2022年度版 世界IT/TechベンダのCASEカー戦略 ~CASEの"C""A""車載HMI/DMS"市場注力版~

世界のIT/TechベンダはC(コネクテッド)、A(自動運転表示・SW・サービス)、HMI/DMS等人間とのI/F部分から参入し、車室内、MaaS等アウトカー、走行制御までを狙う。その動向を整理、彼らと混在する2035年の自動車の姿に迫った。

発刊日
2022/09/29
体裁
A4 / 315頁
資料コード
C64114800
PDFサイズ
6.9MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 315頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的
・世界のIT/Techベンダは①C(コネクテッド),②HMI/DMS,③A(自動運転表示・SW・サービ
ス)等人間とのI/F部分から参入し、車室内、MaaS等アウトカー、走行制御までを狙う。その①②③の動向を整理、彼らと混在する 2035 年の自動車の姿に迫った。
・読者は競合相手としての、提携相手としての、IT・Techベンダの情報を把握し2035年までの展開を考える上での基礎データとすることができる。
調査対象:日/欧/米/中/アジア等のOEM,サプライヤ,ITベンダ,Techベンダ(半導体など)
調査方法:弊社研究員による直接面接取材を基本とし、一部電話やメールによる取材を併用
調査期間:2022年5月~2022年9月

調査結果サマリー
Close

世界テック企業のCASEカー戦略に関する調査を実施(2022年)
2035年のDMS搭載車の世界販売台数は6,574万台、新車販売台数に占める搭載比率63.6%になると予測

資料ポイント
Close

<発刊趣旨と2035年自動車市場予測への迫り方>

  • 自動車が「CASE」の方向に進化しつつある。元来の「ECUで制御されたガソリンエンジン車をディーラで売り切る」ビジネスモデルから、新たな「クルマのSW化」「クラウド化」「車両販売後のアウトカーサービス」というビジネス構造に変化する。米国GAMAM(Google/Apple/Meta/Amazon/Microsoft)や中国BATH(Baidu/Alibaba/Tencent/HonHai)など世界中のITベンダ、Techベンダ(半導体など)が自動車産業に向かい、その技術力・資本力をもって、ものすごいエネルギーで参入してきた。特にCASEのC(コネクテッド)、A(自動運転サービス・SW)、HMI/DMS(ドライブモニタリングシステム)など人間とのI/F部分から参入し、車室内、MaaS等アウトカーサービス、最後には走行制御にまで進もうとしている。
  • 元来の自動車産業のプレーヤは戦うか、提携するかの決断を迫られる。そこで当レポートでは……IT・Techベンダが狙うクルマを「CASEカー」と名付け、特に今回は「C=コネクテッド」「A=自動運転」「HMI/DMS/UX・UI」の3つに注力して、世界のIT・Techベンダの動向を整理・分析していく(3つでも大筋は読める)。読者は競合相手としての、提携相手としての、彼らの情報を把握し2035年までの展開を考える上での基礎データとすることができる。
  • さらに自動車産業、IT・Tech産業が入り混じった市場推移の中で、2035年に向けて自動車がどのような姿になっていくのかに迫った。2035年の自動車予測は、テスラの動向を骨子とできる。また米国GAMAM、中国BATH、米中自動運転スタートアップ等の動向からも考えていく。そこに各地域別法規や標準化が加わる。具体的には、次の①~⑨について世界の地域別にみた~2035年市場予測を実施した。①コネクテッドサービス、②5G搭載予測、③現在のHMI→統合コクピット&ハンドル無しコクピットへの進化予測、④スマートキー&バーチャルキーへの進化予測、⑤カメラ活用DMS搭載予測、⑥音声認識搭載推移予測、⑦AR・VR搭載推移予測、⑧生体認証搭載推移予測、⑨顔認証搭載推移予測(個人認証を基礎とするアウトカーサービスへの進展=ブロックチェーン・決済・トレーサビリティなど)

リサーチ内容

調査のポイント

1.市場動向
  IT・Techベンダの自動車産業参入の歴史と未来
2.企業動向(先進企業各社のCASEカー*参入戦略)*C,A,HMI/DMS限定
3.展望と課題
  表「世界の車載HMI/DMS関連品目別市場予測推移表」
  車載HMI/DMS関連品目別市場推移の背景

