水素還元製鉄の世界動向

本調査は脱炭素化が喫緊の課題である鉄鋼業界において、有望技術である水素を活用した製鉄技術に焦点を当て、実証が進む欧州企業を中心に業界動向を把握する。

発刊日
2022/06/15
体裁
A4 / 39頁
資料コード
R64200201
PDFサイズ
1.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本調査は脱炭素化が喫緊の課題である鉄鋼業界において、有望技術である水素を活用した製鉄技術に焦点を当て、実証が進む欧州企業を中心に業界動向を把握する。
調査対象:欧州を中心とした水素を活用した製鉄に取り組む企業及びその需要家
調査方法:文献調査及び公開情報による情報収集
調査期間:2022年4月~2022年6月

リサーチ内容

第1章 水素の製造と用途

1.水素の種類
    図表1 水素の種類と製造方法
    図表2 2020 年原料別水素製造割合
2.水素の用途
    図表3 利用法別水素の用途

第2章 水素を活用した製鉄

1.低炭素鉄鋼とは
    図表4 2016-2020 年世界粗鋼生産量、生産量上位10 カ国
    図表5 主要な脱炭素製鉄技術・実用化時期
2.水素還元製鉄技術
  2.1.高炉法
  2.2.直接還元法

第3章 低炭素鉄鋼の需要

1.自動車業界
  3.1.1.BMW
  3.1.2.ボルボ(VOLVO)
    図表6 2021年10月にボルボが発表したグリーン・スチールを使用した初の荷物運搬車
  3.1.3.フォルクスワーゲン(Volkswagen)
  3.1.4.メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)
  3.1.5.シェフラー(Schaeffler)
  3.1.6.現代自動車
    図表7 POSCO が開発する製鉄法: FINEX とHyREX
2.家電業界
  3.2.1.ミーレ(Miele)
  3.2.2.BSH
  3.2.3.プルモ(Purmo)
3.建設資材・建設業界
  3.3.1.キングスパン(Kingspan)
  3.3.2.ピーブ(Peab)

第4章 水素還元製鉄に取り組む企業

1.アルセロール・ミッタル(ArcelorMittal)
  4.1.1.SeaH2land
  4.1.2.HyBit (Hydrogen for Bremen's industrial transformation)
  4.1.3.Hamburg H2
  4.1.4.ドイツ ブレーメン及びアイゼンヒュッテルシュタットにおける直接水素還元炉と電気アーク炉の新設
  4.1.5.フランス ダンケルクにおける直接水素還元炉と電気アーク炉の新設
  4.1.6.カナダ ケベック州の直接水素還元炉でのグリーン水素による還元試験
2.ティッセンクルップ(Thyssenkrupp AG)
  4.2.1.H2morrow
  4.2.2.HydrOxy Hub Walsum
  4.2.3.H2Stahl
3.H2 Green Steel
    図表8 H2 Green Steel による直接水素還元製鉄工程
    図表9 H2 Green Steel と供給契約を締結した企業
  4.3.1.イベリア半島におけるグリーン水素製造施設、直接還元炉の建設
4.SSAB
  4.4.1.HYBRIT (Hydrogen Breakthrough Ironmaking Technology)
    図表10 HYBRIT ルレオのパイロットプラントで生産された海綿鉄
5.ザルツギッター(Salzgitter AG)
  4.5.1.SALCOS (Salzgitter Low CO2 Stealmaking)
  4.5.1.μDRAL
  4.5.2.Wind H2
  4.5.3.GrinHy2.0
    図表11 GrinHy 2.0 イメージ
  4.5.4.Green Wilhelmshaven

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。