2022年版 エステティックサロンマーケティング総鑑

発刊日
2021/12/下旬
体裁
A4 / 約480頁
資料コード
C63115600
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約480頁
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 2017~2021年度見込みの市場規模、2022~2026年度の市場規模を予測
  • 2019~2021年度(見込み)の参入企業シェアを推計。施術分野別に算出
  • 2019~2021年度(見込み)全国エリア別に市場規模を算出、分析
  • 有力エステティックサロンチェーンの戦略を徹底調査(11社*)、コロナ禍の取組みと対策、展望を調査
  • エステティックサロン(地元単独店・リージョナルチェーン)対象アンケート調査を継続強化(88サロン*)
  • エステティック用化粧品の市場動向と市場規模(2016~2020年度)を調査
  • エステティック用化粧品・機器メーカー〔ディーラー〕の実態を調査(8社*)
  • エステティック用機器市場の動向を調査
  • 【前回版との違い】:SDGsへの対応と今後の目標

*各項目における社数・サロン数は2021年版の実績値を記載

リサーチ内容

2021年11月26日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
第Ⅰ章 エステティックサロン市場の全貌
 
1.日本のエステティックサロン総市場
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2016~2020 年度見込み)
  3)施術・物販別市場構成(2020 年度見込み)
  4)業態別市場構成(2020 年度見込み)
2.エステティックサロン総市場の参入企業シェア
  1)参入企業シェア(総市場2019~2020 年度見込み)
  2)売上高ランキング一覧(総市場2018~2020 年度見込み)
  3)参入企業シェア(施術市場2019~2020 年度見込み)
  4)売上高ランキング一覧(施術市場2018~2020 年度見込み)
  5)参入企業シェア(物販市場2019~2020 年度見込み)
  6)売上高ランキング一覧(物販市場2018~2020 年度見込み)
3.エステティックサロン総市場の今後の方向性と見通し
  1)市場規模予測(2021~2025 年度)
  2)市場見通し
 
第Ⅱ章 エステティックサロンの業態・地域別市場動向
 
1.業態別市場動向
  1)市場概況
  2)業態別市場規模推移(2016~2020 年度見込み)
  3)業態別市場規模予測(2021~2025 年度)
  4)業態別店舗数推移(2016~2020 年度見込み)
2.地域別市場動向
  1)市場概況
  2)地域別市場規模・参入企業シェア(2019~2020 年度見込み)
    <有力エステティックサロンの地域別店舗分布状況(2020 年)>
 
第Ⅲ章 エステティックサロンの施術・物販別市場動向
 
1.美顔市場
2.痩身・ボディ市場
3.脱毛市場
4.メンズエステ市場
5.物販市場分析(※1~5 の各市場について下記の項目を分析) 
  1)市場概況
  2)市場規模推移(2016~2020 年度見込み)
  3)参入企業シェア(2019~2020 年度見込み)
  4)売上高ランキング一覧(2018~2020 年度見込み)
  5)市場見通し (市場規模伸長率推移)
  6)市場規模予測(2021~2025 年度)
6.エステティック市場規模総括表(2016~2025 年度)
 
第Ⅳ章 有力エステティックサロンチェーンの企業戦略分析
 
1.有力エステティックサロンチェーンの施術・物販別販売状況
2.注力する施術分野
3.物販の傾向
4.出店戦略
5.有力エステティックサロンの出店地域分布
6.広告・販売促進策
7.今後の市場戦略
8.ウィズコロナ・アフターコロナへの取組みと展望
9.SDGs への取組み、今後の目標
 
第Ⅴ章 エステティックサロン関連注目市場の動向
 
1.エステティック用化粧品の動向
  1)市場概況
  2)参入企業の戦略分析
  3)市場規模推移(2016~2020 年度)
  4)今後の事業戦略
  5)ウィズコロナ・アフターコロナの現状と取組み
2.エステティック用機器の動向
3.関連市場動向 (訪問販売化粧品市場の動向、理美容市場の動向、
  注目フィットネスビジネスの動向、医療脱毛市場の動向)
 
第Ⅵ章 エステティックサロンの個別実態
 
※2021年版回収数:88 サロン
サロン概要、店舗面積、従業員数、取扱メニュー、設置機器台数(延べ)顧客数・平均客単価、会員顧客数、会員顧客年齢層、施術・物販構成比、施術売上構成比、主な取扱化粧品・メーカー、主な取扱機器・メーカー、自宅用美容機器や美容家電の販売好調によるサロン運営への影響、コロナ禍2年目における2020 年との変化、今後の方針、5~10 年後の市場について
 
第Ⅶ章 エステティックサロン関連企業のマーケティング戦略
 
<有力サロン11社>
ヴィエリス(キレイモ)、セドナエンタープライズ(脱毛ラボ)、セントラヴィ、ソシエ・ワールド、ニューアート・ヘルス&ビューティー(ラ・パルレ)、不二ビューティ(たかの友梨ビューティクリニック)、ミス・パリ グループ(ミスパリ、ダンディハウス、ダイエットセンター)、ミュゼプラチナム、村山(健康やせ専門イヴ)、メディビューティー(ラココ、銀座グラティア)、山野愛子どろんこ美容(ヤマノクレスティサロン)
 
企業概要、業績推移、エステ関連売上高構成比(施術・物販構成比、施術売上構成比)、取扱メニュー、エリア別店舗数、最近の出店状況・出店パターン・今後の出店計画、代表的なエステコースのフロー、会員組織、料金等、施術の特徴と施術開発、注力している施術、平均客単価、物販の取組状況と新製品、エステティシャン教育と組織、顧客ターゲットと最近の利用者の傾向、顧客管理の方法、営業政策及びPR・販売促進策、現状の問題点と今後の市場戦略、課題、市場見通し、新型コロナウイルスの影響、ウイズコロナ、アフターコロナの展望、SDGs への取組み、今後の目標
 
<関連企業8社>
伊藤超短波(ビューティー営業部)、インディバ・ジャパン、スカンジナビアサービス、タカラベルモント、タルゴジャポン、ドクターリセラ、ビューティガレージ、リツビ
 
企業概要、業績推移、エステ関連売上高構成比、参入経緯・取組概要、流通経路と販売体制、チャネル戦略、商品ラインアップ・新商品・売れ筋商品、開発動向・生産動向、販売動向とマーケティング戦略、今後の方針・問題点と課題、新型コロナウイルス感染症の影響、ウイズコロナ、アフターコロナの展望

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約480頁
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。