第Ⅰ章.CASE化する自動車の未来技術・方向性とIT・Techベンダ参入戦略

1 当調査レポートの切り口
  1.1 CASE時代に自動車産業に押し寄せるIT・Techベンダ
    1.1.1図表「CASE動向と自動車産業プレーヤ課題/IT・Techベンダ参入状況」
    1.1.2図表「今回の調査範囲(CASE時代のモビリティ参入プレーヤ新潮流)」
  1.2 当レポートの切り口
    1.2.1 図表「今回の調査範囲(調査手法早見表)」
  1.3 IT・TechベンダのCASEカーとは
    1.3.1 表「IT・TechベンダのCASEカー定義」
  1.4 自動車の部品ユニット別にみたCASEとの関連性・成長性・IT・Techベンダ参入可能性と理由
    1.4.1 表「自動車の部品ユニット別にみたCASEとの関連性・成長性・IT・Techベンダ参入可能性」
  1.5 CASEカーでのユニット別/成長性とIT・Techベンダ参入の可能性
    1.5.1 表「CASEカーでのユニット別/成長性とIT・Techベンダ参入の可能性・得点一覧」
  1.6 IT・Techベンダ活躍の自動車分野はここだ!
    1.6.1 表「CASEカーでのユニット別/成長性とIT・Techベンダ参入の可能性・概略図」
2 自動車のCASE化と未来技術
  2.1 CASE時代に自動車産業に押し寄せるIT・Techベンダ
    2.1.1 図「クルマのエレクトロニクス化とCASEの歴史と未来」
    2.1.2 CASEの概念
    2.1.3 CASEの「C=コネクテッド」概要とIT・Techベンダの可能性
    2.1.4 CASEの「A=自動運転」概要とIT・Techベンダの可能性
    2.1.5 CASEの「S=シェアリング,MaaS」概要とIT・Techベンダの可能性
    2.1.6 CASEの「E=電動化,xEV/BEV」概要とIT・Techベンダの可能性
  2.2 各地域のCASE関連政策・法規制(C,Aを中心に)
    2.2.1 表「日本の主なCASE関連政策・法規制」
    2.2.2 表「欧州の主なCASE関連政策・法規制」
    2.2.3 表「米国の主なCASE関連政策・法規制」
    2.2.4 表「中国の主なCASE関連政策・法規制」
  2.3 各地域のCASE関連政策・法規制(C,Aを中心に)
    2.3.1 IT・Techベンダの自動車参入の歴史
    2.3.2 参入領域に変化、HMI→DMS/ボディ系へ
    2.3.3 さらに参入領域に変化、DMS/ボディ系→SDVへ
    2.3.4 加えて参入領域に変化、アウトカー領域へ
    2.3.5 新興EVメーカがIT・TechベンダをEV制御で採用する!
    2.3.6 ODMを活用し、自ら自動車メーカになる
    2.3.7 テスラを真似ても追いつかない
    2.3.8 中国IT・TechベンダはOEMを目指さない
  2.4 進むOEMとIT・Techベンダ,スタートアップとのグループ化
    2.4.1 世界のOEMとIT・Techベンダの提携関係一覧表
    2.4.2 世界のOEMと自動運転スタートアップとの提携関係一覧表
3 テスラのCASE戦略,HMI/DMS戦略から考える2035年の自動車の姿
  3.1 テスラ自動車ビジネスの特徴とはCASE,HMI/DMS,SDV
  3.2 表「テスラのBEVビジネスの課題と解決策」
  3.3 表「テスラのビジネスモデルの魅力;キーワードと内訳(成功の理由)」
  3.4 図「テスラから考える2035年の自動車産業のビジネスモデル像」
4 エンジニアリングサービス会社の動向
  4.1 欧州のエンジニアリングサービス会社概要
  4.2 エンジニアリングサービス会社の方向転換
  4.3 国内のエンジニアリングサービス会社
  4.4 表「国内の主な独立系エンジニアリングサービス会社一覧」
  4.5 国内の主なメーカー系エンジニアリングサービス会社
5 コロナ禍とウクライナ危機が自動車産業とCASEに大影響
  5.1 90年代以降進んだ国際分業ネットワーク
  5.2 コロナ禍による工場稼働停止・販売台数減(C,A,Eのダウン)
  5.3 人海戦術ワイヤーハーネスも工場停止要因に
  5.4 ウクライナ危機が「カーボンニュートラル=BEV戦略」を一時凍結(Eのダウン)
  5.5 ウクライナ侵攻と上海ロックダウンでストップした欧・中BEV市場(Eのダウン)
  5.6 BEV市場推進派、中国・欧州の状況と関係性(Eの現実)
  5.7 浮上した日本・全方位エネルギーと米国・ITパワー(Cの激化)
  5.8 あなどれない中国ITパワー(Cの激化、Eのダウン)
  5.9 いよいよ先が見えない自動車市場(Eのダウン)
  5.10 米国のBEV対応状況(Eのダウン,Sの可能性,Eの可能性)
6 日本自動車産業が生き残るためのポイント
  6.1 図「2035年の自動車/モビリティビジネスの流れ」
  6.2 図「日本自動車産業が中国自動車産業を打ち破るため」
  6.3 図「日本と中国の製造業の違い」
  6.4 中国自動車産業を打ち破るための方法論

