2022年版 エステティックサロンマーケティング総鑑

「人の皮膚を清潔にし、若しくは美化し、体型を整え、又は体重を減ずるための施術を行う」エステサービスは、人の顔や身体に直接触れる手技を軸とすることから、2020年のコロナ禍以降、大きく影響を受けたサービス業の一つである。
エステティックサロン市場参入企業におけるエステティックサロン事業の方向性と各社の企業戦略を調査・分析することにより、エステティックサロン市場の現状把握と将来性を展望することを目的として制作した。

発刊日
2021/12/27
体裁
A4 / 477頁
資料コード
C63115600
PDFサイズ
8.2MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 477頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、エステティックサロン市場参入企業におけるエステティックサロン事業の方向性と各社の企業戦略を調査・分析することにより、エステティックサロン市場の現状把握と将来性を展望することを目的として企画したものである。 
調査対象市場:エステティックサロン市場(美顔市場、痩身・ボディ市場、脱毛市場、物販、その他市場)
対象エリア:日本
調査対象先:エステティックサロン市場参入企業、その他関連企業、関連団体
調査方法:専門研究員による直接面接(オンライン含む)及び書面取材、他周辺間接調査を実施
調査期間:2021年10月~2021年12月

調査結果サマリー
Close

エステティックサロン市場に関する調査を実施(2021年)
2021年度のエステティックサロン市場規模は前年度比2.4%減の3,270億円の見込
~施術におけるコロナ禍の影響は残るものの、物販が伸長~

資料ポイント
Close

  • 2017~2021年度見込みの市場規模、2022~2026年度の市場規模を予測
  • 2020~2021年度(見込み)の参入企業シェアを推計。施術分野別に算出
  • 2019~2021年度(見込み)全国エリア別に市場規模を算出、分析
  • 有力エステティックサロンチェーンの戦略を徹底調査、コロナ禍の取組みと対策、展望を調査
  • エステティックサロン(地元単独店・リージョナルチェーン)対象アンケート調査を継続強化(82サロン)
  • エステティック用化粧品の市場動向と市場規模(2016~2020年度)を調査
  • エステティック用化粧品・機器メーカー〔ディーラー〕の実態を調査
  • エステティック用機器市場の動向を調査
  • 【前回版との違い】コロナ禍2年めの取組みと対策の変化

リサーチ内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 エステティックサロン市場の全貌

1.日本のエステティックサロン総市場
  1)市場概況
  2)エステティックサロン総市場の市場規模推移(2017~2021年度見込み)
  3)施術・物販別市場構成(2021年度見込み)
  4)業態別市場構成(2021年度見込み)
2.エステティックサロン総市場の参入企業シェア
  1)参入企業シェア(総市場:2020~2021年度見込み)
  2)売上高ランキング一覧(総市場:2019~2021年度見込み)
  3)参入企業シェア(施術市場:2020~2021年度見込み)
  4)売上高ランキング一覧(施術市場:2019~2021年度見込み)
  5)参入企業シェア(物販市場:2020~2021年度見込み)
  6)売上高ランキング一覧(物販市場:2019~2021年度見込み)
3.エステティックサロン総市場の今後の方向性と見通し
  1)市場規模予測(2022~2026年度)
  2)市場見通し

第Ⅱ章 エステティックサロンの業態・地域別市場動向

1.業態別市場動向
  1)市場概況
  2)業態別市場規模推移(2017~2021年度見込み)
  3)業態別市場規模予測(2022~2026年度)
  4)業態別店舗数推移(2017~2021年度見込み)
2.地域別市場動向
  1)市場概況
  2)地域別市場規模・参入企業シェア(2020~2021年度見込み)
    <有力エステティックサロンの地域別店舗分布状況(2021年)>

第Ⅲ章 エステティックサロンの施術・物販別市場動向

1.美顔市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2017~2021年度見込み)
  3)参入企業シェア(2020~2021年度見込み)
  4)売上高ランキング一覧(2019~2021年度見込み)
  5)市場見通し(市場規模伸長率推移)
  6)市場規模予測(2022~2026年度)
2.痩身・ボディ市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2017~2021年度見込み)
  3)参入企業シェア(2020~2021年度見込み)
  4)売上高ランキング一覧(2019~2021年度見込み)
  5)市場見通し(市場規模伸長率推移)
  6)市場規模予測(2022~2026年度)
3.脱毛市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2017~2021年度見込み)
  3)参入企業シェア(2020~2021年度見込み)
  4)売上高ランキング一覧(2019~2021年度見込み)
  5)市場見通し(市場規模伸長率推移)
  6)市場規模予測(2022~2026年度)
4.メンズエステ市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2017~2021年度見込み)
  3)参入企業シェア(2020~2021年度見込み)
  4)売上高ランキング一覧(2019~2021年度見込み)
  5)市場見通し(市場規模伸長率推移)
  6)市場規模予測(2022~2026年度)
5.物販市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2017~2021年度見込み)
  3)参入企業シェア(2020~2021年度見込み)
  4)売上高ランキング一覧(2019~2021年度見込み)
  5)市場見通し(市場規模伸長率推移)
  6)市場規模予測(2022~2026年度)
6.エステティック市場規模総括表(2017~2026年度予想)

