健康意識と食品消費行動のAI分析 ~ディープラーニングによる需要予測・マーケティング戦略の最適化~

全国の20歳~79歳までの男女を対象に消費者調査を実施し、2,137モニターから得た回答より、加工食品の他、食品、栄養素、嗜好品など、健康意識が食品消費にどのように影響しているかを、AI分析(機械学習)なども活用しながら分析を実施した資料。
食品関連市場参入企業のマーケティング戦略策定のための基礎資料となる。

発刊日
2022/08/下旬
体裁
A4 / 約300頁
資料コード
C64107300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約300頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

①156通りのペルソナで健康意識と食品消費行動を予測。
 →年齢層や所得、BMI値で設定した156通りのペルソナについて、ディープラーニングを用いて回答を予測。
 →ターゲット別の具体的なペルソナマーケティングが可能。
②統計的因果探索で消費者ニーズの構造把握。
 →統計的因果探索により、ターゲット消費者の健康思考の因果関係が把握できる。
 →消費者インサイトで新たな視点による食品企画・提案が可能。
③メディア・ミックスによるターゲットへのタッチ確率を算出。
 →メディアの組み合わせでターゲット消費者の何パーセントをカバーできるか算出。
 →最適なメディア活用で効率的に消費者へアプローチが可能。

リサーチ内容

2022年7月5日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容

序章 健康意識と食事課題による食品消費全体像

1.健康を意識するときのクラスター分析
  ~健康意識は「内的健康要因型」「外的健康要因型」「睡眠不満足型」に分けられる~
2.食事における課題のクラスター分析
  ~食事における課題は「味覚刺激欲求・偏食型」「同居人影響下・食生活乱れ型」に分けられる~
3.健康意識と食事課題のクラスター別食品消費
  ~内的健康要因型と味覚刺激欲求・偏食型は、それぞれ全体の3/4を占める~
4.健康意識と食事課題による食品消費全体像
  1)健康意識による食品消費全体像
    ~食品情報を得てからの行動(購買)や購入チャネルなどが各クラスターで異なる傾向~
  2)食事課題による食品消費全体像
    ~男性と女性の傾向に分けられる~
  3)クラスター別の食品販売可能性について考察
    内的健康要因型:~食品素材そのものの健康効果訴求は良いが直接的なPRはNG~
    外的健康要因型:~機能強化した食品を提案し広告を活用して販促~
    睡眠不満足型:~ターゲットニーズに合う機能を付加すれば加工食品全般可能~
    味覚刺激欲求・偏食型:~要件を満たす食品で生協など食品宅配が向いている~
    同居人影響下・食生活乱れ型:~タンパク強化したフードデリバリーにニーズあり~

