With新型コロナ社会直前期の若者の意識・行動に関する調査レポート

コロナ以前の若者を対象に、生活実態、意識と消費行動の関係性を分析した調査です。綿密なアンケート調査に基づく分析結果を、若者消費の更なる理解にお役立て頂けます。

発刊日
2020/08/07
体裁
A4 / 197頁
資料コード
R62200101
PDFサイズ
14.6MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

本市場調査資料を購入される方には、Excel商品を同時にご提供させていただきます。
価格は本体価格に含まれています。Excel商品のみのご購入は出来ません。
55,000
50,000
5,000
110,000
100,000
10,000
165,000
150,000
15,000
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査の目的:消費者の生活環境・心理状態・消費行動の動向について調査を実施することにより、企業の消費者理解を支援することを目的とする。
調査の仕様:本調査レポートは、2019 年度に実施した計4 回の消費者調査から主要項目を選定、改めて集計、分析を行ったものとなる。
調査手法:インターネットアンケート調査
調査時期:2019年3月下旬、2019年5月下旬、2019年7月初旬、2020年1月中旬

リサーチ内容

1.お金に関する実態

1)1ヵ月間に比較的自由に使えるお金の額
  ~若者が1 か月間に自由に使えるお金の額の相場は2 万円/月前後~
2)将来年収の希望と見通し
  ~10年後の希望年収額の平均は400 万円弱、ただ多くが希望額に届かないと考える~

2.価値観意識に関する実態

~自由であることが大きな価値観、しかし稼ぐことよりも自由が大切とは限らない~

3.主たるSNS の利用実態

1)利用頻度と利用方法
  ~Twitter のユーザー層は拡大傾向を維持か~
    ①Twitter
    ②Facebook
    ③Instagram
    ④LINE
    ⑤YouTube
2)価値観との適合性
  ~ユーザーが各SNS に求める価値観が明らかに~
    ①Twitter
    ②Facebook
    ③Instagram
    ④LINE
    ⑤YouTube
3)貨幣価値(CVM 法…いくらもらえるなら1 年間利用をやめても良い?)
  ~ユーザーが各SNS に求める価値観が明らかに~
    ①Twitter
    ②Facebook
    ③Instagram
    ④LINE
    ⑤YouTube

4.個人情報流通に関する意識

1)個人情報流通への意識状況
  ~利用していることを知られたくないデジタルサービスほど拒否反応は高い~
2)個人情報の流通利用に求めたい対価
  ~平均2-3 万円/年程度だが、バラツキも大きく、まだまだ一様に定まってはいない~

5.主たるデジタルサービスの推奨度と個人情報取扱いへの信頼度

1)デジタルサービスの推奨度
  ~若者の人気サービスと不人気サービスを数字で把握~
2)デジタルサービスの個人情報取扱いへの信頼度
  ~若者の意外な個人情報への危機意識が明らかに~
3)デジタルサービスに係る個人情報取扱いへの信頼度の影響
  ~個人情報の保護はサービスの人気に直結するのか~

6.様々な生活行動・行為に係る体験や状況、見通しの実態

1)お仕事編
  ~若者の仕事のあり方に対する価値観の多様化が鮮明に~
    ①正社員としての勤務
    ②アルバイト・パートとしての勤務/働くこと
    ③フルタイム勤務の転職、または転職活動の経験
    ④副業としての収入
    ⑤起業・独立開業(事業承継含む)
    ⑥農家になる/就農する
    ⑦(定職に就かずに)引きこもり生活
2)お金編
  ~若者の金融リテラシーの向上が鮮明に~
    ①投資(貯蓄や保険以外の株やFX、投資信託など)
    ②キャッシュレス決済による小銭なし生活
    ③消費者金融での借金(住宅/自動車/教育ローン除く)
3)くらし編
  ~若者のシェア文化が鮮明に~
    ①ルームシェア/シェアハウスでの暮らし
    ②LINE の利用
    ③Twitter の利用
    ④Facebook の利用
    ⑤Instagram の利用
    ⑥大手電力会社からの契約先切り替え(業務用除く)
    ⑦AI スピーカーの購入/利用
    ⑧ジェンダーフリーの生活や行動スタイル
    ⑨ビーガンもしくはベジタリアン(菜食主義の実践)
4)美容・ファッション編
  ~近畿圏の若者に早期の脱毛経験があることが明らかに~
    ①ダイエット
    ②顔の美容整形(プチ整形含む)
    ③サロンなどでのVIO 脱毛
    ④かつら着用や植毛・増毛
    ⑤ワークマンプラス(のファッション)
    ⑥エステサロン通い(美容施術)
5)交遊・交際編
  ~若者の性的関係離れが深刻に~
    ①異性との交際(恋人としてのお付き合い)
    ②異性との結婚(婚姻関係)
    ③異性との性行為(セックス)
    ④男性のキャバクラ通い/女性のホストクラブ通い
    ⑤出会い系サイト・アプリの利用
6)趣味・娯楽編
  ~若者の趣味・娯楽市場の今後の盛衰が明らかに~
    ①加熱式タバコ
    ②公営ギャンブル・賭け事
    ③コスプレ体験
    ④e スポーツ
    ⑤ひとりカラオケ
    ⑥アイドルなど有名人の追っかけ・ファンクラブ
    ⑦ボルタリング
    ⑧VR 体験(体験型ゲームなど)
    ⑨ドローンの購入・操縦
    ⑩アダルトコンテンツを楽しむ(漫画/写真/動画/ゲームなど)