第Ⅳ章 有力エステティックサロンチェーンの企業戦略分析

1.施術・物販別販売状況
2.注力する施術分野
3.顧客ターゲットと顧客管理の傾向
4.出店戦略
5.出店地域分布
6.広告・販売促進策
7.今後の市場戦略
8.ウイズコロナ・アフターコロナへの取組みと展望

第Ⅴ章 エステティックサロン関連注目市場の動向

1.エステティック用化粧品の動向
  1)市場概況
  2)参入企業の戦略分析
   (1)製品戦略(新製品、売れ筋製品、商品傾向)
   (2)価格戦略
    ①-ⅰ)主要参入各社のカテゴリー別 店販化粧品のプライスゾーン:スキンケア
    ①-ⅱ)主要参入各社のカテゴリー別 店販化粧品のプライスゾーン:メイク
    ①-ⅲ)主要参入各社のカテゴリー別 店販化粧品のプライスゾーン:ボディケア
    ②主要参入各社の展開するカテゴリー別店販製品と価格一覧(一部抜粋)
   (3)研究開発戦略(開発動向、商品戦略)
   (4)営業戦略(販売動向、販売戦略)
   (5)流通戦略(流通経路と販売体制)
  3)市場規模推移(2016~2020年度)
  4)今後の事業戦略(今後の展望、問題点と課題)
  5)ウイズコロナ・アフターコロナの現状と取組み
2.エステティック用機器の動向
3.関連市場動向~訪問販売化粧品市場の動向~
4.関連市場動向~理美容市場の動向~
5.関連市場動向~医療脱毛市場の動向~

第Ⅵ章 エステティックサロンの個別実態

調査概要
調査結果要旨
 
1.延べ顧客数(年間)
2.平均単価
3.来店顧客の年齢別構成比
4.売上高構成比
  1)エステティックサロンの売上構成比
  2)施術別の売上構成比
  3)物販品目別の売上構成比
5.提供メニュー
6.実施している広告・宣伝
7.今後の方針
8.エステティックサロン市場の5~10年後の予測
  <5~10年後の予測の理由>
9.サウナ設備・バス設備・シャワー設備の有無
10.取扱メーカーと満足度
  1)業務用化粧品
    ①取扱メーカー ②満足度
  2)機器
    ①取扱メーカー ②満足度
11.取扱化粧品・機器
  1)取扱化粧品・機器の使用用途
  2)取扱化粧品・機器の選定理由
12.自宅用美容機器や美容家電販売がサロン事業へ与える影響
  <コロナ禍を機に自宅用美容機器や美容家電の好調な販売が、サロン事業へ与える影響_理由>
  <コロナ禍2年目で1年目から変化したこと>
  エステティックサロンの個別実態(82件)

第Ⅶ章 エステティックサロン関連企業のマーケティング戦略

〔エステティックサロン運営企業(11社)〕
 
株式会社ヴィエリス(キレイモ、メンズキレイモ)
~公式オンラインショップを開設~
 
株式会社セドナエンタープライズ(脱毛ラボ)
~サロン開業レベルを目指した家庭用脱毛器「Datsumo Labo Pro Edition」上市~
 
株式会社セントラヴィ
~イベントやSNSを通じた「ファンづくり」により、強固な顧客基盤を目指す~
 
株式会社ソシエ・ワールド(ソシエ)
~2021年TBCグループ傘下へ、既存ブランドは存続~
 
株式会社ニューアート・ヘルス&ビューティー(ラ・パルレ)
~法人向け事業、予防医療サービスなど新規収益源開拓を図る~
 
株式会社不二ビューティ(たかの友梨ビューティクリニック)
~物販ルートを拡張し、事業拡大を図る~
 
ミス・パリ グループ(ミス・パリ、ダンディハウス)
~新たな痩身メニュー「サーモアタックエナジー」の提供を開始~
 
株式会社ミュゼプラチナム(ミュゼ)
~2021年「メンズミュゼプラチナム」を監修~
 
株式会社村山(健康やせ専門イヴ)
~医療センターと協業する新コンセプト店を出店、新独自ブランドの展開も開始~
 
株式会社メディビューティ―(ラココ、銀座グラティア)
~コロナ禍以降も積極出店、トータルエステ強化を図る~
 
山野愛子どろんこ美容株式会社(ヤマノクレスティサロン)
~コロナ禍の厳しい市況をデジタルコミュニケーションによる販売サポートを推進~
 
〔エステティックサロン関連商材取扱企業(8社)
 
伊藤超短波株式会社(ビューティー営業部)
~医療・スポーツ関連の技術ノウハウも生かし複合美容機器の開発に注力~
 
株式会社インディバ・ジャパン
~21年はスポーツ需要が拡大、エステ向けには健康寿命延伸や予防美容での訴求を続ける~
 
株式会社スカンジナビアサービス
~小規模サロン向け新機器を投入、美容医療など新チャネル開拓も継続~
 
タカラベルモント株式会社
~店販品を中心に緩やかな回復基調に 会員制オンラインストア「BEAUTY CITY」 を開設~
 
タルゴジャポン株式会社
~タルゴブランドの機能別フェイスシートマスク3種を上市~
 
ドクターリセラ株式会社
~「美と健康と地球環境を考える」総合企業へ~
 
株式会社ビューティガレージ
~美容業界のデジタルシフトの継続で二桁増収 エステ向けに教育コンテンツ配信も検討~
 
株式会社リツビ
~安易な方針転換はせず、誠実に責任を持って”結果を出せる”化粧品・機器を展開~

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 477頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。