第1章 課題別分析

1.10食品群+3食品群の摂取状況分析
  1)10食品群+3食品群の設問・分析概要
    ~食品群の摂取状況からターゲットに相応しいクロスMDやメニュー提案を実現~
  2)10食品群+3食品群の摂取状況
    ~1週間に摂取する回数の差が男女で最も大きい食品群は緑黄色野菜、年齢層差では果物~
  3)食品群の摂取バランス状況
    ~BMI値低・高のグループよりもBMI中グループで比較的に食品群の偏りが少ない~
  4)仮に特定食品群の摂取が1日/週増えた場合に他の食品群に与える影響分析
    ~「肉類」の摂取が増えると「大豆・大豆製品」の摂取が減る傾向が確認される~
    ①分析方法概要
    ②特定食品群の摂取日数が1日/週増えた場合の直接的影響の予測
  5)統計的因果探索による食品群の摂取因果関係
    ~因果関係が強い食品群で間接的に消費を促す施策を検討~
2.週刊誌の危険な食品に関する報道の接触状況と消費意識の影響分析
  1)週刊誌報道接触頻度と加工肉・赤身肉に対する消費意識の影響分析
    ~男性中年層は週刊誌報道により加工肉と赤身肉に対する消費意識に影響が現れている~
  2)週刊誌報道接触頻度と生産地・原材料に対する消費意識の影響分析
    ~若年男性層は生産地と原材料で買う・買わないの決め手になることが強い傾向~
  3)週刊誌報道接触頻度と食品添加物・人工甘味料に対する消費意識の影響分析
    ~男女共にシニア層は週刊誌報道接触頻度による消費意識の因果関係が確認されず~
3.BMI値と体形認識・食品消費・健康意識の関係分析
  1)低体重および肥満認識とBMI認識の関係
    ~女性若年層はBMI値と実際の自身の体形に対する認識に隔たりがある~
  2)BMI値別・年齢層別の10食品群+3食品群と嗜好品の摂取状況
    ~肥満の人は肉類や卵製品、いも類、油脂類、穀類が多めの傾向~
    ①全体の状況
    ②低体重の女性若年層の状況
  3)ディープラーニングによるBMI値別10食品群+3食品群と嗜好品の喫食日数
    ~穀類は男女若年層で喫食頻度がやや低く、大豆製品や野菜は低体重と肥満の人で喫食頻度差大~
    ①全体
    ②男性若年層
    ③男性中年層
    ④男性ポストシニア層
    ⑤男性シニア層
    ⑥女性若年層
    ⑦女性中年層
    ⑧女性ポストシニア層
    ⑨女性シニア層
4.大豆ミート(代替肉)と健康意識・食事課題の関係分析
  1)全体・男女別・年齢層別大豆ミート(代替肉)の喫食状況
    ~大豆ミート(代替肉)マーケットは、男性中年層もターゲットとして視野に入れる必要あり~
  2)健康意識と大豆ミート(代替肉)の喫食
    ~大豆ミート(代替肉)の販促は健康的で元気な高齢者をイメージに積極的なPRが必要~
  3)食事課題と大豆ミート(代替肉)の喫食
    ~外食多く家では家族と一緒で自分だけヘルシー料理にできない人が外食で大豆ミートを選ぶ~
  4)味覚嗜好と大豆ミート(代替肉)喫食の関係
    ~大豆ミート喫食者の味覚嗜好「苦み」や「酸味」のある料理で喫食頻度拡大を狙える~

第2章 健康状態と食品消費の分析

1.健康状態の併存状況
  ~全体の1/4が睡眠の質が悪く体力の衰え・疲れやすいと認識している~
2.健康状態別の統計的因果探索
  ~健康状態は大別すると「身体的な衰え」と「生活習慣病関連」に分けられる~
3.健康状態と機能性を謳う食品の消費状況
  1)健康状態と機能性を謳う食品消費のコレスポンデンス分析
    ~健康状態に何れも該当しない(健康な人)は「紫外線から肌を守る」「記憶力を維持する」に近い~
  2)健康状態と機能性を謳う食品消費の消費状況
    ~「物忘れ・名前が思い出せない」人は「腸内環境を改善する」を謳う食品を消費する傾向~
4.健康状態と健康効果を期待して良く食べる食品の状況
  1)健康状態と健康効果を期待して良く食べる食品のコレスポンデンス分析
    ~生活習慣病に関連した項目の人は発酵食品でも「ヨーグルト、乳酸菌飲料」の喫食傾向あり~
  2)健康状態と健康効果を期待して良く食べる食品の消費状況
    ~「骨粗しょう症」の人は発酵食品を中心に健康効果を期待して良く食べている~
5.健康状態と10食品群+3食品群の喫食状況
  1)健康状態と10食品群+3食品群の喫食状況のコレスポンデンス分析
    ~生活習慣病の人は「穀類」や「卵・卵製品」「魚介類」「果物」を良く喫食しがち~
  2)健康状態と10食品群+3食品群の喫食状況
    ~各食品群の喫食機会は「骨粗しょう症」の人が比較的に多く「軟便」の人は比較的に少ない傾向~
6.健康状態と栄養など摂取状況
  1)健康状態と栄養など摂取状況のコレスポンデンス分析
    ~「体力の衰え・疲れやすい」人は「ビタミン類」を摂取~
  2)健康状態と栄養など摂取状況
    ~自身の健康状態改善を目的に摂取していることが確認できる~
7.健康状態と栄養摂取方法状況
  1)健康状態と栄養摂取方法のコレスポンデンス分析
    ~健康的な人が栄養補助された飲料・ゼリー、スナックを喫食する傾向~
  2)健康状態と栄養摂取方法状況
    ~低血圧や貧血の人はサプリメントで栄養摂取を補う傾向がある~
8.健康状態と健康のための食品選択状況
  1)健康状態と健康のための食品選択状況のコレスポンデンス分析
    ~健康な人が大豆ミートやコンニャク・豆腐の代替料理を選ぶ傾向~
  2)健康状態と健康のための食品選択状況
    ~牛肉や豚肉よりも鶏肉を選ぶのは低血圧の人が多い傾向~
9.健康状態と嗜好品の喫食状況
  1)健康状態と嗜好品の喫食状況のコレスポンデンス分析
    ~コーヒーを週5回以上口にする人と体力の衰え・疲れやすいが近い関係~
  2)健康状態と嗜好品の喫食状況
    ~痛風・尿酸値が高い人はビールや日本酒・焼酎に加え、スナック菓子の喫食も多い傾向~
10.健康状態と家庭での調理・加工食品利用状況
  1)健康状態と家庭での調理・加工食品利用状況のコレスポンデンス分析
    ~脂肪肝の人は冷凍食品に近く糖尿病・血糖値が高い人はインスタントラーメンに近い傾向~
  2)健康状態と家庭での調理・加工食品利用状況
    ~痛風・尿酸値が高い人は調理・加工食品の利用が比較的に多い傾向~

