
第Ⅱ章.業務車両/MaaS車両&コネクテッド端末&サービス市場2035年予測
 
図表1「国内乗用車/フリート/商用車単年度販売台数推移~2035年(新車台数,前年比)」
図1-1「国内乗用車/貨物車/バスの単年度販売台数推移~2035年(新車台数)」
図1-2「国内乗用車/POV/フリート/貨物車/バスの単年度販売台数推移~2035年(新車台数)」
図表2「国内乗用車/貨物車/バス保有台数推移~2035年(台数,前年比比率)」
図2「国内乗用車/貨物車/バス保有台数推移~2035年(台数)」
図表3「国内フリート保有台数推移~2035年(累積台数,前年比。レンタカー/タクシー/MaaS車両/AV:MaaS車両)」
図3「国内フリートの保有台数推移~2035年(台数,前年比。レンタカー/タクシー。)」
図表4「国内MaaS車両(新規MaaS/AV:MaaS)の単年度販売・累積台数~2035年(台数、品目別比率)」
図4-1「フリート単年買い換え台数/MaaS単年販売台数の2035年予測」
図4-2「フリート合計保有台数/MaaS累積台数の2035年予測]」
図表5「国内AV:MaaS(Lv4以上の自動運転EV)単年販売・累積台数推移~2035年」
図5-1「国内AV:MaaS(L4以上自動運転MaaS専用EV)単年販売台数推移~2035年」
図5-2「国内AV:MaaS(L4以上自動運転MaaS専用EV)累積台数推移~2035年」
図表6「国内フリートにおける既存車種のMaaS対応/設備更新累積台数推移~2035年(台数,設備更新によるMaaS対応比率)」
図6「既存フリート車両累積・設備更新MaaS車両累積の2035年予測」
図表7「国内POV/フリート(レガシー)/フリート(for MaaS)の保有台数推移~2035年(台数,乗用車保有台数における比率)」
図7「国内POV/フリート(レガシー)/フリート(for MaaS)の保有台数推移~2035年(台数,乗用車保有台数における比率)」
図表8「国内POV/フリート(レガシー)/フリート(for MaaS)/貨物車/バスの保有台数推移~2035年(台数,全保有台数における比率)」
図8-1「国内POV/フリート(レガシー)/フリート(for MaaS)/貨物車/バスの保有台数推移~2035年(台数)」
図8-2「フリート(レガシー)/MaaS車両/AV:MaaS(Lv4以上自動運転EV) 保有台数推移~2035年(台数)」
図表9「国内POV/フリート/貨物車(普通・小型・軽)/バス内のコネクテッドカー/ビークルOS販売台数推移~2035年(台数,内コネクテッドカー比率/台数,内ビークルOS搭載比率/台数)」
図9「国内POV/フリート/貨物車/バスの単年度販売台数推移~2035年(台数)」
表10「国内POV/フリート/貨物車(普通・小型・軽)/バスのコネクテッドカー販売台数推移~2035年(台数,内コネクテッドカー比率)」
図10「国内POV/フリート/貨物車(普通・小型・軽)/バスのコネクテッドカー販売台数推移~2035年(台数)」
表11「国内POV/フリート/貨物車(普通・小型・軽)/バスのビークルOS搭載車販売台数推移~2035年(台数,内ビークルOS搭載比率)」
図11「国内POV/フリート/貨物車(普通・小型・軽)/バスのビークルOS搭載車販売台数推移~2035年(台数)」
図表12「国内業務車内コネクテッドカー/コネクテッド端末(デジタコ/業務ドラレコ/運行動態/OEM系コネクテッド端末)単年度販売・累積台数推移~2035年(台数)」
表12「国内業務車両内コネクテッドカー(フリート/貨物車/バス)累積台数推移~2035年(台数)」
図12「国内業務車両内コネクテッドカー(フリート/貨物車/バス)累積台数推移~2035年(台数))」
図表13「後付け3点セット/OEM純正系コネクテッド端末市場規模(台数。累積。競合比率推移)」
図13「既存のトラッキング端末3点セット/OEM純正系コネクテッド端末市場規模(台数。累積)」
図表14「フリートにおけるMaaS/非MaaS車両台数市場規模/比率推移予測(台数。累積)」
図14「フリートにおけるMaaS/非MaaS車両市場規模(台数。累積)」
図表15「フリートにおけるビークルOSコネクテッド端末市場規模(台数。累積)」
図15「フリートにおけるビークルOSトラッキング端末市場規模~2035年推移(台数,累積)」
図表16「貨物車におけるビークルOSコネクテッド端末市場規模(台数。累積)」
図16「貨物車におけるビークルOSコネクテッド端末市場規模推移~2035年(台数)」
図表17「バスにおけるビークルOSコネクテッド端末市場規模(台数。累積)」
図17「バスにおけるビークルOSコネクテッド端末市場規模推移~2035年(台数)」
図表18「業務用/MaaS用車両におけるコネクテッド端末全市場規模推移~2035年(台数。累積)」
図18「業務用/MaaS用車両におけるコネクテッド端末全市場規模~2035年(台数)」
図表19「業務用/MaaS用車両におけるコネクテッド端末の品目別比率推移~2035年(台数比率。累積)」
図19「業務用/MaaS用車両におけるコネクテッド端末の品目別比率推移(21年/25年/30年/35年)」
図表20「既存の3点セット/OEM純正系コネクテッド端末用サービス市場規模推移~2035年(台数,金額。累積)」
図表21「MaaSコネクテッド端末/ビークルOSコネクテッド端末用コネクテッドサービス市場規模推移~2035年(台数,金額。累積)」
図表22「全コネクテッド端末市場規模推移~2035年(台数。累積)」
図22「全コネクテッド市場規模推移~2035年(台数。累積)」
図表23「全コネクテッド端末コネクテッドサービス市場規模推移~2035年(金額)」
図23「(後付け3点セット/OEM純正/MaaS/ビークルOS)コネクテッド端末用サービス市場規模推移~2035年(金額。累積)」
図表24「貨物車における既存のコネクテッド端末3点セット用/ビークルOS・MaaSユニット用コネクテッドサービスアプリと単価」
図表25「バス/タクシーにおける既存のコネクテッド端末3点セット用/ビークルOS・MaaSユニット用コネクテッドサービスアプリと単価」
図表26「(フリートに社用車を加えた場合の)国内フリート保有台数推移~2035年(台数,前年比。レンタカー/タクシー/社用車。内,MaaS車両/AV:MaaS車両)」
図26「(社用車含んだ場合の)国内フリート保有台数推移~2035年(台数.レンタカー/タクシー/社用車。内,MaaS車両/AV:MaaS車両)」
図表27「次世代モビリティにおけるコネクテッド端末全市場規模推移~2035年(台数。累積)」
表27-1「国内次世代モビリティ販売台数~2035年予測」
表27-2「国内次世代モビリティ保有台数~2035年予測」
図27-1「次世代モビリティにおけるコネクテッド端末全市場規模推移~2035年(台数。累積)」
図27-2「次世代モビリティにおけるコネクテッド端末全市場規模推移~2035年(台数。累積)」
表27-3「国内次世代モビリティ用コネクテッドサービス~2035年予測」
図27-3「次世代モビリティにおけるコネクテッドサービス市場規模推移~2035年(金額)」
 