第Ⅱ章.CASE“C”コネクテッド化の未来技術・方向性とIT・Techベンダの参入戦略

1 世界コネクテッドカー概論
  1.1 CASEの“C”の歴史と未来
    1.1.1 表「CASEの“C”の歴史と未来」
  1.2 世界の地域ごとのコネクテッドカー車両台数推移予測
    1.2.1 表「世界地域別 コネクテッドカー車両販売台数推移2022/25/30/35年」
  1.3 世界の自動車メーカ別コネクテッドサービス展開状況
    1.3.1 表「自動車メーカ別世界地域ごとのコネクテッドサービス展開状況(2022年)」
  1.4 OTA活用以後の自動車産業
    1.4.1 図「OTA活用以後の自動車産業」
  1.5 IT・TechベンダのCASEカー事業には、コト売りが加わってくる
    1.5.1 図「IT・TechベンダのCASEカーにおけるコトづくり層」
    1.5.2 表「世界地域別 5G/4G以下/0G搭載車販売台数推移2022/25/30/35年」
  1.6 データ活用コネクテッドサービス事業とIT・Techベンダ参入
    1.6.1 図「データ活用コネクテッドカーサービスのビジネス構造」
2 世界のOEM/サプライヤ別コネクテッドサービス展開とIT・Techベンダ提携戦略
  2.1 国内OEM/サプライヤ別コネクテッドサービス展開と世界IT・Techベンダ提携戦略
    2.1.1 トヨタ自動車<日本・OEM>
    図表1 「トヨタ自動車のコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.1.2 日産自動車<日本・OEM>
    図表2 「日産自動車のコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.1.3 本田技研工業<日本・OEM>
    図表3 「本田技研工業のコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.1.4 デンソー<日本・サプライヤ>
    図表4 「デンソーのコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.1.5 アイシン<日本・サプライヤ>
    図表5 「アイシンのコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.1.6 日立製作所/日立アステモ<日本・サプライヤ>
    表6-1 「日立製作所/日立アステモのコネクテッドサービス事業のロードマップ」
    図表6-2 「日立製作所/日立アステモのコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
  2.2 海外OEM/サプライヤ別コネクテッドサービス展開と世界IT・Techベンダ提携戦略
    2.2.1 BMW<欧州・OEM>
    図表1 「BMWのコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.2 Mercedes<欧州・OEM>
    図表2 「Mercedesのコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.3 VW(フォルクスワーゲン)<欧州・OEM>
    図表3 「VWのコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.4 GM<米国・OEM>
    図表4 「GMのコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.5 Ford<米国・OEM>
    図表5 「Fordのコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.6 Tesla<米国・OEM>
    図表6 「Teslaのコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.7 現代自動車<韓国・OEM>
    図表7 「現代自動車のコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.8 上海汽車<中国・OEM>
    図表8 「上海汽車のコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.9 Bosch<欧州・サプライヤ>
    図表9 「Boschのコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.10 Continental<欧州・サプライヤ>
    図表10 「Continentalのコネクテッドサービス事業の主要提携先IT・Techベンダ」
3 世界IT・TechベンダのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略
  3.1 国内IT・TechベンダのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略
    3.1.1 NTTドコモ<日本・IT・Techベンダ>
    図表1 「NTTドコモのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.1.2 NTT/NTTデータ<日本・IT・Techベンダ>
    図表2 「NTT/NTTデータのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.1.3 KDDI<日本・IT・Techベンダ>
    図表3 「KDDIのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.1.4 ソフトバンク<日本・IT・Techベンダ>
    図表4 「ソフトバンクのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.1.5 富士通<日本・IT・Techベンダ>