第3章 健康を意識するときと食品消費の分析

1.健康を意識するときの回答組み合わせ状況
  ~歳を重ねてきて将来も健康的でいたいと思う人が3割~
2.健康を意識するときと機能性を謳う食品の消費状況
  1)健康を意識するときと機能性を謳う食品の消費状況コレスポンデンス分析
    ~血圧を下げる機能性を謳う食品を食べる人は、運動不足を感じ、健康診断前に健康を意識~
  2)健康を意識するときと機能性を謳う食品の消費状況
    ~健康効果を謳う食品CMを見て健康を意識する人は、腸内環境改善を謳う食品を消費しやすい傾向~
3.健康を意識するときと健康効果を期待して良く食べる食品の状況
  1)健康を意識するときと健康効果を期待して良く食べる食品の状況コレスポンデンス分析
    ~高カカオチョコレートと体に良い油に視力の低下や体力の衰えで健康を意識する人が近い~
  2)健康を意識するときと健康効果を期待して良く食べる食品の状況
    ~発酵食品の健康効果を期待して食べる人は健康効果をうたう食品CMで健康を意識する人が多~
4.健康を意識するときと10食品群+3食品群の喫食状況
  1)健康を意識するときと10食品群+3食品群の喫食状況コレスポンデンス分析
    ~大豆・大豆製品をほぼ毎日食べる人はいつもの服や昔の服が合わなくなった時に健康を意識~
  2)健康を意識するときと10食品群+3食品群の喫食状況
    ~健康を意識するときの項目別で大豆・大豆製品はほぼ毎日食べる人の回答率に開きが大きい~
5.健康を意識するときと栄養など摂取状況
  1)健康を意識するときと栄養など摂取状況コレスポンデンス分析
    ~ビタミン類を積極的に摂る人は身体に違和感がある時に健康を意識~
  2)健康を意識するときと栄養など摂取状況
    ~健康を意識するときの項目別で乳酸菌は積極的に摂る人の回答率に開きが大きい~
6.健康を意識するときと栄養摂取方法状況
  1)健康を意識するときと栄養摂取方法状況コレスポンデンス分析
    ~栄養はなるべく食べ物からとる人は、健康を意識するとき将来も健康的でいたいと思う~
  2)健康を意識するとき別と栄養摂取方法状況
    ~健康効果をうたう食品CMを見て健康を意識する人は、サプリメントなどで補う傾向がある~
7.健康を意識するときと健康のための食品選択状況
  1)健康を意識するときと健康のための食品選択状況コレスポンデンス分析
    ~牛肉や豚肉より鶏肉を積極的に選ぶ人は服が合わなくなった時や運動不足と感じて健康を意識~
  2)健康を意識するときと健康のための食品選択状況
    ~大豆ミートを積極的に選ぶ人は健康効果をうたう食品CMや体重が減った時に健康を意識する人~
8.健康を意識するときと嗜好品の喫食状況
  1)健康を意識するときと嗜好品の喫食状況コレスポンデンス分析
    ~酒類は健康意識に関する項目と相対的な位置が離れた結果となる~
  2)健康を意識するときと嗜好品の喫食状況
    ~食欲が強い時に健康を意識する人は、酒類よりも洋菓子やアイスクリーム、スナック菓子を好む~
9.健康を意識するときと家庭での調理・加工食品利用状況
  1)健康を意識するときと家庭での調理・加工食品利用状況コレスポンデンス分析
    ~家庭で自分や家族・同居人の手作りの料理を喫食する人は健康診断の結果を見て健康を意識~
  2)健康を意識するときと家庭での調理・加工食品利用状況
    ~将来も健康的でいたいと思う人は手作りの料理を喫食する人が比較的に多い傾向~

