2022年版 レーザー照明市場の現状と展望

照明用途に使用される半導体レーザーを調査し、世界市場規模、製品アプリケーション別トレンド、関連企業動向、将来展望を明らかにした。

発刊日
2022/09/30
体裁
A4 / 110頁
資料コード
C64109500
PDFサイズ
6.3MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 110頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:照明に使用される可視光半導体レーザー、アプリケーション(ヘッドライト、プロジェクター、家庭用照明、業務用照明、HMD、その他)、周辺部材に関する組織の現在と今後の動向を調査し、レーザー照明市場の現状と将来展望を把握することを目的とする。
調査対象:照明に使用される可視光半導体レーザー(面発光/端面発光)
調査方法:弊社専門調査員による(一部 Web 会議システム等を活用した)直接面談取材によるもの
調査期間:2022年5月~2022年9月

調査結果サマリー
Close

レーザー照明世界市場に関する調査を実施(2022年)
レーザー照明世界市場は家庭用照明の普及拡大により、急成長する見通し
~端面発光青色レーザーは発光効率50%を超え、面発光もゲーム・チェンジャーを狙い開発が続く~

資料ポイント
Close

光源メーカーの増加で競争激化
​期待が高まり新旧アプリケーションの深化・進化へ

  • 2023年のレーザー照明市場は6,579億円、家庭用照明もレーザー化することなどで2030年は8,755億円に!
  • COVID-19で成長率は鈍くなるが、高シェアのプロジェクターは堅調成長
  • 美しさも求められるフェーズとなり5nm刻みの多様な波長開発必至
  • HMDやLi-Fiは軍需とのデュアルユースで民生へも普及拡大
  • 面発光は白色光再現のソニーに続け!各社IRで培ったノウハウで可視光にも
  • 安価でフレキシブルな特徴で日本初有機半導体レーザーは九州から世界へ
  • 蛍光体は新規開発の早期開発に向けた機械学習も活用中

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 レーザー照明市場の現状と展望

レーザー照明市場の現状と展望
  COVID-19で鈍る成長をカバーして堅調な成長
  家庭用の急成長時には数量規模前年比120%超え
1、レーザー照明市場の現状と展望
  引き続きプロジェクターなどで市場をけん引
  家庭用照明用途の普及で1兆円へ近づく
    表.レーザー照明アプリケーションの一例及び特徴
    表.半導体レーザー(照明用途)とLEDの特徴比較
    表.アプリケーション別レーザー照明市場規模推移と予測
    (2020-2030年、数量、金額、成長率)
    図.レーザー照明の市場規模推移と予測(2020-2030年、数量、金額)
    表.アプリケーション別レーザー照明市場シェア推移と予測
    (2020-2030年、数量、金額)
    図.アプリケーション別レーザー照明市場規模シェア推移と予測
    (2020-2030年、数量)
    図.アプリケーション別レーザー照明市場規模シェア推移と予測
    (2020-2030年、金額)

第2章 アプリケーション別レーザー照明市場の現状と展望

アプリケーション別レーザー照明市場の現状と展望
  普及には「従来光源性能の超越」と「対応不可領域の到達」の二択
1、ヘッドライト
  遠方照射からデザインへのシフト
  波長の拡大で評価が上がる美しさへ
    表.半導体レーザーヘッドライトユニット市場規模推移と予測
    (2020-2030年、数量、金額、成長率)
    図.半導体レーザーヘッドライトユニット市場規模推移と予測
    (2020-2030年、数量、金額)
2、プロジェクター
  システムユースが引き続き市場を牽引
  光源コスト低減の兆しはまだ先
  COVID-19で様変わりする使用・販売状況
  搭載光源数量の増加兆しもあり
    表.半導体レーザープロジェクターユニット用途別市場規模推移と予測
    (2020-2030年、数量、金額、成長率、シェア)
    図.半導体レーザープロジェクターユニット市場規模推移と予測
    (2020-2030年、数量、金額)
    図.半導体レーザープロジェクターユニット用途別数量シェア推移と予測
    (2020-2030年)
    図.半導体レーザープロジェクターユニット用途別金額シェア推移と予測
    (2020-2030年)
3、家庭用照明
  キーワードはSDGs
  LED代替し低炭素社会の実現に寄与
    表.半導体レーザー家庭用照明ユニット市場規模推移と予測
    (2020-2030年、数量、金額、成長率)
    図.半導体レーザー家庭用照明ユニット市場規模推移と予測
    (2020-2030年、数量、金額)
4、業務用照明
  路面照射など既存の応用もベースとして継続
  演色性高いイベントなどのシーンでも採用拡大
    表.半導体レーザー業務用照明ユニット市場規模推移と予測
    (2020-2030年、数量、金額、成長率)
    図.半導体レーザー業務用照明ユニット市場規模推移と予測
    (2020-2030年、数量、金額)
5、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
  業務用途としての採用増と防衛用途でのケタ違い需要の発生により
  今後も市場をけん引
    表.主なHMDの概要
    表.半導体レーザーHMDにおけるサプライチェーン一例
    表. HMD用半導体レーザーユニット市場規模推移と予測
    (2020-2030年、数量、金額、成長率)
    図.HMD用半導体レーザーユニット市場規模推移と予測
    (2020-2030年、数量、金額)
6、その他
  特徴をフィットさせ、LEDなどには対応できない領域をカバー
    表. その他アプリケーションにおける半導体レーザーユニット市場規模推移と
    予測(2020-2030年、数量、金額、成長率)
    図.その他アプリケーションにおける半導体レーザーユニット市場規模推移と
    予測(2020-2030年、数量、金額)

