2022年版 ブライダル産業年鑑

2020年春以降、新型コロナウイルス感染症拡大はブライダルの基幹市場に甚大な影響を与えた。
近年、婚姻件数の減少や婚姻しても結婚式をしない「なし婚」層の増加、披露宴の少人数化といった要素で、市場縮小の傾向が強まっていた市場にあって、望んでも結婚式が出来ない、という事態に見舞われたためである。
コロナ禍2年目にあたる2021年の市場は、ウイズコロナの浸透による施行の回復により持ち直しているが、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の発令の影響は大きく予断を許さない。こうした状況から2020年の後半以降、業界においては、老舗企業の私的整理による自主再建断念、成長企業の売却、MBOによる経営母体の移行など、経営に絡むトピックも相次いだ。
未曽有の大打撃から、ブライダル市場がどう2年目のコロナ禍を乗り切ってきたのか、その変化を把握するべく企画したレポートである。

発刊日
2022/03/29
体裁
A4 / 404頁
資料コード
C63128900
PDFサイズ
7.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 404頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ブライダル産業に関連する有力企業を中心にデータの収集及び分析をすることにより、ブライダル産業に関するマーケティングのための参考資料とする
調査対象:ブライダル事業と関連事業に参入しているサービス業や物販業を中心とした企業及び関連団体など
調査方法
(1)弊社研究員による直接面接取材(オンラインを含む)
(2)郵送アンケート調査、WEBアンケート調査
(3)文献調査その他データ収集
調査期間:2022年1月~2022年3月

資料ポイント
Close

  • 挙式披露宴・披露パーティ市場、ブライダルジュエリー市場、結婚情報サービス市場、マッチング市場を網羅
  • コロナ禍での2カ年の事業運営を経た業界の変化。ウイズコロナ・アフターコロナの戦略とは
  • ブライダル事業売却が進行、想定される市場の転換点
  • 全国ホテル・式場アンケート、事業運営状況と新施策を調査(個表掲載数31件*2022年版実績)
  • 各関連市場の大手、有力企業(全31社)のマーケティング戦略を調査分析。現状と今後をレポート
  • コロナ禍による価値観の変化に伴うパートナー探しの現在をレポート
  • プラスコンテンツ:コロナ禍で活況!フォトウエディング・フォト婚の現況

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 総論

1.ブライダル関連産業有力市場
  2021年ブライダル関連産業有力市場規模
  ブライダル関連産業有力市場規模推移(2016~2022年予測)
2.ブライダル関連有力市場 2022年の展望
  ブライダル関連市場の各市場概況
  〔各市場・分野で予測される動向とキーワード〕
3.ブライダルビジネスにおける社会背景
  婚姻件数
  市場環境
  〔人口予測に基づく婚姻件数予測〕

第2章 挙式披露宴披露パーティ市場

1.挙式披露宴披露パーティ市場の全体動向
  (1)市場概況/市場規模推移(2016年~2023年予測)
  (2)市場展望
    ・各社の出店戦略
    ・新規婚礼施設
  (3)業態別市場規模
  (4)ホテルの婚礼事業
  (5)有力・注目企業の業績
    〔婚礼事業運営企業売上高〕
  (6)互助会の婚礼事業運営動向
    〔互助会各社の婚礼売上高〕
    都道府県別 全国互助会運営婚礼施設
  (7)フォトウエディングの動向
2.海外・リゾート挙式
  (1)市場概況/市場展望
    〔海外・リゾート挙式事業運営企業 事業売上高〕
    〔海外・リゾート挙式事業運営企業 主要エリアでの展開状況〕
    ◇国内リゾート挙式<沖縄>
  (2)有力企業動向
    グッドラック・コーポレーション、ツカダ・グローバルホールディング
  (3)新婚旅行市場規模推移
3.式場運営・プロデュース企業分析
  (1)ブライダル関連企業6社の決算分析
    ◇ブライダル関連企業6社の最新業績状況
  (2)有力参入企業の戦略分析一覧
    ①有力企業各社のトピック
    ②有力企業の財務政策
    ③サービス・商品・広告戦略
    ④今後のマーケティング戦略(アフターコロナ・ウイズコロナ時代の戦略)
 
