2024年版 惣菜(中食)・米飯市場の実態と将来展望

日本の人口は、2008年の1億2,808万人をピークに減少を続けている。高齢化も進み1人あたりの食べる量が減少を続けている。このように恵まれた環境下にあるとは言い難い中、惣菜市場は成長を続けている。
こうした成長の背景には、中食が今や消費者の生活の一部となり、日常生活に深く浸透していることが影響していると考えられる。例えば、弁当が外出先での昼食の丸々一食分を賄うケースがある。また日配惣菜が夕飯の一汁三菜の一品を補うケースもある。ランチでは手軽さや食べ易さが求められる一方、夕飯では、手軽さ以上に個々の好みに合わせた美味しさが求められる等、日常生活において弁当や惣菜は、それぞれの役割を果たしている。
そうした多くのシーンや消費者の好みに合わせた商品が細かくラインナップされることにより、食の付加価値化が高められている。本調査レポートでは、こうした惣菜(中食)・米飯市場の現状と方向性を明らかにすることで、中食事業に関わる様々な業種の皆様のご参考になることを目的としている。

発刊日
2024/03/下旬
体裁
A4 / 約350頁
資料コード
C65123300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約350頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

前回版との違い

  • 最新の注目業界を考察(食品容器、包装資材、調理機器・盛付けロボット、健康訴求商品)
  • 販売チャネルを追加(生協・宅配・キッチンカー)
  • 企業情報が充実、注目企業の個別実態(50社掲載予定)、惣菜売上高ランキング(100社掲載予定)

リサーチ内容

2024年1月26日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
調査のポイント
 
1.2024年の市場動向
2.販売チャネル
3.惣菜市場の見通し
4.消費者動向 ~商品選択の変化~
5.原料調達
6.惣菜・中食業界の課題と成長性
 
第1章 惣菜・米飯市場のトピックス
 
1.社会的背景
2.ライフスタイルの変化
3.個食需要の増加
4.食料品に占める「中食」の年間消費支出
5.チャネル別競争戦略
6.有力会社の新商品と開発コンセプト
7.DX・機械化等への投資展望
8.拡大が続く冷凍弁当・惣菜の市場トレンド
 
第2章 注目業界動向
 
1.食品容器 ~環境配慮型容器~
2.包装資材 ~日持ち向上・エコ包材~
3.健康訴求商品(管理栄養士監修・野菜量強化)
4.調理機器・盛付けロボット
5.統合基幹業務システム(ERP)
6.その他 
 
第3章 惣菜・米飯市場の現状分析と展望
 
1.惣菜・米飯の市場規模推移(2018~2023 年度)
  (1)商品別
  (2)販売チャネル別
2.惣菜・米飯の市場構成比(2023 年度)
  (1)商品別
  (2)販売チャネル別
3.惣菜・米飯の地域別市場構成比(2023 年度)
4.惣菜・米飯の市場規模予測(2024~2030 年度)
  (1)商品別
  (2)販売チャネル別
5.惣菜・米飯の市場拡大要因と阻害要因分析
6.惣菜・米飯市場の2030年展望
  (1)食産業全体における中食市場の位置付け
  (2)新たに生まれるマーケット
  (3)惣菜・米飯市場の2030年展望
7.商品別の市場動向分析
  (1)日配惣菜・米飯
    ①日配惣菜
    ②給食弁当
    ③おにぎり
    ④その他持ち帰り弁当
  (2)加工惣菜・米飯の商品別市場動向分析
    ①パウチ惣菜
    ②冷凍惣菜・米飯
    ③冷凍弁当
    ④無菌包装米飯
    ⑤その他
8.末端市場動向分析
  (1)コンビニエンスストア
  (2)小売・量販店
  (3)百貨店
  (4)惣菜専門店
  (5)ドラッグストア
  (6)外食(テイクアウト)
  (7)生協
  (8)宅配
  (9)キッチンカー
  (10)その他
 
第4章 有力企業の事業戦略分析
 
1.事業展開動向
2.全国・地域展開動向
3.メインコンセプトと主力商品
4.新商品開発動向
5.生産動向、安全・衛生対策
6.原材料調達状況
7.物流対策
8.販売ルート・チャネル動向
9.事業展開上の課題点
10.今後の事業戦略
11.設備投資動向
12.その他
 
第5章 アンケート調査結果
 
1.アンケート回収結果
2.取扱商品
3.販売チャネル
4.環境問題への取組み
5.売上推移
6.設備投資意欲
7.課題点
8.その他
 
第6章 注目企業の個別実態(計50社掲載予定)
 
※取材個票(20社)、アンケート簡易個票(30社)
 
<調査対象企業例>
 
(惣菜メーカー)
イニシオフーズ、今里食品、岩田食品、大戸屋、オリジン東秀、恩地食品、柿安本店、カネ美食品、グルメデリカ、小僧寿し、古市庵、サンデリカ、シノブフーズ、ジャパンフレッシュ、Shinmei Delica、ゼストクック、ゼンショーホールディングス、大徳食品、玉子屋、知久、中部フーズ、チルディー、デリア食品、デリカスイト、デリシャス・クック、天神屋、トオカツフーズ、戸田フーズ、なだ万、JR東日本フーズ、ハークスレイ、阪急デリカアイ、ヒライ、ピーシーエス、ビー・ワイ・オー、ビージョイ、フォーシーズ、フジオフードシステム、フジッコ、フジデリカ、フジフーズ、藤本食品、プリムイソベン、プレナス、ベストーネ、弁釜、まつおか、美濃吉食品、ミノヤランチサービス、ゆめデリカ、利恵産業、ロック・フィールド、若菜、わらべや日洋、その他・有力参入企業
 
(パウチ惣菜メーカー・ベンダー)
イチビキ、伊藤ハム米久ホールディングス、OKAN、カネハツ食品、サトウ食品、新進、フジッコ、ブンセン、マルヤナギ小倉屋、ヤマザキ、その他・有力参入企業
 
(パックご飯メーカー)
アイリスオーヤマ、ウーケ、木徳神糧、サトウ食品、テーブルマーク、東京フーズクリエイト、東洋水産、東洋ライス、発芽玄米、ファンケル、メディカルライス協会、その他・有力参入企業
 
第7章 惣菜メーカーの売上高ランキング(上位100社掲載予定)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約350頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。