拡大するサステナブルフード市場の現状と将来展望 ~持続可能な農畜水産物(消費者調査AI分析編)~

本調査レポートは、国内のサステナブル農畜水産物市場についてインターネット消費者調査を実施し、消費者の認知度や、購入経験、購入したい理由、価格許容範囲などのニーズを調査・分析することにより、市場の現状把握と今後の将来性を展望することを目的としている。
なお、本調査レポートにおけるサステナブル農畜水産物市場には、農産物(オーガニック農産物(有機JAS)、植物工場産野菜)、畜産物(アニマルウェルフェア認証)、植物由来代替肉・培養肉、水産物(MSC/ASC認証)、等が含まれる。

発刊日
2024/03/下旬
体裁
A4 / 約350頁
資料コード
C65122600
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約350頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • インターネット消費者調査を実施し、サステナブル農畜水産物の認知度や、購入経験、購入したい理由、価格許容範囲などを調査・分析。
  • 食に対するサステナブル志向の消費者プロファイリングを行い、最適な訴求方法をAI分析。

リサーチ内容

2024年1月9日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
1章 食に対するサステナブル志向の消費者プロファイリング
 
1.サステナブル農畜水産物に対する積極層
2.サステナブル農畜水産物に対する保守層
3.積極層と保守層の違い
  (1)属性
  (2)食に対する志向
  (3)環境意識
  (4)情報収集
 
2章 サステナブル農畜水産物の認知・喫食意向
 
1.サステナブル農産物の認知・喫食意向
  (1)オーガニック農産物(有機JAS)
  (2)植物工場産野菜
2.サステナブル畜産物の認知・喫食意向
  (1)アニマルウェルフェア認証
  (2)植物由来代替肉
  (3)培養肉
3.サステナブル水産物の認知・喫食意向
  (1)MSC認証 
  (2)養殖漁業・ASC認証、陸上養殖
 
3章 サステナブル農畜水産物の普及要因AI分析
 
1.サステナブル農畜水産物を認識・意識させる方法
2.サステナブル農畜水産物の普及を促す訴求方法
3.サステナブル農畜水産物の購買可能性

関連リンク

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約350頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。