2023-2024 ヴァーチャルキー/e-call市場総覧

(米)Apple「iPhone」にUWB(UltraWideBand)が搭載され、2021年7月にCCC3.0規格が策定されて以降、スマートフォンで解錠/施錠、エンジンスタートが可能な自動車が急速に増加している。
現在ではSAMSUNG「Galaxy」の上位モデルや一部のAndroidスマートフォンにもUWBが搭載され始めている。もう一方の動きとしてスマートフォンに緊急通報(e-call)の搭載が進んでいる。Androidスマホはロック画面下に「緊急通報」のアイコンが追加されているのに対し、Apple「iPhone」や「AppleWatch」には専用センサーが搭載され、転倒検出機能に対応している。
AndroidAuto、Carplayでこれまで出来た検索・地図・ハンズフリー・音楽再生といったドライビングサポートから、セキュリティ・Maasビジネスを視野に入れて更に一歩踏み込んだ連携を実現した。
2019年に発刊した「ヴァーチャルキー市場」から約4年が経過し、市場環境が大きく変化したことを受けてリニューアルを行った。e-callは自動車のテレマティクス化に伴い標準装備が進んでいるにも関わらず、スマートフォン、ウェアラブルデバイスへの搭載が進んでいる。これら機能の搭載を踏まえながら今後起こり得るビジネスの可能性についても言及する。

発刊日
2023/06/29
体裁
A4 / 136頁
資料コード
C65111400
PDFサイズ
18.6MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 136頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:(米)Apple「iPhone」にUWB(UltraWideBand)が搭載され、2021年7月にCCC3.0 規格が策定されて以降、スマートフォンで解錠/施錠、エンジンスタートが可能な自動車が急速に増加している。
現在ではSAMSUNG「Galaxy」の上位モデルや一部のAndroidスマートフォンにもUWBが搭載され始めている。もう一方の動きとしてスマートフォンに緊急通報(e-call)の搭載が進んでいる。Androidスマホはロック画面下に「緊急通報」のアイコンが追加されているのに対し、Apple「iPhone」や「AppleWatch」には専用センサーが搭載され、転倒検出機能に対応している。
AndroidAuto、Carplayでこれまで出来た検索・地図・ハンズフリー・音楽再生といったドライビングサポートから、セキュリティ・Maasビジネスを視野に入れて更に一歩踏み込んだ連携を実現した。
2019年に発刊した「ヴァーチャルキー市場」から約4年が経過し、市場環境が大きく変化したことを受けてリニューアルを行った。e-callは自動車のテレマティクス化に伴い標準装備が進んでいるにも関わらず、スマートフォン、ウェアラブルデバイスへの搭載が進んでいる。これら機能の搭載を踏まえながら今後起こり得るビジネスの可能性についても言及する。
調査対象:自動車メーカー20社、IT企業11社、ODM・EMS企業3社、半導体メーカー10社、海外調査会社・コンサルティング企業4法人 = 計44社 4法人
調査内容
調査結果のポイント
第1章:自動車・携帯電話・スマートウォッチ市場
第2章:ヴァーチャルキー市場
第3章:e-call市場
調査方法
①弊社専門調査員による国内、海外(中国、台湾)面接調査(オンライン含む)
②技術、サービス動向セミナー取材
③当社データベース、過去実施の調査データからの考察
調査期間:2023年4月~2023年6月

調査結果サマリー
Close

自動車向けヴァーチャルキー市場の調査を実施(2023年)
2023年の国内市場におけるヴァーチャルキー搭載自動車出荷台数は207万4,500台の見込
~世界と比べて普及が遅れる国内市場、電動化の加速とMaaSビジネスの拡大が鍵~

資料ポイント
Close

  • ヴァーチャルキー搭載車輛の自動車メーカー別出荷台数実績・予測
  • 日本、中国、欧州、北米の4極主体の構造
  • UWB搭載スマートフォン出荷台数
  • e-call(転倒検出、衝突検出)対応スマートフォンを調査