    図表5 「富士通のCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.1.6 NEC<日本・IT・Techベンダ>
    図表6 「NECのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.1.7 Will Smart<日本・IT・Techベンダ>
    図表7 「Will SmartのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.1.8 GMOモビリティクラウド<日本・IT・Techベンダ>
    図表8 「GMOモビリティクラウドのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.1.9 スマートバリュー<日本・IT・Techベンダ>
    図表9 「スマートバリューのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.1.10 DeNA<日本・IT・Techベンダ>
    図表10 「DeNAのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.1.11 DATAFLUCT<日本・IT・Techベンダ>
    図表10 「DATAFLUCTのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
  3.2 海外IT・TechベンダのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略
    3.2.1 クアルコム<米国・半導体>
    図表1 「クアルコムのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.2 Intel<米国・半導体>
    図表2 「IntelのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.3 Arm(アーム)<欧州・半導体>
    図表3 「ArmのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    図表3-2 「Arm Automotive Ecosystem参加企業75社一覧」
    3.2.4 Google<米国・IT・Techベンダ>
    図表4 「GoogleのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.5 Amazon<アマゾン,米国・IT・Techベンダ>
    図表5 「AmazonのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.6 Apple<米国・IT・Techベンダ>
    図表6 「AppleのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.7 マイクロソフト<米国・IT・Techベンダ>
    図表7 「マイクロソフトのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.8 HERE<欧州・位置情報>
    図表8 「HEREのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.9 Airbiquity<米国・コネクテッドサービス>
    図表9 「AirbiquityのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.10 Lyft<米国・MaaSサービス>
    図表10 「LyftのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.11 Otonomo<イスラエル・コネクテッドサービス>
    図表11 「OtonomoのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.12 Nexar<イスラエル・コネクテッドサービス>
    図表12 「NexarのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.13 MODE<米国・コネクテッドサービス>
    図表13 「MODEのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.14 Acerta Analytics Solutions,Inc.<カナダ・IT・Techベンダ>
    図表14 「AcertaのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.15 百度(バイドゥ)<中国・IT・Techベンダ>
    図表15 「百度のCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.16 アリババ<中国・IT・Techベンダ>
    図表16 「アリババのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.17 テンセント<中国・IT・Techベンダ>
    図表17 「テンセントのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.18 Foxconn(ホンハイ/鴻海科技集団)<台湾・EMS>
    図表18 「FoxconnのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.19 ファーウェイ(華為技術)<中国・電子機器>
    図表19 「ファーウェイのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.20 MediaTek<台湾・半導体>
    図表20 「MediaTekのCASE“C”コネクテッド分野における参入戦略」