第4章 健康でいたいと思う目的と食品消費の分析

1.健康でいたいと思う目的の回答組み合わせ状況
  ~病気を予防し健康寿命を長くしたい人が全体の1/4を占める~
2.健康でいたいと思う目的と機能性を謳う食品の消費状況
  1)健康でいたいと思う目的と機能性を謳う食品の消費状況のコレスポンデンス分析
    ~生活習慣病に関する機能性を謳う食品を喫食者は現状の健康状態を改善したいと考えている~
  2)健康でいたいと思う目的と機能性を謳う食品の消費状況
    ~免疫力を高めたいと考える人は免疫機能を謳う食品よりも腸内環境改善を謳う方の喫食が多い~
3.健康でいたいと思う目的と健康効果を期待して良く食べる食品の状況
  1)健康でいたいと思う目的と健康効果を期待して良く食べる食品の状況のコレスポンデンス分析
    ~ブロッコリーやトマト・お酢関連食品はがん予防を期待して食べている人がいると考えられる~
  2)健康でいたいと思う目的と健康効果を期待して良く食べる食品の状況
    ~ブロッコリーは健康でいたいと思う目的別で最も回答率の差が大きい~
4.健康でいたいと思う目的と10食品群+3食品群の喫食状況
  1)健康でいたいと思う目的と10食品群+3食品群の喫食状況のコレスポンデンス分析
    ~いも類は週5日以上食べるひとは長生きしたいと考えている傾向~
  2)健康でいたいと思う目的と10食品群+3食品群の喫食状況
    ~牛乳・乳製品は健康でいたいと思う目的別の回答率の差が最も大きい~
5.健康でいたいと思う目的と栄養など摂取状況
  1)健康でいたいと思う目的と栄養など摂取状況のコレスポンデンス分析
    ~アンチエイジングを目指している人は、たんぱく質・オリゴ糖・ビタミン類を積極的に摂る傾向~
  2)健康でいたいと思う目的と栄養など摂取状況
    ~がん予防を意識しているひとはカルシウム、鉄分、食物繊維、乳酸菌を積極的に摂る傾向~
6.健康でいたいと思う目的と栄養摂取方法状況
  1)健康でいたいと思う目的と栄養摂取方法状況のコレスポンデンス分析
    ~アンチエイジングや肌の状態を保ちたい・改善したい人はサプリメントで栄養を補う傾向~
  2)健康でいたいと思う目的と栄養摂取方法状況
    ~胃腸の調子を整えたい人はプロテインやスナック菓子などで栄養摂取を補助する傾向~
7.健康でいたいと思う目的と健康のための食品選択状況
  1)健康でいたいと思う目的と健康のための食品選択状況のコレスポンデンス分析
    ~牛肉や豚肉より鶏肉を選ぶ人は健康目的が病気予防や疲れにくい体力をつけたい傾向~
  2)健康でいたいと思う目的と健康のための食品選択状況
    ~健康でいたいと思う目的ががん予防の人は糖質や塩分脂肪分を控えた食品を選ぶ傾向~
8.健康でいたいと思う目的と嗜好品の喫食状況
  1)健康でいたいと思う目的と嗜好品の喫食状況のコレスポンデンス分析
    ~茶をよく口にする人はアンチエイジング、コーヒーをよく口にする人は歯の健康を意識する傾向~
  2)健康でいたいと思う目的と嗜好品の喫食状況
    ~現状の健康状態を改善したい人はアイスクリームや日本酒・焼酎、赤ワインをよく口にする傾向~
9.健康でいたいと思う目的と家庭での調理・加工食品利用状況
  1)健康でいたいと思う目的と家庭での調理・加工食品利用状況のコレスポンデンス分析
    ~家庭での加工食品喫食がよくある人は長生きしたく体力や胃腸を強くしたい傾向~
  2)健康でいたいと思う目的と家庭での調理・加工食品利用状況
    ~長生きしたいから健康でいたいと思う人は冷凍食品やインスタントラーメンの利用が多い傾向~