第Ⅲ章.商用車(業務車両/MaaS車両)の現状と未来
 
図「当レポートの調査の流れ」
表「当レポートにおける業務用車両/MaaS車両の分類」
表「国内自動車産業従事者人口と商用車の比率」
表「道路交通法の車両区分」
表「道路運送車両法の場合の車両区分」
表「トラック区分」
表「物流業界における課題」
図「世界の商用車OEMの提携・出資関係図(2021年9月時点)」
表「国内保有車における走行距離シェア」
表「乗合バス(路線バス)の輸送人員・車両数の変化」
表「MONETオンデマンドモビリティの提供サービス」
図「MaaS時代の自動車販売台数はどうなるか」
表「物流業界における課題」
写真「トヨタ自動車 eパレット」
図「他社の自動運転システムやサービスをトヨタ自動車の車両で使う仕組み」
写真「日野自動車のスケートボード・アーキテクチャーの概念」
表「今回調査した次世代モビリティの品目と概要」
表「搬送(配送)ロボット」
表「超小型モビリティの3分類」
図「自工会の考える超小型モビリティのロードマップ」
表「超小型モビリティの3区分」
表「超小型モビリティの3区分②」
表「超小型モビリティの潜在的な需要」
表「電動キックボードの内訳」
表「主要各社の次世代モビリティ製品」
 