第3章 各要素部品市場の現状と展望

各要素部品市場の現状と展望
  光源開発は次世代のフェーズへ、各種部材も高機能化へ徹する
1、レーザー光源パッケージ~モジュールの市場トピック
  発光効率50%超え、効率改善開発は次フェーズへ
    表.半導体レーザー光源モジュールの種類と概要(価格・制御方式・概観)
    表. 半導体レーザー搭載アプリケーションにおける光源の色数一例
2、可視光半導体レーザー市場と動向
  LSI製造に似た製造方法を実現、対LEDと対端面発光でメリット顕在
    表.可視光半導体レーザー市場規模推計と予測(2020-2030年、金額)
    図.可視光半導体レーザー市場規模推計と予測(2020-2030年、金額)
3、蛍光材料市場と動向
  いまだ数量は少ないが、高性能新蛍光体開発の早期実現目指す
    図. 封止材別使用環境温度-色表現の関係イメージ
    図. 照明領域における主要蛍光材料を取り巻くプレーヤー相関図の一例
    表.半導体レーザーアプリケーション向け蛍光材料市場規模推計と予測
    (2020-2030年、数量)
    図.半導体レーザーアプリケーション向け蛍光材料市場規模推計と予測
    (2020-2030年、数量)
4、アプリケーショントピック~Li-Fi市場の市場と動向~
  イルミネーションからコミュニケーションへ
  空中よりも水中から市場形成
    表.使用環境別半導体レーザーLi-Fiアプリケーション市場規模推計と予測
    (2020-2030年、数量、金額)
    表.半導体レーザーLi-Fiアプリケーション市場規模推計と予測
    (2020-2030年、数量、金額)
    図. 半導体レーザーLi-Fiアプリケーション市場規模推計と予測
    (2020-2030年、数量、金額)

第4章 レーザー照明市場関連プレーヤーの動向

ウシオ電機株式会社
  1964年設立、光の専門メーカー
  光のプロフェッショナルとしてソリューションカンパニーを目指す
  レーザープロジェクター用赤色高出力半導体レーザーは世界最高のパルス光出力3.5Wを実現
  「レーザー学会産業賞」の奨励賞を受賞
  図.ウシオ電機における赤色LDのI-L特性(左:CW、右:Pulse)
  表.ウシオ電機におけるレーザープロジェクター用赤色高出力LDの製品仕様
 
大阪大学 レーザー科学研究所/可視光半導体レーザー応用コンソーシアム
  電気-光変換効率は50%を超え ロードマップにon timeで開発進む
  コロナ禍でも工夫された活動 各種委員も活発
  表. 可視光半導体レーザー応用コンソーシアムの活動一例
  図.可視光半導体レーザーの効率ロードマップ
 
株式会社オキサイド
  発光効率235 lm/W、半導体レーザー耐久性は60 W以上
  高効率・高耐久蛍光体『EPOCH-Neo』
  2021年に東証グロースへ上場
  高性能蛍光体量産間近
  図. 『EPOCH-Neo』における波長-発光スペクトルの関係(左)と
  出力-耐久性の関係(右)
  図.『EPOCH-Neo』の外観イメージ(左)と発光イメージ(右)
  図.『EPOCH-Neo』における蛍光体インゴット(リボンタイプ)の外観図
 
コーデンシ株式会社
  カスタマイズを得意とするシリコン太陽電池のパイオニア
  超小型RGBレーザー光源モジュール開発
  業界で一番薄い・小さい・幅広いを開発
  新規事業の立ち上げにも前向き
  「世界最小クラスのRGBレーザー光源モジュール」を開発
  波長依存性が少ない合波機構
  図.PLCを用いた光源モジュールのブロックイメージ図
  表.超小型RGBレーザー光源モジュール仕様一覧
  明確なターゲットを意識
  展示会などで集めたヒントにも対応しさらなるターゲット確保へ
 