7.日常生活における消費行動の実態

1)消費においてより重視すること
  ~男性は流行的な要素を、女性は手ごろ感を重視する傾向~
2)消費額が大きな消費カテゴリー
  ~日常の買い物では若者も「食料品」「生活用品」の買い物金額が大きい~
3)消費額トップの消費カテゴリーの消費実態
  ~食料品の買い物頻度は平均週1 程度、若者世代では週末等のまとめ買いが定着~
4)各消費カテゴリーの代表的アイテムに係る情報収集手段
  ~女性、30 代などはリアル、男性、20 代、単身、都市居住などではネット経由の傾向~
5)各消費カテゴリーの代表的アイテムに係る購入決定要因
  ~価格、機能のほかはデザイン、購入・利用のしやすさ、評価・口コミを重視~
6)各消費カテゴリーの代表的アイテムに係る購入方法
  ~半数以上が実店舗での購入が中心だが、ネット利用も一定数存在を確認~
7)各消費カテゴリーの代表的アイテムに係る買い物のための移動手段
  ~自動車等や自転車、徒歩が主たる手段、ファッション製品等では近距離鉄道も利用~
8)各消費カテゴリーの代表的アイテムに係る買い物のための交通移動の実態
  ~移動時間は片道平均10 分ないし20 分、移動コストは片道平均50 円~100 円以下~
9)各消費カテゴリーの代表的アイテムに係る買い物のための移動手段の選定要因
  ~現状、移動手段に選択肢はなし、日常の買い物だけに得・早・安を志向~

 

 

Excel商品 商品説明
Close

1.お金に関する実態

1)比較的自由に使えるお金の額(1ヵ月間に比較的自由に使えるお金の額)
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
2)将来年収の希望と見通し
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】

2.価値観意識に関する実態

【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】

3.主たるSNSの利用実態

1)利用頻度と利用方法
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
2)価値観との適合性
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
3)貨幣価値(CMV法)
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】

4.個人情報流通に関する意識

1)個人情報流通への意識状況
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
2)個人情報の流通利用に求めたい対価
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】

5.主たるデジタルサービスの推奨度と個人情報取扱いへの信頼度

1)デジタルサービスの推奨度
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
2)デジタルサービスへの個人情報取扱いへの信頼度
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
3)デジタルサービスに係る個人情報取扱いへの信頼度の影響

6.様々な生活行動・行為に係る体験や状況、見通しの実態

1)お仕事編
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
2)お金編
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
3)くらし編
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
4)美容・ファッション編
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
5)交遊・交際編
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
6)趣味・娯楽編
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】

7.日常生活における消費行動の実態

1)消費においてより重視すること
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
2)消費額が大きな消費カテゴリー
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
3)消費額トップの消費カテゴリーの消費実態
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
4)各消費カテゴリーの代表的アイテムに係る情報収集手段
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
5)各消費カテゴリーの代表的アイテムに係る購入決定要因
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
6)各消費カテゴリーの代表的アイテムに係る購入方法
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
7)各消費カテゴリーの代表的アイテムに係る買い物のための移動手段
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
8)各消費カテゴリーの代表的アイテムに係る買い物のための交通移動の実態
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】
9)各消費カテゴリーの代表的アイテムに係る買い物のため移動手段の選定要因
  【全体】【性別】【年齢階級別】【居住地別】

付録;ローデータなど

【A-1調査】【A-2調査】【A-3調査】【B調査】

 

関連レポートのご案内

Withコロナ社会の消費者心理の変化を捉える定点調査2020

幅広い世代の消費者を対象に、意識の変化を定点観測し、集計速報を提供する調査です。
消費者の意識変化を逐次把握でき、経営判断やマーケティング戦略にお使い頂けます。

●年4回速報値と最終調査レポートを納品
 集計速報(全4回)(2020年7月、9月、12月、2021年3月ごろ)
  ・消費者心理の変化
  ・消費行動の変化
  ・消費時間の変化
 最終調査レポート(2021年5月)
  ・1年分の総合分析
  ・価値観
  ・個人情報への態度
●販売価格:160,000円(税別・年4回速報値と最終調査レポートを納品)
●商品形態:PDFファイル+Excelデータ
●詳細はこちら

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

本市場調査資料を購入される方には、Excel商品を同時にご提供させていただきます。
価格は本体価格に含まれています。Excel商品のみのご購入は出来ません。
55,000
50,000
5,000
110,000
100,000
10,000
165,000
150,000
15,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。