2023年版 世界AGV/AMR市場の現状と将来展望

発刊日
2023/08/09
体裁
A4 / 181頁
資料コード
C65101700
PDFサイズ
11.3MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 181頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:AGV/AMR 産業に対する主要国の政策・支援策の動向、市場の需要や供給状況、有力参入メーカーの製品・生産・出荷・開発動向や今後の戦略を調査・分析し、更に周辺情報を加えることで世界の AGV/AMR 市場の現状を把握し、今後の業界を展望することを目的とする。
調査対象:日本及び海外の AGV/AMR メーカー、AGV/AMR 周辺機器及び部品メーカー、SI 企業、Raas企業、AGV/AMR 導入企業、政府機関、大学・研究所、業界団体など。
本レポートで取り扱う市場規模は、「ISO3691-4(JISD6801)」に適合する産業用 AGV/AMRを対象とし、世界市場を推計している(但し、Amazon が自社用で導入している Amazon Robotic製の AGV/AMR については、推計に含まない)。
調査方法:弊社専門研究員による直接面談取材をベースに、文献調査を併用
調査期間:2023年3月~2023年8月

調査結果サマリー
Close

AGV/AMR世界市場に関する調査を実施(2023年)
2026年のAGV/AMR世界出荷金額を9,087億円に拡大予測
~人手不足や人件費上昇、作業の効率化を目指す、世界的な物流搬送自動化の潮流で、市場は本格的な拡大局面に~

資料ポイント
Close

AGVの多様化やAMRの登場で選択肢が広がる、「カスタマイズ」と「マルチ誘導式」は成長への神器

  • 世界的な物流自動化の潮流で、2026年はCAGR121.9%に
  • 中国市場がWW市場を牽引、凄まじいまでの成長で4割のトップシェア
  • 海外展開を一層加速する中国企業、その武器はコスト競争力
  • 欧州は補助金頼みではなく、実需が市場を牽引
  • 進む製品仕様の改良や改善、製品のグローバル平均価格は短期的にやや上昇へ

前回版との違い

  • 世界市場規模の現状及び将来展望
  • 主要国別の市場規模及びシェア推移
  • 主要国の動向(政策・支援策、需要企業動向など)
  • 主要メーカーの市場シェア
  • 主要メーカーの生産動向
  • 主要技術トレンド

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章  世界AGV/AMR市場の現状と将来展望

<世界AGV/AMR市場の現状と将来展望>
1.市場規模推移と今後の予測
  世界的な物流自動化の潮流で本格的な開花局面を迎える
  2026年は出荷台数ベースで30万台を超える
    表.AGV/AMRの世界市場規模推移(台数・金額:2021~2026年予測)
    図.AGV/AMRの世界市場規模推移(台数・金額:2021~2026年予測)
2.国別のAGV/AMR出荷動向
  中国市場が世界シェアの約4割を占め、最大市場として市場全体を牽引
    表.国別のAGV/AMRの世界市場規模推移(台数:2021~2026年予測)
    表.国別のAGV/AMRの世界市場規模推移(金額:2021~2026年予測)
    図.AGV/AMR市場の国別構成比(台数:2021~2026年予測)
    図.AGV/AMR市場の国別構成比(金額:2021~2026年予測)
    表.国別のAGV世界市場規模推移(台数:2021~2026年予測)
    表.国別のAGV世界市場規模推移(金額:2021~2026年予測)
    表.国別のAMR世界市場規模推移(台数:2021~2026年予測)
    表.国別のAMR世界市場規模推移(金額:2021~2026年予測)
3.AGV/AMRメーカーシェア
  絶対的な先頭企業は台頭していないフレキシブルな状況
    図・表.世界における主要AGV/AMRメーカーシェア(台数ベース、2022年)