第5章 食事における課題と食品消費の分析

1.食事における課題の回答組み合わせ状況
    ~全体の2割程は甘い食べ物、菓子(おやつ)がやめられないことが食事における課題と認識~
2.食事における課題と機能性を謳う食品の消費状況
  1)食事における課題と機能性を謳う食品の消費状況のコレスポンデンス分析
    ~体脂肪や血圧、コレステロール吸収を謳う食品を食べる人は寝る前の喫食を課題に感じる傾向~
  2)食事における課題と機能性を謳う食品の消費状況
    ~同居人が居る人は自分だけヘルシー料理にできず機能性を謳う食品を継続して食べる傾向~
3.食事における課題と健康効果を期待して良く食べる食品状況
  1)食事における課題と健康効果を期待して良く食べる食品状況のコレスポンデンス分析
    ~お酢や納豆、味噌などに健康効果を期待して食べる人はいつも同じような食事を選ぶ傾向~
  2)食事における課題と健康効果を期待して良く食べる食品の状況
    ~家族・同居人が喜ぶ食事を出しがちの回答者は健康効果が期待される食品を良く食べる傾向~
4.食事における課題と10食品群+3食品群の喫食状況
  1)食事における課題と10食品群+3食品群の喫食状況
    ~野菜や果物をほぼ毎日食べる人は早食いをしがち、おやつをやめられないことを課題に思う傾向~
  2)食事における課題と10食品群+3食品群の喫食状況
    ~家族・同居人が喜ぶ食事を出しがちの回答者は各食品群を毎週しっかり喫食する傾向~
5.食事における課題と栄養など摂取状況
  1)食事における課題と栄養など摂取状況のコレスポンデンス分析
    ~オリゴ糖や亜鉛、鉄分はあまり多くの消費者に摂取されてはいない傾向~
  2)食事における課題と栄養など摂取状況
    ~家族・同居人が喜ぶ食事を出しがちの回答者は栄養など積極的に摂取する傾向~
6.食事における課題と栄養摂取方法状況
  1)食事における課題と栄養摂取方法状況のコレスポンデンス分析
    ~夜寝る前に食べてしまうことがある人はサプリメントやプロテインで栄養を補う傾向~
  2)食事における課題と栄養摂取方法状況
    ~自分が食べたい食事を家族・同居人に出しがちの人は栄養をサプリメントで補う傾向~
7.食事における課題と健康のための食品選択状況
  1)食事における課題と健康のための食品選択状況のコレスポンデンス分析
    ~血圧や肥満などを気にしている人は食べ物を残せないことや早食いなどを課題ととらえる傾向~
  2)食事における課題と健康のための食品選択状況
    ~同居人と一緒で自分だけヘルシー料理が無理と思う人は塩分や脂肪分、糖質を控える傾向~
8.食事における課題と嗜好品の喫食状況
  1)食事における課題と嗜好品の喫食状況のコレスポンデンス分析
    ~ビールや日本酒などをよく口にする人は油料理を食べがちで濃い味を好む傾向~
  2)食事における課題と嗜好品の喫食状況
    ~アイスクリームやスナック菓子をよく口にする人は、清涼飲料がやめられない傾向~
9.食事における課題と家庭での調理・加工食品利用状況
  1)食事における課題と家庭での調理・加工食品利用状況のコレスポンデンス分析
    ~加工食品の利用が多い人は朝食を食べない、野菜不足などを食事における課題ととらえる傾向~
  2)食事における課題と家庭での調理・加工食品利用状況
    ~食事における課題を外食が多くなりがちと認識の人は家庭の食卓で加工食品が多い傾向~

