2022年版 介護保険ビジネス市場の現状と将来展望

今回発刊の「2022年版 介護保険ビジネス市場の現状と将来展望」は、介護保険で受けられる居宅サービス、施設サービス、地域密着型サービス、居宅介護支援及び福祉用具貸与その他サービスの現状を分析するとともに、高齢者住宅の区分別での分析を行っております。
少子高齢化が進む日本において、介護保険制度の利用者1人における給付額も増加傾向にあり、保険料の負担額も大きくなっている中にあって、介護医現場では介護需要が増え続けていることで、人手不足の問題が深刻化しています。
少子高齢化、平均寿命の延長により介護の担い手である生産年齢人口は減少し、介護現場は人手不足気味となっているが、介護の仕事自体が肉体的にも精神的にも負担が大きく、また賃金も十分であるとは言い難いことで、離職者が多いことも大きく影響しています。これらを解消するものとして、介護現場での業務の生産性を上げていくことが必要であり、そのための手段として、ICT化や介護ロボット技術に注目が集まっています。
本書はこれらの介護保険別/区分別の利用者数、事業者数、総費用の分析に加え、高齢者住宅別の分析、参入企業動向などの分析を行っており、介護保険ビジネス市場の把握に活用して頂ける資料となっております。

発刊日
2022/01/下旬
体裁
A4 / 約250頁
資料コード
C63125400
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約250頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 前回版との違い
    ・介護保険サービスの現状及び高齢者住宅の現状(利用者数、事業者数、市場規模)を区分別に客観的に分析
    ・介護人材ビジネスを中心に、介護保険関連ビジネスの参入企業の状況を報告

リサーチ内容

2022年1月12日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
Ⅰ 調査目的・内容
 
1.介護保険ビジネスの市場環境
  【国内の高齢者人口について】
  【都道府県別の高齢化状況について】
  【介護認定者数の推移】
  【介護サービスの受給者数の推移】
  【介護予防におけるサービス別の受給者】
  【介護サービス事業者数】
  【介護予防サービス事業者数】
  【介護人材の需要状況について】
  【介護従業員の就業状況について】
  【医療・介護費等の社会保障給付費の見通し】
  【介護保険総費用・平均保険料について】
  【地域包括ケア】
  【自治体(市町村)数】
2.介護保険 概要
  【介護保険で受けられるサービス】
  【介護保険の申請手続き】
  【介護保険の推移】
3.介護保険ビジネスの現状
  (1)介護保険制度 高齢化が進む日本
  (2)介護保険制度の課題
    ①社会保障財源
    ②人手不足
    ③介護難民
    ④2025年問題・2040年問題
    ⑤介護現場でのITC・AI等の新技術の導入
  (3)介護保険・介護予防 提供サービス別の総費用
    ①介護保険 提供サービス別
    ②介護予防 提供サービス別
  (4)介護保険・介護予防 提供サービス区分別の総費用推移・比率
    ①介護保険 提供サービス区分別の総費用推移・比率
    ②介護予防 提供サービス区分別の総費用推移・比率
  (5)介護保険・介護予防 提供サービス総費用推移・比率
    ①介護保険 居宅サービス
    ②介護予防 居宅サービス 
  (6)介護保険・介護予防 介護支援サービス 総費用推移
  (7)介護保険・介護予防 地域密着サービス 総費用推移
    ①介護保険 地域密着サービス
    ②介護予防 地域密着サービス
  (8)介護保険 施設サービス 総費用推移
  (9)介護保険・介護予防 居宅サービス区分別の内訳
    【介護保険】【介護予防】
  (10)介護保険 居宅介護支援の内訳
  (11)介護保険・介護予防 地域密着サービス区分別の内訳
    【介護保険】【介護予防】
  (12)介護保険 施設サービス区分別の内訳
4.高齢者住宅ビジネスの現状
  (1)介護関連事業の分類
  (2)高齢者施設・住宅の施設数・定員数の推移
  (3)高齢者施設・住宅区分別の分析
    ①特別養護老人ホーム
    ②老人保健施設
    ③介護医療院
    ④特定施設
    ⑤グループホーム(認知症居宅生活介護)
    ⑥サービス付き高齢者向け住宅
    ⑦有料老人ホーム
    ⑧軽費老人ホーム
    ⑨養護老人ホーム
    ⑩看護小規模多機能住宅
5.介護ビジネス参入企業の動向

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約250頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。