2022 脱炭素化が変える自動車産業

2050年に主要各国がカーボンニュートラル(脱炭素化)を掲げたことで、自動車産業もBEV投入の加速、サプライチェーンの見直し、LCA対応などを急速に進めている。脱炭素化が自動車産業に与えるインパクトは甚大であり、商品構成はおろか競争軸すら変容させる可能性を秘めている。
本調査では、主要国における脱炭素化政策に関する動向、自動車産業における主要企業の取り組みの現状把握を行いつつ、脱炭素化時代に産業を支える関連技術としてE-fuelや充電インフラなどの動向も調査する。

発刊日
2022/06/下旬
体裁
A4 / 約130頁
資料コード
C64105000
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約130頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2022年5月6日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容

第1章 脱炭素化が与えるインパクト

1-1.脱炭素化への胎動
1-2.脱炭素化を実現するカーボンプライシング
  ・環境対策と経済成長の両立
  ・CO2削減の対象範囲
  ・国際イニシアティブ確立と対応を急ぐ企業
  ・コロナが脱炭素化を加速させた
1-3.交錯する各国の思惑と利害
  1-3-1.ルールメイクを目論む欧州
  1-3-2.脱炭素化へと急転換するアメリカ
  1-3-3.脱炭素で覇権を掌握したい中国
  1-3-4.ゲームチェンジに翻弄される日本
  1-3-5.その他の国の動向
  1-3-6.主要国まとめ
1-4.変わり始めた自動車ビジネス
  1-4-1.クルマの価値が変わる
  1-4-2.脱炭素化のねらいはDX
1-5.脱炭素時代の自動車産業
  ・各国のエネルギーミックスと再エネ
  ・サーキュラーエコノミーに向けて
  ・サプライチェーンの変革
  ・脱炭素は欺瞞?

第2章 クルマの脱炭素化を支える関連技術

2-1.BEV
  ・技術概要
  ・注目トピック、最新技術
  ・課題点、開発方向性
  ・市場規模予測
2-2.E-fuel
  ・技術概要
  ・注目トピック、最新技術
  ・課題点、開発方向性
  ・市場規模予測
2-3.BEV充電インフラ 
  ・技術概要
  ・注目トピック、最新技術
  ・課題点、開発方向性
  ・市場規模予測
2-4.リサイクルバッテリー
  ・技術概要
  ・注目トピック、最新技術
  ・課題点、開発方向性

第3章 自動車関連企業の脱炭素戦略

3-1.脱炭素戦略は全社共通の課題
  3-1-1.鳥瞰図
  3-1-2.自動車関連企業以外の動向
3-2.日系メーカー
  ・トヨタ自動車株式会社
  ・本田技研工業株式会社
  ・日産自動車株式会社
  ・株式会社デンソー
3-3.欧州メーカー
  ・Volkswagen AG
  ・BMW AG
  ・Daimler AG
  ・Robert Bosch GmbH
3-4.米国メーカー
  ・General Motors Company
  ・Ford Motor Company
  ・Tesla, Inc.
3-5.中国メーカー
  ・比亜迪股份有限公司
  ・浙江吉利汽車控股集団
  ・上海汽車集団股份有限公司
  ・中国新興EVブランド

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約130頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。