第2章 主要国別の市場動向

Ⅰ.日本
  1.日本市場を取り巻く環境
    1-1.日本市場の成り立ち
    80年代に、大手自動車メーカーによる無人化プロジェクトからスタート
    1-2.日本の労働供給力及び需要動向
    1-2-1.労働力供給状況
    少子高齢化による生産年齢人口の減少が深化、外国人流入でも人手不足感は解消せず
    1)生産年齢人口の推移と将来予測
    図.日本の人口推移と将来推計(2000~2050年予測)
    図.日本の出生数推移(2010~2022年)
    2)外国人労働者雇用動向
    図.産業別外国人労働者数の推移(2008~2022年)
    1-2-2.労働力需要状況
    1)製造業の設備投資動向
    2021年から工場立地件数・面積共に回復傾向で推移、機械受注額は30兆円を突破
    ①工場立地件数・面積の推移
    図.工場立地件数・面積の推移(2012~2022年)
    ②機械受注額の推移
    図.年度別機械受注総額の推移(2012~2022年度)
    2)物流市場の現状
    非対面消費トレンドの拡散や企業のEC化率の加速化により、今後も成長基調
    図.日本の物販系分野BtoC-EC市場規模及びEC化率の推移(2013~2021年)
    表.日本の物販系分野の商品毎のBtoC-EC市場規模及びEC化率(2020~2021年)
    3)雇用人員判断D.I.(人手不足感)の推移
    図.雇用人員判断D.I.の推移 
  2.AGV/AMR導入に係る補助金の動向
    1)ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金
    2)総合効率化計画認定
  3.市場規模
    半導体不足が解消する中、人手不足と設備投資需要が高まり、コロナ以前の水準に
    表.日本におけるAGV/AMR市場規模推移(台数・金額ベース:2021~2026年予測)
    図.日本におけるAGV/AMR市場規模推移(台数・金額ベース:2021~2026年予測)
  4.企業動向
    参入企業の増加で、市場は独占企業のないフレキシブルな状況 
    図・表.日本における主要AGV/AMRメーカーシェア(台数ベース、2022年)
    表.日本における主要AGV/AMRメーカー一覧
Ⅱ.中国
  1.中国市場を取り巻く環境
    1-1.中国市場の成り立ち
    ロボット産業強国を目指し、技術開発・育成に対する様々な政策や支援策を展開
    表.中国におけるロボット産業関連の主要政策
    1-2.中国の労働供給力及び需要動向        
    1-2-1.労働力供給状況
    急激な人口減少で「人口危機論」が浮上、2035年からは生産年齢人口が50%台へ
    1)生産年齢人口の推移と将来予測
    図.中国の人口推移と将来推計(2000~2050年予測)
    図.中国の出生数推移(2000~2022年)
    2)最低賃金動向
    主要8都市の平均最低賃金は年平均5.5%上昇、都市と地方の賃金格差も大きい
    図.中国主要都市の最低賃金平均額の推移(2012~2022年)
    図.中国主要都市の最低賃金動向(2022年)
    1-2-2.労働力の需要状況
    1)製造業者数の動向
    2022年に製造業の付加価値額は40兆人民元台を突破、外国人直接投資も増加傾向へ
    図.中国における外国人直接投資の推移(2020~2023年5月迄)
    ②機械産業規模の推移
    図.年度別機械産業規模の推移(2018~2022年度)
    2)物流市場の現状
    2021年にEC化率35%を記録
    図.中国の物販系分野BtoC-EC市場規模及びEC化率の推移(2015~2021年)
    表.中国の物販系分野の商品毎のBtoC-EC化率(2020~2021年)
    3)製造業の人手不足
    宅配ライダーが1千万人を超える一方、製造業は直近5年間で150万人が減少
    表.人手不足が予想される製造業10分野
  2.AGV/AMR導入に係る補助金の動向
    ロボットクラスタを造成し、施設投資の10%還付、売上の15%支援する政策を展開
  3.市場規模
    政府の手厚い支援策の下、AGV/AMRの生産や導入が拡大
    表.中国におけるAGV/AMR市場規模推移(台数・金額ベース:2021~2026年予測)
    図.中国におけるAGV/AMR市場規模推移(台数・金額ベース:2021~2026年予測)
    図.AGVを活用した駐車場のイメージ 
  4.企業動向
    主要部品の国産化で低コストを実現、国内市場はもちろん海外進出に拍車をかける
    図・表.中国における主要AGV/AMRメーカーシェア(台数ベース、2022年)
    表.中国における主要AGV/AMRメーカー一覧
Ⅲ.韓国
  1.韓国市場を取り巻く環境
    1-1.韓国市場の成り立ち
    2010年代に入り、大学発の研究所やベンチャー企業を中心にAGVの開発が本格化
    1-2.韓国の労働供給力及び需要動向
    1-2-1.労働力の供給状況
    晩婚化により出生率の減少が継続、生産年齢人口は2040年には50%台まで減少
    1)製造業と運輸・倉庫業の企業数及び従業者数の動向
    表.韓国製造業と運輸・倉庫業の企業数及び従業者数の現状(2022年3月時点)
    2)生産年齢人口の推移と将来予測