第Ⅳ章.業務/MaaS車両用コネクテッド端末&サービスの現状と未来
 
図「業務用車両/MaaS車両におけるコネクテッド端末/システムのロードマップ1990~2035」
図「業務用車両/MaaS車両におけるコネクテッド端末/システムの未来」
表「後付けコネクテッド端末3点セット概要」
表「MaaSユニット概要」
表「ビークルOSが搭載される車両/されにくい車両」
表「業務用/MaaS用車両のコネクテッド端末別アプリ対応状況」
表「世界地域別/商用車向けコネクテッドサービスの中核プレーヤ動向」
図「次世代モビリティはマルチモーダルMaaSで動く」
 
第Ⅴ章.データ編
 
図表1「国内乗用車/フリート/商用車単年度販売台数推移~2035年(新車台数,前年比)」
図表2「国内乗用車/貨物車/バス保有台数推移~2035年(台数,前年比比率)」
図表3「国内フリート保有台数推移~2035年(台数,前年比。レンタカー/タクシー。内,MaaS車両/AV:MaaS車両/既存車種の設備更新MaaS対応累積)」
図表6「国内フリートにおける既存車種のMaaS対応/設備更新累積台数推移~2035年(台数,設備更新によるMaaS対応比率)」
図表7「国内POV/フリート(レガシー)/フリート(for MaaS)の保有台数推移~2035年(台数,乗用車保有台数における比率)」
図表8「国内POV/フリート(レガシー)/フリート(for MaaS)/貨物車/バスの保有台数推移~2035年(台数,全保有台数における比率)」
図表9「国内POV/フリート/貨物車(普通・小型・軽)/バスの販売・保有台数推移~2035年(台数,内コネクテッドカー比率/台数,内ビークルOS搭載比率/台数)」
図表12「国内業務車内コネクテッドカー/コネクテッド端末(デジタコ/業務ドラレコ/運行動態/OEM系コネクテッド端末)単年度販売・累積台数推移~2035年(台数)」
図表13「後付け3点セット/OEM純正系コネクテッド端末市場規模(台数。累積。競合比率推移)」
図表14「フリートにおけるMaaS/非MaaS車両台数市場規模/比率推移予測(台数。累積)」
図表15「フリートにおけるビークルOSコネクテッド端末市場規模(台数。累積)」
図表16「貨物車におけるビークルOSコネクテッド端末市場規模(台数。累積)」
図表17「バスにおけるビークルOSコネクテッド端末市場規模(台数。累積)」
図表18「業務用/MaaS用車両におけるコネクテッド端末全市場規模推移~2035年(台数。累積)」
図表19「業務用/MaaS用車両におけるコネクテッド端末の品目別比率推移~2035年(台数比率。累積)」
図表20「既存の3点セット/OEM純正系コネクテッド端末用サービス市場規模推移~2035年(台数,金額。累積)」
図表21「MaaSコネクテッド端末/ビークルOSコネクテッド端末用コネクテッドサービス市場規模推移~2035年(台数,金額。累積)」
図表22「全コネクテッド端末市場規模推移~2035年(台数。累積)」
図表23「全コネクテッド端末コネクテッドサービス市場規模推移~2035年(金額)」
図表26「(フリートに社用車を加えた場合の)国内フリート保有台数推移~2035年(台数,前年比。レンタカー/タクシー/社用車。内,MaaS車両/AV:MaaS車両)」
図表27「次世代モビリティにおけるコネクテッド端末全市場規模推移~2035年(台数。累積)」

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 188頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。