UXデザインの普及実態とインパクト ~産業のデジタル化に向けたキーファクター~

発刊日
2018/11/14
体裁
A4 / 23頁
資料コード
R60200801
PDFサイズ
3.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

54,000
50,000
4,000
108,000
100,000
8,000
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:IT人材に対し、UX(User Experience)がどの程度浸透しているか調査し、UXデザインの普及実態とITサービス市場へのインパクトを推定する。
調査方法:平成29年特定サービス産業実態調査(経済産業省)によれば、ソフトウェア業、情報処理・提供サービス業・インターネット附随サービス業の市場規模は18.6兆円、従事者は974,554人となっている。本調査では、IT人材がUXを踏まえて取組んだ業務の割合をWebアンケート調査で明らかにし、その貢献度を金額へと換算した。従事者のサンプリングにあたり、IPA「IT人材白書2018」で示される9区分で割付を行った。また、9区分に属する人員数と給与額の差を考慮し、それぞれ重みづけを行い推計している。
Webアンケート調査概要:サンプルサイズ858件
Webアンケート実施期間:2018年8月~2018年8月

リサーチ内容

レポートサマリー

ITサービス市場におけるUX貢献額
UXの認知および意欲の分布

アンケート調査結果

回答者プロフィール
UX認知状況
UX認知者のUX理解度
UX非認知者の学習意欲
UXを踏まえた業務割合
UX認知者の今後のUX取り組み意欲
UXの重要度(勤務先法人)
3年後のUXの重要度(勤務先法人)
UXの学習推奨度(勤務先法人)
UXデザイン業務への対応(勤務先法人)
今後3年におけるデザイン投資額の増減
企業年商規模別平均年収(UX認知者/UX非認知者)
職種別平均年収(UX認知/非認知)
UX理解度別平均年収(UX認知者)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

54,000
50,000
4,000
108,000
100,000
8,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。