2022 自治体向けソリューション市場の実態と展望 ~デジタル社会の実現に向けた行政DX・自治体DXの加速~

基幹系システムの標準化、ガバメントクラウド、自治体クラウド、デジタル庁の設立などを背景に、大きく変化する自治体ソリューション市場を調査したレポートです。標準化に対応した市場規模の変化及びベンダーの動向、自治体DXやスマートシティなど新ソリューションに取り組むベンダーの戦略の分析を行います。

発刊日
2022/01/28
体裁
A4 / 258頁
資料コード
C63122700
PDFサイズ
9.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 258頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:自治体向け各種ソリューション(基幹系システム、内部情報系システム、現場系システム、BPOなど)に関して、主要ITベンダーの動向を調査した。また、同時に政府が進める主要関連施策や業界動向に関わる市場動向の分析を行った。
これらの調査に基づき、当該市場の関連企業及び関係者の事業活動に資することを目的とする。
調査対象:自治体向けソリューションを提供するITベンダー(対象企業は矢野経済研究所が独自に選定)
調査方法
・直接面談/Web面談調査を主体に一部電話調査を併用
・文献調査
調査期間:2021年10月~2022年1月

調査結果サマリー
Close

自治体向けソリューション市場に関する調査を実施(2021年)
2021年度の自治体向けソリューション市場は前年度比3.1%減の6,645億5,000万円の見込
~今後、自治体情報システム標準化に伴う市場変動が見込まれ、自治体DXへの期待も高まる~

資料ポイント
Close

  • 自治体システム標準化、ガバメントクラウド、自治体DXなどに関連する市場動向を分析
  • 自治体向けソリューションの市場規模推移を予測(2019年~2026年)
  • 自治体向けソリューションの有力提供事業者14社を取材・調査
  • 自治体向けソリューション参入事業者168社の簡易個票掲載
  • 前回版との違い:自治体情報システム標準化、ガバメントクラウドなどの動向を詳述、自治体DXなど新事業領域に対応する主要ベンダー各社の最新の動向を掲載

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場規模
2.企業動向
3.課題と将来展望

1章 自治体向けソリューション市場の実態と展望

1 自治体向けソリューションとは
2 自治体向けソリューション市場
  2.1 自治体向けソリューション市場概況
  2.2 主要参入事業者の自治体向け売上高シェア推計(2019年度~2020年度)
3 市場の将来展望
  3.1 自治体システム標準化を巡る市場動向
  3.2 自治体の課題解決に向けた新領域の展望

2章 自治体向けソリューションの 主要動向

1 自治体の業務システム標準化
  1.1 政府動向及び市場背景
  1.2 市場動向
2 ガバメントクラウド
  2.1 政府動向及び市場背景
  2.2 市場動向
3 自治体DX
  3.1 政府動向及び市場背景
  3.2 市場動向
4 スマートシティ/スーパーシティ、デジタル田園都市国家構想
  4.1 政府動向及び市場背景
  4.2 市場動向
5 マイナンバーカード活用
  5.1 政府動向及び市場背景
  5.2 市場動向
6 セキュリティ
  6.1 政府動向及び市場背景
  6.2 市場動向

3章 主要参入企業の動向と戦略

1.自治体システム標準化・ガバメントクラウドに対する対応
  1.全体の傾向
  2.各社概況・見解
2.自治体DXへの取組み
  1.全体の傾向
  2.各社概況・見解
3.BPOサービスへの取組み
  1.全体の傾向
  2.各社概況・見解
4.事業における課題
  1.全体の傾向
  2.各社概況・見解
5.市場展望及び今後の事業展開
  1.全体の傾向
  2.各社概況・見解

4章 主要参入企業の個別実態調査票

1.株式会社RKKCS
2.株式会社アイネス
3.AGS株式会社
4.株式会社グラファー
5.ジャパンシステム株式会社
6.株式会社TKC
7.トーテックアメニティ株式会社
8.株式会社トラストバンク
9.日本電気株式会社
10.日本電子計算株式会社
11.日立グループ
12.富士通Japan株式会社
13.株式会社両備システムズ
14.株式会社両毛システムズ

5章 公共・自治体向け ソリューション提供企業簡易個票 (都道府県コード順)

