2021年版 物流テック市場の動向と将来展望:屋外編

社会インフラを支える物流業界は、労働集約型産業であるが故に人手不足が他業界より深刻であり、属人的な作業の多さも課題となっている。さらに、物流の中でも「輸配送」に関わる屋外分野では、ドライバーの時間外労働が制限される2024年問題を見据えた現状の業務の見直しや、SDGsの動きを踏まえたホワイト物流の推進などが進められており、システムやAIといった最新技術を活用した新しい運送の在り方が広まりつつある。
本レポートでは、屋外の輸配送に関わる物流テック市場に注目し、現状の導入状況や課題点を整理し、今後の可能性について調査・分析する。

発刊日
2021/10/28
体裁
A4 / 199頁
資料コード
C63115700
PDFサイズ
9.3MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 199頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:社会インフラを支える物流業界は、労働集約的産業であるが故に人手不足が他業界より深刻であり、「省人化」をキーワードとした物流テックの導入に注目が集まっています。物流テックの導入には、作業効率を高め、省人化に寄与するといったメリットだけではなく、今まで紙などアナログで管理していたものをデジタル化することにより、物流をデータ化できるといった側面もあります。今までブラックボックスであった物流が、データにより明らかになることで、どのような革新を遂げていくのか。現在その過渡期にあるといえます。本資料では、屋外分野であるトラックの輸配送に関わる物流テックにフォーカスし、物流テックを展開する主要プレイヤーに対するヒアリングを元に、現段階の動向と、今後の方向性についてまとめを行いました。当業界をはじめ、関連業界各位の参考資料としてお役に立つことを目的として、作成致しました。
調査対象:ヒアリング調査実施社数18社/各社IR情報/その他、国土交通省、経済産業省、業界団体等
調査方法:専門調査員による面接ヒアリング調査。各種統計、文献資料等の収集・分析調査。
調査期間:2021年7月~2021年10月

調査結果サマリー
Close

屋外分野(輸配送)における物流テック市場調査を実施(2021年)
「脱属人化」「省人化」をキーワードに、輸配送における物流テック市場の伸長を予測
~物流テックサービスの導入により、「特定の人しかできない業務」から「誰でもできる業務」へ~

資料ポイント
Close

  • 屋外分野(トラックにおける輸配送)にまつわる物流市場を調査!
    対象:TMS(配車計画システム、ルーティング(ナビゲーション)、動態管理システム)、トラックマッチングサービス、安全管理に関わるシステム 等
  • 物流テックに関わる全16事業者に取材を実施、個票を掲載!
  • 物流DXに向け「物流のデジタル化」が進む。「属人的な業務」から「誰にでも出来る業務」へのシフト
  • 初期費用のかからないサブスクリプションモデルの展開により、中堅事業者にも導入が広まる

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.物流テックが注目される背景・導入のメリット

2.物流テック市場の定義
3.物流テック市場の動向と展望

第1章 物流テック市場の概要

1-1.物流の自動化・システム化の流れ
1-2.物流テック市場の動向
  (1)定義
  (2)屋外分野の物流テックの導入について
  (3)顧客ターゲット分析
  (4)物流テック市場の分野別評価
  (5)物流テック市場のポテンシャル分析
1-3.今後の展望
  (1)現在のフェーズは「デジタル化」
  (2)運送会社と荷主、主導権を握るのはどちらになるのか
  (3)今後の予測:誰にとっての「最適化」なのか?

第2章 物流テック市場を取り巻く市場環境

2-1.労働力人口の減少
2-2.国内における物流政策の動向
2-3.国内貨物輸送量の動向
2-4.トラック運送事業を取り巻く環境
  (1)自動車保有車両数の推移
  (2)トラック運送事業の事業者数
  (3)トラックドライバーの年間所得及び労働時間の推移

第3章 物流テック市場の最新動向

3-1.新型コロナウイルスによる影響
3-2.物流業界が取り組むSDGs
3-3.トラック運送業界が直面している課題
  (1)トラック運送業界のピラミッド構造(多重下請け構造)
  (2)2024年問題
3-4.関連市場:物流ロボティクスの動向
  (1)市場動向
  (2)作業工程ごとの物流ロボティクスの動向
  (3)ポストコロナ時代における物流ロボティクスの在り方
3-5.関連市場:倉庫内における物流テックの動向

第4章 物流テック市場の動向

4-1.TMS(輸配送管理システム)
  TMSとは
  TMSを展開する主要事業者の一覧
  4-1-1.配車計画システム
    (1)定義と仕組み
    (2)市場動向
    (3)主要事業者の動向
    (4)参入事業者
    (5)今後の展望
  4-1-2.ルーティング
    (1)定義と仕組み
    (2)市場動向と主要事業者の動向
  4-1-3.動態管理システム
    (1)定義と仕組み
    (2)市場動向
    (3)主要事業者の動向
    (4)参入事業者
    (5)今後の予測と課題
4-2.トラックマッチングサービス
  (1)定義と仕組み
  (2)市場動向
  (3)主要事業者の動向
  (4)今後の展望
4-3.安全管理に関わるシステム
  4-3-1.IT点呼
    (1)定義と仕組み
    (2)参入事業者
  4-3-2.安全管理システム

第5章 有力企業の個票

A.物流テックの展開事業者
 
NECソリューションイノベータ株式会社
独自の技術力で細やかな顧客ニーズに対応する、TMSの老舗企業
 
シーオス株式会社
物流経営課題解決のEnd-To-Endソリューションを提供
 
株式会社パスコ
空間情報と分析・解析技術を活かし次世代のTMS構築を目指す
 
住友電工システムソリューション株式会社
TMSを支援するトータルソリューションを提供
 
株式会社オプティマインド
ラストワンマイルに特化した実用的な自動配車システムを展開
 
株式会社ライナロジクス
2000年に創業した、自動配車システムのリーディングカンパニー
 
Wise Systems Inc.
配送経路の自動化で、ラストワンマイルの課題解決を目指す
 
株式会社モノフル
配車業務+求荷求車を一元で展開する、唯一無二のプラットフォーマー
 
株式会社ナビタイムジャパン
クラウド型動態管理サービスや大型車向けルート検索等の機能をAPIで提供
 
株式会社ゼンリン
詳細な地図情報とIoTを融合させたトータル配送支援サービスを提供
 
株式会社フレクト
リアルタイム性の高い動態管理をクラウドサービスで提供
 
株式会社Hacobu
物流業界に特化した動態管理システムを展開、データの活用にも注力
 
CBcloud株式会社
荷主とドライバーと直接マッチングする、配送プラットフォームを展開
 
トラボックス株式会社
21年の歴史を持つ、運送会社同士のマッチングプラットフォームを運営
 
株式会社日立物流
実業を活かした安全第一のSSCVでサステナブルな物流の実現を目指す
 
B.物流テックの導入事業者
 
日本郵便株式会社
自動ルーティングシステムで「誰もが配達で活躍できる環境」を実現

関連リンク

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 199頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。