    図.韓国の人口推移と将来推計(2000~2050年予測)
    表.韓国の出生数推移(2010~2022年)
    1-2-2.労働力需要状況
    1)製造業の設備投資動向
    2021年から工場立地面積が回復、機械受注額も過去最大のYoY161%増へ
    ①工場立地件数・面積の推移
    図.工場立地件数・面積の推移(2012~2022年)
    ②機械受注額の推移
    図.年度別機械受注総額の推移(2012~2022年)
    2)物流市場の現状
    一人暮らし世帯や共働きの増加、コロナ禍などを背景にEC化率は20%以上へ
    図.韓国の小売販売額とBtoC-EC販売額及びEC化率の推移(2020~2022年)
    3)雇用不足人員(人手不足)の推移
    表.韓国製造業と運輸・倉庫業の雇用不足人員の推移(2021~2023年上半期)
  2.AGV/AMR導入に係る補助金の動向
    1)サービスロボット実証支援事業
    H/WやS/W、カスタマイズ費用を含めた導入費用の50%を支援
  3.市場規模
    23年と24年が市場成長の元年、韓国市場に参入する最終目標はグローバル市場シェア拡大
    表.韓国におけるAGV/AMR市場規模推移(台数・金額ベース:2021~2026年予測)
    図.韓国におけるAGV/AMR市場規模推移(台数・金額ベース:2021~2026年予測)
    図.製造業のロボット(産業用及び協働ロボット)密度世界トップ10位(2021年)
    図.韓国製造業におけるロボット(産業用及び協働ロボット)密度(2010~2021年)
  4.企業動向
    ローカル企業4社のシェアが60%以上を占める
    図・表.韓国における主要AGV/AMRメーカーシェア(台数ベース、2022年)
    表.韓国における主要AGV/AMRメーカー一覧
Ⅳ.米州
  1.米州市場を取り巻く環境
    1-1.米州市場の成り立ち
    物流自動化の主要需要国の米国、50年代に世界で初めてAGVを開発
    1-2.米州の労働供給力及び需要動向
    1-2-1.労働力の供給状況
    1)生産年齢人口の推移と将来予測
    生産年齢人口は64.9%、ベビーブーマー世代の引退などが背景
    図.米国の人口推移(2000~2022年)
    図.米国の出生数推移(2000~2022年)
    1-2-2.労働力需要状況
    1)労働力の需要動向
    リショアリング企業の増加で、労働力や自動化設備の需要増を見込む
    図.米国のリショアリング企業数推移(2010~2022年)
    表.米国主要地域における投資金額及び投資企業(2021年1月~2023年3月)
    2)物流市場の現状
    EC市場規模は2022年に1兆USDを突破し、最高値を更新
    図.米国の小売販売及びEC市場規模推移(2016~2022年)
    図.米国のEC化率推移(2016~2022年)
    表.米国の商財別EC市場規模(2021~2022年)
  2.AGV/AMR導入に係る補助金の動向
    1)BBBR補助金
    中央政府や州政府レベルで支援策を展開
  3.市場規模
    表.米州におけるAGV/AMR市場規模推移(台数・金額ベース:2021~2026年予測)
    図.米州におけるAGV/AMR市場規模推移(台数・金額ベース:2021~2026年予測)
    製造業の投資拡大や人手不足・人件費の上昇で、自動搬送ニーズは年々増加傾向
  4.企業動向
    M&Aによるシナジー効果で、事業強化の動きが広がる
    図・表.米州における主要AGV/AMRメーカーシェア(台数ベース、2022年)
    表.米州における主要AGV/AMRメーカー一覧
Ⅴ.欧州
  1.欧州市場を取り巻く環境
    SPARCやHorizonを通じてロボット産業を支援
    ドイツはAGV/AMRの欧州最多導入国家
    1)欧州市場におけるAGV/AMR関連主要政策・支援制度
    2)ドイツの動向
    1-2.ドイツの労働供給力及び需要動向
    1-2-1.労働力の供給状況
    1)生産年齢人口の推移と将来予測
    熟練工の不足が課題、自動化は選択ではなく必須
    図.ドイツの人口推移(2012~2070年予測)
    図.ドイツの人口比率推移(2012~2022年)
    1-2-2.労働力需要状況
    1)労働力需要動向
    製造業のGDP割合は24%で、4大製造業を中心に自動化が進む
    図.ドイツの産業構造(2022年)
    図.ドイツの産業全体と製造業の従業員数推移(2012~2022年)
    2)物流市場の現状
    ドイツEC市場は19年と20年に大幅成長、EC市場拡大と共に物流自動化の導入が拡大
    図.ドイツの小売市場及びEC市場規模推(2012~2022年) 
    図.ドイツのEC化率推移(2012~2022年)
  3.市場規模
    表.欧州におけるAGV/AMR市場規模推移(台数・金額ベース:2021~2026年予測)
    図.欧州におけるAGV/AMR市場規模推移(台数・金額ベース:2021~2026年予測)
    財政支援などの優遇政策は無いものの、自動化・少人化ニーズが市場を牽引
  4.企業動向
    欧州や米州企業のシェアが高いが、中国系も台頭し始める
    図・表.欧州における主要AGV/AMRメーカーシェア(台数ベース、2022年)
    表.欧州における主要AGV/AMRメーカー一覧

第3章 AGV/AMRの概要及び主要技術動向

1.AGV/AMR市場の概要
  1-1.本稿でのAGV/AMR市場
    「ISO3691-4(JISD6801)」に適合する無軌道無人搬送車が対象
    表.ロボットの分類及び導入先
    表.無人搬送車(広義)の種類と、本稿でのAGV/AMR市場
  1-2.AGV/AMRの特徴
    1)AGV
    決められたルートを走行する事は、最大の長所であり短所
    2)AMR
    誘導体が不要でフレキシブルな運用が可能な反面、課題も山積み
2.技術及び機能によるAGV/AMRの区分
    一短一長あるが、導入場所と用途に合わせた製品が最適
  2-1.走行方式による区分
    「組立工程」や「検査工程」などで、より強みが発揮できる
    表.走行方式による分類
  2-2.搬送方法による区分
    車型、牽引型、低床型、フォークリフト型に大分
    1)搬送方法による車体の形状や特長
    図.搬送方法による車体の形状
    2)搬送方法による車体のトレンド
    カスタマイズが市場の潮流
  2-3.走行方式(誘導方式)の区分
    単機能式からマルチ誘導式へ
    1)走行方式による特徴と主要技術動向 
    表.各誘導方式の誘導体及びメインセンサー
    表.各誘導方式のメリット・デメリット
    ①磁気誘導式
    ②光学誘導式
    ③画像認識方式
    ④レーザー誘導式
    ⑤SLAM誘導式
    2)各誘導方式の整理と比較

第4章 AGV/AMR関連企業の動向と戦略

愛知機械テクノシステム株式会社
  20年以上の歴史を持つ無人搬送車専業メーカー、製品開発力が強み
  1.事業概要
  表.愛知機械テクノシステムのAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  1)AGV
  標準仕様から特別仕様まで幅広くラインアップ
  表.AGV製品の主な仕様
  2)AMR
  屋外タイプのLiDAR SLAM式を追加
  表.AMR製品の主な仕様
  3.生産動向
  年産2千台前後の国内生産体制で運営中
  表.AGV/AMRの生産拠点及び生産能力(2023年見込)
  4.出荷動向
  低床型の出荷がメイン、多機能・重量モデルなどの高価格品の需要が拡大
  表.AGV/AMRの出荷台数推移(2020~2023年見込)
  図.国別出荷台数構成比(2022~2023年見込)
  図.需要分野別出荷台数構成比(2022~2023年見込)
  5.技術動向
  業種や業態に応じたラインアップを拡充
 
株式会社豊田自動織機(トヨタL&Fカンパニー)
  多様な作業環境・スタイルに合わせた豊富な製品ラインアップ 
  1.事業概要
  表.豊田自動織機のAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  1)AGV
  磁気式の「KEY CART」が主力製品、基本装備を厳選する事で低価格を実現
  表.AGV製品の主な仕様
  2)AGF
  ガイドレスタイプを拡充する他、冷凍・冷蔵庫仕様AGFを展開
  表.AGF製品の主な仕様
  3.出荷動向
  AGV/AGFともに日本の製造業向け出荷がメイン
  表.出荷台数推移(2021~2023年見込)
  図.国別出荷台数構成比(2022年)
  4.技術動向
  トラック荷役対応の自動運転フォークリフトを開発中
 
株式会社明電舎
  モーターを製造する重電メーカーならではの優秀な制御技術・誘導技術が強み
  1.事業概要
  表.明電舎のAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  1)AGV
  150kgから最大6tまでの多様なラインアップ
  表.AGV製品の主な仕様
  3.生産動向
  日・中・タイの生産拠点を稼働中
  表.AGVの生産拠点及び生産能力(2023年見込)
  4.出荷動向
  製造業が注力市場、半導体業界への提案を更に強化していく計画
  図.国別出荷台数構成比(2022~2023年見込)
  図.需要分野別出荷台数構成比(2022~2023年見込)
  5.技術動向
  制御技術の高度化及び群制御技術の精密化を図る
 
オムロン株式会社
  高い製品技術力に加え、海外営業力が強み
  1.事業概要
  表.オムロンのAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  1)AGV
  最大で100台まで統合制御が可能
  表.AGV製品の主な仕様
  2)AMR
  最大可搬1.5tで、大型搬送自動化に適応可能
  表.AMR製品の主な仕様
  3.出荷動向
  世界40カ国に3千台以上の実績を保有
  表.AGV/AMRの出荷台数推移(2020~2023年見込)
  4.技術動向
  協働ロボット搭載のラインアップを拡充する可能性
 
株式会社ダイフク
  世界トップクラスのマテハンメーカー、物流システムとしてAGVを展開
  1.事業概要
  表.ダイフクのAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  高機能モデルの「FAV」と低価格モデルの「FAC」が主力製品
  1)AGV
  図.AGV製品のイメージ
  3.生産動向
  米国拠点の生産一本化で、生産能力3割向上の見込
  4.出荷動向
  国内の他、北米と欧州が主要出荷国
  5.技術動向
  AMR開発の動きが鮮明に
 
北京极智嘉科技股份有限公司(Geek+)
  スマート物流に注力する中国のAIロボットベンチャー企業
  1.事業概要
  表.Geek+のAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  画像認識やSLAM誘導式など、豊富な製品ラインアップを保有
  1)AGV
  表.AGV製品の主な仕様
  2)AMR
  表.AMR製品の主な仕様
  3.生産動向
  年産2万台前後規模の生産体制
  表.AGV/AMRの生産拠点及び生産能力(2022~2023年見込)
  4.出荷動向
  海外向けが4割以上を占める、更なるグローバル市場の拡大を計画中
  表.AGV/AMRの出荷台数推移(2020~2023年見込)
  図.国別出荷台数構成比(2022年)
  5.技術動向
  ソフトウェアの標準化及び拡張性の高性能化を推進
 
杭州海康机器人股份有限公司(HIK Robot)
  HIKグループの影響力を背景に、大手サプライチェーンを保有
  1.事業概要
  表.HIK RobotのAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  群制御やWMSに優れたソフトウェアを新たに採用
  1)AGV
  表.AGV製品の主な仕様
  2)AMR
  表.AMR製品の主な仕様
  3.生産動向
  2024年には、生産能力を2倍に増強
  表.AGV/AMRの生産拠点及び生産能力(2022~2024年予測)
  4.出荷動向
  2023年には約160%の出荷増を見込む
  表.AGV/AMRの出荷台数推移(2020~2023年見込)
  図.国別出荷台数構成比(2022年)
  5.技術動向
  製品ラインアップの拡張や制御の高精度化を図る
 
上海快倉智能科技有限公司(Quicktron)
  中国AGVパイオニア企業、海外展開に拍車
  1.事業概要
  表.QuicktronのAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  画像認識誘導式が主力製品
  1)AGV
  表.AGV製品の主な仕様
  2)AMR
  表.AMR製品の主な仕様
  3.生産動向
  6万台規模の生産体制
  表.AGV/AMRの生産拠点及び生産能力(2022~2023年見込)
  4.出荷動向
  海外向けが6割以上、今後も海外市場拡大に注力
  図.国別出荷台数構成比(2022年)
  5.技術動向
  協働ロボットメーカーとの技術協力により、コラボレーション製品を展開
 
華暁精密工業(蘇州)有限公司(Huaxiao Precision Industry(Suzhou)Co., Ltd.)
  中国自動車業界で高いプレゼンス、今後は北米と東南アジアシェア拡大へ
  1.事業概要
  表.華暁精密のAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  多様な誘導方式の製品をラインアップ
  1)AGV
  表.牽引型AGV製品の主な仕様
  表.低床型AGV製品の主な仕様
  表.フォークリフト型AGV製品の主な仕様
  3.生産動向
  中国2工場、計5千台の生産キャパで運営中
  表.AGVの生産拠点及び生産能力(2022~2023年見込)
  4.出荷動向
  中国向け出荷が8割以上、中国・海外ともに製造業向けがメイン
  表.AGV出荷台数推移(2020~2023年見込)
  図.国別出荷台数構成比(2023年見込)
  5.技術動向
  装置間の互換性に優れたソフトウェアを開発中
 
Russell Robotics Co., Ltd.
  韓国で最多AGV導入実績を保有、米・印も徐々に開拓
  1.事業概要
  表.Russell RoboticsのAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  レーザーや磁気式がメイン、カスタマイズ実績も多数保有
  1)AGV
  表.AGV製品の主な仕様
  3.生産動向
  韓国に年産2千台の生産能力を保有
  表.AGV/AMRの生産拠点及び生産能力(2022~2023年見込)
  4.出荷動向
  韓国大手を中心に販売好調が続き、2023年はYoY134%を期待
  表.AGV/AMRの出荷台数推移(2020~2023年見込)
  5.技術動向
  AMRの開発に取り組む
 
Mobile Industrial Robots A/S(MiR)
  世界首位のAMRメーカー、製品技術力で拡大するグローバルシェア
  1.事業概要
  表.MiRのAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  国際標準に準拠した設計や高機能センサー搭載で、高安全性・高精度を実現
  1)AMR
  表.AMR製品の主な仕様
  3.生産動向
  年産5千台規模体制、2024年からは新工場を稼働予定
  表.AGV/AMRの生産拠点及び生産能力(2022~2023年見込)
  4.出荷動向
  2023年は前年比122%増を見込む
  表.AGV/AMRの出荷台数推移(2020~2023年見込)
  図.MiRの売上高推移(2020~2023年見込)
  5.技術動向
  高可搬の牽引型及びフォークリフト型の開発に取り組む
 
John Bean Technologies Corporation(JBT)
  レーザー式フォークリフト型製品を主力とする米国トップクラス企業
  1.事業概要
  表.JBTのAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  数百kgから数十tまで、ハンドリング可能な豊富な製品ラインアップ
  1)AGV
  表.AGV製品の主な仕様
  3.出荷動向
  北米を中心に欧州、中南米、アジア地域へ展開
  4.技術動向
  特別仕様の拡張やソフトウェアのユーザビリティーを向上させる
 
Locus Robotics Corp.
  グローバル物流大手ユーザーが、出荷増を牽引
  1.事業概要
  表.Locus RoboticsのAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  30kg台から1t台までの製品群を展開
  1)AMR
  表.AMR製品の主な仕様
  3.生産動向
  米国拠点に続き、オランダでの生産意思を表明
  表.AGV/AMRの生産拠点及び生産能力(2022~2023年見込)
  4.出荷動向
  2023年は6千台強の出荷見込
  表.AGV/AMRの出荷台数推移(2020~2023年見込)
  5.技術動向
  倉庫管理の効率化を高めるWMS技術を新たに採用
 
Grey Orange Pte. Ltd.
  世界で認められた技術力のインド最大物流ロボット企業
  1.事業概要
  表.Grey OrangeのAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  高い拡張性と柔軟性、安全性が特徴
  1)AMR
  表.AMR製品の主な仕様
  3.生産動向
  インドと米国、2拠点を稼働中
  表.AGV/AMRの生産拠点及び生産能力(2022~2023年見込)
  4.出荷動向
  海外市場向けが9割を占める
  表.AGV/AMRの出荷台数推移(2020~2023年見込)
 
OTTO Motors(Clearpath Robotics Inc.のAMR部門)
  技術基盤の親会社を背景に、グローバルトップ企業を中心にシェア拡大
  1.事業概要
  表.OTTO MotorsのAGV/AMR関連事業領域および主要納入先
  2.製品ラインアップ
  SLAM方式による柔軟性、カスタマイズの拡張性が強み
  1)AMR
  表.AMR製品の主な仕様
  3.生産動向
  本社兼生産拠点で、年産5千台の運営体制
  表.AGV/AMRの生産拠点及び生産能力(2022~2023年見込)
  4.出荷動向
  北米が主要納入国、2023年前年比125%増の見通し
  表.AGV/AMRの出荷台数推移(2020~2023年見込)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 181頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。