エリアマーケティングの実務に必要な基礎知識(人口統計の評価方法とGISの活用方法)

発刊日
2019/09/09
体裁
A4 / 66頁
資料コード
R61201201
PDFサイズ
74.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

44,000
40,000
4,000
88,000
80,000
8,000
132,000
120,000
12,000
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:少子高齢化が進む日本では、既に人口の減少が始まっており、2025年には、2015年国勢調査に比べて人口が約3.6%減少すると推計されている。当然ながら、この人口減少に比例して様々なビジネスの市場が減少すると考えるのが一般的だ。ただ、市場は全国均一に縮小するのではなく、地域によってスピードに差があり、今後は縮小の早いエリアから撤退しつつ、市場の残るエリアへ進出していくことが求められるが、その見極めにはエリアマーケティングの基礎知識が必要だ。
また、近年では、駐車場のゲートでナンバープレートを認証し、その登録情報をもとに集客範囲を分析する事例や、スマートフォンのGPS情報やインターネットの検索情報など、テクノロジーの進化によって、これまでエリアマーケティングで使用していなかったデータを活用する事例が見られるようになった。しかしながら、単に最新のデータを使用すれば、高度な分析ができるという訳ではない。例えば、スマートフォンのGPS情報であれば、分析の目的によって、朝、昼、夜など、複数ある位置情報を使い分ける必要があり、ここでも、適切に判断するにはエリアマーケティングの基礎知識が必要になるだろう。本レポートでは、高度なエリアマーケティングをする上で欠かせない人口統計に関する基礎知識にくわえて、商圏範囲の設定方法や人口ピラミッドの見方など、分析の実務をする上で必要な知識をまとめている。

リサーチ内容

1.エリアマーケティングの捉え方

(1)エリアマーケティングの捉え方
(2)GIS(地図情報システム)について
(3)エリアマーケティングのステップ
(4)エリアマーケティングのポイント

2.国勢調査について

(1)国勢調査の調査対象と調査項目
(2)住民基本台帳との違い
(3)従業地・通学地による人口
(4)交通手段
(5)日本の人口増減(国勢調査2015年版と2010年版の比較)

3.人口ピラミッドの見方

(1)人口ピラミッドの見方
(2)シニア型商圏の事例
(3)ニュータウン型商圏の事例
(4)超都市型商圏の事例
(5)人口ピラミッドの波形による商圏分類

4.3種類の人口の違い

(1)人口の種類
(2)人口の指標
(3)3種類の人口で分かること

5.昼間人口の人口ピラミッド

(1)品川駅の事例
(2)たまプラーザ駅の事例
(3)舞浜駅の事例

6.人口の「規模」から「質」へ

(1)国勢調査の課題
(2)同じ商圏?
(3)同じ商圏ではなかった!
(4)人口の「規模」から「質」へ
(5)一概にファミリーと言っても
(6)類似商圏

7.商圏範囲の設定

(1)商圏の設定について
(2)顧客分布をもとにした商圏設定
(3)商圏設定のポイント

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

44,000
40,000
4,000
88,000
80,000
8,000
132,000
120,000
12,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。