2022 自動運転システムの可能性と将来展望

発刊日
2022/06/30
体裁
A4 / 170頁
資料コード
C63124800
PDFサイズ
25.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 170頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:自動車メーカ、Tier1メーカ、半導体メーカにおけるADAS/ADの研究開発動向を整理分析することで、2030年の世界市場規模(搭載台数)を地域別・SAEレベル別に予測する
調査対象:ADAS(先進運転支援システム)、AD(自動運転システム)
調査対象先:自動車メーカ、カーエレクトロニクスメーカ、半導体メーカ
調査方法:弊社専門研究員によるWeb/面談取材、専門文献・論文・Web検索等の周辺調査
調査期間:2022年1月~2022年6月

資料ポイント
Close

  • ADAS/自動運転における国連の基準策定、日米独の法規制の動向を整理分析
  • NCAP(新車安全アセスメント)の評価プログラムの最新動向をE-NCAPを中心に解説
  • 日米欧中の主要OEMにおけるADAS/AD概要と搭載車種、センササプライヤー、次世代の開発ロードマップを整理分析
  • ADAS/AD用センサー(CAM/Rader/LiDAR)の技術概要、Tier1製品投入状況を整理分析
  • 日米欧中におけるADAS/AD搭載台数をSAEレベル別に2030年まで予測
  • 〈前回版との違い〉次世代E/Eアーキテクチャ,SoCの最新動向について整理分析

リサーチ内容

2022年6月3日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
1.ADAS/自動運転に関する法整備
 
1.1 国連における基準策定
1.2 日本における法整備
1.3 欧州における法整備
1.4 米国における法整備
1.5 中国における法整備
 
2.NCAPの最新動向
 
2.1 日本におけるNCAP
2.2 欧州におけるNCAP
2.3 米国におけるNCAP
2.4 米国IIHSにおける安全評価
2.5 中国におけるNCAP
 
3.主要自動車メーカのADAS/AD
 
3.1 日本自動車メーカ
  ・トヨタ自動車
  ・ホンダ
  ・日産自動車
  ・SUBARU
  ・マツダ
  ・スズキ
  ・ダイハツ
3.2 欧州自動車メーカ
  ・VW/Audi
  ・M-Benz
  ・BMW
  ・Stellantis(Peugeot, Citoren)
  ・Renault
3.3 米国自動車メーカ
  ・GM
  ・Ford
  ・Stellantis(Jeep, Chrysler, Dodge)
  ・TESLA
 
4.ADAS/自動運転の技術動向
 
4.1 センサー
  ・CAM
  ・Rader
  ・LiDAR
4.2 E/Eアーキテクチャ
  ・Tier1
  ・SoC
4.3 DMS
 
5.ADAS/ADの市場展望
 
5.1 ADAS/ADのレベル別普及パターン予測
5.2 地域別搭載台数予測
  ・日本
  ・欧州
  ・米国
  ・中国
  ・世界
  ※SAEレベル別に2030年まで搭載台数を予測

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 170頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。