【ブライダル事業運営企業個表】
 
アイ・ケイ・ケイホールディングス株式会社
~M&Aの加速も視野に、持株会社体制を導入~
 
アニヴェルセル株式会社
~ウイズコロナ時代の新生活様式に合わせた多様なウエディングスタイルを実施~
 
株式会社アルカンシエル
~2021年3月期は2施設を閉館~
 
株式会社エスクリ
~コロナ対策を徹底した安心・安全な結婚式とLive配信サービスが好評~
 
株式会社クラウディアホールディングス
~コロナ禍のなか、写真事業、美容事業を強化~
 
株式会社ツカダ・グローバルホールディング
~ホテル、専門式場、迎賓館、婚礼プロデュースなど全方位型婚礼事業戦略を推進~
 
株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
~顧客体験価値向上を目指したサービス改善が、販売促進に寄与~
 
株式会社ディアーズ・ブレイン
~アフターコロナを見据え、2023年春、広島市内にウエディング施設をオープン~
 
ディライト株式会社
~ブライダル事業に加え、ホテル、飲食など事業を拡大、総合サービス企業へ~
 
株式会社ノバレーゼ
~年間3~4店舗の婚礼施設出店による成長戦略で再上場を目指す~
 
株式会社八芳園
~「食・イベント分野のDX化」を目指し、外部パートナーと連携し新市場を開拓~
 
株式会社ひらまつ
~ブライダルでは「ライフタイムバリュー(LTV)」事業への転換を図る~
 
株式会社BP(ビーピー)*旧:ブライダルプロデュース
~社名を変更し原点回帰、ライフステージサポート事業の強化を図っていく~
 
藤田観光株式会社
~「TOKYO RESORT WEDDING」を販売、2022年は椿山荘開業70周年イヤー~
 
株式会社ブラス
~早期復調を実現、2023年7月期は新規出店再開による成長を目指す~
 
株式会社ポジティブドリームパーソンズ
~ホテルマネージメントインターナショナル傘下で再スタート~
 
ワタベウェディング株式会社
~医薬品事業を主業とする株式会社興和の完全子会社として再スタート~
 
【婚礼関連施設アンケート個表】
 
○2021年、コロナ禍2年目のブライダル事業売上高
○緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の発令によるブライダル事業への影響
○今後の挙式における有望なスタイル
○ブライダル事業の本格的な回復時期
○2022年4月以降の受注を見据えた予算に関する予定
○今後の市場動向について、予想されること

第3章 ブライダルジュエリー市場

1.ブライダルジュエリー市場の全体動向
  (1)ブライダルジュエリー小売市場規模推移(2002年~2023年予測)
  (2)ブライダルジュエリー業界概況
2.海外ハイジュエラーの動向
  Tiffany & Co. /ティファニー
  BVLGARI /ブルガリ
  HARRY WINSTON /ハリー・ウィンストン
  BOUCHERON /ブシュロン
  CHAUMET /ショーメ
  GRAFF /グラフ
  FRED /フレッド
  Chopard / ショパール
  GUCCI / グッチ
  PIAGET / ピアジェ
3.ブライダルジュエリー新潮流
  ◇ダイバーシティ(多様性)、ジェンダーレス
  ◇SDGs 持続可能な開発目標
  ◇DXデジタルトランスフォーメーション
  ◆主なブライダルリングブランドリスト
  【ブライダルジュエリー企業個表】
    株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツ
    株式会社NEW ART HOLDINGS
    プリモ・ジャパン 株式会社

第4章 結婚情報サービス・仲介業市場

1.結婚情報サービス・仲介業市場の全体動向
  (1)市場概況/市場規模推移(2016年~2023年予測)
  (2)主要参入企業一覧と特徴
  (3)主要参入企業のプロモーション方法
  (4)主要参入企業の取組課題
  (5)主要参入企業の今後の事業展開の方向性
  (6)市場課題と市場展望
2.結婚情報サービス企業分析
  株式会社IBJ
  株式会社エクシオジャパン
  株式会社オーネット
  タメニー株式会社
  株式会社ZWEI
  プライムマリッジ株式会社
  株式会社リクルート *旧:リクルートマーケティングパートナーズ

第5章 マッチングサービス市場

1.マッチングサービス市場の全体動向
  (1)市場概況と市場展望/市場規模推移(2016年~2023年予測)
  (2)主要参入企業一覧と特徴
  (3)主要参入企業のプロモーション方法
  (4)主要参入企業の取組課題と市場課題
  (5)主要参入企業の今後の事業展開の方向性
2.マッチングサービス・その他企業分析
  株式会社エウレカ/株式会社Pairsエンゲージ
  株式会社サイバーエージェント/株式会社タップル/株式会社プレイモーション
  株式会社ネットマーケティング
  マッチ・ドットコム ジャパン株式会社

付録 結婚式場エージェント概要

収録項目
○サイト名
○運営企業
〇エリア別施設掲載数
〇サロン拠点
〇ブライダルイベント事例
 
主な結婚式場エージェント概要

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 404頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています