2022 AGV/搬送ロボット(AMR)市場の現状と将来性

日本国内の製造業で普及しているAGV/搬送ロボット(AMR)は、人手不足への対応や生産ラインの柔軟化を見据えて、注目度は年々高まっている。また、近年は物流現場向けの提案も進んでいる。この資料では、AGV/AMR市場の現状と、有力参入企業の製品開発動向、需要分野別動向などの把握を通じて、今後の業界を展望することを目的とする。

発刊日
2022/07/29
体裁
A4 / 125頁
資料コード
C64103900
PDFサイズ
1.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 125頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:日本国内の製造業で普及している AGV/搬送ロボット(AMR)は、人手不足への対応や生産ラインの柔軟化を見据えて、注目度は年々高まっている。また、近年は物流現場向けの提案も進んでいる。この資料では、AGV/AMR 市場の現状と、有力参入メーカの製品開発動向、需要分野別動向などの把握を通じて、今後の業界を展望することを目的とする。 
調査対象:国内AGV/搬送ロボット(AMR)メーカ9社
調査方法
・専門調査員による面接ヒアリング調査(対面取材または Web 取材)
・各種統計、文献資料などの収集/分析調査
調査期間:2022年5月~2022年7月
本書を利用する上での注意事項
・AGV/AMR は製品単体で出荷されるほか、搬送システムの構成機器に含まれていたり、駆動キットとして出荷されていたりする。この資料では、あくまでも AGV/AMR は車体および駆動キット単体を抜き出し捉えている。特に価格については、システムで供給される場合でも AGV/AMR 車体分のみを取り上げている
・参入メーカや製品仕様、価格などは調査時点のものとなる

調査結果サマリー
Close

AGV/AMR(搬送ロボット)市場に関する調査を実施(2022年)
2021年度のAGV/AMR国内市場規模は台数・金額とも2年連続で縮小
~2022年度以降は人手不足感や設備投資需要の高まりなどから、台数・金額とも拡大を見込む~

資料ポイント
Close

​前回版との違い

  • 全体的に資料構成を見直し、日本の総人口や生産年齢人口の推移・将来推計、足元の人手不足感(雇用人員判断D.I.)、機械受注額の推移など、AGV/AMR市場を取り巻く環境についての情報を掲載!
  • 半導体不足の影響と、その対応に関する動向を掲載!

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 AGV/搬送ロボット(AMR)市場の概要

1.1 本資料におけるAGV/搬送ロボット(AMR)市場の定義
1.2 日本国内におけるAGV/搬送ロボット(AMR)市場の現状と成り立ち
  1.2.1 AGV/搬送ロボット(AMR)市場の国内メーカ
  1.2.2 日本国内市場の成り立ち
1.3 AGV/搬送ロボット(AMR)の誘導方式と特長
  1.3.1 代表的な誘導方式と特長
  1.3.2 各誘導方式の整理と比較
1.4 市場規模推移と将来予測
  1.4.1 出荷数量・金額の推移と予測
  1.4.2 走行方式別(AGV/AMR)の市場規模構成

第2章 AGV/搬送ロボット(AMR)市場を取り巻く環境

2.1 日本の労働供給力と設備投資の状況
  2.1.1 総人口・生産年齢人口の推移と将来予測
  2.1.2 雇用人員判断D.I.(人手不足感)の推移
  2.1.3 フォークリフト技能講習および教習の修了者数の推移
  2.1.4 工場立地件数・面積の推移
  2.1.5 機械受注額の推移
  2.1.6 AGV/搬送ロボット(AMR)導入に係る補助金の動向
2.2 市場を取り巻く環境の整理
2.3 【特集】半導体不足の影響と対応

第3章 AGV/搬送ロボット(AMR)市場の実態

3.1 走行方式別(AGV/AMR)の市場動向
  3.1.1 AGV市場
  3.1.2 搬送ロボット(AMR)市場
3.2 需要分野別の市場動向
3.3 メーカシェア
3.4 有力参入メーカの事業戦略
  3.4.1 製品開発動向
  3.4.2 需要分野別動向・営業戦略
  3.4.3 今後の見通し・課題

第4章 有力参入メーカの取り組み実態

4.1 愛知機械テクノシステム(株)
4.2 (株)ZMP
4.3 (株)匠
4.4 田辺工業(株)
4.5 (株)Doog
4.6 (株)豊田自動織機(トヨタL&Fカンパニー)
4.7 中西金属工業(株)
4.8 (株)日立製作所/(株)日立インダストリアルプロダクツ
4.9 (株)明電舎

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 125頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。