リサーチ内容

調査結果のポイント

1:コネクテッッドサービス、ヴァーチャルキーは主要市場で普及が進む
2:コネクテッド化・ヴァーチャルキー搭載は各社横並び
3:2027年の国内市場におけるヴァーチャルキー搭載自動車の出荷台数は257万8,500台を予測
4:2027年の世界市場におけるヴァーチャルキー搭載自動車の出荷台数は7,880万台を予測
5:2027年の世界市場におけるUWB搭載スマートフォンの出荷台数は9億463万台を予測
6:2027年の世界市場における転倒・衝突検出機能付きスマートフォンの出荷台数は8億3,963万台を予測

第1章.自動車・携帯電話・スマートウォッチ市場

1:自動車市場
  1-1:世界の自動車販売台数
  1-2:自動車メーカー(グループ)別自動車販売台数
  1-3:電気自動車(EV)販売台数
  1-4:日本市場自動車販売台数
    1-4-1:乗用車・貨物車販売台数
    1-4-2:軽自動車販売台数
    1-4-3:輸入車販売台数
  1-5:中国市場自動車販売台数
  1-6:EU市場自動車販売台数
  1-7:米国市場自動車販売台数
2:携帯電話・スマートフォン市場
  2-1:世界の携帯電話加入動向
  2-2:世界の5G展開動向
  2-3:世界のスマートフォン市場動向
  2-4:世界の5Gスマートフォン市場動向
3:ウェアラブル・スマートウォッチ市場
  3-1:ウェアラブルデバイス市場概況
  3-2:スマートウォッチ グローバル市場動向

第2章.ヴァーチャルキー市場

1:ヴァーチャルキー
  1-1:ヴァーチャルキー市場概況
  1-2:UWBのヴァーチャルキー対応
  1-3:UWBのヴァーチャルキー対応に拠る広がり
  1-4:UWB対応スマートフォン、スマートウォッチ市場規模
    1-4-1:UWB搭載スマートフォン 世界市場出荷台数
    1-4-2:UWB搭載スマートウォッチ 世界市場出荷台数
2:ヴァーチャルキー導入状況
  2-1:主要市場のヴァーチャルキー導入状況
  2-2:主要自動車メーカーヴァーチャルキー導入状況
3:国内メーカーのヴァーチャルキー取り組み状況
  3-1:概況
  3-2:トヨタ自動車
    3-2-1:トヨタ
    3-2-2:レクサス
  3-3:日産自動車
  3-4:本田技研工業
  3-5:マツダ
  3-6:三菱自動車
  3-7:SUBARU
  3-8:ダイハツ
  3-9:スズキ
4:海外メーカーのヴァーチャルキー取り組み状況
  4-1:概況
  4-2:MERCEDES-BENZ
  4-3:BMW
  4-4:VOLKSWAGEN
  4-5:AUDI
  4-6:VOLVO
  4-7:GENERAL MOTORS
  4-8:HYUNDAI
5:ヴァーチャルキー出荷台数
  5-1:ヴァーチャルキー国内市場出荷台数
  5-2:ヴァーチャルキー世界市場出荷台数

第3章.e-call市場

1:e-callサービス概要
2:e-callサービス分類
  2-1:転倒検出
  2-2:衝突検出
  2-3:緊急通報
3:e-callサービス仕様
  3-1:e-callサービス対応状況
  3-2:Android
  3-3:iOS
4:e-call対応機器(サービス)出荷台数
  4-1:e-call対応スマートフォン出荷台数
  4-2:e-call対応スマートウォッチ出荷台数
5:主要メーカー対応状況
  5-1:SAMSUNG
    5-1-1:スマートフォン地域別出荷台数
    5-1-2:参入市場及びe-call対応状況
    5-1-3:e-call、転倒検出、衝突検出対応状況
  5-2:Apple
    5-2-1:スマートフォン地域別出荷台数
    5-2-2:参入市場及びe-call対応状況
    5-2-3:e-call、転倒検出、衝突検出対応状況
  5-3:Google
    5-3-1:スマートフォン地域別出荷台数
    5-3-2:参入市場及びe-call対応状況
    5-3-3:e-call、転倒検出、衝突検出対応状況
6:e-callの弊害

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 136頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。