株式会社三技協
  光無線通信の車載技術を実現し2025年以降の社会実装へ
  「Beyond 5G研究開発促進事業」でも取りざたされるLi-Fi
  目指すは『最適化』
  安定・高速・低遅延・導入簡単な「LED Backhaul®」展開中
  図. LED Backhaul外観図イメージ
  図. LED Backhaul®特徴一例
  「LED Backhaul®」の引き合いで潜在ニーズ増加
  車載の国プロは成功裏に終わり社会実装へ向けたワーキング開始
  図.高速道路本線を磁束80km車間9mで走行している車群画像
  Li-Fiの位置付け、メリット・デメリット
  空気中/陸上だけでなく水中へもアプローチ検討
 
シチズン電子株式会社
  業界最小クラスのドライバIC内蔵センシング用VCSELリリース
  LED大手もレーザー市場へ参入
  IC内蔵の赤外VCSELでシステムサイズ50%の小型化
  図.ドライバIC内蔵VCSELの外観図
  図.ドライバIC内蔵による小型化のイメージ図
 
株式会社島津製作所
  可視光半導体レーザーで海中における数十Mbpsクラスの高速通信を可能に
  防衛用途でも使用される技術を用いてゲーム・チェンジャーとなる
  デュアルユース技術の橋渡し研究制度を活用
  磁器計測機器の開発ノウハウを生かす
  水中無線通信装置を販売
  スタンダードモデルと高級モデルに加え低価格モデルも開発中
  図.島津製作所の水中無線通信装置(左:MC100、右:MC500)
  図.水中光無線通信装置が使用されるイメージイラスト
 
シャープ福山レーザー株式会社
  R・G・B3色供給可能な体制 顧客とのリレーション築き強みを生かす
  RGB3色対応可能な有数プレーヤー
  それぞれの波長を研ぎ澄まし美しい色を目指す
  図.シャープの波長と出力別半導体レーザー製品一例
  表.シャープのレーザーダイオードにおけるパッケージ別波長一例

セーレンKST株式会社
  メタバース対応で導波路の量産秒読み
  美しいビーム形状と軸の一致度でLaSAR Allianceの要となる
  シナジー効果高まり開発加速 ビーム形状と軸の一致度は随一
  図.同社RGBビームプロファイル(上)とRGBの光軸ズレ量(下)
  図.同社RGB導波路の構造イメージ(左)とRGB導波路の搭載イメージ(右)
  既存HMDメーカーからの引き合いも
  HMDだけでなく新規用途も増加
  地場組織との協業も強化 地域に根差した世界企業
 
ソニーグループ株式会社
  VCSELによる白色発光を実現しリリース秒読みへ
  アレイ化したセンシング用途もあるため幅広い応用期待
  片面が凹面のVCSELとし小さいしきい値で発光可能
  ひかりの均一性についても注目のトピック
  図.VCSELチップ外観図
  図. 赤、青、緑3つのVCSEL 出力によって照射されたスクリーン画像
  図.ソニーのレーザー製品ラインアップ
  表.ソニーの波長帯別半導体半導体レーザー製品ラインアップ
 
三菱ケミカル株式会社
  半導体レーザー市場を狙う蛍光体トッププレーヤー
  バランスのとれた発光効率と耐久性品をラインアップ
  要求に応じた仕様を開発
  毎年高性能化して展開
  表.三菱ケミカルの主な蛍光体製品ラインアップ
 
学校法人名城大学 光デバイス研究センター
  青色LEDを起点とし新規光デバイス開発によるブランド構築
  量子殻半導体レーザーの発振を実現
  シングルモードのマルチビームで照明用途への可能性高まる
  図.量子殻半導体レーザー構造イメージ
  図.量子殻構造拡大画像
  取り組みプロジェクトや論文多数
 
株式会社KOALA Tech
  九州発・世界初の有機半導体レーザー技術誕生
  軽量・薄型・高い曲げ適性のあるデバイスが任意波長で発振
  九州発技術を大学ベンチャーで世界へ
  大学発技術の商用化を目的として誕生
  低コスト化や無機レーザーダイオードにはできない任意波長が可能なOSLD
  材料設計や実装において高い自由度
  図.OSLDが発振するイメージ図
  足元開発は任意波長でのレーザー発振実現などがテーマ
  2025年以降の量産を経てIPOも射程内
 
株式会社QDレーザ
  上場し一気に製品ラインアップも増加
  RETISSA®DisplayⅢもリリース間近
  2021年2月に東証グロースへ上場
  セミファブレスを強みとし臨機応変な体制
  フローサイトメトリー用光源のモジュール化でコンパクト化を実現
  大手機器メーカー2社からの認証得てシェアトップを目指す
  表.QDレーザの可視光領域レーザにおける主な製品ラインアップ
  図.小型可視レーザ外観図
  図.CWドライバ内蔵BOX外観図
  図.小型マルチカラーレーザ光源モジュール外観図
  新製品はONHANDやSuperCapture、MEOCHECKなど続々
  RETISSA®DisplayⅢも間もなく製品化
  図. RETISSA®シリーズ新形態の3製品
  (左:on hand、中:Super Capture、右:MEOCHECK)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 110頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。