第6章 ディープラーニングによるペルソナ別健康意識・購買確率予測

1.年齢・個人年収・BMI別ペルソナについて
  1)ペルソナを設定する目的
  2)分析方法
  3)AI分析を行う目的
  4)ペルソナの設定
  5)用語について
2.ペルソナ別の購買確率上位40
  1)10食品群+3食品群を「ほぼ毎日食べる」ペルソナ別回答確率上位40
  2)栄養などの摂取を「積極的に摂る」ペルソナ別回答確率上位40
  3)栄養の摂取方法が「あてはまる」ペルソナ別回答確率上位40
  4)健康効果が謳われる食品を「継続して食べている」ペルソナ別回答確率上位40
  5)食品を「健康効果を期待してよく食べる」ペルソナ別回答確率上位40
  6)健康のための食品を「選ぶ」ペルソナ別回答確率上位40
  7)嗜好品の喫食頻度が「よく口にする(週5日以上)」ペルソナ別回答確率上位40
  8)家庭での調理・加工食品利用状況で「よくある」ペルソナ別回答確率上位40
3.ペルソナの特性概要一覧
  1)男性若年層
  2)男性中年層
  3)男性ポストシニア層
  4)男性シニア層
  5)女性若年層
  6)女性中年層
  7)女性ポストシニア層
  8)女性シニア層
4.ペルソナ別回答確率予測一覧
  1)男性
    ①年収状況・身体状況・同居人状況・居住地
    ②職業・健康状態
    ③自分自身の健康を意識する時
    ④健康でいたいと思う目的
    ⑤喫煙状況・何年頃前に禁煙したか
    ⑥自分で健康だと思うとき
    ⑦食事で心がけていること
    ⑧10食品群+3食品群の喫食状況
    ⑨栄養摂取の状況
    ⑩栄養摂取方法の状況
    ⑪健康効果を謳う食品喫食の状況
    ⑫健康効果を期待して良く食べる食品の状況
    ⑬健康に良くないと思い食べない・あまり食べない食品の状況
    ⑭健康のために積極的に選ぶ食品の状況
    ⑮健康のため購入の決め手になることがある要件の状況
    ⑯味覚嗜好の状況
    ⑰よく口にする嗜好品の状況
    ⑱家で食事を用意するかされるか・家での手料理・調理・加工食品の状況
    ⑲食事における課題
    ⑳普段よく利用する食料品の購入場所
    ㉑健康に良い機能が強化された食品の普通の食品に比べた価格許容・良く利用するメディア
    ㉒よく利用するソーシャルメディア
    ㉓よく見るテレビ番組カテゴリー
    ㉔健康と食品に関する情報収集
    ㉕食品に関する情報を得て行動したかどうか
    ㉖運動状況
  2)女性
    ①年収状況・身体状況・同居人状況・居住地
    ②職業・健康状態
    ③自分自身の健康を意識する時
    ④健康でいたいと思う目的
    ⑤喫煙状況・何年頃前に禁煙したか
    ⑥自分で健康だと思うとき
    ⑦食事で心がけていること
    ⑧10食品群+3食品群の喫食状況
    ⑨栄養摂取の状況
    ⑩栄養摂取方法の状況
    ⑪健康効果を謳う食品喫食の状況
    ⑫健康効果を期待して良く食べる食品の状況
    ⑬健康に良くないと思い食べない・あまり食べない食品の状況
    ⑭健康のために積極的に選ぶ食品の状況
    ⑮健康のため購入の決め手になることがある要件の状況
    ⑯味覚嗜好の状況
    ⑰よく口にする嗜好品の状況
    ⑱家で食事を用意するかされるか・家での手料理・調理・加工食品の状況
    ⑲食事における課題
    ⑳普段よく利用する食料品の購入場所
    ㉑健康に良い機能が強化された食品の普通の食品に比べた価格許容・良く利用するメディア
    ㉒よく利用するソーシャルメディア
    ㉓よく見るテレビ番組カテゴリー
    ㉔健康と食品に関する情報収集
    ㉕食品に関する情報を得て行動したかどうか
    ㉖運動状況