第Ⅲ章.車載HMI/DMSの未来技術・方向性とIT・Techベンダの参入戦略

1 世界の車載HMI/DMSの未来技術・方向性と基本スケジュール
  1.1 車載HMI/DMSの歴史と未来
    1.1.1 図「車載HMI/DMS/UX・UIの歴史と未来」
  1.2 HMI統合化の歴史と技術の方向性
    1.2.1 進むHMI統合化とeコクピット
    1.2.2 スマホの自動車アプリが進化させる車載HMI
    1.2.3 表「世界地域別車載HMI予測
    (単独Unit・統合HMI・ハンドル&アクセル無し搭載台数推移2022/25/30/35年)」
    1.2.4 統合HMIは情報系→ADAS
    1.2.5 ハイパーバイザ(仮想化)技術で進んだ車載HMIのOSS化
    1.2.6 図「2035年の車載HMIのイメージ」
    1.2.7 図「2035年のDMS(ドライブモニタリングシステム)のイメージ」
  1.3 近未来(2035年)の「HMI⇔ADAS/自動運転」連携の方向性
    1.3.1 図「車載HMIとADASとの連携システムの推移
    (~2015年/2015~20年/2020年~近未来・2035年)」
  1.4 2035年の車載HMI/DMS技術キーワードとアプリ事例
    1.4.1 表「2035年にかけての車載HMI/DMS技術キーワード」
    1.4.2 表「2035年にかけての車載HMI/DMS技術キーワードとアプリ事例」
    1.4.3 図「2035年コネクテッドサービスにおけるHMI/DMS技術ポジション」
    1.4.4 表「日本の車載HMI/DMS開発の注目キーワード」
  1.5 これからの車載HMI/DMS市場のプレーヤーとは
    1.5.1 未来の統合HMIサプライヤとは
    1.5.2 IT・Techベンダが繰り出す 車載HMI次の一手
    1.5.3 表「国内情報系・HMIシステム市場のサプライヤ別参入状況」
    1.5.4 表「国内車載HMIサプライヤの統廃合サバイバル戦略」
2 世界地域(日/欧/米/中/アジア他)ごとの車載HMI/DMS品目2035年市場予測
  2.1 世界地域別 コネクテッドカー車両販売台数推移
    2.1.1 「世界地域別 コネクテッドカー車両販売台数推移2022/25/30/35年」
  2.2 世界地域別 5G/4G以下/0G搭載車販売台数推移
    2.2.1 「世界地域別 5G/4G以下/0G搭載車販売台数推移2022/25/30/35年」
    2.2.2 世界中で動き出した5G活用コネクテッドカー・アプリ
    2.2.3 5G活用コネクテッドカーの課題
    2.2.4 2022年は国内5G活用コネクテッドカー実証実験花盛り
    2.2.5 中国がリードする5G搭載
    2.2.6 今のドラレコは4G、HDドラレコでは5Gが必要
  2.3 世界地域別車載HMI予測/単独Unit・統合HMI・ハンドル&アクセル無し車両台数推移
    2.3.1 「世界地域別車載HMI予測/単独Unit・統合HMI・ハンドル&アクセル無し
    車両台数推移2022/25/30/35年」
    2.3.2 図「日産自動車の統合HMIシステム構造」
    2.3.3 「統合HMI」化への動向
  2.4 世界地域別 HUD/AR搭載車販売台数推移
    2.4.1 「世界地域別 HUD/AR搭載車販売台数推移2022/25/30/35年」
    2.4.2 HUDとAR-HUDの搭載状況
    2.4.3 図「日本精機のAR-HUDシステム構造」
    2.4.4 ARの新規アプリ;ドローン飛行経路や運行情報表示
  2.5 世界地域別スマートキー(キーレスエントリー含む)/バーチャルキー搭載台数推移
    2.5.1 「世界地域別スマートキー(キーレスエントリー含む)/
    バーチャルキー搭載台数推移2022/25/30/35年」
    2.5.2 図「東海理化バーチャルキーのシステム構造」
    2.5.3 続くスマートキー/キーレスとバーチャルキー併用時代
    2.5.4 バーチャルキー活用進む、スマホと親和性高い分野
  2.6 世界地域別 音声認識I/F搭載車販売台数推移
    2.6.1 「世界地域別 音声認識I/F搭載車販売台数推移2022/25/30/35年」
    2.6.2 音声認識活用のアプリサービス
    2.6.3 中国の音声認識活用アプリサービス
  2.7 世界地域別(カメラ活用)DMS搭載車販売台数推移
    2.7.1 「世界地域別 (カメラ活用)DMS搭載車販売台数推移2022/25/30/35年」
    2.7.2 図「ボッシュ(カメラ活用)DMSシステムの機能と構造」
    2.7.3 図「マツダ(カメラ活用)DMSシステムの機能と構造」
    2.7.4 欧州の新規則で24年からのDMS搭載義務化
    2.7.5 日本でも「EDR」22年に義務化
    2.7.6 訪れているDMS搭載の波
    2.7.7 DMSのシステム構造図
    2.7.8 中国からの車載HMI/DMS参入は雨後の筍状態
    2.7.9 「IVI × DMS × ADAS」をどのドメインに入れるか
    2.7.10 ジェスチャー認識普及の困難さ
  2.8 世界地域別 生体認証搭載車販売台数推移
    2.8.1 「世界地域別 生体認証搭載車販売台数推移2022/25/30/35年」
    2.8.2 シート埋め込み型センシングアプリの可能性
    2.8.3 図「住友理工の生体認証システム構造」
  2.9 世界地域別 顔認証搭載車販売台数推移
    2.9.1 「世界地域別 顔認証搭載車販売台数推移2022/25/30/35年」
    2.9.2 決済が絡む顔認証では、中国がリードか
    2.9.3 カメラ顔認証を活用した自動車サービスの将来
    2.9.4 自動車用顔認証をリードする一党独裁国家
    2.9.5 中国⇔日本の自動車用顔認証比較
3 世界IT・Techベンダの車載HMI/DMS分野における参入戦略
  3.1 国内IT・Techベンダの車載HMI/DMS分野における参入戦略
    3.1.1 NTT/NTTドコモ<日本・IT・Techベンダ>
    図表1 「NTT/NTTドコモの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.1.2 ソフトバンク<日本・IT・Techベンダ>
    図表2 「ソフトバンク/SVFの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.1.3 ソニー<日本・電子機器>
    図表3 「ソニーの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.1.4 京セラ<日本・電子機器>
    図表4 「京セラの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.1.5 ACCESS<日本・IT・Techベンダ>
    図表5 「ACCESSの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.1.6 CAC(シーエーシー)<日本・IT・Techベンダ>
