変化の時代に成長の道を模索する古紙商社の動向1 日商岩井紙パルプ(2019年1月調査)

発刊日
2019/04/24
体裁
A4 / 17頁
資料コード
R61200804
PDFサイズ
0.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

32,400
30,000
2,400
64,800
60,000
4,800
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

本調査レポートは、定期刊行物 ヤノ・レポート 2019年1月25日号2019年2月10日号 に掲載されたものです。

リサーチ内容

中国の輸入先は北米からアジアへシフト、段ボール古紙を中心に調達激化
中国の輸入縮小もアジアの古紙需要は旺盛、2019年の市況は高値圏で推移か

表.古紙回収の推移
図.段ボール古紙価格推移(輸出、国内)
図.中国 古紙輸入先の構成比推移(古紙合計)
図.中国 古紙輸入先の構成比推移(段ボール)
図.中国 古紙輸入先の構成比推移(新聞及び機械パルプ系印刷物)
図.中国 古紙輸入先の構成比推移(上質)
図.古紙の輸出量推移
図.古紙回収率・利用率の推移
表.仕向先別の古紙輸出量推移(2010~2018年)
図.仕向先別に見た古紙輸出量対前年比推移
図.中国向け古紙輸出量推移

取扱量は17/3期をピークに減少傾向も、売価上昇で売上高は高水準で推移
古紙調達は外部仕入が100%、古紙業者との関係強化を模索
中国向けの減少が避けられない情勢下で、ベトナムを輸出先の柱に据える方向

図.日商岩井紙パルプ 古紙事業関連組織
表.日商岩井紙パルプ 取扱数量推移
表.日商岩井紙パルプ 国内・輸出の古紙扱い品種構成
表.日商岩井紙パルプ 地域別の古紙仕入構成比
表.日商岩井紙パルプ 国別の輸出数量推移

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

32,400
30,000
2,400
64,800
60,000
4,800

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。