<スマートシティ> 2022 スーパーシティ構想における自治体IT活用戦略の徹底研究

2020年5月にスーパーシティ法案が可決し、スーパーシティ構想の実現に向け内閣府を中心に取組みが進められている。
スーパーシティ構想は、法律に基づき抜本的な規制改革を伴うなど国策として強力に推進されており、国内スマートシティ市場の動向に大きな影響を与えるとみられる。
本調査では、まずスーパーシティ構想の応募自治体に対しヒアリング調査を実施し、自治体の推進体制やステークホルダとの関係性、防災や交通など各領域の施策計画、現状の課題などを明らかにする。また、スーパーシティ構想やスマートシティに向け各種ITソリューションを提供するベンダに対しヒアリング調査を実施し、注力する領域・分野や今後の戦略等を明らかにする。これらの調査を通じて国内スマートシティ市場の全体像を明らかにし、市場動向の解説を実施する。

発刊日
2022/01/下旬
体裁
A4 / 約150頁
資料コード
C63118300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約150頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

前回版ではデータ連携基盤(都市OS)に特化して調査を実施しましたが、今回はスーパーシティ構想/スマートシティに関する多様な取組み/階層を網羅的に調査しています。また、自治体に対してヒアリング調査を実施するのは今回が初となります。

リサーチ内容

2021年12月20日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
第1章 スマートシティとスーパーシティ
 
1.これまでの経緯と歴史
2.スーパーシティ構想の現状
 
第2章 スーパーシティ構想の実態と将来展望
 
1.スーパーシティ構想の実態
  1.1.ステークホルダの全体像
  1.2.自治体の推進体制
  1.3.施策計画の方向性
2.スーパーシティ構想の将来展望
  2.1.領域別の展望
  2.2.民間企業に求められる役割
 
第3章 自治体のIT活用戦略
 
第4章 ITベンダのスマートシティ事業戦略
 
第5章 調査個票

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約150頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。