    図表6 「CACの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.1.7 テイ・エス テック<日本・IT・Techベンダ>
    図表7 「テイ・エス テックの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.1.8 カンデラ<日本・欧州・IT・Techベンダ>
    図表8 「カンデラの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.1.9 Zenmov<日本・IT・Techベンダ>
    図表9 「Zenmovの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.1.10 サイホープロパティーズ<日本・IT・Techベンダ>
    図表10 「サイホープロパティーズの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.1.11 サイバートラスト<日本・IT・Techベンダ>
    図表11 「サイバートラストの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.1.12 ジゴワッツ<日本・IT・Techベンダ>
    図表12 「ジゴワッツの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
  3.2 海外IT・Techベンダの車載HMI/DMS分野における参入戦略
    3.2.1 アップル<米国・IT・Techベンダ>
    図表1 「アップルの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.2 グーグル<米国・IT・Techベンダ>
    図表2 「グーグルの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.3 TOMTOTM<欧州・位置情報>
    図表3 「TOMTOMの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.4 アマゾン<Amazon,米国・IT・Techベンダ>
    図表4 「アマゾンの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.5 マイクロソフト<米国・IT・Techベンダ>
    図表5 「マイクロソフトの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.6 セレンス<Cerence,米国・IT・Techベンダ>
    図表6 「セレンスの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.7 Intellias<米国・IT・Techベンダ>
    図表7 「Intelliasの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.8 Cinemo<欧州・IT・Techベンダ>
    図表8 「Cinemoの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.9 Rightware<欧州・IT・Techベンダ>
    図表9 「Rightwareの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.10 DCS<Digital Charging Solutions GmbH,欧州・充電ソリューション>
    図表10 「DCSの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.11 BlackBerry<北米・IT・Techベンダ>
    図表11 「BlackBerryの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.12 Xevo(ジーヴォ)<米国・IT・Techベンダ>
    図表12 「Xevoの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.13 NXPセミコンダクターズ<欧州・半導体ベンダ>
    図表13 「NXPセミコンダクターズの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.14 NVIDIA<米国・半導体ベンダ>
    図表14 「NVIDIAの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.15 クアルコム<米国・半導体ベンダ>
    図表15 「クアルコムの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.16 サムスン<韓国・電子機器>
    図表16 「サムスンの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.17 ハーマン<Harman,欧州・IT・Techベンダ>
    図表17 「ハーマンの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.18 LG電子<韓国・電子機器>
    図表18 「LG電子の車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.19 バイドゥ<百度・Baidu,中国・IT・Techベンダ>
    図表19 「バイドゥの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.20 アリババ<中国・IT・Techベンダ>
    図表20 「アリババの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.21 テンセント<中国・IT・Techベンダ>
    図表21 「テンセントの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.22 シャオペン<小鵬汽車・Xpeng Motors,中国・IT・Techベンダ>
    図表22 「シャオペンの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.23 センスタイム<SenseTime Group Limited,中国・Techベンダ>
    図表23 「センスタイムの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.24 OPPO<中国・IT・Techベンダ>
    図表24 「OPPOの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.25 オリーブストーン<OLIVESTONE,中国・IT・Techベンダ>
    図表25 「オリーブストーンの車載HMI/DMS分野における参入戦略」
    3.2.26 鋭思華創(Raythink)<中国・IT・Techベンダ>
    図表26 「鋭思華創の車載HMI/DMS分野における参入戦略」

