2019年版 進化するAI医療の動向と展望 ~画像診断支援・診療支援~

AIの技術開発は日進月歩であり、本応用範囲は急速に拡大している。医療分野におけるAI活用では、診断精度の向上、新たな治療法の創出、医療現場の業務負担の軽減などが期待される。近年、医療情報のデータベース化、各種プラットフォームビジネスの進展などAI開発に置けるICTインフラ整備も前進している。当資料では、医療分野のなかでも早期の社会実装が予想される「画像診断支援」と「診療支援」の2つの領域にフォーカス、最新動向と今後の市場性等について展望した。

発刊日
2019/03/28
体裁
A4 / 114頁
資料コード
R60201601
PDFサイズ
9.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

55,000
50,000
5,000
110,000
100,000
10,000
165,000
150,000
15,000
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:AIを活用した画像診断支援システムおよび診療支援システムの開発企業のビジネスモデル及び、事業概要等について取上げ、今後の同事業の市場性等を展望すること。
調査対象:参入企業
調査方法:直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2019年1月~2019年3月

資料ポイント
Close

AIを活用した画像診断支援、診療支援のシステムが立ち上がる気配
医療分野のAIは「作り方」から「使い方」へ

  • 医療分野のなかでも、AIの活用が早いとみられる「画像診断」と「診療」の2つの領域の市場規模などについて言及
  • AI特有の課題解決に向けた各種企業・ベンチャーなどの技術開発動向
  • 放射線画像領域のAI開発が有望テーマに
  • 医療現場の働き方改革は必須、業務支援領域でのAI導入期待が高まる

 

リサーチ内容

調査のポイント

PartⅠ AI医療の市場環境

1.市場概況
  (1)各市場の定義
  (2)AIブームの歴史
  (3)医療分野におけるAI利用の動向
2.医療とAIの社会環境
  (1)国民医療費は年々上昇
  (2)医師数は増加傾向にあるものの地域偏在が課題
  (3)放射線科医や病理医の不足が深刻化
  (4)AIに対する一般社会の関心・期待
  (5)AIの利活用が望まれる分野
  (6)日本メディカルAI学会の発足
3.日本における医療分野のAI活用に関する政策動向
  (1)内閣府の政策動向
  (2)関連省庁・機関の取り組み
4.医療とAIにおける規制・ガイドラインの動向
  (1)医薬品医療機器等法(薬機法)
  (2)次世代医療基盤法
  (3)AIネットワーク社会推進会議
  (4)次世代医療機器・再生医療等製品評価指標策定事業および医療機器等に関する
  開発ガイドライン策定事業
5.医療分野におけるAI活用への課題
  (1)医療分野における社会的、倫理的課題
  (2)AIの技術的な特徴と課題
  (3)AIの技術的な課題に対する各企業の取り組み
6.将来展望

PartⅡ 分野別 市場動向

1.画像診断支援AI市場
  (1)市場概要
  (2)画像診断支援AI市場の動向
  (3)参入企業の状況
    ①.放射線画像(CT・MRI・MRA・レントゲン)
    ②.内視鏡
    ③.眼科領域
    ④.病理分野
    ⑤.上記以外の主な領域(超音波、皮膚、喉)
  (4)将来展望と市場規模予測
2.診療支援AI市場
  (1)市場概要
  (2)診療支援AIの市場動向
  (3)参入企業の状況
  (4)将来展望と市場規模予測
3.医療AI開発支援・プラットフォームにおける企業の取り組み
  (1)AI開発支援
  (2)医療AIプラットフォーム

PartⅢ 参入企業個票

日本電気株式会社
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
株式会社エルピクセル
株式会社エクスメディオ
株式会社Rist
Ubie株式会社
株式会社FRONTEOヘルスケア
株式会社NOBORI(テクマトリックス株式会社)
株式会社ハカルス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

55,000
50,000
5,000
110,000
100,000
10,000
165,000
150,000
15,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。