第7章 統計的因果探索による消費者インサイト

1.統計的因果探索について
  1)因果探索の結果の見方
  2)因果探索の結果活用方法
2.性別・年齢層別・BMI別・個人年収別統計的因果探索結果
  1)性別
  2)年齢層別
  3)BMI別
  4)個人年収別
3.各設問回答者の統計的因果探索結果
  1)健康状態
  2)10食品群+3食品群の摂取状況
  3)栄養などの摂取状況
  4)栄養の摂取方法
  5)健康効果が謳われる食品の喫食状況
  6)健康効果を期待して摂取する食品
  7)健康のために選ぶ食品
  8)嗜好品の喫食頻度
  9)家での食事における調理・加工食品の使用状況

第8章 メディア・ミックスによる最適なタッチポイント

1.メディア・ミックスによる最適なタッチポイントについて
2.設問別メディア・ミックスによる最適なタッチポイント
  1)食品に関する情報を得て行動した経験
  2)健康状態
  3)食事で心がけていること
  4)10食品群+3食品群の摂取状況
  5)栄養などの摂取状況
  6)栄養の摂取方法
  7)健康効果が謳われる食品の喫食状況
  8)健康効果を期待して摂取する食品
  9)健康のために選ぶ食品
  10)味覚の嗜好
  11)嗜好品の喫食頻度
  12)家での食事における調理・加工食品の使用状況
  13)普段よく利用する食料品の購入場所

第9章 回答結果一覧

個人年収(SA)
世帯年収(SA)
身長・体重・BMI(平均値)
健康状態(SA)
健康を意識するとき(MA 最大13件まで)
健康でいたいと思う目的(MA 最大7件まで)
喫煙状況(SA)
健康だと思うとき(MA 最大10件まで)
食事で心がけていること(SA)
10食品群+3食品群の摂取状況(SA)
栄養などの摂取状況(SA)
栄養の摂取方法(SA)
健康効果が謳われる食品喫食状況(SA)
健康効果を期待した食品喫食状況(SA)
健康に良くないと思う食品喫食状況(SA)
健康のために選ぶ食品(SA)
商品を買うときに注意すること(SA)
味覚の嗜好状況(SA)
嗜好品の喫食頻度(SA)
家での食事を用意する立場か用意される立場か(SA)
家での食事における調理・加工食品の使用状況(SA)
食事における課題(MA 最大21件まで)
普段よく利用する食料品の購入場所(MA 最大7件まで)
健康に良い機能が強化された食品の価格許容状況(SA)
良く利用するメディア(MA 最大6件まで)
良く利用するソーシャルメディア(MA 最大6件まで)
良く見るテレビ番組カテゴリー(MA 最大7件まで)
健康と食品に関する情報収集(MA 最大6件まで)
食品に関する情報を得て行動した状況(SA)
運動状況(①と②はSA、③~⑤はMA)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約300頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。