第Ⅳ章.自動運転の未来技術・方向性とIT・Techベンダの参入戦略

1 世界の自動運転市場概論
  1.1 CASEの“A”の歴史と未来
    1.1.1 図「CASEの“A”の歴史と未来」
  1.2 自動運転のLv1~Lv5の機能と普及予測ストーリー
    1.2.1 図「自動運転のLv1~Lv5の機能と普及予測ストーリー」
  1.3 AI導入により変わるADAS/自動運転のSW化
  1.4 欧州・米国・中国の自動運転の国策・標準化
    1.4.1 表「欧州・米国・中国の自動運転の国策・標準化」
  1.5 自動運転の技術要素とIT・Techベンダからの参入状況
    1.5.1 図「CASEの“A”(自動運転)の3技術要素別IT・Techベンダの参入状況」
  1.6 世界の「ITベンダ⇔OEM⇔半導体/センサ⇔サービス(MaaS等)」提携・投資相関図
  1.7 IT・Techベンダの自動運転プラットフォーム分野参入状況
    1.7.1 表「IT・Techベンダの自動運転プラットフォーム分野への参入状況」
  1.8 国内企業の自動運転に関する考え方
    1.8.1 表「国内企業の自動運転に関する考え方」
2 世界のOEM/サプライヤ別自動運転事業展開とIT・Techベンダ提携戦略
  2.1 国内のOEM/サプライヤ別自動運転展開とIT・Techベンダ提携戦略
    2.1.1 トヨタ自動車<日本・OEM>
    図表1 「トヨタ自動車の自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.1.2 TAIV(Toyota AI Ventures)<米国・ベンチャーキャピタル>
    図表2 「TAIVの自動運転事業における主要投資先IT・Techベンダ」
    2.1.3 日産自動車<日本・OEM>
    図表3 「日産自動車の自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.1.4 本田技研工業<日本・OEM>
    図表4 「本田技研工業の自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.1.5 デンソー<日本・サプライヤ>
    図表5 「デンソーの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.1.6 アイシン<日本・サプライヤ>
    図表6 「アイシンの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.1.7 日立製作所/日立アステモ<日本・サプライヤ>
    図表7 「日立製作所/日立アステモの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
  2.2 海外のOEM/サプライヤ別 自動運転事業展開とIT・Techベンダ提携戦略
    2.2.1 BMW<欧州・OEM>
    図表1 「BMWの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.2 Mercedes<欧州・OEM>
    図表2 「Mercedesの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.3 VW(フォルクスワーゲンググループ)<欧州・OEM>
    図表3 「VWの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.4 GM( General Motors)<米国・OEM>
    図表4 「GMの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.5 Ford(フォード)<米国・OEM>
    図表5 「Fordの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.6 テスラ(Tesla)<米国・OEM>
    図表6 「テスラの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.7 NAVYA<欧州・自動運転ベンチャー>
    図表7 「NAVYAの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.8 EasyMile<欧州・自動運転ベンチャー>
    図表8 「EasyMileの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.9 Sensible 4<欧州・自動運転ベンチャー>
    図表9 「Sensible 4の自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.10 現代自動車<韓国・OEM>
    図表10 「現代自動車の自動運転事業の主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.11 上海汽車<中国・OEM>
    図表11 「上海汽車の自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.12 Robert Bosch<欧州・サプライヤ>
    図表12 「Robert Boschの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    2.2.13 Continental<欧州・サプライヤ>
    図表13 「Continentalの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
3 世界IT・TechベンダのCASE“A”自動運転分野における参入戦略
  3.1 国内IT・TechベンダのCASE“A”自動運転分野における参入戦略
    3.1.1 NTTドコモ<日本・IT・Techベンダ>
    図表1 「NTTドコモの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.1.2 KDDI<日本・IT・Techベンダ>
    図表2 「KDDIの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.1.3 ソフトバンクグループ<日本・IT・Techベンダ>
    図表3 「ソフトバンクグループのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
    3.1.4 DeNA<日本・IT・Techベンダ>
    図表4 「DeNAのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
    3.1.5 ティアフォー<日本・自動運転ベンチャー>
    図表5 「ティアフォーの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.1.6 ウーブン・アルファ<日本・ソフトウェア>
    図表6 「ウーブン・アルファのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
    3.1.7 ダイナミックマップ基盤(DMP)<日本・ソフトウェア>
    図表7 「DMPのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
    3.1.8 ゼンリン<日本・位置情報>