1.株式会社I・TECソリューションズ
2.株式会社エイチ・アイ・ディ
3.株式会社エイチ・シー・シー
4.株式会社HDC
5.株式会社HBA
6.株式会社エスイーシー
7.株式会社エヌ・ティ・ティ・データ北海道
8.株式会社コンピュータ・ビジネス
9.株式会社三和システムサービス
10.株式会社ズコーシャ
11.中央コンピューターサービス株式会社
12.株式会社つうけん
13.株式会社つうけんアクティブ
14.株式会社つうけんアドバンスシステムズ
15.株式会社テクノラボ
16.日本データーサービス株式会社
17.株式会社HARP
18.株式会社美唄未来開発センター
19.北海道システムエンジニアリング株式会社
20.株式会社北海道日立システムズ
21.株式会社青森電子計算センター
22.株式会社エービッツ
23.株式会社サン・コンピュータ
24.エクナ株式会社
25.株式会社三陸情報サービス
26.株式会社システムベース
27.株式会社シンエイシステム
28.株式会社アート・システム
29.株式会社エヌ・ティ・ティ・データ東北
30.テクノ・マインド株式会社
31.株式会社東北電子計算センター
32.株式会社日立ソリューションズ東日本
33.株式会社秋田情報センター
34.株式会社アチカ
35.エイデイケイ富士システム株式会社
36.北日本コンピューターサービス株式会社
37.株式会社フィデア情報総研
38.エヌ・デーソフトウェア株式会社
39.株式会社エム・エス・アイ
40.株式会社データシステム米沢
41.株式会社日情システムソリューションズ
42.株式会社メコム
43.株式会社FSK
44.株式会社エフコム
45.株式会社東日本計算センター
46.株式会社福島県中央計算センター
47.株式会社福島情報処理センター
48.株式会社茨城計算センター
49.関彰商事株式会社
50.アクリーグ株式会社
51.株式会社エーシーエス
52.株式会社ジーシーシー
53.ASロカス株式会社
54.シーデーシー情報システム株式会社
55.株式会社ディー・エス・ケイ
56.株式会社アイティフォー
57.ITbook株式会社
58.朝日航洋株式会社
59.アライドテレシス株式会社
60.株式会社内田洋行
61.株式会社内田洋行ITソリューションズ
62.エスコム株式会社
63.NECキャピタルソリューション株式会社
64.NECソリューションイノベータ株式会社
65.NECネッツエスアイ株式会社
66.NECプラットフォームズ株式会社
67.エヌ・ティ・ティ・インフラネット株式会社
68.株式会社NTTデータ・アイ
69.エプソン販売株式会社
70.株式会社大崎コンピュータエンヂニアリング
71.沖電気工業株式会社
72.株式会社オネスト
73.キーウェアソリューションズ株式会社
74.キヤノン電子テクノロジー株式会社
75.株式会社ぎょうせい
76.国際航業株式会社
77.サイボウズ株式会社
78.株式会社シーイーシー
79.株式会社ジェイエスキューブ
80.株式会社JSOL
81.株式会社 ジオプラン・ナムテック
82.株式会社スカイコム
83.ソレキア株式会社
84.第一法規株式会社
85.株式会社地域経営プロジェクト
86.TIS株式会社
87.DIRインフォメーションシステムズ株式会社
88.株式会社WorkVision
89.日本コンピューター株式会社
90.日本アイ・ビー・エム株式会社
91.日本事務器株式会社
92.日本電信電話株式会社
93.日本ユニシス株式会社
94.株式会社パスコ
95.東日本電信電話株式会社
96.富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
97.富士フイルムシステムサービス株式会社(旧 富士ゼロックスシステムサービス株式会社)
98.富士通Japan株式会社
99.株式会社富士通エフサス
100.富士テレコム株式会社
101.富士電機株式会社
102.満喜株式会社
103.ミツイワ株式会社
104.ムサシ・フィールド・サポート株式会社
105.株式会社ヤマト企画
106.株式会社ラック
107.株式会社リコー
108.株式会社リンクス
109.株式会社インフォマティクス
110.エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
111.東芝デジタルソリューションズ 株式会社
112.東芝情報システム株式会社
113.株式会社ネオジャパン
114.富士通ネットワークソリューションズ株式会社
115.株式会社ワイイーシーソリューションズ
116.株式会社オスポック
117.株式会社インテック
118.株式会社エヌ・ティ・ティ・データ北陸
119.株式会社COM-ONE
120.福井システムズ株式会社
121.株式会社甲府情報システム
122.株式会社山梨ニューメディアセンター
123.株式会社ワイ・シー・シー
124.株式会社YSK e-com
125.株式会社アドヴァンスト・インフォーメイション・デザイン
126.株式会社電算
127.株式会社エフワン
128.株式会社SBS情報システム
129.株式会社エヌ・ティ・ティ・データ東海
130.ニュートラル株式会社
131.HARVEY株式会社
132.株式会社フューチャーイン
133.株式会社松阪電子計算センター
134.株式会社三重電子計算センター
135.日本ソフト開発株式会社
136.株式会社京信システムサービス
137.京都電子計算株式会社
138.株式会社ケーケーシー情報システム
139.株式会社システムディ
140.株式会社エヌ・ティ・ティ・データ関西
141.株式会社スマートバリュー
142.センコー情報システム株式会社
143.西日本電信電話株式会社
144.株式会社南大阪電子計算センター
145.株式会社さくらケーシーエス
146.株式会社システム・エージ
147.株式会社ドーン
148.紀陽情報システム株式会社
149.株式会社サイバーリンクス
150.株式会社ソフィア
151.株式会社エヌ・ティ・ティ・データ中国
152.株式会社山口情報処理サービスセンター
153.テック情報株式会社
154.株式会社四国電子計算センター
155.株式会社富士通四国インフォテック
156.株式会社エヌ・ティ・ティ・データ四国
157.株式会社愛媛電算
158.株式会社高知電子計算センター
159.四国情報管理センター株式会社
160.株式会社エヌ・ティ・ティ・データ九州
161.Gcomホールディングス株式会社
162.ジェイエムテクノロジー株式会社
163.株式会社ニック
164.株式会社BCC
165.株式会社YE DIGITAL
166.株式会社熊本計算センター
167.株式会社オーイーシー
168.株式会社南日本情報処理センター

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 258頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。