    図表8 「ゼンリンのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
    3.1.9 ソニー<日本・電子機器>
    図表9 「ソニーのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
    3.1.10 AZAPA<日本・IT・Techベンダ>
    図表10 「AZAPAのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
    3.1.11 チューリング<TURING,日本・IT・Techベンダ>
    図表10 「チューリングのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
    3.1.12 ピレニー<Pyrenee,日本・IT・Techベンダ>
    図表10 「ピレニーのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
  3.2 海外(欧州・米国・イスラエル)IT・TechベンダのCASE“A”自動運転分野における参入戦略
    3.2.1 アーム(Arm)<欧州・半導体>
    図表1 「アーム(Arm)の自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    図表2 「Arm Automotive Ecosystem参加企業75社一覧」
    3.2.2 NVIDIA <米国・半導体>
    図表2 「NVIDIAの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.2.3 インテル/Mobileye(モービルアイ)<欧州・半導体>
    図表3 「インテル/MobileyeのCASE“A”自動運転事業分野における参入戦略」
    3.2.4 クアルコム<米国・半導体>
    図表4 「クアルコムの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.2.5 ウェイモ(Waymo,Google系)<米国・自動運転車開発>
    図表5 「Waymoの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.2.6 Amazon<米国・IT・Techベンダ>
    図表6 「AmazonのCASE“A”コネクテッド分野における参入戦略」
    3.2.7 Aurora Innovation(オーロラ)<米国・自動運転ベンチャー>
    図表7 「Aurora の自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.2.8 Cognata<イスラエル・自動運転ベンチャー>
    図表8 「Cognataの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.2.9 Brodmann17<イスラエル・自動運転ベンチャー>
    図表9 「Brodmann17の自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.2.10 Autobrains<イスラエル・自動運転ベンチャー>
    図表10 「Autobrainsの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.2.11 Ottopia Technologies<イスラエル・自動運転ベンチャー>
    図表11 「Ottopiaの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.2.12 GM Cruise<米国・自動運転サービス>
    図表12 「GM Cruiseの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.2.13 May Mobility<米国・自動運転サービス>
    図表13 「May Mobilityの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.2.14 HERE<欧州・位置情報>
    図表14 「HEREのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
    3.2.15 TOMTOM<欧州・位置情報>
    図表15 「TOMTOMのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
  3.3 海外(中国・アジア他)IT・TechベンダのCASE“A”自動運転分野参入戦略
    3.3.1 百度(Baidu)<中国・IT・Techベンダ>
    図表1 「百度のCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
    3.3.2 アリババ<中国・IT・Techベンダ>
    図表2 「アリババのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
    3.3.3 Foxconn(ホンハイ/鴻海科技集団)<中国・電子機器>
    図表3 FoxconnのCASE“A”自動運転分野における参入戦略」
    3.3.4 PIX Moving<中国・自動運転ベンチャー>
    図表4 「PIX Movingの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.3.5 AutoX<中国・自動運転ベンチャー>
    図表5 「AutoXの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.3.6 Pony.ai<中国・自動運転ベンチャー>
    図表6 「Pony.aiの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.3.7 WeRide(文遠知行)<中国・自動運転ベンチャー>
    図表7 「WeRideの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.3.8 Momenta<中国・自動運転ベンチャー>
    図表8 「Momentaの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.3.9 DeepRoute.ai(深圳元戎啓行科技)<中国・自動運転ベンチャー>
    図表9 「DeepRoute.aiの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.3.10 TuSimple<米国/中国・自動運転ユニコーン>
    図表10 「TuSimpleの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.3.11 SenseTime<中国・自動運転ユニコーン>
    図表11 「SenseTimeの自動運転事業における主要提携先IT・Techベンダ」
    3.3.12 Nopilot.ai<シンガポール・自動運転ベンチャー>

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 315頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。